韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

August 2019

最近、ブログサボっててすみません...
久々の更新が個人的連絡でまたまたすみません...

今朝、メール(ezweb)でツアー要請をしてくださった方、送った返信がエラーで帰ってきます。私のアドレスに問題があるのかと、他の3つのアドレスからやってみましたが全て帰ってきて、ご連絡がとれません。
他に手段がないのでこの記事を見てくださいますよう
この場をかりてお返事いたします。
「申し訳ありませんが、9月2日は仕事でお受けできません。次は6日なら空いていますが、いかがでしょうか?」

こちら鉄原の安保観光ツアーの引率が私の仕事であるが、ツアーの案内所は2箇所あります。

一つはコソクジョン(孤石亭)という観光地で、車で来たらここで申し込みすればよいです。もう一つは汽車駅にある小さい支所。出発地は違っても、目的地は同じです。
ガイドは事務所が組んでいるシフトに従い、日によってコソクジョンに出勤したり、駅に出勤したりしてツアーをひっぱります。

コソクジョンは有名な観光地で、今の夏休みシーズンは多くの団体やファミリーがやって来ます。私たち引率者一人に対して観光バスが数台・・
ということも多い一方で、駅のほうは年間通して人が少ない。汽車に乗って来るお年寄りがメインで、バス一台が満杯になることもほとんどなく、お客さんが少ない分距離感が近い。

昨日は汽車(白馬高地駅)発の担当でした。
午前の部に出勤したこの日は8人しかお客がおらず、うち4人が一緒に来ていたおじいちゃん友達グループです。
車内がある程度お客さんがいっぱいだと静かにしてますが、このくらい人が少ないと前に立ってるガイドにがんがん話しかけてくる人がいます。静かな大衆の前で一方的にガイドするのも自分のペースでやれて楽だけど、お客さんとおしゃべりをするように質問をしたり答えたりしながら行くのもまた面白いものです。
それに、おじいちゃん達はこの37歳3人の子持ちを「アガッシ(=お嬢さん)」と呼んでくれる人が多く、大事にせねばならない貴重な存在である・・・。
※一般的には、해설사님(解説士様) 가이드님(ガイド様) 선생님(先生) 해설사선생님(解説士先生)などと呼ばれます。
少々不躾な感じで、おじいさんは가이드양(ガイド嬢) 일본아줌마(日本のおばさん)などと呼ぶこともあります。


この、鉄原のたった一つの駅「白馬高地駅」が今、散々ながっかりスポットなのである。

トイレは排水管のトラブルで全て使用禁止。
20190803_124128

 鉄原郡側と鉄道公社側で責任の押し付け合いをしているので、修理の目処立たず。その代わりに駐車場に用意された簡易トイレは、ハエだらけのボットンで息を止めないと入れない。

排泄物モリモリ、当然クレームもモリモリ。

駅構内に貼られてるのはネガティブな文句ばかり。
「汽車運行中断。吸殻を捨てないで。食べ物搬入禁止」
20190803_124150
線路工事のため汽車が来ない今、使われてない物寂しいホーム...
「ホームに入らないでください」
20190803_124212
20190803_124234
ここは腐っても鉄原の玄関口の一つなのに、鉄原きってのガッカリスポットに成り下がっておる〜
田舎は田舎らしく、派手な演出は必要ない。しかし、落ちついた清潔感はあるべきだと思いつつ、一刻も早い改善を望むところです。

人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ