韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

November 2015

今年春に突然、謎の蕁麻疹に襲われたその日から最近まですっかり慢性化。

出る時間帯は毎日決まっていて、夜7、8時頃。夜中は出ない日もあり、眠れないほど出る時もあり。
それから朝方も。昼間は出ません。
出る範囲も、足だけだったり、日によっては全身、頭皮までやられる日も。

蕁麻疹というのは、原因を特定するのが非常に難しいのです。自分で色々調べたり試したりしたけどさっぱり分からず。


食べ物、水、洗剤?ダニとか?花粉かも?乾燥??

色々変えたり考えたりしても、何か食べたら出るとかでなくて、連日決まった時間に出るという点でどれも半信半疑、ピンと来ません。
病院に行っても、処方される薬は蕁麻疹を抑えるその場しのぎで根本的な治療ではない。ネットを見まくり、色んな人の話から(この先何十年もこのままだったらどうしよう...)と一人恐怖におののいてたんですが。

これまたナゼか、11月入る頃治まりだして今はたまにしか出なくなっている。
良かった....良かったけど...いったい何やったんやろ。去り際にヒントくらい残してくれてもええんちゃうの。

でも私は心密かに「ストレス性」だと思ってました。

絶対このせいや!と思い当たるストレスは無い無いんかい
が、ネットで、仕事辞めるなど環境を変えるとウソのように出なくなったと言う話をあまりに沢山見すぎてて、私も物理的要因が見当たらないのなら、自分でも知らないうちに心理的な何かがあるのかもしれない、と勝手に悲劇の人に自分を仕立ててたんです。

そうこうしてるうちに、隣町に血液検査をしてくれる医院を発見!

先生に状況を説明し、毎日一定の時間に出るので食べ物じゃないですよね?ストレスなんてどうでしょうね、と言ってみる。

すると先生、鼻で笑った!
こんなのストレスなんてことないですよ

いやいや、私のは違うかもだけど本当にストレスで出てる人おるでしょうに。そんな一刀両断しなくても。

とにかく血液検査を受けたいです。
実はここ一ヶ月ほど、軽い蕁麻疹が出ている末っ子すわも一緒に。

すると先生、自分の病院でやってくれるって言ってるくせに、
「これね、原因物質が60項目しか調べられないんです。原因になりうるものは数知れずあるのに、たったこれだけ検査しても、結局分からないことが多いんですよ」

と、ハナから否定的。すわにいたっては、
こんな小さいうちは一時的に肉や魚などで出ることが多いから、時が過ぎれば治まりますよ、何も今やらなくたって。

と言われたけど、せっかく来たし60項目だって何か分かるかもしれないので受けました。
すわは、血を取る時この世の終わりかのように泣きました。

そして一週間後、結果発表です。
二人とも、肉や小麦粉、米、牛乳、いくつかの野菜などしょっちゅう口にするものは全て陰性でした。よかった。
私は一つだけ・・・


ダニ」でした。

すわも一つだけ・・・

ブタクサ」どこにでもある雑草です。


ブタクサに関しては、鼻やのどに症状が出るので蕁麻疹は関係ないだろうとのことです。今回は約3万ウォンで60項目を検査しましたが、もう一段階上は添加物を含んだ240項目、お値段はここから保険が効かないので20万ウォン以上だって。もっと何百も調べるのあるけど、それは80ウ万ウォンだそうで。この値段からストレスを受け、蕁麻疹が出そうです。

だから先生は、自宅で何を食べたか記録しながらご自分で探してみなさい、とおっしゃいました。。。


私、ダニだって。
お布団は2週に一度は洗ってるんだけどな。高温で洗わないと死なない話は聞いていたが、ウチの洗濯機はそんな高温設定ができないので寒くても毎朝窓を開けて、ダニが好まない湿度にするよう心がけています。


「痒み」は本当に辛い症状です・・・
人?ブログランキングへ







昨日、ここ鉄原に初雪

朝起きると外は真っ白で、あぁついについに....と眉をひそめる私の横で奇声を発しながら外に飛び出していく3匹。

子供は、素敵だ~

降り止まぬ雪の中、ガイド出勤。

非武装地帯が見渡せるはずの展望台は、まさに一寸先も白しか見えませんでしたけど、元気なアジュンマたちは「いいのよ!初雪の日に鉄原旅行だなんて、すばらしいわ!今日はサイコー!」と叫んでました。やっぱかなわんわ。

雪の日の軍人さんは、常に着用してるヘルメットや軍服に白をかぶせます。

image


雪かきにせいを出してるのが、あちこちで見られました。

軍人さんのおかげで駐車場は停めやすくなってた
image
人?ブログランキングへ


霜が降りるころに、玄関先で育てていた多肉植物を室内に取り入れたのですが、日当たりのあまり良くない我が家では取り入れてすぐに植物の背が伸びてしまいます。

陽光を求め無駄にひょろひょろと首だけが伸びて、美しくなくなるのです。

image


ですので冬の間は家の中で生き延びはするけど、春に外に出すときにびよんびよんになっているので一番上の部分、または葉だけを切り取って土に差しなおす、といういう作業を毎年繰り返してます。だから何年経っても大きくならない。

image


多肉切り取った茎や、はプクプクした葉をとって地面においとくだけで、葉から根っこと新しい芽が出るからね。いくらでも増えてこれがおもしろい。

image


狭小住宅のウチはこのように鉢植えを楽しむだけですが。


義母はレベルが違います。


はまりにはまった多肉ちゃんたちのために、数百個の鉢植えを保有、しかしそれではおさまらず今は我が家のリビングの二倍くらい広いビニールハウスを建ててしまったとさ。
(ウチのリビングが狭いのか、ビニールハウスが広いのか)

伸びると切って差し、を繰り返してどんどん分裂してゆくサボテン。トカゲのしっぽのようだ
image



ウチと同様に冬は室内に取り込むも、あまりの数に取り込み作業が丸一日かかるあげく、広い部屋一つが植物園になってしまうため、いっそのこと庭の一部を年中無休の多肉専用ハウスにしてしまったのです。

image


日当たりは抜群でも冬は凍ります。
義母はそのハウスを建ててからというもの、いつもなら夏は忙しい反面、冬には仲間と中国旅行やら色々お出かけしていたのに「多肉のために一日もかかさずストーブを炊かなきゃいけない」ため、外泊旅行は行かなくなってしまいました。でも幸せそう。

ハウス内では、多肉ちゃんたちを鉢から開放し砂に直接植えました。すると、日当たりのよいハウス、たちまちにジャングルに。

植えた当初は、かなり隙間を空けてぽち・ぽちとあったのに、今は全く地肌が見えぬ。
なんかもう色々、古代生物か!とつっこみたくなるくらい巨大化。それに私のはほとんど花が咲かないのに、義母のハウスではぼっさぼさに花が咲くんです。
えっ、これって花が咲くやつやったん!うちでは一度も咲いたことがないと義母宅でショックを受けることもしばしば。

image


一年中ハウスで育てる義母。春から秋までは木陰の野外で、雨も当たり放題、冬は暗い室内で育てる私。

私の家にあるものと本当に同じ植物かどうか、もはや疑わしいほどの差。

息子が建ててくれて(資金でなく技術提供ね)、緑が咲き乱れ、設置したブランコでは孫が嬉しそうに遊ぶ、おかあさんの宝物のハウスです。
人?ブログランキングへ


鉄原の観光業界。
まだ本格的な寒さは来ていないというのに、冬になるにつれて観光客はぐっと減っています。

観光案内所から一日4回出るツアーは、夏の盛況な時期は一度に車が150台、観光バスが10台てな具合に押し寄せることもあるくらいですが、今の時期はすでに0台の時間があるほどです。

今日私が出勤した時間は、ご夫婦一組のみ。しかもまた釜山の人!
仲良く3人で一台の乗用車に乗ってツアーに廻りました。

大勢を相手にガイドしながら行くのとはまた違って、たった3人が狭い空間にいると半分以上は雑談になります。
話してみるとうちの義両親と同世代のご夫婦、「こんなとこに日本人がいて、しかもガイドやってるなんて・・・いや〜不思議だわ」と何度も仰る。私もそう思います。何でこうなった。

私のイマイチなガイドを一生懸命聞いてくれて、

「韓国人は情が厚いから。誰も悪く思わないよ。最初に『私は日本人でここでがんばってます。言葉は未熟ですけどその点少々目をつぶって聞いてください』って言えば問題ない」

励まし・なぐさめの中にもはっきり「へたくそ」って言われてますけど、温かい気持ちの言葉を身に感じながらコースを進みます。

鉄原の軍事施設の説明、非武装地帯のこと、対北朝鮮の話、私たちガイドが話す内容をすでに(またはそれ以上に)知っているお年寄りは実はかなりいます。戦争当時、または戦後を生き抜いてきた方々(特に軍隊に行くからか男性)はお詳しい。逆に教えてきたり、深い質問をぶつけられたり、色んな人がいます。若い人とはまた聞いてくれる姿勢というか興味の度合、年齢層によって違った色があります。

ここ最近は毎晩毎晩、ぶつぶつぶつぶつ、ガイドの練習。
私の問題は知識が乏しいこともあるけど、それ以上に流暢に言葉が出ないこと。

頭には知識はある。
しかしそれを上手に韓国語で人に説明することこそが厚い壁なのです。どもる、つまる、フリーズ、ショート。それを克服しようと一人座り込んで夜な夜なブツブツブツブツ・・・

体育座りをして動かず、焦点の合ってない目をしてモゴモゴなんか言っては、ハァァァ〜・・・とため息を繰り返している私を主人は怖がっています。

そんな私の最近のストレス解消は「月曜から夜ふかし

たまたま主人が一度つけた(←彼は日本のドラマをかなり見る)のが、一風変わった構成とマツコさんと村上さんのトークにどっぷりはまり、ぶつぶつはぁ〜・・・の合間に見ては月曜といわず連日夜ふかしですよ。ネットは勉強と毒を同時に与えますね。

ぶつぶつはぁ〜・・・→夜ふかし→ぶつぶつはぁ〜・・・

最近はこんなせつない夜。

韓国のテレビはほぼ見ていません。世間から取り残されてますね。

誰にも聞かれてませんが、ちなみに会いたい芸能人は叶姉妹と天海祐希です!天海さんは好きというか、もう、なりたいです。何あの手の届かないかっこよさ。
叶姉妹は例えそれが自然な感じではなくとも、きっと常人離れした美しさがあるのは事実なんだろう、近くで拝みたい!と思っているんです。

この3人の誰かが鉄原を訪問するロケとか、あればいいのに。

・・・自分でもバカみたい。
人?ブログランキングへ


毎〜年のことです。

今年もやりました、キムジャン。

キムジャンとは、白菜や大根がとれるこの時期に行う白菜キムチ漬けのことです。

もう毎年レポート記事を書いているので今年はいいかなとも思ったんですが、撮れた写真があると見せたくなるってことは、へなちょこブロガーの私でもブロガーとしての心意気がちょびっとはあるんだなぁ!?

毎年のこの時期より全然寒くなくって、「白菜は畑で凍る・解けるを数回繰り返すと甘い」のに、今回は一度しか霜が降りなかった・・・

とオモニは言ってたけど、白菜は十分に甘みのあるいい出来具合でした。

キムジャン二日前。畑から白菜と大根をとってきて、白菜の塩漬けから。
毎年多すぎて一年後に残るので、オモニ、少しにしましょう少しにしましょう!と嫁二人でさんざんつっついて、奇跡的に今年は120株くらいまで減りました!

このあたりの写真は撮れなかったので、過去記事を覗いてください。

塩漬けをして、大根やねぎ、からし菜などその他の野菜を洗ったりニンニクしょうがを潰すなど準備をしておいて’、予定では二日後にキムジャンをする予定だったのだけど・・・・

「予定は未定」、もう一度言うよ「予定は未定」これ、韓国では必須の心構えだから!コレを理解できない人は韓国に住めないから!しつこくもう一回、皆さんせーの

予定は未定

とにかく二日待たず、翌日。
オモニが「明日雨だって。キムジャン今日にしよう

ほらきた。
急いで洗っておいた大根を千切りにしたり、道具を用意したりして準備を整えると、午後に班のおばちゃんたちが来て魔法の手袋(私にはそう見えるくらい仕事が早い)であっと言う間に終わりました。

3度水洗いして、水切りされている塩漬け白菜。赤い服を着せられるのを待っています。なんかお色直しの間みたいね

image


千切り大根をシートにぶちまけて、、、その上に真っ赤な唐辛子粉をこれでもかとふりかけて混ぜる。
ふりかけ役の人が立って持っているのが、唐辛子粉です。

image


その他の調味料類も何もかも、目分で

ざぁーーーっ、どばばばーーーっ、ばばーーっ

そして最後にからし菜とねぎを投入。
image
image


こっちに寄せ、あっちに寄せ、して満遍なく混ぜて中身の完成だ!!

それを白菜の葉一枚一枚に塗りつけていくのです。
image



急に一日早めたので、予定していたお餅を用意できなかったかわりにオモニは、ピザとチキン(この二つ韓国では絶対的な組み合わせ)の出前をとりました。

ついさっき白菜の水を切ってた台で戦士の休息
image


今年のキムチは辛めだ〜・・・
毎年味が違うのも、おもしろいと思えるようになりました。

人?ブログランキングへ


11月11日は「ペペロ」(韓国のポッキーのこと)ディとして、日本同様大騒ぎする日。

子供がいなければスルーする何にもない日ですが、小学生のわが子2人が

「明日はペペロディだ!友達にあげるから買って買って買って〜!!」

あんまり自分のものはねだらない子達、人にあげるのは大好きです。
友達といっても、各学年全員で5,6人ですので先生の分まで入れても13個で済みます。小さい学校の利点ですね。
image



そのペペロ一つ一つに、一生懸命友達の名前を書いて、朝嬉しそうに登校した息子ヒョン・・・

・・・・夕方は「さっき友達にバーカバーカと言われた」と泣きながら帰宅。

ヒョンは、一年早く学校に入れたので他の子よりまだ幼い感じがあるのと、甘えたでからかわれると過剰反応する性格からこのように時々バカにされることがあります。決していじめられてるのではないけど、子供間ではこんな風にふざけるのはよくあることです。

聞けばペペロを持ってきてたのは、ヒョンだけだった。
皆にあげたのに、お礼も言わないで食べちゃったんだよ!とちょっと怒ってるヒョン。

友達が「お礼も言わなかった」点に違和感を持つ息子をちょっとほほえましく思い、ペペロをもらった日でもバカバカとからかうなんて・・・と友達に憤りを感じるのは、大人目線なんだろうかな。

幼稚な(笑)男の子ばっかりのヒョンのクラスとは違い、女の子の多い姉のクラスは他の子も持ってきてて、皆で仲良く食べて楽しかったようです。担任が「誰かの分を校長先生にあげないかい?」と言ったので、ジャンケンをして負けた子のを一つ校長先生に渡したのだそう。ホントだ、思いつかなかったなぁ・・

子供の社会生活も、色々大変そうです
人?ブログランキングへ


本格的な寒さが来る前に・・・

今日は枯れ枯れになっているハウスのトマトの片付けをしましたよ。


トマトには、上からたらしている誘引ヒモをクリップでとめています。
そのクリップを回収し、誘引ヒモをまとめ、トマトを抜き、マルチ(ビニール)を剥がし、冠水ホースを片付けます。抜いたトマトは放置して春になるとカラカラに乾いて軽くなってるので、ハウスの外に出して燃やします。
image



手をつけずに春になってからやってもいいけど、この時期ヒマだから運動がてらやります。


一人二人だと数日かかるところを、今年は若い男の子が5人も来てくれて・・・一日で終わっちゃった。

助っ人は。軍人さんです。
以前も田植えのことで書きましたが、「対民支援」と言って軍隊がこのように奉仕活動をしてくれる制度があります。
田植えのみ、と毎年決まっているけど今年初めて、施設栽培が増えて要請する農家が多かったのか分かりませんが、ハウスの片付けの名目で実施してくれました。決められた期間の中で、来てほしい日と人数を申請しておくのです。

BlogPaint


働いてもらう分、こちらはとにかく食べさせます
お酒、タバコ、肉、おやつ、目いっぱい用意しておきます。休憩、昼食に加え、4,5時ごろに部隊に帰る時に最後にラーメンを食べてもらって送り出します。


たまたまか、今日の5人中4人は釜山とチェジュ島からの人たちでした。一人はソウル。私は話すこともないけれど、主人は自分の時は軍隊生活があーだったこーだったと、偉そうに楽しそうに話していました。男性はよく軍隊の話で盛り上がります。

本当に助かりました。

人?ブログランキングへ



私が日本人だと分かると来る質問はだいたい決まったものですが、その中で未だにどう答えようか困るのがコレ。


Q.日本のどちらから?

A.香川です。

ところが、「香川」を分かる韓国人がどれだけいるでしょう。
嫁に来てから、きっと100回は聞かれてるだろうと思うけど、(言っても分からないだろな)と今でも答え方に迷ってどもります。

だいたいは「地方の田舎だからきっとお分かりになられないですよ」なんて濁したり、日本旅行したことがある、と事前に言った人には一か八か「四国という島はご存知ですか」なんて言ってみたり。
東京と大阪のおおまかな認識がありそうな人には、「東京よりは大阪から近いです」と言ったり。韓国にも少ーしずつ「さぬきうどん」という名称が入ってきたことを踏まえて、讃岐うどんの地なんですと言ってみたり。

この、韓国人のなにげない質問は、私を非常に苦しめているのです。東京と北海道と沖縄、ちょっと頑張って福岡出身の人にはこの気持ち分からないと思いますっ!

524c224186909

↑もう出すなって?

讃岐うどんシックには、時々なります。
image


他の、東京からも大阪からも離れた影薄い地方出身者の方々は、どう対応なさってるんでしょうか・・・


昨日はメッセージやポチなどをありがとうございました!とても嬉しいです。頑張って精進します〜
人?ブログランキングへ


今日は良くも悪くも(悪くも悪くも?)、忘れられない日になりました!


初めて・・・

鉄原ガイドとして、日本人ではなくて韓国人観光客を連れて仕事をしたのです〜

ここで再三お話してきたように、一人で勝手に日本人のお客さんにガイドしていた(←今もだけど)私は、正式な資格があったら何かと便利かな?それに、独学じゃなくて講義なんかで勉強させてもらえるかもしれない。
と思って挑戦した観光ガイドの試験。

面接や試験はどうにか受かって資格はもらったけれど、問題は試験に受かることより受かってから。


日本人のお客さんが来れば出ればいいのだろう

実は最初そう思ってた。

「日本語できる人優先」という募集要項にだまされてそう思っていたら、世の中そんなに甘いわけなくて、日本人観光客はほとんどいないので他のガイドさんたちと同じように韓国人相手でも仕事しなきゃいけない、という当然といえば当然の流れに、杭を打ち立てて逆らっている困ったちゃんになってます。
鉄原の観光事務所からはどんなに少ない日でも、一日に7本の決まったツアーが出るのです。各ツアーに1,2人のガイドがつかねばなりません。

こんなんだったら、今まで通り一匹狼の主婦の道楽のままにしとけばよかった。

どうしてもどうしても、観光バス内の前に立ち、マイクを手に韓国語でガイドをする自信が起きず。どげんかせんといかんと思って、先輩ガイドさんたちのバスに何度も乗り、聞けば聞くほどさらに磨り減る自信。家で練習すればするほど、出るため息。

とてもじゃないが、あんなふうにはできない・・・・

先輩のガイドを聞くたびに、知らない知識や言葉が出てくる。近代の話はまだいいんです。あの山は三国時代にナントカ将軍やナントカ王がナニナニした場所で〜、なんて話なんかもうお手上げです。何言ってるかわかんない。
っていう愚痴を義母にしましたら、私だって分かんないわ!って言われて、無駄にちょっと元気でましたけど。

私だけ「ごめんなさい、もうちょっと待って」と、研修期間は10月で終わったというのに仕事にストップをかけてもらってるお荷物状態でした。(たまーに日本人が来ると大喜びで出ます)

ところが今朝、事務所から電話が来て

今日の2時のツアーに出るはずのガイドさんが急に来られなくなって、代わりの人も見つからない。もうアンタしか残ってない

!!!なにぃ!

これは・・・ガイドの神様(←お久しぶり)が見るに見かねて、私に喝を入れにきたんだ。そうに違いない!

地の底まで落ちて見えなくなっている自信をどうやって瞬時に拾い上げたか、私は「やります〜」と即答してました。出勤までの数時間、ガイド資料を広げ、まるで試験直前休み時間の学生のようでありました。


もちろん、結果はボロボロですよ。

事務所で
「いいから!ガイドしなくて!今日はこういう事情で、引率だけで許してくださいってもうバスに言ってあるから!」
と送り出され、でも私は余計なことして空回りするタイプなので、しゃべっちゃうんですよ。で、やはりすべって終わります。知ってる。

緊張しすぎて、どう見ても変な韓国語で100点中自己採点7点(←道案内は間違えなかった分)くらいのガイドでしたけど、釜山からいらしてた40人の優しいオモニたちは別れ際に、「お疲れ様、よかったよ」と拍手してくれて、果物くれたりして、(あぁ、逃げてちゃいけないねぇ・・・)と改めて思った日。

お客さんは私が思っているよりずっと怖くない。
できない話は、もう捨てよう。
できる話だけ、ちゃんとやろう。

あ、これって今流行りの断捨離?


ポジティブなのかネガティブなのかよく分からない、まぁでもある意味何か吹っ切れた初ガイドの日になりました。


日本人がばんばん来てくれたらいいんだけど。わはは(′∀`)
人?ブログランキングへ


ハロウィン・・・

私には関係ないと思っていても、子供がいるとそうもいかない場合があります。

娘の幼稚園で、
ハロウィンパーティをするので、家にあれば、簡単な仮装衣装とお菓子を持たせてください
とのこと。

うちに衣装は何もなく、ダイソーにいけば安価で小物があるけれど、それだと友達とかぶるかもしれない。

ポジティブなやる気も突出したセンスもないくせに、人と一緒なのはイヤだという。
私という人間は、黙って簡単に済ませればいいのに、つまらないオリジナリティを出そうとして空回りするんです。

例えば、お中元の贈り物をハムやジュースセットにすれば多少ありきたりでも無難にことは済むところを、人とがぶるかもと思って、好みの分かれる知名度の低い外国の食品にしてすべったり、結婚式の小物を不器用を極めている手で手作りして自己満足し、数年経って思い起こして、若かったなと一人赤面するタイプってことです。

すごく微妙な例えで、どうでもいい自己紹介をしてしまいました。

とにかく、文具屋さんでハロウィン小物コーナーを素通りし、黒い画用紙を二枚買ってきて、youtubeを見ながら折ったお化けを貼り付けて帽子を作りました。長女が手伝ってくれて、「すわ魔女」が完成しました〜

image


センスのない私は「お菓子を持ってきて」と言われれば、先生の好きにするだろうと思って小さいチョコがいっぱい入った大袋をそのまま送ります。しかしセンスのあるママは、色んな飴の詰め合わせを人数分包装し、自分の子供の顔やカボチャのイラストが印刷されたカードを貼り付けて送るんですね・・・

色んな行事や色んなママや子供がいて、対応している先生方を私はいつも尊敬してます。


ところでド田舎鉄原にハロウィンの大風(↑↑微風)は当然吹きませんけども、日本やソウルではすごかったらしいですね。
このようにアメリカのお祭りはすぐに支配するのに、韓国伝統の大きな祭りってなにかな?
各地方のイベントは多い。「ヤマメ祭り」とか「トマト祭り」とか、「唐辛子祭り」とか、その地の特産物があればすぐ「祭り」という言葉をくっつけて露店やらが出店するイベント会場にしますけども、私が言っているのはそういうんじゃなくて「ねぷた祭り」とか「祇園祭」のような、歴史ある国特有の祭りはあったかな?(完全に私の主観・・)と旦那に問うたところ、「端午」とか?という答えが返ってきたので、内容違えど日本にもあるよ→じゃ起源は中国か。とそれ以上他に思いつかない様子でした。

このように欧米のイベントはアジアで流行るのに、逆にアジアから欧米には行かないよね、アジアやアフリカ等からアジアにも行かないし。日本には宗教を関連視しないあやふやな態度もあるかとは思うが。やはりどこかしら私たちは欧米コンプレックスがあるのであろう、と思考がイマイチ前向きでなかった、すわが魔女になった日。



その正体は魔女じゃなくて小悪魔3歳児やけどね!!
人?ブログランキングへ






↑このページのトップヘ