韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

November 2016

昨日初雪で、結構積もりました。

ほらほら、待ってましたとばかりに飛び出したよ。
嬉声とともに小猿3匹が...
image


image


毎日通る、白く衣替えした地雷原も、美しい。
image


いいね、子供たちは楽しそうで。
...私は窓に断熱材をはり、洗濯機がそろそろ凍る心構えをしておかないとなぁ。

寒いのが、苦手です。


人?ブログランキングへ

前記事に関連し、解説士講習のお話です。

4日間の講習のうち、後半は現地学習へ。(という名の観光へ)

何ヶ所か訪れた中で、一番心に残った場所は「청남대」青南台という清州にある大統領専用の別荘地です。

1983年に造られた、湖の畔(대전 청주の間の대청호)に広大な庭園のある特別な空間。
我々一般人にも公開されており、のんびりと散策ができます。

紅葉ピークを一週間ほど過ぎたと言われたけれど、まるで絵のように素晴らしい景色でした。
image


image


image


image

この構図我が家に欲しい!と思って撮りました(笑)↓
image


image

内部撮影禁止だった本館。
現在は使用していないとのことですが、中は豪華!!な部屋や調度品が見学用に残されていて、私たちは「ほぅ〜...ほうぉぉ〜」みたいな音を発するしか、、、
image


建物に寄り添うように植えられていた大きな木にはカリンが鈴なりで、あまりに印象的で一生忘れないと思いました。
image

こちらは大統領記念館。
博物館のようになっています。
image

大統領官邸(青瓦台)にある会議室の縮小版だそう
image

歴代大統領の姿が、大きな絵画に表されています。
image


image


image


あまりの広さに、3時間いても回りきれませんでした。

人?ブログランキングへ


先週は、4日間のガイド講習に江陵へ出かけておりました。

江陵では、5人の先輩たちと一緒にモーテルで寝泊まりしたのですが、皆様私の母親の世代。面白ろすぎるんです。

モーテルでは自炊ができないのが分かっていたので、昼と夜は外食し、朝食分(2回分)だけ簡単なものを持参しましょう!と、事前にリーダーから連絡が来てました。

私はそれを真に受け、コーンフレーク1箱と使い捨てのお皿とスプーンを10ほど。牛乳は買えばいいや。
これだけ用意しました。

いやいやいや...私、まだまだアジュンマでないわ。

先輩たちはね。

前日にキムジャンしたからって、キムチ大量×3人。あまりの量に、一株持ってきた人は手もつけられずそのまままた持ち帰りました。
ミカン1箱。餅(大量)。ゆで卵(大量)。蒸しサツマイモ。リンゴ、柿。
秋の味覚祭りか。

農家率高いのでサツマイモは3人がかぶった。
残念ながら1人分はダメになりました。
ゆで卵は、二日目にモーテルの電気ポットで一度茹で直して大丈夫!だって...すごいなぁ、そんなんでもう1度茹でるなんて発想できなかったよ。

できても、やらないけど...(前の人がそんな使い方したなんて知ったら嬉しくない)

キムチだらけなので、最初の晩は隣のコンビニでカップラーメン買ってきて、キムチをオカズに済ませました。

「こんなとこまできて、モーテルでカップラーメンなんて...女は家を出たら思いっきり楽しむもんじゃないの!」
と反対するアジュンマもいましたけど、でも持ってきたキムチもったいないじゃん~!という多数派に押されて、結局わいわいと食す。

翌朝は
「昨夜のラーメンとキムチで胃もたれ」
と言って、私のコーンフレークバカ売れ。
コーンフレーク持ってきたあむ偉いとまで言われるが、キムチそんなに持ってこなきゃいい話です。

最初はナイフが見つからなくて、しかしなぜか竹串があったので、あるアジュンマが竹串をザクザク刺して柿を切り分け(刺し分け?)てくれました。
その人は、野外でお箸がないとどこからか枝とか固い草を調達して、お箸がわりにするような人です。
ライフハック...学ぶこと満載である。

講習内容は、江原道の仏教美術と古文書でしたが、頭の痛い勉強よりも、先輩たちと過ごす機会が有意義だったりするのでした。

しかし4日で疲れ果てた

人?ブログランキングへ

去る19日、大統領の退陣を求める大規模集会が全国で開かれました。

テレビに映るソウルの映像は圧倒的でした...ロウソクを手にして人々は声をあげ、通りを埋め尽くす。
アナウンスも、国民の怒りは頂点に達していると報道しています。


さて...


鉄原の様子はどうですか?ドウゾ。


はいっ、現地のあむです。
鉄原の街の中心の映像です
image


集会があるだけでも大したものです。
30人くらいが集まり、放送や演説をやっていました。

これを見る前に「300人は来るんじゃない」という主人に、ニュースに影響されてた私は「いくらなんでも1000人は集まるんじゃないの」と答えてた。

まだまだ鉄原をしらないようだ。

毎日朝から晩まで、大統領の一連の疑惑に関するニュースばかりです。

人?ブログランキングへ


義母がキムジャンしよう!と言ってたので予定をあけておいた今週…キムジャンを急に10日ほど後ろにずらしたのでできた余裕で、このようにブログ頻度がちょびっと上がっております。

ところで、韓国ではLINEよりもカカオトークが幅をきかせており、私も一人を除いて韓国人とは100%カカオです。

その一人とは旦那。

余計なメッセージもたくさん来るカカオだと、旦那は真面目に見ない。そういう連絡にまめじゃないから、見逃しも多い。LINEで連絡してくる人は他にいないので、ワイフからだと分かって確実に見てくれるだろうと始めたことから、夫婦間の連絡はLINEが定着しています。

日本と外国版で一つ違う機能があります。

知ってる人も多いかも。
image


このように相手の入力中には「・・・」が出るのですね。

日本ではそんな機能はいらないと反対意見が多くて、導入されてないようです。

私としては無くても困らないが、あってもいいかなという意見です。
あれば相手が入力しているのが分かってちょっと待てるし、会話が被らずにスムーズに行くのはやはり機能ありの方ですね。

皆さんはどう思いますか。

人?ブログランキングへ


韓国で9月28日から施行された法律「金英蘭法」(キムヨンラン法)。


不正請託及び金品等の授受禁止」に関する、 この国の賄賂社会、過剰接待、汚職等にメスを入れようという法律です。発案者の名前からこのように命名されました。

具体的な内容は、ネット中のあちこちで説明してくれているのでそちらでお願いします。説明してるとすごく長くなります…

それを受け、我が子たちの学校からも幼稚園からも「金品や物を教師に渡さないで」という内容の手紙が配られました。対象者は公務員や教職員。教育現場も敏感になっています。

都会ではよくあるようだけど…こんな少人数のド田舎学校でもお金を渡す親はいないと思っていますが。
これからは先生に、ジュースや、差し入れのパンなどを渡すのもダメみたい。私は時々幼稚園のお迎え時に先生にドーナツを持っていったり、日本から戻った時にはクラスメートと先生にお土産を買っていったりしてたけど、そういうのもダメなのか…

極端な法律のようで、ここまで厳しくしないとどうにもならなくなってる腐敗した社会なのですね。

まぁ、私が気をつけることは先生に何か渡す時だけだなぁ〜

と、直接的には特に絡みはないと思ってたのですが。

ついこの前の鉄原ガイドの会議の場で、所長さんの口から「ガイドの皆さんも気をつけてくださいよー」と出たのでみんな「???」

だって私たちは公務員でも教職員でもありませんよ?

ところがどっこい「鉄原郡公認のガイド」の私たちは、公的な立場にいる者として、法の対象になるとの話なんですね〜

その場にいたガイド全員の表情に「解せぬ!!」って書いてましたよ。
だってそうよ。都合のいいときは「奉仕精神」を求められ、地域の奉仕者としてボランティア行為もする。決して少なくない教育日数。交通費や宿泊費等、全て自腹で遠くまで受けに行くんです。

基本は地域に貢献する奉仕者だと仕事は少ないお給料でやらせておいて、こういう時は準公務員みたいな言い方をされるのかと。

さすがに呆れましたけど、所長の話では金品の受け取り(つまりはチップだね)には気をつけろということです。こんな法が出る前から基本的にはチップは受けとらないことに決まってたけど、食事をご馳走してもらったりジュースやお菓子ひとつもらうのもひっかかるらしい。

ガイドはツアーが終わり、ちょうど昼だと案内してあげた団体のお客様に「ガイドさんも食事を一緒に」とか、昼時を挟んだコースだと当たり前にガイドも昼食をいただくことがままある。
それがひっかかるから何も貰うな、とも言えない所長は、「まぁ…たまにこんなことすら通報する変人がいるかもしれないから気をつけて。各自の判断で動いてください。」

と、何とも煮え切らない感じでしたが。

これが成功し、韓国社会が大改善すればイイデスネー…


人?ブログランキングへ

先日末っ子すわの幼稚園で、ハロウィンパーティーが行われました。

BlogPaint


「おうちに何か衣装や小物があれば持って来て下さい」

とのことで、我が家には何も無いので作ることに。

ダイソーなんかで既製品を買った方が安くてかわいいのに。
お金をかけておかしなものを作りたがる悪癖があります。

「すわ、何になりたいの?」「すわ、魔女〜!」

去年と同じだね。
だからまた、魔女の黒い帽子を作りました。マントも作りたかったけど鉄原のどこに布が売っているのか分からなくて辞めました。裁縫をたしなんでいる人は皆さん、ソウルでまとめ買いしてきます。

帽子は去年は黒い画用紙で、今年は魔がさしてフェルトで。フェルトはテープや糊でとめられる紙と違って縫わねばならず、時間が二倍かかってやりながら後悔しました。

最近はハロウィン熱がすごいようですね。
三年ほど前の、上の子が幼稚園生の時はハロウィンパーティーなんてしてない気がしますが。日本はもっと暑いみたいですね…私は何をやっても寒い、仮装どころでない、ハロゲンヒーターの前におりたいー

あ、韓国も今暑いですよ、大統領スキャンダルで大規模デモなどでハロウィンどころじゃないよね。いつもぽけっーとしている鉄原でさえデモやってます。前代未聞の大事件です。

trick or treat?

は韓国語では何と言うのかな?と思っていたら。
テンションそのままで園から帰って来たすわが、

사탕 안주면 괴롭힐거야!!
(飴くれないといじめるよ!)

と叫びました。分かりやすい子。

人?ブログランキングへ

さーむーい……ですっ!

今朝は−4度。

鉄原はね、まともに秋もないのに急に寒くなる(感じがする)んですよ。山の紅葉は非常に中途半端だし…あぁ、寒いのが超がつくほど苦手な私は寒さに対しては人格変わるほど毒を吐きますよ〜。
最近の自宅での定位置はハロゲンヒーターの真ん前です。誰にも譲らず、近づく者を威嚇しながら死守しております。

なのに、初めて零下になった月曜、子供にダウンのジャンパーを着せたら幼稚園の先生が「オモニー、今からこんな厚いの着せて真冬どうするんですか〜?」って笑われる。上の子は、朝は私が言うからしょうがなくジャンパー着て出るけど、必ず忘れて下校する。それで数日に一度、三枚くらい抱えて持って帰って来る。
旦那、まだ夏のサンダルはいてる。


鉄原の人たち、オカシイわ。

そんな今日は、お義母さんとお仕事。
先の日曜日に、ハウス内も凍って今年のミニトマトは終了しました。
image


しかしキムジャン(白菜キムチ漬け)終わる頃までは、(義母が)とても忙しいです。
赤トウガラシを干して粉にしたり、大根キムチ作ったり、収穫した豆を剥いたり、ニンニク剥いたり…

冬を前にし、夜なべしてまで色々と動き回るお義母さん。

微力ながら今日私が手伝ったのは、ハウスの中でまだ凍らなかったトウガラシの収穫と処理。
寒くなっちゃって赤くなれなかった青トウガラシももったいないから採ります。他の人も同じことをするので、売っても10kg500円くらいにしかならない。なのでお義母さんはひたすら作る。↓↓

부각(ブガク)
image


これがものすごい手間!!
トウガラシを切り開き種をとり、天ぷら粉まぶして蒸して干して揚げる。
パリパリと、おかずにもおやつにもなります。これをトウガラシ何十kg分もひたすら作るのである。

私は頭を取りました。
image


お義母さんはすごい。
休む間なく動くのは、全部人のため。もう売れもしないのにそんなに採ってどうするんだ!と旦那や息子にののしられながらも苦労して採ったトウガラシは、惜し気なく人にあげちゃう。
キムチ作るのも、ブガク作るのも、冬中豆腐を作るのも、家族や人に食べさせるため。

お義母さんは人のためという意識でなく、何か作るのはやってて楽しいそうです。

うん、分かるよそれも。私がジャムやパンやお菓子作るの楽しいのと一緒だよね。趣味よ趣味。

でも…お義母さんのそれは。

趣味の範疇を超えて、完全に労働に見えるのですな。
そこが私と違います。いちいち量が業者並なのです。

お義母さん。
三回死んでもかないません。偉大な存在です。


収穫したゴマに混じった石とか不純物を一つ一つ取り除くよ。何100キロもあるんだけど。いつ終わるのコレ。
image


人?ブログランキングへ



↑このページのトップヘ