韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

January 2016

日に2回、鉄原の白馬高地駅からシャトルバスで出発する安保ツアーがあります。

しかし今のような極寒期はほとんど人が来ず、10人以上集まらなければツアーは出ないので最近の平日はほぼナシ。

今日の駅ツアー勤務だった私。
たった二人の窓口に来られた台湾か中国の人に見える方たちが、ツアーは出ないことを知ってとても残念そうで・・・。駅周辺の田んぼにツルがいることを教えるとそれだけでも見てくると出て行き、しばらくして戻って来られたお鼻は真っ赤っか。寒さの中、ツルは見れた、とても良かったとお礼を言われ、いやいやいや、ツアーが出なくて本当に申し訳なくてお二人の笑顔にありがたかったです。


ツアーが出ない場合は、出勤したガイドは駅舎にいます。
まぁ、いてもいなくても・・・と言ってしまえば正直過ぎですが、少しでも駅利用者のお手伝いをします。

小さい田舎の無人駅、一人でぽつんといると、この前はあるおじいちゃんがおもむろに鞄から出したハーモニカを吹いてくれて(駅では有名な人らしいですが)しばらく話相手にもなってくれ、今日はまた違うおじいちゃんが、持参した水筒のお湯とおまんじゅうと、昔話をご馳走してくれました。

「国民学校に僕が入学したのは9歳のときだった。学校ができたから入ったんだが、一緒に入学した者の年齢がばらばらで中には13歳のやつもいて、そいつは卒業する時に結婚して子供もいたよ。」

半分は日本語で話は進み、特攻隊として激戦区に送られた時に負った手の傷跡も見せてもらいました。しゃきっとした88歳の男性でした。

若い人はそんなでないけど、このようにお年寄りは結構遊んでくださいます

(個人的で無い方の)ガイド業は相変わらずまだまだ素人の粋。
ツアーが終わるたびに、すっきりしない感情を抱えております。この前も、非常に配慮にかける行為をしてしまい、数日経った今でも大後悔と反省が頭をぐるぐる廻ってます。こうやって、失敗と反省を繰り返す日々は、まだしばらく続くことだろう〜


決して知識があるだけではダメで、機転とか気配りとか、必要な要素がいっぱいあります。先輩たちも色々で、知識がすごい人、話の構成がうまい人、時間配分がうまい人、ムードメーカーな人、それぞれのやり方と強みを持っている。

私の強みは〜・・・・外国人ってことかな?弱点じゃろそれ

今日という日も人生のいいヒトコマとなり、そしてとても寒い日でした。

人?ブログランキングへ



我が家の二重窓の外側の一枚が。

勝手にすりガラスに変身しておるよ・・・

image


外の景色はこんなにすっきりしているのに

鉄原の駅、「白馬高地駅」のホームと左奥の平らな山「白馬高地
image


image


今週末の予想最低気温は、零下21℃です。
誰か助けて〜


少しでも暖をとるため、半ば蒸発しかけてるオーストラリアの話でも引き戻します!!

・・・・・・・・

本当に素敵な思い出になった、特に汽車好きでもない私が感動した!

蒸気機関車、パッフィンビリー
image


これもメルボルン市内からのツアーです。
トーマスのモデルにもなったそうで、駅舎のお土産売り場にはトーマスグッズがいっぱいです。
image


image


20世紀初頭に作られたというお年寄りなのに、煙をあげて、走る走る〜!
私たちの指定車両は一番後ろだったので、長い長い機関車の前部分はほとんど見えませんでしたが、カーブでところどころ煙を吐いているのが確認できました。

はしゃぐ韓国人
BlogPaint


長ーい車体の窓ははずされており、観光客はほとんどが窓枠に座って足を放り出して楽しんでました。
image



ちょ待てよ、右に横転しそう・・・!(SMAP横転しないでください

image


森林を駆け抜けます。
目の前を過ぎ去る景色は、背の高い木々やぽつぽつと現れる民家。
image


ユーカリに野生のコアラいないかと思ってずっと上を見ていたので、首を結構痛めました。コアラは見つかりませんでした。
image


機関車自体がすばらしいのはさることながら、こんなにも楽しかったのは晴天と、たくさんの人が皆一様に足を出し、楽しんでいた雰囲気もあると思いました。

続く人?ブログランキングへ




※お知らせ
あちこちからカレンダーをいただいて、半分はそのまま子供の絵描き紙になってしまう。

色々もらった中でも綺麗だな、と思ったカレンダーがあります。

韓国観光公社の、韓国の伝統食をテーマにした写真たち。

image


余りものを差し上げるようで恐縮ですが、欲しい方でなおかつ、あむツアーに参加してくださったら(わざわざ送るのもアレかと・・・)どうぞお持ちください。
一つしかないので、メール等で早くお知らせくださった方に差し上げます。
誰も言わないかもなぁ・・・それなら、次にあむツアーに来られた方に無理矢理わたそ

※写真はクリックで拡大
image


image


image


image


image


人?ブログランキングへ



あううう~

今日から本格的な寒波で辛いのに、これでこそ「鉄原」が完成したような気分でちょっと安心するのは、私もだいぶん毒されてますね。

寒波が来る直前、遊びに出といてよかった.....

鉄原の冬のイベント、
ハンタンガン(漢灘江:川の名前) 氷のトレッキング

出た、ムリヤリ感溢れるピースするツル
image


今年はうまく凍らないのではと一部で心配されましたが、確かに通れる氷上が通年よりは少なかったようです。
image


川岸の陸部分コースを駆使しての開催でした。
真ん中は通行禁止、端の旗が立てられているところだけ歩きます。
image


私たちは今回はトレッキングはせず、イベント会場でウロウロ遊ぶ。
BlogPaint


image


image


900年頃、この地方にあった泰封国の王、弓裔。
image



鉄原の冬にも楽しみを・・・・
人?ブログランキングへ



鉄原、冬の光景の一つです。※写真はクリックで拡大
image


image



投げてくれる肉に群がる、ワシの群れ
image


image



間近で見る一頭一頭の大きさには、感嘆します。
image


image

人?ブログランキングへ

先日の年末年始は、実家で過ごすことができました。

image


それだけでもすばらしいのに、今回は・・・

家族でオーストラリアの第2の都市、メルボルンに
両親と妹と旅行なんて、いつぶりだか分かりません。海外かどうかなんてどーでもよくて、そのことがすでにアメージングでした〜

なぜメルボルン??

妹が、旦那さんの仕事の都合でしばらくそちらに滞在しているのです。私の家族と両親で、妹家族に会いに行ったんです。妹は今回「旅行」じゃないですね・・・

5日間の短い滞在で見たもの、食べたもの、感じたこと。

全部報告したいけど、それじゃぐちゃぐちゃになっちゃうので我慢して、簡単に紹介させてください。
まず。オーストラリアと言えば!?


そうそう!

コアラです〜

寝てる
image


フィリップアイランドのコアラ保護区です。
メルボルン市内から出ているツアーです。

ユーカリの木の、めっちゃめちゃ高い場所のめっちゃめちゃ細い枝に、神業で寝ております。
image


一日に20時間寝るそうです。

あ起きた
image


しかもそんなに寝る理由が、「毒性のあるユーカリの葉のみを食すので、毒の作用でいつも眠い」らしいです。(妹旦那情報)

・・・生きるってナンダロウ。
哲学的な疑問を投げかけられた気がしました。

フィリップアイランドの先っぽは絶景でした。
image


image


ちょっと続く
人?ブログランキングへ



コンバンワン!

新年早々、北朝鮮のおかげで失業しているあむです。

北の水爆実験に対抗して対北宣伝放送を再開したために、警戒態勢となった前線(民間人統制区域)には一般人は誰も入れない状態となっています。

統制区域に入れない=ここ鉄原の安保観光ツアー全面中断

ってこと。
統制区域外にある労働党舎や、滝や山などの景勝地、スンイル橋などなどは問題ありません。


鉄原の観光の目玉は、非武装地帯とか、北が掘ったトンネル、鉄道跡など最前線にあるものがほとんどです。ガイドや運転手さんをはじめ、ツアーに携わるスタッフたちはいつまで続くか分からない休憩をもらいました。

※DMZトレインだけは運行しています。統制区域内に入るはずの時間を景勝地などに置き換えて、ツアーも行っています。

もちろんこのような状況はいけませんが・・・統制区域内でトマトや米を栽培してる農家の立場としては、(あぁ、これが農繁期でなくてよかった。)とつくづく思うのであります。



失業してるんだったらもっと更新しろよ!ってか?はい〜
人?ブログランキングへ


2016年明けましておめでとうございます!

ご挨拶が遅れましたが、昨年一年間、ブログを見てくださってた皆様には心から感謝を述べたいです。

気が向くままに書いているので更新は不定期だし、構成も未だヘタッピなのに読んでくれてしかもコメントまでいただいたりして、確実に、私の生活の糧の一部になっています。

2015年は、新しいことに色々挑戦した年でした。
なるべく今持っているものを失うことなく新たにものを増やそうとし、それには家族をはじめ周りの人の多大な協力をいただきました。

今年は、そうやって得たものを整理し、育てていく年にしたいです。どれもこれも増やしただけでコントロールできていない部分があります。

あとは.....

ただのデコボコ砂地の庭を、少しでもイングリッシュガーデンに近づけることでも目標にするかなぁ~

今はイングリッシュガーデンどころか正直、庭ですらないですからね、ただの更地~。毎年どうにかすると騒いでますが、お金もセンスもなくてどうにもなってません。

韓国語でのガイドも形にすること。

食卓に手を抜き過ぎないこと。

車を買う。

ちょっとサボり気味だった、子供達に寝る前に本を読んであげること。

等など、各分野において課題はいっぱいだぁ!

.......

今年も韓国の最北端、鉄原でドタバタと生きている一日本人を見守ってください。

よろしくお願いいたします
人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ