March 14, 2017

ケータイ

義母が、ついにケータイ電話を手に入れた!

今まで無くても何とかやってきて、本人は最後まで必要ない!と言ってたけれど周りの私たちがガラケーを契約。

というのは中国旅行中の義父の一声にありました。

かなり以前から買う買わないの話をしていたものの、本人がいらないと言うので話が何となくな感じで流れていたのです。

そんなある日、義母が汽車で義兄宅に行ってきた帰り、最寄り駅に迎えに来ているはずの義父がいません。兄嫁が「お義母さんは〇時の汽車に乗ったので、〇時〇分に迎えに行ってください」とちゃんと事前連絡したのに。
義父は家でやっていた用事がうまく終わらず、10分ほど遅れて駅に着いたときには義母は鬼の形相(←義父目線)だったとか。
そんな事件があった直後に私たちとの中国旅行になり、中国で夜にホテルの義父の部屋で集まって酒が入った彼は、

「お前たちがさっさとかあさんに電話を買ってあげないから、オレがかあさんに怒られるはめになったんだぞ!オレは遊んでて遅れたんじゃない。忙しくて、急いだんだ。電話があれば一言連絡できて、かあさん拗ねなくて済んだのに!」

あー、はいはい、旅行から帰ったらそっこーで買います〜

次の日も同じに酔っぱらって、おーんなじ話をしてた。義母に拗ねられたことがそんなに心に来たのでしょうか。

確かに、義母が一人で出かけたときとか、あっちとこっちの田んぼに分かれたときとか便利です。

思えば私も韓国に来て数年間、ケータイなしでやっていました。普段は家にいるか、主人と一緒に畑にいるか、たまにガイド業などのときは主人のを借りてました。周りの同世代からは引かれてました。
旦那との間には、上記の義母のレベルでない待ちぼうけが数えきれないほどありました。公衆電話もいつも探していました。
それでも、ケータイが無い者にとっては待てば済むことでした。

今はスマホなしでは生きていない体に染まってしまい・・・

義母はスマホじゃないので、ケータイに染まりはしないでしょう。
まだ手にしてからいくらも経っていないですが、私たち(他のケータイ)と出かけるときは自分のを持って出ません。メールも、文字盤がよく見えないので打てないと言ってます。

見えないと言えば、
もともと時計をしていなかった60歳のアジュンマがある日素敵な腕時計をしていたので「買ったの?素敵ですね」とふったところ、

「ケータイの時計だけで間に合ってたのよ。何時かな〜とケータイつけて、最初は大きく見えていいのよ。でも一度タッチすると、右上すみっこに時間が縮こまるでしょ?そうすると見えないわけ!だから腕時計つけてんのよ!」

あ〜、なるほど。
老眼、私も他人事でないなぁ。

人?ブログランキングへ




elephants322 at 09:10│Comments(3)TrackBack(0)生活 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひつじ子   March 21, 2017 12:50
4 お元気ですか?
2. Posted by ひつじ子   March 21, 2017 13:02
4 すみません…全文書くの終わってないのにボタン間違えて押してしまいました…

携帯は今の時代やっぱ必要ですよね〜でも私は未だに携帯電話の方です…スマホだと文章打つのがめんどくさくてね〜でも携帯だとユーチューブとかの動画のサイズが小さいままでね〜また目が悪くなった感じかします(こないだ運転免許更新のために目の検査したら見えなくて、別室移動でした…まぁペーパーだから良いですけどね〜)

んでビデオ見るじゃないですか〜映像に尾木ママが出ててびっくりしましたよ〜なんでも高校が一高だった縁で出てくれたんですって〜
3. Posted by あむ   March 27, 2017 14:35
>ひつじ子さん
私も初めはスマホなんて...と思ってたんですが、使い始めるとまんまとドツボにはまってしまったのです。韓国のお年寄りはスマホ率高いと思います。使いこなしてるかは不明です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字