a42d9f1f.jpg先週土曜日、だんなの友達の娘さんが一歳の誕生日を迎え、お呼ばれして行ってきました!
韓国では、一歳は「トル」と言って人を呼んで盛大にお披露目します。生後100日目も特別だそうです。今より赤ちゃんの死亡率が高かった昔々のなごりだと聞いたことがあります。だから、赤ちゃんが100日まで元気に育ったら、とても喜ばしいことなんですね。

今回はレストランを貸しきって行われておりました。写真がちょっと小さいですけど、友達夫婦とお子さんが韓服を着て座っており、ステージのバックには子供の大きな写真がコピーされた幕が張られていました。前に並んでいるのは偽物だけど、果物やお菓子や干し柿などの供え物を積んだものです。
この方達はキリスト教だったので、そういう歌とかお祈りが組み込まれながら、いよいよお決まりの儀式です。子供の前にいくつか物を置き、何を手に取るかでどんな将来か簡単な占い?でもないけど、そのようなことをするんです。従来は「お金−将来お金持ち」「鉛筆―頭のいい子」「糸−長い人生」の三つだったようです。今回はそれにマウスもつけられており、皆が見守る中、本人は雰囲気に緊張してか目の前の物に全く興味を示さず、10分くらいかかって半ば無理矢理、母親がようやく糸を掴ませました(´∀`)

韓国大勢で祝うということが、私達より何かと強い気がしますね。おめでたいことは皆で!という感じです。スヒョンちゃん、本当におめでとう