微細エネルギー系概要

虚数空間は存在するか

         
2乗して−1になる√-1は、想像上(imagenary)のという
意味から「i」と表記されます。
私達のよく知っている物質界は、一般に実数の世界と言われて
いますが、この虚数の概念は、存在と非存在の両生類と呼ばれ
ます。もともと数学の技法上要請されたもので、実際の現象を
解析するための概念ではありませんでしたが、相対性理論や量子
力学、量子電磁力学など、物理学においてはその根底に虚数概念
が浸透していて、今では自然法則の至るところでこの虚数が顔を
出します。

微細エネルギーの世界はティラー博士のモデルのように、
超光速で振動している、虚数空間と考えることができます。
虚数空間というのは実数空間の逆の性質を持つため、時間は
逆行し、エントロピーも負の性質を持ちます。
虚数の世界が実在する証拠として空間のゆらぎによって発生する
反陽子が挙げられます。反陽子とは反物質の一種であり、
通常の陽子とは逆にマイナスの電荷を持つ陽子です。

空間のゆらぎが存在するのかについては、量子論の中で
証明されました。
量子論ではエネルギーによる粒子の生成・消滅という現象を、
不確定性原理と結びつける事によって、何もない空間にも
エネルギーが発生すると考えます。
エネルギー保存の法則では、いかなる現象が起ころうとも全体の
エネルギーの総和は変わりませんが、不確定性関係△E△t〜h/2π
によると、△tが小さければ、△t時間が経つ前にこのエネルギーを
元に戻せば、エネルギー保存の法則は破られないという考え方で、
観測できない程の非常に短い時間の中では、様々な粒子(電子、
陽子や光子など)が無数に空間の中に浮かび上がっては、再び沈んで
行くという現象が常に起こっているとされます。
これらは仮想粒子と呼ばれ、その性質上直接観測されませんが、
仮想粒子の及ぼす影響はとても大きいと考えられています。
電子はその電場の中で仮想光子を生成し、吸収しています。
この仮想光子は仮想電子と仮想陽電子の対生成をも行ない、
そして仮想陽電子の電場がまた仮想光子を生み、結局、実在電子の
周囲には、無数の仮想粒子群が取り巻いている事になります。

実在粒子と仮想粒子群のエネルギーの計算方法の確立で、
量子電磁力学と呼ばれる理論は、驚異的な精度で実験値と
理論値の一致をみるようになりました。このことは我々の
世界が絶えずゆらいでいる事をはっきりと証明することと
なり、同時に虚数空間の存在をも示唆しています。

古代から秘教的な教えのなかに言及されていた微細エネルギーの
世界は、数学や物理学によってようやくメスが入れられたところです。
この空間が理解されれば、人間の身体の仕組み、特に「生命」の全容が
明かされるかも知れません。
DNAの解読では到達できない境地に踏み込むことができるかも
知れません。

この記事へのトラックバックURL

メール、コメントはこちらのフォームからどうぞ。
(コメントは非公開の設定になっています)