前回の記事、旅行記の続きです〜

※全行程ではなく、個人的にお見せしたい場所の写真だけを選んでアップしてます。

ホテルが想像より立派でした

Howard Johnson Macrolink Plaza
image


image


image


シャンプー、ボディソープ、石鹸、シャワーキャップ、ドライヤー、歯ブラシ、タオル、スリッパ、ガウン、飲み水、ティッシュ、電気ポット。がありました。

窓からは、未だ建設中のホテル一大リゾートの敷地が見えました。
ひしめくように立ち並べられた住宅も商店街も建設中・分譲中のようで、まるでゴーストタウンのようでした。
image


今1軒購入しておけば、後々助かるのでは?!
と投資を思いつきましたが、周りにハハハと言われて終わりました。

現地ガイドから、チップについての説明を受けていました。

ホテルは3泊同じ部屋です。

中国10元か、韓国1000ウォンのどちらかを毎朝出る時に部屋に置いてください。

10元=約1200ウォン

...なるべく1000ウォンを置こうとする私たち。

2日目の行先は、
篁岭←日本語では何と読むのか分かりません。韓国語読みでは「ファンリョン」です。
image


山の斜面が一面菜の花!
image


「あと1週間後くらいなら、もっと満開でしたのに」
というガイドさんの話ですが、これでもスンバラシイ
image


寄せ集まってるから広く見えるけど、見ると1枚の畑がめっちゃ小さい。
中国って何者〜
image


BlogPaint


菜の花の山の上、ファンリョンの町並み
image


古く美しく、そして生活感はなく、商業用・観光用って感じでした。
とても素敵なのだけど、一歩裏に入ると、空き家も多かった。
image


軒から出てる竹は、ザルを置いて色々乾かすための台です。
image


image


今回の行程ですれ違った人たちは、中国の人の次に韓国人でした。
ガイドさんの話では、ここ黄山ははじめは日本人が先にツアーを開発したそうですが、今は韓国人がほとんどだそうです。
海外ツアーはまず日本人がツアーを作り、そこに韓国が後追いするという流れがあるそうです。
その話だけだと、(まるで日本は韓国の実験台のようだ)と思った私はひねくれているかな・・・


に続きます〜
人?ブログランキングへ