韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

April 2017

いつも見てくださってありがとうございます。

最近なぜか、参加しているブログランキングの順位が少しですがあがった状態が続き、調子に乗って更新頻度もあげております。えっこれで?というツッコミは無しで
他のブロガーさんにリンクしてもらった時なんかは一時的にあがることもありますが、今回は理由が分からずしどろもどろ喜んでます・・・

それから、半島がこのような不安定な状態が続く中、私のことを思い出して連絡をくださった方々には深く感謝しています。

一時期よりは米朝間が平和的合意の方向に向き始めたのかな、という印象はあるものの、まだまだ油断できる状況ではありません。
私に何かできるわけではない、、、が、この周囲ののほほん感には、ウンザリすることもしばしばです。


そんなこんなで本当に急に決めました。せめて4月25日北朝鮮の軍創建85周年の祝日を過ぎるまでは日本の実家に帰ることにしました。
何も難しいことを知らない子供たちは、降って湧いたような「日本のじいちゃんち訪問」に手放しで喜んでいます。私も?

親も心配してますし・・・と言った私に、親せきの一人には「この程度でお母さんが心配するなんて、日本ではいったいどんなひどいニュースが出てるのww?」と言われました。主人が快く帰してくれるのが救いです。

明日から少し、うどん食べに帰ります。その間ブログは更新するか分かりませんが、過去の自分を見るにあまり期待できないと思っています。

ちょこっと帰ってすぐ戻ります。うどん何回食べれるかなぁ〜
韓国にいる皆様にも、日本にいる皆様にも、また呑気な日常をお見せできますよう
人?ブログランキングへ


今日も平和に...ノリを焼きます。

こんなノリを手に入れると、
image


ゴマ油に塩を混ぜたものを、1枚ずつハケでヌリヌリ。片面のみ塗ります。
image


ハケが無ければ、使い捨てのビニール手袋をつけて手で塗ってもいいと思います。
塗り残しのないように...

塗り終わると、更に少しパッパと全体的に塩をふる。

そして焼きます〜

温めたフライパンを弱火にして、ノリをを置いて10〜20秒。裏返して同じく。タイミングを見逃すとすぐに焦げます。

真っ黒だったバディが、とても綺麗な緑に変身!食感もパリッと。
image


ハサミや包丁でお好きな大きさに切って完成〜

これで市販の韓国海苔と同じものができあがり!

油や塩の量は、一枚目を食べてみてから好みで調節してみてください。
私の手加減では、油は思うより少し多め、塩は思うより少なめ、少しの勇気と我慢でちょうど良くなります。

ナゼ日本の海苔は高密度で、韓国の海苔は薄いのだろう…


どちらも好き💚
人?ブログランキングへ



正直に言うと、金日成生誕105周年の今日、緊張していました。
幸いにも何も無く平和に夜を迎えられました。

種まきから一週間経ち、綺麗に並べられた稲はグリーンカーペットのようです。
image


私は庭の小さな畑スペースを耕したり、、まだ外仕事がそんなにありませんが、出る時はこう!
image

可愛くハートつけてみたりして...

私だけでありません。この辺りは誰だか分かりゃしない人だらけです。

つい先日は子供たちがツクシを採ってきてくれて、少量だけど卵とじでいただきました。
image


一緒にいた友達が「これ、食べれるの〜!?」と、うちの子が「食べれるよ!」と一生懸命とるのでマネして採って持って帰ったら、お母さんにソッコーで捨てられたそうです。

韓国はよく分からない雑草は結構食べるくせに、ツクシのことは誰も知らないなんて。
私も最近は、ナズナとノビルは自ら採って調理するようになりましたよ。あとはまだまだ詳しくありません。

ナズナの和え物
image


梅に桜にレンギョウ...
ここにも、たくさんの春が咲いています。

人?ブログランキングへ


キム ハンビョル。

我が家の犬です。

生後1年以上が経ち、家族の誰もかなわない怪力犬に成長。
そして悲しいことに、そのバカヂカラは主に「逃亡」に使われる。

隙あらば逃亡!

をモットーに生きてるんだろうなぁ〜。

ある時は力技で首輪とチェーンの接続フックがはじけて、逃亡。
ある時は散歩中(人間は命がけ)にうっかり手から離れた瞬間に猛ダッシュで、逃亡。
またある時は杭からチェーンを外して、逃亡。

チェーンのひっかける輪っかの部分を、深く地面につきさした鉄の杭にかけています。その杭がそんなに高くないことをいいことに、首で強く引っ張るとその輪っかが杭を伝って少し上がる。そこからチェーンの張りを緩めずに引っ張り続けると、どんどん輪っかが上がって杭から抜ける。。。という離れ業を習得。まさか、偶然の成せる技だろうと甘く見ているとこれで2回やられました。
とにかくいつも引っ張るのです。ものすごい全力でチェーンを引っ張り続けるのです。

野良が通れば引っ張る。近所の犬が吠えれば、反応して引っ張る。

なので輪っかの上から穴あきブロックを置きました。

同じ技でブロックを3回カチ割りました。

なのでブロックを重いものにしました。←今ココ
image


ガッコン!!ガッコン!!と音をたてながら挑戦し続けているので、これが割れるのも時間の問題。そうなる前に輪っかと杭をロープで括り付けなければならないだろう。次は杭ごと引っこ抜いて逃げるかもね・・・

何度逃げても捕まるのは、帰ってくるからではありません。彼の行き先がだいたい同じ場所だからです。見るといつも同じ野良犬と一緒にいるのでその犬に会いたくて行くのかもしれません。友達なのか彼女なのか、見た感じ分かりません。

追いかけながら、うんちをするタイミングを見ます。しばらくキバる瞬間がこちらのチャンス。その時はこちらをチラ見して「ヤベッ」て表情しますが、さすがに出してる途中に駆け出す気にはなれないようで。
捕まってしまうと暴れません。おとなしくお縄につきます。

私も心が痛い。
こんなに自由を求めているヤツを、家に括り付けておく権利がない。
もうどこでも行って、たくさんいる野良仲間と好きなように生きなさい。

最後の逃亡時には、そんな気持ちになって探すのを一生懸命になれませんでした。

ところが私以上に熱心に探しに行く人がいます。
そう、義父です。
彼はハンビョルが珍島犬(=いい犬)だという理由から、もったいない!と必死で探す。最後も結局お義父さんが捕まえてきました。

つながれもせず、家の前で寝そべっている飼い犬を見てはうらやましく思わざるをえません。

かわいがっているつもりなのですが・・・ハンビョル・・・どうすればいいのでしょうかね^^;

人?ブログランキングへ


何を隠そう、私はソウルのオリニ大公園(子供大公園)が大好きなオリニ(35歳)である。

だってだって、オリニ大公園にはね...

動物園が無料なのになかなかの種類がそろっている!これが一番の理由。

それから豪華な花の植え込みと、桜並木があること。

この2点が私を魅了してやまず、1年に2回は子供たちと訪れるスポットです。

さぁ先々週の週末、そろそろソウルには桜が咲いているという情報を受け、桜目的で久々のオリニ大公園!いつもは汽車・電車を乗り継いで片道2時間半かけていた道を、つい、魔がさして車で行ってみる。
車だと1時間40分で行けるはず〜

しかし、ナビ氏の言う「500m先」の右折の距離感が掴めないオリニ(35)。また、隣ギチギチで四車線道路で、当然のごとく車線変更失敗。
といった田舎モン丸出しの失敗が続き、20分以上ロス。ワロス。

子供たちは、帰宅してパパへ開口一番、私のヘマの数々を報告してましたわ...

着いてみると、う〜ん、桜は惜しいもう少し!といったところでした。1週間後の今はきっと咲きほこっているのでしょう。
image


鳥インフルエンザのために、鳥類一切が取り止めで動物園は縮小しており、私の目的の動物と桜見学は1時間で終了。
残り5時間はたくさんある子供の遊び場巡りと化して、ただただひたすら子供を眺めて過ごしました。子供大公園だもんね。しゃーない
BlogPaint

めいっぱい遊んで清々しい気分で帰ろうとした時、駐車料金を12000ウォンを請求される。なにさ、電車の方が断然安くて間違いないやないの...

次からはやっぱ電車で来よう。

と思って後ろを振り返ると、そこには気持ちよさそうに爆睡している子供たちが・・・

電車だと、帰りは寝るどころか座れません。
車も諦めないでおくかなぁ、と思わせる寝顔でした。

桜は往復の車窓からチラチラ楽しみました〜
人?ブログランキングへ










山火事の日にヘリを見上げながらやってた仕事はコレです。

稲の育苗箱に土を入れる作業。

image


去年までは手作業だったので家族で2日かけてましたが、今年は初めて機械を使用。半日で終わりました〜

image


約4000枚。
次はこの土の上に種をまきます。

これで今年も始まったなぁ〜と感じます。
人?ブログランキングへ



昨日、外に出ると焦げ臭いにおいとともに、何かが焼けたものが風に乗って庭中を覆っていました。
image

あぁ、近所の人がゴミを焼いたんだな...

この辺りの田舎の家は、よく庭でゴミを焼くので特に気にしなかったのですが。

それにしてもすごい量の焼けくず。
洗濯物を干してなくてよかった〜

と思いながらその後外出しましたら、空は赤黒く、何やら軍人が運転する消防車も行ったり来たり。しかしむちゃくちゃ緊急出動でもなさそう。

犯人はやっぱり北朝鮮でした。

これは決して珍しいことでなく年に数回、わざと非武装地帯周辺の山を焼くのです。焼畑か、軍事的理由(視界確保)かだと思います。
実際、ここから見える北の山々にはあまり木がないことは誰の目にも明らかです。

山火事は昼間に見たら、遠くから空いっぱいにモウモウと立ち上る煙が見えますが、夜に見ると暗闇に真っ赤に浮かび上がる山火事が見える時もあります。

そして今回はそのトバッチリをバッチリ受けて、韓国側の山にも飛び火した模様。

今日は今朝から夜まで、ヘリコプターの音がやみませんでした。
ヘリコプターとは日常的に見ている黒い軍用ヘリではなくて、おなかに「山林庁」と大きく書かれた赤いヘリ。それが途切れることなく水を運んで忙しそうに飛んでいます。
珍しい光景なので、ハウスで仕事をしながらヘリが真上を通るたびに何十回も空を見上げました。

うちは今日は、ハウスでもみまき用の苗箱に土を入れる作業でした。

うちのハウスから1kmちょい先の非武装地帯内の山からは炎があがっているのが見え、白い煙が山中をもうもうと覆っている。
このハウスは民間人統制区域内にあるので午前は出入り禁止になって、予定していた仕事は解除された午後からとなりました。

image


午後に入れてくれた時に見えた山火事は、業火ではなくてだいぶんくすぶっている感じまで収まったので、解除になったのでしょう。農家は忙しい時期なのに非常に迷惑な話です。

隣人の火遊びにまきこまれ、非武装地帯内国境付近の川で水遊びをされれば、それもまた戦闘準備を強いられ・・・


ルールもへったくれもない相手に振り回されて、韓国の気苦労も尽きませんね。。。

人?ブログランキングへ


江原道公式ブログに、「韓国が好きな日本人」カテゴリーでインタビューを掲載していただきました!

こちら→

先日、記者さんがいらして短い時間でしたが鉄原をちょこっとご案内しました。
鉄原を気に入って頂けたようで、私も幸せ〜

この鉄原ガイド活動も、ものすごーく頻度が低いながらも年数だけはかなり経ちました。

今まではひとりだったから情報を仕入れる場には苦労していたけれど、去年に公式ガイドの資格を取得してからは資料や先輩に頼ることができるようになり、ガイドとしては世界が広がったことを感じてます。

ほんまに...昔、最初の頃のお客様にはいったい何を教えてたんやろな?ちゅうくらい...(最初の方の方々ゴメンなさい)

その代わりに「韓国人に韓国語でガイドする」という壮大なストレスとの戦いをも手にいれたわけですが。
世の中、タダがないですね〜泣

鉄原は日本にはない安保の現場が現存しており、それを日本のみなさまにご紹介するのが私の使命です。(韓国の人に紹介するのは私の使命でなく試練!)

まだまだ勉強中でいたらない点も多々ありますが、みなさん、ぜひ鉄原とあむブログに遊びに来てください〜!
これからもよろしくお願いいたします💚


人?ブログランキングへ



↑このページのトップヘ