キム ハンビョル。

我が家の犬です。

生後1年以上が経ち、家族の誰もかなわない怪力犬に成長。
そして悲しいことに、そのバカヂカラは主に「逃亡」に使われる。

隙あらば逃亡!

をモットーに生きてるんだろうなぁ〜。

ある時は力技で首輪とチェーンの接続フックがはじけて、逃亡。
ある時は散歩中(人間は命がけ)にうっかり手から離れた瞬間に猛ダッシュで、逃亡。
またある時は杭からチェーンを外して、逃亡。

チェーンのひっかける輪っかの部分を、深く地面につきさした鉄の杭にかけています。その杭がそんなに高くないことをいいことに、首で強く引っ張るとその輪っかが杭を伝って少し上がる。そこからチェーンの張りを緩めずに引っ張り続けると、どんどん輪っかが上がって杭から抜ける。。。という離れ業を習得。まさか、偶然の成せる技だろうと甘く見ているとこれで2回やられました。
とにかくいつも引っ張るのです。ものすごい全力でチェーンを引っ張り続けるのです。

野良が通れば引っ張る。近所の犬が吠えれば、反応して引っ張る。

なので輪っかの上から穴あきブロックを置きました。

同じ技でブロックを3回カチ割りました。

なのでブロックを重いものにしました。←今ココ
image


ガッコン!!ガッコン!!と音をたてながら挑戦し続けているので、これが割れるのも時間の問題。そうなる前に輪っかと杭をロープで括り付けなければならないだろう。次は杭ごと引っこ抜いて逃げるかもね・・・

何度逃げても捕まるのは、帰ってくるからではありません。彼の行き先がだいたい同じ場所だからです。見るといつも同じ野良犬と一緒にいるのでその犬に会いたくて行くのかもしれません。友達なのか彼女なのか、見た感じ分かりません。

追いかけながら、うんちをするタイミングを見ます。しばらくキバる瞬間がこちらのチャンス。その時はこちらをチラ見して「ヤベッ」て表情しますが、さすがに出してる途中に駆け出す気にはなれないようで。
捕まってしまうと暴れません。おとなしくお縄につきます。

私も心が痛い。
こんなに自由を求めているヤツを、家に括り付けておく権利がない。
もうどこでも行って、たくさんいる野良仲間と好きなように生きなさい。

最後の逃亡時には、そんな気持ちになって探すのを一生懸命になれませんでした。

ところが私以上に熱心に探しに行く人がいます。
そう、義父です。
彼はハンビョルが珍島犬(=いい犬)だという理由から、もったいない!と必死で探す。最後も結局お義父さんが捕まえてきました。

つながれもせず、家の前で寝そべっている飼い犬を見てはうらやましく思わざるをえません。

かわいがっているつもりなのですが・・・ハンビョル・・・どうすればいいのでしょうかね^^;

人?ブログランキングへ