April 14, 2017

逃亡者

キム ハンビョル。

我が家の犬です。

生後1年以上が経ち、家族の誰もかなわない怪力犬に成長。
そして悲しいことに、そのバカヂカラは主に「逃亡」に使われる。

隙あらば逃亡!

をモットーに生きてるんだろうなぁ〜。

ある時は力技で首輪とチェーンの接続フックがはじけて、逃亡。
ある時は散歩中(人間は命がけ)にうっかり手から離れた瞬間に猛ダッシュで、逃亡。
またある時は杭からチェーンを外して、逃亡。

チェーンのひっかける輪っかの部分を、深く地面につきさした鉄の杭にかけています。その杭がそんなに高くないことをいいことに、首で強く引っ張るとその輪っかが杭を伝って少し上がる。そこからチェーンの張りを緩めずに引っ張り続けると、どんどん輪っかが上がって杭から抜ける。。。という離れ業を習得。まさか、偶然の成せる技だろうと甘く見ているとこれで2回やられました。
とにかくいつも引っ張るのです。ものすごい全力でチェーンを引っ張り続けるのです。

野良が通れば引っ張る。近所の犬が吠えれば、反応して引っ張る。

なので輪っかの上から穴あきブロックを置きました。

同じ技でブロックを3回カチ割りました。

なのでブロックを重いものにしました。←今ココ
image


ガッコン!!ガッコン!!と音をたてながら挑戦し続けているので、これが割れるのも時間の問題。そうなる前に輪っかと杭をロープで括り付けなければならないだろう。次は杭ごと引っこ抜いて逃げるかもね・・・

何度逃げても捕まるのは、帰ってくるからではありません。彼の行き先がだいたい同じ場所だからです。見るといつも同じ野良犬と一緒にいるのでその犬に会いたくて行くのかもしれません。友達なのか彼女なのか、見た感じ分かりません。

追いかけながら、うんちをするタイミングを見ます。しばらくキバる瞬間がこちらのチャンス。その時はこちらをチラ見して「ヤベッ」て表情しますが、さすがに出してる途中に駆け出す気にはなれないようで。
捕まってしまうと暴れません。おとなしくお縄につきます。

私も心が痛い。
こんなに自由を求めているヤツを、家に括り付けておく権利がない。
もうどこでも行って、たくさんいる野良仲間と好きなように生きなさい。

最後の逃亡時には、そんな気持ちになって探すのを一生懸命になれませんでした。

ところが私以上に熱心に探しに行く人がいます。
そう、義父です。
彼はハンビョルが珍島犬(=いい犬)だという理由から、もったいない!と必死で探す。最後も結局お義父さんが捕まえてきました。

つながれもせず、家の前で寝そべっている飼い犬を見てはうらやましく思わざるをえません。

かわいがっているつもりなのですが・・・ハンビョル・・・どうすればいいのでしょうかね^^;

人?ブログランキングへ




elephants322 at 06:37│Comments(9)TrackBack(0)ハンビョル(犬) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おとう   April 14, 2017 14:16
 こんにちは

 元気すぎるのも困りものですね。何キロくらいになりましたか?

 文中で、面白いなと思ったのが排便中での捕獲。
 これは、人間の幼児でも同じなのですが、「大」の時は急に動かなくなって真剣な顔になって、、、 
 子供が大きくなって犬を飼い始めた時に、「人間も犬も一緒。大事な時は動かなくなるんだ」ってのに気付きました。
 いつも面白い記事、ありがとうございます。

 
2. Posted by たんちゃん   April 15, 2017 05:52
お久しぶりです。相変わらずのやんちゃ君にきりきり舞いですか?
また、私の実戦経験でアイデアをお話しします。
幸い、ある程度の敷地があると思いますので、長いワイヤーの両端を地中に固定してそこにやんちゃ君のリードを通すっていうのはどうですか?
私の家でもそうしています。
うちの犬もハンビョル君と一緒、脱走の名人でした。が、この方法でつないでからは脱走回数はゼロ。
口先ではうまく説明できないので?と思われたらメールくだされば画像付きでお返事いたします。

先般、江原道行きの話をしましたがこの度の韓国情勢でちょいとビビっています。
あむさんもくれぐれお気をつけてくださいね。
では、また。
3. Posted by あむ   April 15, 2017 21:27
>おとうさん
面白いと言ってくださることに、私が感謝しています!
ハンビョルは体重は不明ですが、そんなに大きくはないです。立つと5歳の娘より大きいので娘はあまり寄りません。
4. Posted by あむ   April 15, 2017 21:32
>たんちゃんさん
いつも親身な助言をありがとうございます!前回教えてもらった方法、試しました。やらないよりはだいぶんは引っ張る力が弱まりました。やらないと引っ張るので、根本的には訓練が必要なのでしょうね。

脱走しなくなったのは、ストレスが軽減されたってことですよね。同じ方向しか移動できなくても、動ければ違ってくるのでしょうか。やってみます!
5. Posted by たんちゃん   April 16, 2017 05:17
おせっかいついでにもう一言。

ステンレス製のワイヤーの両端を地中に埋めた杭に結びつけて(その前にワイヤーにリングを通しておきます)をピンと張らないでややルーズに張るのがポイント。
前後だけの移動範囲に横幅が加わります。
これだけでやんちゃ君の行動範囲が大きく広がります。

※ワイヤーの両端をとめるのに柱等は使わない事。
柱にリードが巻き付くと鎖でつないでることと何も変わりがない事になってしまいますので。
6. Posted by たんちゃん   April 16, 2017 20:11
ワイヤーをとめるのには40センチくらいの立方体の型枠を二つ作りその天場にする面にアンカー(細い鉄筋でもあればそれをU字型に曲げ)をいけこんでコンクリートを流し込んで作ります。
あむさんにはちょっときついかもしれませんがパパさんのきげんの良い時に作ってもらってください。
コンクリーが固まったら型枠をばらしブロックを地中に埋めて完成です。これでたぶん大丈夫!です。
一度で説明を済ませればいいものをねぇ、段取りが悪くてすみません。

私、あむさんのお義父さんと同い年なんです(多分)

現役をリタイアしてから少しずつ・・・になりつつありますが。
立派な後期高齢者ですが気持ちは30代!
K-POP(ガールズグループ専門)大好きです。
7. Posted by あむ   April 17, 2017 13:02
>たんちゃんさん
親身にご教示くださって感謝します!KPOPがお好きだなんて、私よりお若いですよ〜私は全く興味がないので・・・
実は犬のことでアレコレ考えている最中、驚くことがおきました。はんびょルが一人で遠方から戻ったのです。
主人が自宅から3〜4kmほど離れたビニルハウスに車で連れていき、そこで仕事の間ハンビョルを放しておきました。主人は自宅周辺より野良仲間もいないし、慣れた場所でもないから大丈夫かな?と思ったようです。私はまたどっか行っちゃうんじゃと心配しましたが、ハウスから遠く離れずに主人と帰ってきました。
翌日はハウスから離れて姿が見えなくなり、仕方なく主人は一人で帰ってきました。それから2時間くらい経ったときに、ドロッドロでなんと家に来ました。まさか!でした。これで絶対安心とは思いませんが、家が嫌いなわけではないのだなぁと、とても心の温かくなった事件でした。
8. Posted by たんちゃん   April 17, 2017 19:37
そうなんです、犬って人間が思う以上に知恵も知能もあるんですね、それプラス動物の本能、侮れません。イヤな事、ひどい事をするとその仕打ちは忘れないし心も開いてくれなくなります。
心から大切に思い暮らしていると何も命じたりしなくても主人の脇にいつも寄り添ってくれるようにもなるんですね。
私の家の犬の真の主人は実は今は亡き妻でした。
やや、優柔不断な私とは違い白黒のはっきりした妻の接し方がよかったのか反応が明らかに違いました(今でも私の呼びかけには仕方なく〜風な感じが)妻の呼びかけには背筋を伸ばし喜びの表情をあらわにしました。
また妻の嫌いな人苦手な人には目線も合わせず、しっぽの一振りも無し(教えたんじゃないですよ)
妻が亡くなってから使われなくなった妻の自動車をジッと見つめ続けている姿にはまいりました。
犬には心があるんですね。
外国では首輪と鎖で犬をつないでおくことが動物虐待になるという国もあるそうです。
とは云え日本の狭い都市部では仕方がない事だと思いますが、幸いにもあむさんのお住まいの地域や私メの生息している北関東の田舎ではある程度ゆとりのある場所があるのであのようなつなぎ方も良いのではと思い何度も要らぬおせっかいを…
ハンビョル君の顔つき風体もさる事ながらご家族の人たちとの触れ合い方が我が家のヤギ(犬の名前です)にそっくりなので他人事と思えずに、です。
画像が送れないのが残念です。
9. Posted by あむ   April 18, 2017 21:56
>たんちゃんさん
ヤギ!笑 センスがありますね〜
とてもヤギちゃんを大事にされているのが伝わるお話、ありがとうございます^^心がほわっとなりました。
これからも、時々ハンビョルの話をアップしていこうと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字