ちょっと・・・PM2.5がんばりすぎ。
ケータイが毎日毎日、ピコンピコンとなります。

「江原道庁ーPM2.5警報発令.室外活動は控えてください。」
「環境部ー首都、明日PM2.5 飛翔軽減措置施行 総重量2.5以上5等級車輌ソウル運行取締り」

といった具合に、PM2.5に関した警報・注意報、車輌運行の制限が繰り返されている。

世界一空気の汚い都市
輝く1位の座を獲得してしまったソウル・・・(2位はインチョン)

ずっと都市部はひどかったけれど、こちら田舎の鉄原はそれよりかなりマシだったのです。

ソウルからの観光客も、「鉄原は空気がきれい!」とよく言っていたのに、最近は鉄原もなかなかヒドイ。景色は濁りきって、展望台からも何も見えない。まるで現政権の現状を表してるみたいよ。

環境部からの「今日は偶数の車輌は自主制限しましょう」なんてメールが来て、実践する人がいるものかな。したところで今さらどれくらい改善できると思ってるのかな?

この、最近の最悪な状況の大元は国内だけではないし、政府の上っ面の対策パフォーマンスに国民の怒りが爆発している。
相手が日本だったら、ここぞとばかりに騒ぎ立てて賠償金請求したでしょうね。相手が強いと、憎たらしいくらい顔色を伺ってる。

なんか、連日暗いニュースばかりです。

※淀んだ画面の中でも美しいツルたち。(マナヅル)
そろそろ北に渡る時が来て、各家庭単位で別々に過ごしてたのが集まって集団になってます。
20190306_165705(0)

いつもありがとうございます!
人?ブログランキングへ