かわいいけれど、賢くはないんやろうなぁ〜・・・・

そんな印象をみんなに持たれていたハンビョル(我が家の犬)。

その主な原因は「逃亡」癖にありました。

近所に友達や彼女?がいて、隙あらば私たちの手をすり抜けてあの手この手で消え去ることジェリーの如し。
あまりの怪力にリードをつけての散歩がままならず、彼もストレスが溜まるのは分かります。遊びに行くなとは言えません。問題は、出て行ったら自ら帰ってこないことでした。しかし私たちが探しに行くと必ず捕獲されるので、完全失踪事件には至りませんでした。

そんな・・・
家に全く愛着を持っていなさそうな彼が、一か月ほど前に突如、変貌を遂げた。

本当に、ある日突然!

庭でチェーンを外したところ、いつも通りどぴゅーっと走って行っちゃうと思いきや、なんだか庭をウロウロ嗅いでてすぐに行かないので、ふと思い立ち「ハンビョラ、一緒に行く??」と声をかけて私が先に庭を出てみました。

なんとそのままついて来て、一緒に一時間の散歩をしました。
この出来事は、私の中で記憶に残る幸せな喜びの日のスタートでした。

その日から、つかず離れずで近くを遊びながらついて来るようになり。
自分がだいぶん先に行ってしまうと、こちらを振り返って私が近づくのを確認してから進みます。離れ過ぎてカーブで見えなくなると引き返して来て、やはり私が来ているのを確認します。

あれ?なんか急に忠犬??

これ以降私は、人が少ない時間帯を狙ってこのように散歩させるようになりました。町中では到底無理な方法ですが、田んぼばっかりの農村であるから許されると勝手に解釈しています。

散歩中に友野良に会うとそのまま消えてしまうこともありますが、以前と違ってしばらく後にはちゃんと帰宅するように。
リードつければ全力で引っ張り合ってお互いストレス、
かといって放してみれば失踪するのでストレス、
逃げれば帰ってこないのではと探し回ってストレス、
家に繋ぎっぱなしだとこれもお互いストレス。

これらのストレスが一気にフリーとなった。

あまりの変身ぶりに(こいつはもしかしてハンビョルにそっくりな他の犬なのか?)となんらかの陰謀説まで真剣に考えた。
一歳を過ぎて大人になったことと、早くにこのようにやればうまくいってたのかな、私が気づいてなかっただけかもな、と理由をおさめて今日も二人で歩きます。

でも暑いからって、よそ様の田んぼに体を沈めつつ歩くのやめて。
image


毎日自ら泥だらけになりにいくので、洗ってやりたいがタイミングが分かりません。
image


とにかくハンビョルは、もはや私に幸福を与えてくれてる大きな存在です。


最近サボリ気味でした、ごめんなさい!
人?ブログランキングへ