韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

January 2015

私の小さな村の中は、いくつかの班に分かれています。
で今年は、班内で一番の若造の私たちが班長をやることになってしまいました。

班長って言ったって、本当はそんな大騒ぎすることではないのですよ。生まれついての村人(ゴールド村人)である主人がやりゃーいいしね!と思ったら、要の仕事始めに遠方への出稼ぎで彼は不在。残された私の手には、今年の会費集めという初仕事。

ちょとー!!自分ちの前後隣しか分かんないのに、どうしたらいいのよ〜!

事情を話して、前班長が手伝ってくれることになりました。タスカッター
この人は私より5歳ほど上ですが、昨日はよく知らない関係だったのに今日は主人以上に無くてはならない存在にいっきに昇格(本人は実に不本意であろう)。しかも、我が主人がゴールド村人だと言っても、親元離れて違う班に家を構えたために周囲にはよく知らないお宅も多いのに対し、前班長はこの班のゴールドなのでレヴェルが違うのである・・・私はもうこの人について行くしかないのです!

そして文字通り前班長の後ろをちょこちょこついていって、集金をいたしました。

想像ついてましたが、9割の人は私がどこの誰なのかやっぱりご存知でした。とっさに分からなくとも、「ほら、○○さんとこ(義父)の下の息子の」と言うと「あ〜、あ〜」とお年よりは100%の理解率。義父を含めたご老人達は、村をその手でスタートさせたコロニスト(プラチナ村人)ですからね。
で分かってましたが、私は6割方「お初」状態でした。3年前に引っ越してきたときに、お餅を持って一軒一軒挨拶回りをしたはずなんですが・・・。年に一、二度は村の行事で会ってるはずなんですが・・・。村の行事では「お年寄りの塊」としか私の目には映ってない、向こうは他所から来た嫁が珍しいのですぐに覚える、、(という言い訳。)

突撃お宅訪問で、我が班の全貌が明らかに!おおげさ

30世帯ほどの中で、「若者中年?」と呼べる世帯が私らも含めて5つしかなく、後はお年寄りであること。プラチナ村人が全滅する頃には、この村の人口激減するのでは・・・
会費は村の運営のために必要であると理解しており黙って出してくれる家庭と、プラチナ村人でもなんだかんだ文句しか出さない人もいること。

などなど分かったことだらけで(知ってること元々無かったし)、あーやっぱり面倒でもこういう役割もやるべきなんだなーと思った日。

んでもってその日の夜に「班常会」なる班の集まりが我が家で開かれました。
毎年するものではないですが、今年は村長も交代した年だったので新村長との歓談会も兼ねて一度やりましょうということでした。やりますよと言っても、実際のところ3分の1も来ません。村長を中心に10人ほどがお茶飲んで、村の道路を直して欲しいとか、リサイクル品はお金になるから燃やさないで村に出そうとか、村の放送用スピーカーが全然聞こえないからどうにかしろとか、ほとんどがおばあちゃんたちでそんな話して帰りました。

ご老人の多い村ではあるけれども、それはそれで若い人とは違ったエネルギーがあって面白いのです。男性よりも断然におばあちゃんたち。本当に明るくてお元気です。


ちなみに私はレギュラー村人。子供達は・・・今はシルバー??
人?ブログランキングへ


どこかのリンクに貼られたわけでもなさそうなのに、昨日今日とやけに訪問者数が伸びているなぁ〜と不思議に思って考えてみると、、

もしかしてもしかしてだけど、前回のタイトル「訃報」が皆さんの心を惹いたのかな?と。すみません、まぎらわしくて。
でも沢山の人が見てくださって、しかも何だかランキングまであがっててとても嬉しいです!ありがとうございます

ところで、こちら激寒韓国最果ての地・鉄原に住む私たち農民は、春から秋にかけてはまぁまぁやることがありますが、冬になるととたんにスーパーフリーとなります。義父のように、お年も召していることだし冬中遊び暮らせるほどの蓄えもできてる人はともかく、私ら子供も幼い若者は仕事を探さなければいけません。

長い長ーい鉄原の冬、じゃ義父は何をしているかっていうと、村の同世代と花札。花札。テレビ。たまに山へ芝刈り(家のボイラーが薪)。花札。
とまぁこんな感じで、一方で義母は観葉植物(超大量)のお世話、先日購入した例の大窯で、メジュ(味噌玉)作り(超大量)、豆腐作り(大量)、乾し芋作り(超大量)、お酢作り(超大量)、チョングッジャン(韓国納豆・超大量)と趣味に没頭する毎日。お忙しそうです。

お2人は昔から冬はこんな風に休暇として過ごしてこられたので、息子が冬に仕事に行くと「冬は休まなきゃなのに、かわいそうに・・・」と仰います。お金ないのに4ヶ月以上どうやって遊べと・・・。しかし実際、40、50代の旦那衆でも仕事探しが面倒で結局冬中ふらふらして終わってる人も多く、奥さんたちは頭の痛い問題です。

その点、我が家のパパはありがたい人で、仕事があれば積極的に行ってくれるほう。どうしてもなくて1,2ヶ月ぼーっとしてる年もあるが、時間はあってもバカンスに出かけられるわけでもなく、することなくて本人もフラストレートするだけです。それが普通の感覚で、義父のような連日遊び組の方がすごいけどね。
そんなパパ、今週から友達に誘われてナジュ市へ造園のアルバイトに行きました。2ヶ月くらいあるらしい。それまで暇で暇で、この辺りに沢山いるヒマーズと飲んだくれてたので、あぁ仕事見つかってよかった・・・

ずっと家にいられるとうっとうしい、いないとちょっと寂しい。。こんなワガママも、女心ですよ・・・ププ

行って約一週間経ちました。電話がかかってきました。
雨がのせいで二日だけ仕事して、1万円くらいもらったそうです。
滞在している部屋にPCが無くて退屈なので、3万円くらいのノートパソコン買いたいそうです。
スマホは小さいから目が痛いそうです。
コムタンがおいしいお店を見つけて嬉しいそうです。
明日も雨だそうです。



・・・・もう帰って来い。
人?ブログランキングへ


韓国全土の文化?うちの村だけの文化・・・?なのかは分らないのですが、村内の訃報は決まってこの明るめの黄土色の封筒で投函されます。

image


いついつにどこで誰が亡くなったか。お葬式はどこで行うか。などの内容が記されて、糊付けもされずに封筒にぽん、郵便受けにぽんと入れられてます。投函係は各班の班長です。

BlogPaint


嫁に来たばかりのころ、義両親宅に来ていつものように門のところで郵便物を取って家に入ったのですが、その一つにこの封筒があり、「これは家に入れるものじゃないよ。外に置いてきなさい」と言われて知ったのでした。
今回の私はがっつり家に入れて写真撮っちゃったりしてますが・・・。

ちなみに私たち夫婦、今年から班長をやらされることになりました(過去最大の訃報)。まだ引っ越して3年しか経ってないのに・・・どこまでがうちの班なのか、誰が誰なのか、おばあさんの顔の区別とか、色々分かっちゃいませんのに・・・
周りは独居老人・高齢者夫婦率が高すぎて、班内のほんの何世帯かで班長を回さざるを得ない状況のようです。

任期は2年。
初仕事は去年より引揚げられた村の運営費回収、今月中TT ま、主人がやるでしょうけどね〜。って彼、来月まで地方のアルバイトから帰って来ませんやん。

ペーペーの若妻(村内基準)にこの状況、いかがなものか。



ピヨピヨ・・・
人?ブログランキングへ


去る土日にこちら鉄原で行われた、ハンタンガントレッキングに参加しましたよ〜

ハンタンガン(漢灘江)とは、鉄原に流れる大きな川です。
通行可能なほど凍るその川でのお散歩の様子を、私にしては頑張って撮りまくった写真中心にお届けします。

出発〜
めちゃ天気いい!!
image


参加者がわんさか。

溶けている箇所も多く、水の流れがかなり確認できます。ずっと川の上でなく、川沿いのトレッキングコースを行く部分も多かった。
image


image


image


image


「危険」の旗を超えちゃいけません。
image


行程に数箇所ある、時間の止まった滝に見とれます。
image


もう一つ見とれたもの・・・
大きなビニールを被って何か食べている人たち。テント張るのは面倒だし・・・しかし何もないと寒いし・・・ってか。
この写真は、韓国人もここまでやるとは・・・と言いながら主人が撮りました。
image


日陰は溶けていないので、ひろーーーい!!
思わず走りたくなる衝動にかられます。私と子供達が走っていたら、40代と思しきおばちゃんグループもかけっこしよう!と言って走り出しました。
image


あちこちでラーメンを煮たり、焼肉したりしています。
私たちもラーメンと鍋を持っていこう!と言ったのですが、火を使うのは消防に何か言われるのではないか?と韓国人らしからぬ発想をして海苔巻きしか持っていかなかった主人、めちゃめちゃ後悔してました。寒さで(?)海苔巻きのご飯は硬かった。
image


スタート地点のテボン橋からおよそ4km、スンイル橋まで来ました。
休み休みゆーっくり進んで、上の子2人も最後まで元気いっぱい。
image


人工ですが、圧巻。
image


ちょっとしたイベント会場になっています。
image


image


途中でトイレはなかったけれど、婦人会がお酒を売るテントは2箇所ありましたよ笑

私は夏も冬も雄大で、ハンサムで美人でエンターテイナーなハンタンガンが大好きです

鉄原に来たら、絶対見てください〜!
人?ブログランキングへ


3月が年度初めである韓国。
今年の2月に幼稚園を卒業する息子(ひょん)は、園で卒業アルバムの撮影が行われました。

園に写真屋さんが来て、貸し衣装を着せて撮ってくれるのです。撮影中の様子を先生がケータイで撮ったものを送ってくれました。

こんな感じに・・・↓↓↓
BlogPaint


BlogPaint


同じ園に通う妹と。
BlogPaint


うちの幼稚園は、毎年こんな感じで写真を作ります。卒業生でなくても、修了写真として撮影は行われます。
アルバムやら衣装、小さい写真を収めたキーホルダーなんかもあって、結構なお値段なので一応任意、という形をとられてますが、親の「やってあげたい」&「もし撮らないのがうちの子だけだったら可哀相だ」という気持ち(私のことですが)で、毎年申し込んでいます。

実際私は、数年前に修了写真は撮るがこのドレスを着た「演出写真」はやめときますと言ったところ、他の友達は皆申し込んでいたようで、目の前で撮影が行われる中うちの子だけが見ているだけなのが不憫だったからか、義両親が園長と深い仲だったからか(多分両方)、結局、アルバムではなくて一枚の写真ではあったものの先生の好意でいただいてしまい、それ以来申し込むようになったという経緯もあります。

写真さえデータであれば、自分の好みの構成やデザインで、安価でアルバムがネット注文できる時代。
毎日先生がその日の写真をケータイに送ってくれて、それだけでもかなりの数だから私は満足。ケチな私は、装丁が立派で重いアルバムを高額で作ってくれなくてもいいなー・・と思っちゃうのですが、派手好き・写真好きな韓国ですから、他のお母さんは作って欲しい人も多いのかもしれません。

とか何とか言いながら、今回撮ってくれた演出写真もかわいいのは間違いない。

先生から送られてきた写真をすぐに兄嫁と義姉にチャットで自慢しました。
すると兄嫁(息子より一つ年下の子がいる)、

うーん、かわいいんだけど・・・・今時こんなスタイルで撮るとこないよ。90年代みたい

という反応。
私は田舎に住んでいて、自分の幼稚園しか知らないのでこんなもんだと思い込んでいましたが、どうやら世間は違うらしいのです。

最近の普通は、ナチュラルスタイル」と例題として送ってくれた写真が↓
image


納得〜 言われてみれば、そうだわな笑 分かる分かる。

こんなコンセプト不明な貴族スタイルは、鉄原が田舎だからか、はたまたうちの園長の好みなのか??今度鉄原の他の幼稚園のお母さんに尋ねてみよう〜。

ちなみに日本の母親にも見せましたら、「グレートギャツビー」を思い出したそうで。

こんな?
img_0


もしくはこんな??
mzi_tnalpzpr_170x170-75


どの道コメディだ。いやや、こんなひょツビー。


次回は凍りついた川を歩いた、氷トレッキングに参加したレポートです〜
人?ブログランキングへ




こちら鉄原には、漢灘江(ハンタンガン)という大きな川が流れています。

最近のハンタンガンはどれくらい凍っているかなぁ〜と見に行くと・・・

image


水の動きが見える部分があるので思ったほどではなかったが、氷上を歩いている人もたくさんいます。
ちなみにこの場所は、川の展望がまるで朝鮮半島の形のように見えると、看板が立っているところです。

確かに似ている。
image


自宅近所の小さな川では・・・

川の真ん中に立って。
image


氷を覆っている雪はとても硬い。歩くとキュッキュッと心地よい音をたてます。
image


厚さが30cmはありそうです。
image


image


パパが助走をつけて氷の上をすーっと上手に滑るのを見て
image


私も!とマネした娘はこうなった
image


あむの顔ってどんなんだろう?って思ってらっしゃる方々。
こんな顔の女です↓↓↓ 

image

雪が超かたくて顔が痛かったです。

氷の中に葉や水泡が閉じ込められていて幻想的
私の写真ではうまく伝わらないけど、、氷にカメラを置いて撮ってみました。

image


image


image


image


image


image


子供達と走り回って、鉄原の冬の楽しみ方をやっとひとつ見つけた想いです。


どんだけ冬嫌いやねん・・・人?ブログランキングへ


2015年、明けましておめでとうございます〜!!!

日本に帰っていました。
日本で過ごした日々がとてもありがたくて幸せで、、、我が家に戻って余韻に浸る間もなく、凍ってついに壊れた洗濯機のモーターの交換、帰国して翌日から泊まりで友達と海に遊びに行ってしまった夫、その間ずっと夫の実家の人たちと過ごした私。

そうそう、これでこそアタクシの日常!

今日から子供達もそれぞれ登園登校し、通常ペースを取り戻した私がまずとりかかったのは去年に引き続き洗濯機の解凍!
脱水モーターをダメにしたのは思わぬ失態でしたが、どうしてそうなったのか、これからはどう気をつければ壊れないのか分かったので凍結対策のスキルがレベルアップしました。授業料は高うございました。

洗濯機の解凍なら私にお任せ。もはや解凍業者でも始めるかくらいの手際のよさですよ。でも一番学んだのは、寒い地域では、洗濯機は凍らない屋内におくべし、という事実ですよ・・・あたりまえ、たいそ〜

年始早々洗濯機の話しかしてませんけど、今年も一生懸命こんなレベルの話を書いていきますのでよろしくお願いします。


昨日より今日が、今日より明日が、何かひとつでも向上していますように。
いつもそう思って行動するよう心がけます。
毎日色んな刺激のある日々であるよう、そうしむけていきたいと思います。


人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ