なんとも信じがたいことに、私が居住地・鉄原郡のガイド資格を取得してからはや4年目に入ろうとしている。

シフトは入れる時だけやってよい、というシステムなので、仕事がガイド業のみの人は会社通いのように連日入るし、他にお勤めをしながら週1回だけやる人など頻度はそれぞれの中、私は去年までは非常に少ない方でした。
「信じがたい」「まさかもう4年?」という感覚は、この出勤回数の低さとまだぺーぺーだという自己評価の低さから来ているんだと思います。

しかし今年からは、今まで自分の中で言い訳にしていた壁がいろいろと崩れて連日やるように。

・韓国語の壁→開き直り 
・子供が幼い→末っ子が学校にあがった
・農家が忙しい→しんどくてハウス放棄
・土日は子供と過ごしたい→むしろ子供が友達と遊ぶのでいない
・理由なくても時々休みたい→それより金がほしい

このように休む理由がなくなってしまい、以前に比べるとかなり通うようになった今年。
私が入って以来初めて鉄原郡で新たな募集をして、4人の新規ガイドさんが仲間になりました。観光のグローバル化を目指し、英語・日本語・中国語ができるガイドさんを募集したのであります。

事務所では、「この先生たちの教育期間中は皆さんのバスに乗せてあげてください。」つまりはガイドの様子を見せてあげなさいとのことだが、お客さんにガイドするのとはまた違って変な緊張をするものです。

私が教育生だったときも、中には「絶対に乗せてあげたくない」と拒否した先輩もいましたが、その気持ちも分からなくありません。私は特に「ヘナチョコ韓国語の私から学ぶものなどあるのだろうか」と思う一方、しかし私にも他人にはない個性やスタイルがあると信じ、協力できるならしたいという気持ちです。

あがり症で根暗で少々コミュ症の私がここまでガイドを続けられたのは周りの先輩たちとお客様のおかげであると感謝し、益々の鉄原の発展に向けて邁進していきたい、そのように思っております。


読み返すと「気持ちを新たに」みたいな念が知らず知らずにこもってて、なんか気持ち悪い内容になってますね 新年度の決意表明みたい
人?ブログランキングへ