私は今、近隣の農家に仕事に行っています。

その農家さんは、有機栽培で無農薬。薬をかけないから、虫もすごいし病気も来ます。
IMG_20200621_134508

今は、春に植えたレタスの根元部分(土に近いお尻のところ)が腐れて、大量廃棄しました。何枚か葉を剥けば、ちっちゃくはなるけど中は全然問題ありません。

でも、収穫作業の慌ただしい時にいちいち剝いてまで安く出荷する余裕が無くて、泣く泣く捨てることになります。
ここにはキャベツもあるが、虫食いがすごくてこちらも同じく大量廃棄。

無農薬でなくてもどこの農家でも、色んな理由でよくあることです。

また、前に働いていた農家さんでは、全く味に問題ない(むしろ北海道の超うまい)ジャガイモが何十トン単位で毎年廃棄となっています。
理由は大きさが規格外だから。
大きすぎたり、小さすぎたり。

デンプン工場に持っていくのですが、それも一部のようです。
コロッケ工場等に売れないのかと言うと、農場長さんは
「もちろんそう思うが、そう売ると回り回って正規品の価値が下がる」
と言う。

そうだろうか?
誰も損せず、むしろ得して廃棄せずに農場の利益になる方法はないのだろうか。

と、ずっと考えているが、私の無い頭ではなかなかグッアイデアは簡単に出ない...

だって、味は本当によい。
寒い倉庫に保存され、年を越すまで寝かされているジャガイモは最高です。

ブログ読者の皆さんの中で、コロッケ屋さんとか、コネとかアイデアがありましたらぜひご一報ください!🙏
人?ブログランキングへ