昨夜、ソウルの我楽市場(ガラクシジャン)へカボチャを出すために行ってきました。

作物の量が少ないため、何を売るにももっと近くの田舎の市場へ出している私達ですが、とれたカボチャをそこに一度に出すには多すぎで、でも何回にも分けて行くのも面相なので思い切って行ってみたんです。
やっぱり韓国一の市場は規模が違う、世界が違う。24時間人で溢れかえり眠ることを知らず、コンクリートの上は本物の畑に劣らず所狭しに野菜や果物、あちこちで競売の声が響き、カボチャはどこに出したらいいのか探すだけでもぐるぐる回って迷子になりました。私達が確実に量は最小です。いつも行ってる市場は一目で全体が目に入る広さなので、この一大都市は本当におもしろく、興味のある人は見る価値あり。私は興味ないのであまり見ないけど、隣の水産もかなりのもので、その場で食べれる刺身などはとてもおいしそうです。

いつもの市場なら、全然厳しく言われないことも昨日は、袋をもっと小さいサイズにしてきつきつの見た目にしたら値段がもっと上がるよとか、大きさを(いつも通り揃えてたのに)もっと揃えなければ良くないとか、色々言われて、田舎とは違うなー、物はいいのに袋のために安くなるなんて悔しい・・・などと市場による違いを実感したのでした。売るって本当に難しい。上手に作ることより上手に売るほうが難しいかも。

夜中から朝にかけてソウルに行ったので、いつもと違う感じのドライブになって面白かったでも、もういいかな、その日は眠くてもう仕事にならないし('A`)

今日は病院に行くことを理由にだんなだけ仕事に送り出し、午前ずっと寝てました、ししし(☆゚∀゚)まぁだんなもハウスで寝てると思います 笑