韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

カテゴリ: 子供たち

小学生の娘と息子が、「白頭山」に行ってきた。

白頭山(ペクトゥサン)は中国と北朝鮮の国境にある2740mの聖地化された山です。韓国の国歌にも登場します。
ウイキペデア白頭山
※画像はお借りしました(←当たり前)
20190420-00123089-roupeiro-000-7-view

近いうちに大噴火の恐れがあると言われてるこの山、娘と息子は修学旅行で大満足に頂上まで満喫してきた。
1560986569779


頂上の噴火口にたまっている池「天池」
156093757853704_o-1

この天池の霧の晴れた景観はそんなに見られるものではないらしいのですが、ウチの子の行いがよかったのか、二日登って二日ともすっきりと見られたそうです。義父もかつて二回旅行に行っているのに、二回とも外れだったそうで。多分普段からのオナラのし過ぎがたたったのだ!!
6月が一番天気のいい確率が高いとのこと。

とてもよい思い出を作ってきた彼らが、お土産に買ってきてくれたものは??
私は出発前に何度も言ったのです。
「記念品は本当にいらないから!!買ってこなくていいから、君たちが現地で買い食いしたりするのに使いなさい。お小遣いをくれたじーちゃんと隣のおばあちゃんには何か買ってきて」
と強く言って送り出した次第。

予算に限界があるので、あってもそんなに嬉しいものを選ばないのは分かりきっており(←薄情な母)、私自身、小学生のとき京都に行って塔の絵がガラスケース内でピカピカ光ってるものを買ってきた思い出があるからです。
その思い出自体は後悔していないのですが、そのレベルなら買う必要がないと、大人の私が判断したのでこーいう薄情アドバイスになったんです。

ところがだよ。
やっぱ買うよね、記念品。小学生って買いたいんだよね。分かります分かります・・・
中国語では長白山なのね。「留念」は記念てことかな
20190621_215253

なんで私の京都のソレと同部類なの?
ガラスケースに白頭山の四季の写真が埋め込まれ、クルクル回せてどこからでも楽しめますみたいな。
20190622_225758

↑隣のおばあちゃんには、白頭山の写真マグネット。

そして自分のじいちゃんばあちゃんには、ヒスイのキーホルダー
20190621_215426

子供たちはヒスイだと言い張ってるんですど、こんなでかくて1000円前後で買えるヒスイってあるの?色が超濃い謎ヒスイ。中国おもしろい。

一生懸命選んだであろうお土産には(私の立場からは)かわいげが溢れていて、思わず笑ってしまいました。

半分はバスに乗っていたという移動の大変だったこの旅行、食事は口に合わずホテルはタバコのにおいがし、どこに行ってもトイレが汚かったと文句もたくさんいいつつも、息子は明日からもう一度行くと言われれば行きたいというほど楽しかったようです。
うらやますぃ〜
人?ブログランキングへ


夏になり、遅くまで外で走り回る子供たち。

末っ子すわは、村内をいつもお姉ちゃんの自転車の後ろに乗せてもらって遊んでいましたが、ある日それを見たおじいちゃん(義父)に
「ヤイ!オメーはいつまで乗せてもらってんだ!そろそろ自分で運転せんかーい!」
と怒鳴られ、おじいちゃんちの前で降ろされてトポトポと一人で帰って来たのを見て、私反省・・・

すわは以前から自分で乗りたいって言ってたし、補助輪つきならすごく上手に乗れるの知ってたのに、冬中倉庫で眠ってた小さい自転車が埃だらけだから面倒でなかなか出してあげなかったのは私。

すぐに出して掃除し乗せるとキラキラした顔で一人で走り回り、それから幾日もなく気がつくと補助輪も無しで乗っていました。
スタンドを買って来なきゃと話すと、おじいちゃんがどこかの捨て自転車からスタンドを外してきてつけてくれました。

末っ子ってやっぱり飲み込み早い。長女は「怖い、怖い・・・」って数ヶ月かかって親子共に苦労した記憶がある。末っ子は姉や兄に見てもらって、2日くらいでマスターしてた。

もう、末っ子の子育ては上の子が半分くらいしてくれてる感で、感謝でいっぱいです。←こら!!

しかしいいことばかり教える彼らではありません。
昨日、兄は男友達3人と庭に穴をお堀りになられました・・・
20190524_090734

今朝も早くから続きを一人でやってて、登校前には写真よりも大きい穴の周りに柵を立て、その上にビニールでふたをしようと四苦八苦してた。
漫画だったらこれ自分が落ちるパターンよね。

その前は、「障害物の道」とのことでレーザーセキュリティ製作。家の裏のごちゃごちゃしたところに紐をはり、紐に当たったら死ぬらしい。
20190524_091238
近所の友達に好評で、たくさんの子がレーザーくぐって喜んでました。

「ムービーボックス」
箱内下部の白い厚紙にスマホを置き、映画を見るらしい。おなかがすいたら、上部の棚からお菓子を取って食べていいらしい。
20190524_091556


娘たちは無難に絵を描くなどが多い中、息子は異色。姉とけんかをしては「もう!ホントに火星に帰って!!」て叫ばれてる。
こんなことばかりやってるからか、彼のズボンと靴下と靴は穴だらけです。

人?ブログランキングへ


3月から新学期に入り、長女が6年生になりました。

するとクラスの女子が4人しかいない中、2人がピアスを開けてきたそうです。
中学にあがると格好にある程度の規則があるみたいですが、なぜかフリーダムな小学校はパーマ、カラーリング、ピアス、服装も私服と、伸び伸びしている。

娘から友達のピアスの話を聞いた私は、あなたもやってみたい?と尋ねました。

娘は数秒考えて、
「やっても、いいような・・・」

すごくやりたい、という訳ではないが、友達がやったからなんとなく興味は湧いたというか、ちょっと気にはなる。

という程度に私は感じました。
まだ何のオシャレ段階も踏んでいない娘にピアスを許可する理由が見当たらないので、大人になってやりたかったらやりなさい。と言った私の言葉に素直に「はい」と言いました。

たまにガイド仕事で小学生の団体が来るが、ソウルなどの都会から来た女子を見ると、カッペの我が娘と本当に同年齢かと疑うほどケバいおしゃれ。
対し、我が子たちは親と同様に「The イナカモン」オーラ丸出しである。日焼けで浅黒く、声はでかく、動きやすい服装優先。

そんなんでもやはり、他の子よりはちょっと遅いかもしれないが外見に対する興味というのは湧いてくるものです。
この前は自分のおこづかいでリップティントを買ってました。全然使わないんです。買って満足で存在も忘れてます。本当にそれを塗ってかわいくなりたいというよりはまだ、そんなものを所有してみたいのレベルなんだろうけど、これも成長過程なんだなー。

私自身は記憶の限りでは、そういった女子としての向上心の芽生えはめっちゃ遅くて、高校時代にやっと眉毛を整えてた程度でした。
服装には異様に固執する高校で、眉毛すら整えるなと検査で注意する。検査官には眉毛ボーボーのノーメイクで野暮ったいおばさん先生を据え、今考えると、公共の場で働く大人として逆にあの格好は気を使わなさ過ぎだったんじゃと思うんですが、2,30年前そーいう理由不明な秩序がまかり通ってた。
今がどうだかは知らんけど・・・

今は・・・お化粧に興味??
いやいや、お化粧したくないんだよ!ひたすらめんどくさいんだよ、できれば一生すっぴんでいたい。しかし色々事情があってやってるのさ〜

したくてしている、楽しんでいる若い子は存分にその時期を満喫すればいいと思います。そんな時期は、そんなに長くないのだから・・・・エンジョイはいつか(具体的には30代前後で)、ただのオブリゲーションに変わるのだから・・・キャラがもはや一種の呪い

そう思えば検査官の先生はある意味、達観していたのかもしれない。
人?ブログランキングへ


末っ子すわ、学校が楽しいらしい

新入生は末っ子を含めて3人でした。
1人の担任の先生が、一つの教室で3人の1年生と3人の2年生を受け持ちます。補助の先生が1人ついているそうで、先生が2人ならむしろ2クラスに分けれたんじゃ・・・と思うのですが、分けれない何かの事情があるんでしょうね・・・

通学かばんを学校が買ってくれました。
日本のランドセルのように、決まったものはありません。何でもいいんだけど、普通のリュックよりはカチっとした感じの「学校用のかばん」としての商品が色々出ています。

「インターネットで選んでお知らせくだされば、それを学校で購入します。予算は13万ウォンくらいまででお願いします」

と言われてネットを見ると、4,5万ウォンくらいでもめちゃめちゃいっぱいかわいいのがある。
いつもの私は迷わずそこでポチりますけど、今年は違うよ?「デパート売場」のカテゴリに入り、12万ウォン以上の商品を迷わずポチーーー

初日の授業は、線を描く練習。宿題もありました。
20190308_224604
二日目は「啓蟄」だったのでカエルの歌を歌い、折り紙でカエルを折ってきました。

今のところ、幼稚園より幼稚園らしいことから始めているようです。
幼稚園を卒業するころは、本はすらすらと読み、二桁の計算までできるようになっていました。

全校生30人以下のちっさい学校です。廊下に出れば兄や姉に会うし、不安もない様子で通っています。
人?ブログランキングへ


子供というのはその純粋さから、時に残酷であります。

息子の最近の名言がコレ。
子供たちとの、二重まぶたの有無の話の最中に放たれた一言

おかーさんは目の下が二重まぶただね!!

それ、シワや。
目の下が思いっきりたるんでシワシワなんや、ほっとけ〜

そんなことより、冬休みまだ終わらないね!
子供は相変わらず、毎日外で遊びます。
雪が降れば村はずれの山でソリ遊び、雪がなければ川の氷の上を滑って遊ぶ。

家の中ではアレコレ創作活動をして、作品が日に日に増えていくので部屋がごちゃごちゃです。
机に棚にあらゆるスペース、本棚に並ぶ本の上まで作った小物が置かれて、本が取り出せない。
末っ子は絵を描いては自分で壁に貼りまくります。

こうも増殖すると「うわぁすごい!上手に作ったね〜」と表情を作ると同時に、(あぁ、また増えてしまった)とこっそりと処分することを同時に考えている自分を意識せざるを得ない。

しかし発想は私には微塵もないものばかりで、感動はするんです

見た目とはうらはらに結構な威力の割りばし鉄砲(兄)と、古びた感にこだわった宝の地図(姉)
20190220_002536

ビニール袋をヘアアイロンで挟みながら作った蝶やリボン(妹)
20190216_093618

白いストローに小さい穴が開いていて(点滴ホース)、上から水を流し入れるとポタポタ水が出る(兄)
20190216_092722

薬局ごっこ。中身はお菓子を粉砕したもの(姉)
20190220_003415

台所と倉庫の間のスライド式ドアに、ヒモがつけられて・・・
20190216_092812

ヒモの先には、水が入ったペットボトル。
つまり、ドアを開けたらペットボトルの重みで自然に閉まるやつ。(兄)
20190216_092828

手で閉めなくいいのは楽だけど、開けるのがわりと重いです。これは改善の余地あり。

タコ??(妹)
20190220_004147


こんな感じのものがいーっぱいで、家全体がギャラリーに。
息子は発明系、娘たちは芸術系が多い気がします。


私もこのお歳頃は、こんな素敵な人種だったと思うんだけど・・・ピュアが腐りきってあんまり覚えてない。
人?ブログランキングへ



はーい、生きてますー!
寒いと眠くて・・・夏も眠いけど。

クリスマスが近いですね。

と言っても、クリスチャンじゃないから教会に行くでもなく、新婚じゃないから夫婦でロマンティックなデートをするでもなく、子供じゃないからサンタが来るでもなく・・・・

出費があるのみだよぅ〜

それでも年末ということで、クリスマス前後に食事の集まりがあるのが楽しみです。
人見知りで、交友関係の狭い一介の主婦である私でも4つもあるなら、お勤めされてる人たちはどんなに大変だろう・・・

ところで上の子に比べて末っ子は非常〜に生意気である !!

5年生の長女は、母親の意味のわからない執着と並々ならぬ努力によってサンタの存在を3.4年まで刷り込まれていたのです。
友達にバカにされて真実を知ったというよくある?パターン。

しかし末っ子はどうでしょう!

毎年幼稚園で行われるサンタイベント。
サンタに扮した人が来て、園のお友達全員にプレゼントを配る例のアレです。
もちろんそのプレゼントは、各親が事前に用意したもの。

「すわは、全部知ってるよ! サンタハラボジ(ハラボジ=おじいちゃん)は偽物でぇ〜、サンタハラボジはほんとはいなくてぇ〜、くれるプレゼントはおかーさんが買ってきて先生にあげたものじゃーん!あ、すわは食べれるお化粧のおもちゃがほしい。」

ちっ。

今まで10年間、そのイベントのために子供には見られないように用意して先生にこそこそ渡してた苦労は、最後の一年のみ不要になったわけね!(末っ子は来年学校にあがります)

本人と一緒に、ネットで堂々とプレゼント選びをしましたよ。

彼女が選ぶおもちゃをどーせ一度で飽きるだろ!と全て却下し、新しい運動靴はどう?本は?一輪車は?と生活必需品か学用品っぽいものしか勧めてこない母サンタは、実にイマイチですよね〜。分かってるんだけどさ。大人ってどこか腐ってるな、って思われてるかもね。


結局お互いが妥協して、リラックマの鞄になった。(子供に妥協させるサンタ…)
息子にはインラインスケート、長女は腕時計を失くしたので新しいものを選びました。

優しい子供たちが尋ねます。
「おかーさんは、何がほしいものある?プレゼントしてあげるよ!」

「ん?おかーさんはね・・・何もいらないよ。でも・・・強いて言うなら、現金かな♪」

完全に腐ってるかな!

ウソウソ、君たちがいてくれるだけでいいんだよ〜(☆゚∀゚)
人?ブログランキングへ



11月11日は、ペペロデーでした。
ペペロは韓国語でポッキーのこと。つまりポッキーデーです。
20181116_004010~2

「これはお菓子メーカーの陰謀だよ」と教えてあげたが、人に何かあげるのが好きなうちの子供たちは気にもせず、それぞれがクラスメイトの人数分のペペロを持って行きました。

親としては毎年同じことを思ってますが...
クラスメイトが少なくて良かった〜(´ー`)
小学生の上の子2人は各6個くらい、園児の末っ子は16個です。

友達皆持ってきたら、持って行った分を同じにもらって帰るだけじゃん?意味あるの〜?
と思うけど、その心配はないみたい。

これまた息子が例年同じことを言ってますが、他の友達は誰も持ってきてなかった、僕だけあげて腹が立ったので来年はしない!
と怒りながら一年経つとすっかり忘れて、やっぱり嬉しげに用意するんです。
限りなくアホに近いアホかわいい男だ。

このようなイベント事は、増える一方で減ることはないのである。
私の中では何の馴染みもないハロウィンも、子どもたちははしゃいでいるし、幼稚園でもパーティするから小物を持参してくださいと言われる。
毎年同じに魔女をリクエストしてくる娘に、毎年似たような帽子を製作して持たせます。
20181112_133914
先生は次々と考えなきゃいけなくて、本当に大変だと思う。
いつも子供たちを喜ばせてくれてありがとうございます。合掌人?ブログランキングへ


もう寒ーい。
日中はちょっと暖かいけど、最低気温は1度だったりします。

でも子供達はそんなことも知らないで、薄着で走り回っている。
毎年のことだが、相変わらず息子は朝に無理やり着せたジャンパーを帰りは必ず忘れて帰ってきて、数日に一度教室にたまったジャンパーを抱えて持って帰ってくる。
そのくせ鼻水をたらしている・・・

娯楽もなく、面積もなく、子供も少数のこの村で、わが子たちは飽きもせず同じ友達と同じ遊びを繰り返して成長しています。

友達と約束なんてしない。ケータイもない。
思い立ったら誰かの家に行き、いれば一緒に遊ぶし、いなければ他の家に行くだけ。
うちにもよく息子の友達が来ますが、誰もピンポーンなんてしません。(そもそもベルが無いジャナイカ)ノックもしません。

家の前に立ち、「おーい、出てこーい!!!遊ぼーーー!!」と大声で叫び、息子は飛び出して行く。家から誰も出てこなければ立ち去る。そしてちびっこ集団は毎日毎日同じ場所を自転車でグルグル走り回り、学校でサッカーをし、ブランコに乗る。時々誰かの家でPCゲームもする。

私は村のどこに彼らがいるのか、全く気にしない。
暗くなる前には帰ってきて、夕食の席で今日はどこで誰と何して遊んだのか、学校ではどんなことをしたのか話してくれる。内容は毎日だいたい同じである。3人が我先にと母に報告したくて言葉が重なり合って何がなんだか分からないし、その時間はだいたい疲れているのでテキトーに生返事をして、テキトーな相槌を打ってることも多いがばれていないのか話はとまらない。
私がイタコだったら、自分に聖徳太子を召喚しまくりでしたでしょう。

中学生になると、10km以上離れた中心街にバスで通うことになります。
そこもド田舎の繁華街には違いないが、街で遊んで帰ってくることもできるし、スマホは持つだろうし、友達も何倍にも増えて急に世界が広がるだろう。
その頃には聖徳太子は不必要になってると思うけど、それはそれで寂しいから、今は生返事でも頑張ろう。

子供の純粋さには関心する毎日。
人?ブログランキングへ







こちらは涼しいです・・・

昨日は三伏のうちの「末伏」で、日本にいるころは知りもしなかったけど、韓国はこの日に暑さを乗り切るとかそんな意味でサムゲタン食べたりして文化的に重要視している。

私はサムゲタンよりウナギ食べたいなぁ〜と思っていたら、数日前に義兄がウナギにあたって救急車で運ばれる事態になったので、ウナギもサムゲタンも食べず夕食はオムライスになりました。

しかし去年もそうだったけど、末伏の日からドサッ!!と気温が落ちるから陰暦も侮れないのであります。すごいわ。

そんな中、まだまだ続く夏休み、子供たちはほぼ水遊びで日々を過ごし真っ黒々になってるんですが、この夏上の娘(10)は黒くなっただけでなくなんか肥大化しました。

もともと痩せ型だった娘、この2ヶ月で急に5kg以上重みが増し、それはお腹と太ももに集中。全体的には普通なんだけどお腹のみがボコンと飛び出し、家族全員でネタにされるも自分もそのノリに乗っかって気にせず進化を続けている模様です。

ついさっきも「やばい・・・パンツのゴムが食いこんでお腹いたい」と言いながら食後のデザートをむさぼっていたので、私もいろんな意味でやばいと思いました。母としてやるべきなのはパンツのゴムが緩いのを買いなおすことだろうか。それとも・・・?


パパとこの子が一緒にいるのを見ては、ガリガリの息子が「トゥンボ(デブの意)同士、仲良しね〜(・∀・)」とか煽るも意に介さないトゥンボカップル…ちなみに私とパパは体重差が40kg近い。
娘は成長過程なのかなとまだ笑えるが、パパは本当にやばい。笑えない。数年前に80kgの大台に乗りそう!どうしよう!と騒いでいた頃が懐かしい。


人?ブログランキングへ




毎日短い日本語の日記を書いてる娘。

先日の彼女の日記は・・・・

タイトル「日曜日

※原文ママ
もう日曜日です。
なぜか土曜日、日曜日はさんすうの時間よりみじかくかんじます。休む日が364日でべんきょうする日が1日だったらいいと思いました。そんな日はいつ来るかな。


来ない・・・・っっ!!

とツッコミ必須のこの内容。
勉強の中でも特に算数が苦手であると一発ばれです。

そんな子どもたち、春から観光シーズンで日曜日もいつも私が出勤のため昼間は村の教会に遊びに行ってます。ちなみにこんなド田舎のなーんもない農村にも、プロテスタントとカトリックの教会が一つずつあって、韓国ではプロテスタント人口の方が2倍だと聞きましたが実際ここの教会の大きさ・立派さもプロテスタントがはっきりと大差をつけています。子供たちが通っているのもこちらです。
最初は親がいなくてヒマだし、教会に行けば昼食ももらえて友だちもいるという理由で行き始め、最近は長女が神様を信じているというようなことを口にし始めました。

クリスチャンも仏教も多い韓国で、私はといえば典型的な日本人だと言えるでしょうか、特にこだわって通っている場所は無くとも敢えて言うなれば仏教寄り?
お寺や神社には時たま行くけれど、教会に通う習慣はありません。
私は私なりの独自の宗教観を持っていますが、それは特定の一つのみを信じるものではありません。

長女は日曜の夕食時に牧師様から聞いた聖書の話をしてくれたりして、結構熱心な態度を見せてくれる一方で、一歳年下の息子は期待を裏切らない異星人ぶり
僕は韓国ではキリスト教!教会行ってるから!日本では仏教!お寺に行くから!!
とのこと。

彼が教会に行くのは、出席するとタラント(聖書用語の貨幣の単位?)と呼んでいるカードをもらえるからで、このカードは定期的に教会で開催されるマーケットごっこのような場でお金として使えるのです。牧師さんの話は一つも分からない、タラント欲しさに行ってるだけと本人が断言してた・・・
信じるとか信じないとかじゃなくて、話として聞くだけでも面白いんじゃないかと思うんだけどな〜(と、行かない私が言っている)

末っ子幼稚園児は当然何もわからずワーワー騒ぎに行ってるだけだろうし、教会にとても申し訳ないのだけど子供たちが行きたいと言うのでありがたく遊びに行かせてもらってます。

鉄原のツアー案内をする中でも、「○○教会」と書かれたバスやミニバンでいらっしゃる教会単位の団体客はとても多いです。私が知らないだけで日本にもある光景でしょうか。いや、日本よりもキリスト教が断然に多いのでやはり目に付くのでしょう。
人?ブログランキングへ











↑このページのトップヘ