韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

カテゴリ:子供たち > 長女そら

小学生の娘と息子が、「白頭山」に行ってきた。

白頭山(ペクトゥサン)は中国と北朝鮮の国境にある2740mの聖地化された山です。韓国の国歌にも登場します。
ウイキペデア白頭山
※画像はお借りしました(←当たり前)
20190420-00123089-roupeiro-000-7-view

近いうちに大噴火の恐れがあると言われてるこの山、娘と息子は修学旅行で大満足に頂上まで満喫してきた。
1560986569779


頂上の噴火口にたまっている池「天池」
156093757853704_o-1

この天池の霧の晴れた景観はそんなに見られるものではないらしいのですが、ウチの子の行いがよかったのか、二日登って二日ともすっきりと見られたそうです。義父もかつて二回旅行に行っているのに、二回とも外れだったそうで。多分普段からのオナラのし過ぎがたたったのだ!!
6月が一番天気のいい確率が高いとのこと。

とてもよい思い出を作ってきた彼らが、お土産に買ってきてくれたものは??
私は出発前に何度も言ったのです。
「記念品は本当にいらないから!!買ってこなくていいから、君たちが現地で買い食いしたりするのに使いなさい。お小遣いをくれたじーちゃんと隣のおばあちゃんには何か買ってきて」
と強く言って送り出した次第。

予算に限界があるので、あってもそんなに嬉しいものを選ばないのは分かりきっており(←薄情な母)、私自身、小学生のとき京都に行って塔の絵がガラスケース内でピカピカ光ってるものを買ってきた思い出があるからです。
その思い出自体は後悔していないのですが、そのレベルなら買う必要がないと、大人の私が判断したのでこーいう薄情アドバイスになったんです。

ところがだよ。
やっぱ買うよね、記念品。小学生って買いたいんだよね。分かります分かります・・・
中国語では長白山なのね。「留念」は記念てことかな
20190621_215253

なんで私の京都のソレと同部類なの?
ガラスケースに白頭山の四季の写真が埋め込まれ、クルクル回せてどこからでも楽しめますみたいな。
20190622_225758

↑隣のおばあちゃんには、白頭山の写真マグネット。

そして自分のじいちゃんばあちゃんには、ヒスイのキーホルダー
20190621_215426

子供たちはヒスイだと言い張ってるんですど、こんなでかくて1000円前後で買えるヒスイってあるの?色が超濃い謎ヒスイ。中国おもしろい。

一生懸命選んだであろうお土産には(私の立場からは)かわいげが溢れていて、思わず笑ってしまいました。

半分はバスに乗っていたという移動の大変だったこの旅行、食事は口に合わずホテルはタバコのにおいがし、どこに行ってもトイレが汚かったと文句もたくさんいいつつも、息子は明日からもう一度行くと言われれば行きたいというほど楽しかったようです。
うらやますぃ〜
人?ブログランキングへ


3月から新学期に入り、長女が6年生になりました。

するとクラスの女子が4人しかいない中、2人がピアスを開けてきたそうです。
中学にあがると格好にある程度の規則があるみたいですが、なぜかフリーダムな小学校はパーマ、カラーリング、ピアス、服装も私服と、伸び伸びしている。

娘から友達のピアスの話を聞いた私は、あなたもやってみたい?と尋ねました。

娘は数秒考えて、
「やっても、いいような・・・」

すごくやりたい、という訳ではないが、友達がやったからなんとなく興味は湧いたというか、ちょっと気にはなる。

という程度に私は感じました。
まだ何のオシャレ段階も踏んでいない娘にピアスを許可する理由が見当たらないので、大人になってやりたかったらやりなさい。と言った私の言葉に素直に「はい」と言いました。

たまにガイド仕事で小学生の団体が来るが、ソウルなどの都会から来た女子を見ると、カッペの我が娘と本当に同年齢かと疑うほどケバいおしゃれ。
対し、我が子たちは親と同様に「The イナカモン」オーラ丸出しである。日焼けで浅黒く、声はでかく、動きやすい服装優先。

そんなんでもやはり、他の子よりはちょっと遅いかもしれないが外見に対する興味というのは湧いてくるものです。
この前は自分のおこづかいでリップティントを買ってました。全然使わないんです。買って満足で存在も忘れてます。本当にそれを塗ってかわいくなりたいというよりはまだ、そんなものを所有してみたいのレベルなんだろうけど、これも成長過程なんだなー。

私自身は記憶の限りでは、そういった女子としての向上心の芽生えはめっちゃ遅くて、高校時代にやっと眉毛を整えてた程度でした。
服装には異様に固執する高校で、眉毛すら整えるなと検査で注意する。検査官には眉毛ボーボーのノーメイクで野暮ったいおばさん先生を据え、今考えると、公共の場で働く大人として逆にあの格好は気を使わなさ過ぎだったんじゃと思うんですが、2,30年前そーいう理由不明な秩序がまかり通ってた。
今がどうだかは知らんけど・・・

今は・・・お化粧に興味??
いやいや、お化粧したくないんだよ!ひたすらめんどくさいんだよ、できれば一生すっぴんでいたい。しかし色々事情があってやってるのさ〜

したくてしている、楽しんでいる若い子は存分にその時期を満喫すればいいと思います。そんな時期は、そんなに長くないのだから・・・・エンジョイはいつか(具体的には30代前後で)、ただのオブリゲーションに変わるのだから・・・キャラがもはや一種の呪い

そう思えば検査官の先生はある意味、達観していたのかもしれない。
人?ブログランキングへ


こちらは涼しいです・・・

昨日は三伏のうちの「末伏」で、日本にいるころは知りもしなかったけど、韓国はこの日に暑さを乗り切るとかそんな意味でサムゲタン食べたりして文化的に重要視している。

私はサムゲタンよりウナギ食べたいなぁ〜と思っていたら、数日前に義兄がウナギにあたって救急車で運ばれる事態になったので、ウナギもサムゲタンも食べず夕食はオムライスになりました。

しかし去年もそうだったけど、末伏の日からドサッ!!と気温が落ちるから陰暦も侮れないのであります。すごいわ。

そんな中、まだまだ続く夏休み、子供たちはほぼ水遊びで日々を過ごし真っ黒々になってるんですが、この夏上の娘(10)は黒くなっただけでなくなんか肥大化しました。

もともと痩せ型だった娘、この2ヶ月で急に5kg以上重みが増し、それはお腹と太ももに集中。全体的には普通なんだけどお腹のみがボコンと飛び出し、家族全員でネタにされるも自分もそのノリに乗っかって気にせず進化を続けている模様です。

ついさっきも「やばい・・・パンツのゴムが食いこんでお腹いたい」と言いながら食後のデザートをむさぼっていたので、私もいろんな意味でやばいと思いました。母としてやるべきなのはパンツのゴムが緩いのを買いなおすことだろうか。それとも・・・?


パパとこの子が一緒にいるのを見ては、ガリガリの息子が「トゥンボ(デブの意)同士、仲良しね〜(・∀・)」とか煽るも意に介さないトゥンボカップル…ちなみに私とパパは体重差が40kg近い。
娘は成長過程なのかなとまだ笑えるが、パパは本当にやばい。笑えない。数年前に80kgの大台に乗りそう!どうしよう!と騒いでいた頃が懐かしい。


人?ブログランキングへ




「警察と検察って、何が違うの??」

と長女が尋ねてきたので、

「えーとねー、なんて言ったらいいのかな、

と言った時点で長女がすっごい興奮して

あっ、言った言った!絶対言うと思った、オンマほんとに言った〜!!

・・・・・・

「なんて言ったらいいのかな」
私の口癖らしいです。
人?ブログランキングへ


長女そらの爪噛み癖がとまらない。

途中で一時的によくなることはあったものの、幼稚園時代からかれこれ4,5年の経歴になってしまいました。

10本すべての爪が超深爪状態、周辺のヒフもむしってしまって真っ赤っか。
あまりの状態に、今まで綿の薄い手袋を買ってきたりとか(学校で恥ずかしいとつけなかった)、度重なる親子の話し合いなんかしてきましたが、どうも逆効果だったみたい・・・

こういう癖はストレスからくるもの。
つまり、ストレスを取り除いてやると自然にやめるもの。

頭では分かっていても、娘の指を見ると何も言わずにいられない。
これはそんな私の問題なのです。長女の問題である以前に、母親の葛藤であり打ち勝たなければならないものがあります。

長女のストレスというのは「長女」であることそのものなのかもしれない。
学校も楽しく行っているし、特に悩みがあるようでもありません。しかし弟妹がいて、兄弟3人の中では一番任されることが多いこと、まだ小さい妹がお母さんにあからさまにくっついていることなんかが目に見えないストレスなのかなぁ、とあくまでも私の考えですが。

なぜなら、この癖は私の周りでは長女率が明らかに高いのです。

義兄の娘でそらのいとこは二人姉妹。その姉のほうが、そらに匹敵する爪かみっ子。その子も、見るからに妹のわがままに我慢を重ねています。
それから周りの知り合いの子たち。
知っているだけで3家庭で上の子が爪を噛んでいます。

それから・・・
何より私がそうだった。

小学校の途中くらいまでそらと同じくらい噛んでました。自分ではストレスがあるとか、何かしんどいとか、そんなことは思っていません。親にかわいがられて、学校も楽しい。原因もやめられない理由も分かりません。妹とは歳が離れてて、長女であることとは関係がなかったかもしれません。そらも同じなのです。

私はいつの間にか治りました。思秋期頃には自然に治る人が多いと、友達が教えてくれました。そらもそうなればいいと、私は「また噛んでる!」などと言わないよう、心を決めました。そして何より、彼女の心の状態を良くするよう。

このことで何年も悩んでいます。
私の親も悩んでいたのだろうな、と思いました。
人?ブログランキングへ






もうすぐ8歳になる長女そら。

最近、彼女についておもしろい発見をしました

恋愛ドラマでキスシーンや男女が抱き合っている場面になると、目をぎゅっとつむってまるで酸っぱい梅干を食べたかのように顔のパーツを中心に寄せ集めるんです。その顔のまま両手のひらを、小刻みに震わせます。

男の服がはだけて、胸板が露出していても同じことしてました。
パパのゾウさんやぷよんとした裸を見るのは何ともないくせに、細マッチョのイケメンのチラリズムは恥ずかしいようです。

もちろん私は全くそんな反応をしません。パパの体も、イケメンのチューも無表情で見ています。
いったいどこでこのような「気恥ずかしさ」を覚えてくるんでしょうか。

そらのこのリアクションが可笑しくて可笑しくて、パパも「あっほらほら!見てごらん、あの男またチューしてるよ!」とからかっています。

パパは、、、そんなそらが大好きで大好きで・・・

もう耳タコで私に

すわ(末っ子)は嫁に行ってもよい。息子も当然出て行ってよい。でも、そらはダメだ!ずっと私と住んでほしい〜嫁に行ってほしくない〜

もちろん子供たち3人とも分け隔てなく好いているんですよ。
でもそらだけは大人になっても家にいてほしいそうです。

末っ子すわは、先日お遊戯会があって。
2歳だった昨年とは比べ物にならないくらい、難易度の高いお遊戯を3項目も披露してくれました。
image


だいたいの2歳児たちは、ただつったっているか、飛び跳ねているか、泣いているかのどれかです。ところが3歳児クラスになると、全員がちゃんと踊るんです。子供の成長には、本当に感動と驚愕を与えられます。

人?ブログランキングへ




子供たち夏休み突入!
小学生の上の子2人は1ヶ月、保育園の末っ子は2週間です。

小学校は冬休みもスッッゴク(←母親目線)長いのに~!しかし子供たちは喜んでいる!

私が子供の時は学校のプールに行ったり、ラジオ体操したり子供会行事があったりと、地区の活動がありました。

この小さな村では、午前中は学校がスポーツ教室などのプログラムを開いてくれます。放課後のクラブ活動みたいな感じで、行きたい子供だけ参加します。(←親の命令でほとんど参加)
他にも、村の教会が子供向けイベントを開催してくれたり、私は多文化家庭センター(国際結婚家庭支援施設のこと)での子供行事にも行ったりして、子供たちの退屈~!という声は、あまり聞かなくてすみそうです。

宿題の中で「親と一緒に3種の料理に挑戦」というのがありまして、さっそく昨日一種類クリア!

↓↓↓
ジャパゲティ(インスタント麺)

image


次回はもっとまともな料理を教えます(^^;
人?ブログランキングへ

長女そらが、人生初の修学旅行から帰ってきました。

1年生以外の5学年一括(32人)で、一泊二日ソウル見学。
景福宮や、民族博物館、宗廟、仁寺洞や水族館、遊覧船などなど行ってきたようです。

家族と離れて宿泊するのは初めて。
本人より私だけがちょっと心配してたけど、ニコニコして帰宅しました。

たまたま報告しそびれて、孫が行った日に知った義母は大変に悔しがり「私が新しい服を買ってあげて、お小遣いもあげなきゃいけなかったのに・・・」とずーーっとブツクサ。大丈夫ですよ、私がちゃんと新しい服を着せて3万ウォン持たせましたよ〜。

なぜか義母は、遠足や旅行など「学校行事でのお出かけ」となると必ず「新しい服を買って、お金を持たせなきゃ」と大騒ぎします。私としては入学式のような時がもっと服が重要で、農場体験なんかの遠足なんていつものTシャツでいいじゃんと思うのですが、出かけない行事には無関心で出かけるとなるとこう。わが夫キムさんが幼いころは、このような行事は家族同行が当たり前で、キムさんにもいつも新しい服を身につけさせて親もついていったそうです。

同行なんて、母親も働く今の時代には消え去った文化だなー。ま他の理由も色々あるんだろうけど・・・


お小遣い金額制限はありません。適当に3万ウォン持たせたら、8000ウォン使って帰ってきました。うち半分は、私へのお土産でした。4000ウォンだったんだけど、店の人が3500ウォンにしてくれたんだよ!って。

image


初めてそらがお菓子以外で自分で考えて買ってきたもの。すごく嬉しい!一生とっておく。

とてもいい経験をしたみたいです。

人?ブログランキングへ


一年生の長女。
長い冬休みが終わり、月曜から学校が始まってやれやれと思ったら、今週は午前授業で帰宅、金曜に卒業式で来週から3月までまた休みだってTT
この間先生って何しているんだろう・・・

今日は村の年始総会なるものがありました。
今まで、村のどんな会合のお知らせがスピーカーから流れてようと、「私は無関係」とスルーしてきた私たち。実際ほとんどの人がそうで、特に若い世代が参加する雰囲気でもありません。

しかし、今年は班長になっちゃった事情が「行け」と言う。
案の定、私のような若者(30、40代)はおらず、うちが班長になったことを知らない人は「珍しいのが来ている」みたいな顔をします。これまた案の定、何の話なのかもよく分からずに2時間座り続け、脳内這う這うの体で帰宅しました。出された昼食はおいしくいただきました。

夜に主人に電話して参加したことを報告。
「え〜、行かなくてよかったのにー笑」私もそう思う。

話の半分も分からなかったことを報告。
「気にするな、私が行っても同じだからー笑」いやいや・・・とにかく早く帰って来いTT

今日の午後、娘が何やら一生懸命作っています。

image


友達が消しゴムをくれたので、お礼に小物入れを作ってあげるんだと言って、家にあった空き箱やテープで時間をかけて完成させました。

思い出すことがあります。

私が小3の時のことです。
クラスでプレゼント交換があって、自分は何を用意して行ったかは忘れてしまったけれど、私にはある女の子が折った色紙の鶴数羽を厚紙に貼り付けたものが当たったのでした。

周囲はかわいいペンなどの市販品をもらって喜んでいる中、私はとてもがっかりし、帰宅早々母に「何で私にはこんなもの」などと文句言いながら見せたんだと思います。母は、「この子だって一生懸命作ったと思うよ。でもアンタがそんなふうに言うんなら捨てるよ」というようなことを言って、その場で捨ててしまいました。

私はいらないと思いながらも、母の眉をひそめた顔と、母の手によってくしゃっと折り曲げられた瞬間ははっきり覚えているんです。母はそんなことを言う私に残念だったでしょうし、私も子供なりに大きな罪悪感があったのでしょうね。

娘は、絵を描いたり廃材で何か作ったりするのが好き。そしてそれを人にあげたがる。
こういった娘の純粋な部分は大切にしたいが、果たしてもらった相手は喜ぶか・・・?いや、相手が喜ぶかどうかより、相手の反応が昔の私のような感じで、それで娘が傷つくこともあるのではないか、という心配が娘が人にあげるという度にふつと湧き上がる。
だからと言って、こんなに楽しそうなのにあげるなとも言えない。

ピュアな子供心を眺めながら、汚れっちまった悲しみを感じる娘との午後です


人?ブログランキングへ


小学生の長女そらの冬休みが今週で終わる。。。

1ヶ月半もあったけれど日本にも帰ったし、予定の無い平日の午前は学校に通っていたので思ったほど長く感じませんでした。

先日は義両親と兄嫁と子供達で、映画を見に。私たちは「ベイマックス」(韓国ではそのまんまビッグヒーロー빅히어로)、両親は「国際市場」を。
ストーリーは単純ながら、ベイマックスのかわいさとユーモア、それぞれの人物の一生懸命さに引き込まれてしまい、真横に座っていた兄嫁が一度トイレに行ったことも、姪っ子がポップコーンをぶちまけて怒っていたことも全然知らなかったくらい。
国際市場を見たオモニは、世代的に色々と思うところがあったようで目を潤ませて出てこられ、後で内容について話している時にも喉をつまらせていました・・・

農家の私たちは冬は余裕があるから、このようにしょっちゅう親兄弟一緒に外出をする(なぜかうちのパパはあんまりいない)。平日でもよく一緒に出かけ、週末もほぼ毎週何をするわけでもなく集まります。夏は仕事でやっぱり集まってます。

最近、ふと思いました。

子供はうちが3人、兄のところが2人で計5人がうちの長女を筆頭にいつも喜んで遊んでいるが、いつまでもこうではないんだろうなーと。毎週毎週、喜んでハルモニの家で過ごす、日本にも喜んでついてくる、いくつまでそうしてくれるかな。毎度のように親兄弟全員で出かけるのも、子供の都合で今みたいには行かなくなるだろう。

特に息子ヒョンは5人中唯一の男なので、2年もしたらハルモニの家に行っても遊び相手がいなくてつまらないなんて言うかもしれない。今はそういう壁なく遊んでいるけど。

オモニ宅集合ちょっと面倒だなぁ〜と思う日があっても、孫達がハルモニの家で喜んで過ごし、なおかつお2人が孫の相手をできるほどお元気なのはいつまでもは続かないんだなと思うと、なんというか複雑な気持ちになってやる気満々(?)で行っちゃうのです。

さぁところでこの長女そら、パッと見しっかりしているように見えて抜けている。(そういうとこ私そっくり。)
冬休みも残すところあと4日!という日、まったく手をつけていない宿題の冊子を発見。ごちゃごちゃと持って帰った前学期の教科書やノートの間に隠れておりました。

そこからはもう地獄よ。計算に読書感想文、書き取りなどが盛り込まれていて、それを4日に割ってぎゅうぎゅうに詰め込んだ計画を立ててやらせております。
こーゆーの昔見たわ、ちびまる子ちゃんで。8月31日に家族全員に手伝ってもらって仕上げるシーンがあって、何てバカなのだと当時笑っておりましたが、我が子が似た光景を見せてくれておる。全然笑えない

私は手伝いはしません。次はコレ、終わったらコレしなさいと指示を出しながら、(2年生からは宿題の有無のチェックを怠らない)という誓いを心中で立てました。

人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ