ウラジオストク旅行 の続編です

夜中にホテルに着いた私たち、船でさんざん寝ているので眠くないのである。

さっそく、近くの24hスーパーに遊びに行きました。
おやつ等を買って、レジで何やら言われたけど分かんないからホゲッと店員を見つめてたら、袋を見せてきたので、あぁ要ります要りますとうなずく。
海外旅行あるある。
※ロシアあるある↓↓↓
20171101_122150

スーパー前の小さいケバブ屋さんで写真を指差して注文すると、ニッコニコの太ったおじさんがすごいボリュームのタコスみたいなのをくれて、どうにも口に入らない大きさで道路に野菜やトマトをボロボロこぼしながら食べ歩きしてホテルに戻って寝ました。
20171031_001858

20190522_104802

翌日、私より早起きで退屈した夫がどこかのカフェで買ってきたケーキ
朝一から激甘 ナゼこんなに買ってきた
20171031_091203

昼食
通りすがりのレストランにて。手が汚れないように、黒い手袋がそなえられてた。食事はおいしかったが、ビールがあまりに口に合わなくて夫が驚いていた
20171031_131501

20171031_131214

夕食
ロシアと言えば、カニかに〜?
カニを食べたくて、ここだけはネットで下調べしてました。韓国人旅行記でも日本人旅行記でも検索でかなりヒットした「zuma
20171031_201259

タラバ1匹を重さで値段提示されます。1.9kgで3800ルーブル(当時約7600円)安い!とっても美味しくてサイドメニューも寿司など日本風でした。お店の内装はかなり暗いムードにしてたけどインテリアにもこだわってて、ほぼ満席。ネットには旅行者の評価があふれかえっていたので外国人ばかりかと思ったらそんなことはなく、周りは地元民ぽい人しかいなかった。
6時頃入店しましたが予約してるか聞かれたので、してなくて遅めに行ったら入れないこともあるのでしょう。
薄暗い店内に、カニの形相が怖い
20190522_100816

夕食が一度しかない今回の滞在、カニを食べるか?それとも北朝鮮レストランに行くか?二択で迷った結果、カニにしたのでした。
カニが安いので、大量に持って帰りたい。いや、そうするべきだ。大型クーラーボックスを持ってくればよかった・・・と夫は心から激しく反省している様子でしたが、それを事前に思いつかなくて本当によかったと私は思った。

他にはカフェでコーヒー飲んだり、スーパーでパン買ってみたり。

滞在時間が短いこともあり、ザ・ロシア料理も求めずフラフラと行き着くままに散策しました。ロシアはアジアかヨーロッパかという議論があるけど、食文化はアジアよりは欧米だと思いました。

これからウラジオストクに行かれる皆様にはちょっと参考になりづらい、あむ流グルメのお話でした〜
に続く
人?ブログランキングへ