小学生の娘と息子が、「白頭山」に行ってきた。

白頭山(ペクトゥサン)は中国と北朝鮮の国境にある2740mの聖地化された山です。韓国の国歌にも登場します。
ウイキペデア白頭山
※画像はお借りしました(←当たり前)
20190420-00123089-roupeiro-000-7-view

近いうちに大噴火の恐れがあると言われてるこの山、娘と息子は修学旅行で大満足に頂上まで満喫してきた。
1560986569779


頂上の噴火口にたまっている池「天池」
156093757853704_o-1

この天池の霧の晴れた景観はそんなに見られるものではないらしいのですが、ウチの子の行いがよかったのか、二日登って二日ともすっきりと見られたそうです。義父もかつて二回旅行に行っているのに、二回とも外れだったそうで。多分普段からのオナラのし過ぎがたたったのだ!!
6月が一番天気のいい確率が高いとのこと。

とてもよい思い出を作ってきた彼らが、お土産に買ってきてくれたものは??
私は出発前に何度も言ったのです。
「記念品は本当にいらないから!!買ってこなくていいから、君たちが現地で買い食いしたりするのに使いなさい。お小遣いをくれたじーちゃんと隣のおばあちゃんには何か買ってきて」
と強く言って送り出した次第。

予算に限界があるので、あってもそんなに嬉しいものを選ばないのは分かりきっており(←薄情な母)、私自身、小学生のとき京都に行って塔の絵がガラスケース内でピカピカ光ってるものを買ってきた思い出があるからです。
その思い出自体は後悔していないのですが、そのレベルなら買う必要がないと、大人の私が判断したのでこーいう薄情アドバイスになったんです。

ところがだよ。
やっぱ買うよね、記念品。小学生って買いたいんだよね。分かります分かります・・・
中国語では長白山なのね。「留念」は記念てことかな
20190621_215253

なんで私の京都のソレと同部類なの?
ガラスケースに白頭山の四季の写真が埋め込まれ、クルクル回せてどこからでも楽しめますみたいな。
20190622_225758

↑隣のおばあちゃんには、白頭山の写真マグネット。

そして自分のじいちゃんばあちゃんには、ヒスイのキーホルダー
20190621_215426

子供たちはヒスイだと言い張ってるんですど、こんなでかくて1000円前後で買えるヒスイってあるの?色が超濃い謎ヒスイ。中国おもしろい。

一生懸命選んだであろうお土産には(私の立場からは)かわいげが溢れていて、思わず笑ってしまいました。

半分はバスに乗っていたという移動の大変だったこの旅行、食事は口に合わずホテルはタバコのにおいがし、どこに行ってもトイレが汚かったと文句もたくさんいいつつも、息子は明日からもう一度行くと言われれば行きたいというほど楽しかったようです。
うらやますぃ〜
人?ブログランキングへ