E-Living Vancouver

住まいと学校のパッケージで楽々安心渡航。 シェアハウス予約と日本からあるいは現地で選ぶ語学学校のお申し込み無料サポート。

       お金と時間と安心 どれも大事にしたい人のチョイス
       3つの安心・ワーホリ・留学生向けお得なパッケージ・プラン$150ドル

       1. 日本にいながら バンクーバー の住まいを選ぶお手伝い 
       2. 語学学校の紹介と申込み手配(日本 or 現地申込み)
       3. 不安解消同行サービス(渡航時サポート)

       お金の節約+時間の節約、安全・快適なスタートを応援致します。

シェアハウス裏事情と豆知識


こんにちは
大阪出身スタッフ あおいです


バンクーバー留学・ワーホリをお考えの皆さん!

ホームステイ
以外の住まいがあるのをご存知ですか?

え!知らんかった!
安心してください。
私も知りませんでした


留学・ワーホリ初心者で心配なので
”とりあえずはホームステイ”
皆さんのイメージとしては、
現地の一般家庭のお宅に一部屋借り、
家族の一員として暮らしながら語学だけでなく
文化や人間関係を学べる素晴らしいシステムですよねッ。

実はホームステイは良いことばかりではありません


特に移民の多いカナダでは生活習慣が大きく異なる家族も多く
夜遅くまでパーティー
家族やホスト家族との金銭問題
多国籍留学生が私物を盗む、
食事問題、
セクハラ問題….etc.
白人ファミリーと優雅な食事や会話なんて
勝手な想像だった事も判明

(全て私と友人の実体験です)


異国で生活すると気を張ることも多いのに
「お家でもリラックスすることが出来ない

ワクワクで留学・ワーホリ に来た生徒さんが
よくぶち当たる問題です


E-Living Vancouver ではそういった問題もなく、
現地での生活に必要な情報も聞けて、
日本人専用の貸し部屋で安心して暮らせます


〜私が学生時代実際に体験したホームステイ話〜

当時のホームステイ先の衛生面が悪く
それに加えてお父さんからの必要以上のボディタッチ等、
怪しい言動が重なり家を出ることを決意しました



が、その頃はまだ自力で部屋を探すにも知識もなく
自分ひとりで引っ越しをする力も(車も)なく、
ネットで見つけたE-Living Vancouver に連絡しました。

ほとんどの場合は満室ですが、タイミング良く紹介してもらった
綺麗なお部屋に一目惚れで即日お願いしました。


大家さんの人柄も良く
契約した後の話を変えてくることもなく
同居していたシェアメイトさん達もみなさん
お家を綺麗に使う素敵な方でした。



当時住んでいた貸し部屋をチラリ
付き個室です。
ベッドルーム
色々飾れる棚付き
IMG_1155


こちらが専用リビング
IMG_1021


バスルーム
IMG_1020



お部屋が決まれば、慌ててお引越し準備を済ませ
夜逃げのように(ちゃんと挨拶はしましたが...)
車でホームステイ先を出ました

ずっこけるくらいの方向音痴な私にもわかりやすいマップで
ハウスルールや近隣のお店、交通機関など
丁寧に教えてもらったお陰で、初めての一人暮らしも安心でした


E-Living Vancouver で貸し部屋と同時に無料学校紹介もしております
現地に来る前に日本からの予約で楽々安心留学・ワーホリ生活が実ります

学校についての詳細、保険加入など
eliving.aoi@gmail.comまで
お気軽にお問い合わせください。
インスタグラム:@eliving.ca

2018年12月31日以降 変更される学生ビザ・ワーホリビザのシステム!
お問い合わせは是非お早めに

見積もり・お問い合わせ・ご相談 無料です
1日1善−ポチッと応援クリック宜しくねっ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 英語ブログ 語学留学 /></a><br />
    </div>
</div>
<!-- /記事本文 -->

<!-- 記事フッター、カテゴリ、コメント、ソーシャルボタン -->
<footer class=
mixiチェック



ようやくインスタはじめました
フォローお待ちしております
あたしとスタッフ、ヨチヨチ歩き二人三脚のインスタ @eliving.ca
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仲介物件Bikeway House。
埼玉出身留学生K様は渡航前の前倒しで、
お部屋がなくなる前に先回りをし、
到着1ヵ月前からお部屋を予約
実際、渡航日まで期間がたっぷりでございました。
(通常は退去・入居の入れ替わりが同日というパターンがほとんど

なのでチャンス到来!

大家さんに許可をもらいお部屋の模様替え決行。
皆さんには勝手に家具を動かさないようお願いしています。

シェアハウスとしてオープンした時からずーと、
真ん中にベッドがドン!
IMG_7258

だから↓
細長い床のスペースが使いずらい。
これじゃぁ、
スーツケースが開かない
扱いにくいあさり貝と同じです。
image1


床を傷つけないように注意。
ぎっくり腰はさらに要注意。
デスクとベッドを
3僂困動かしながらの超スローな動き。
a


さらに、残った力を振り絞り
グッグッグッと奥さん!踊っている場合じゃないざんス
デスクの配置を変えてみました。
b


おっ
bb (2)


隠れていた貴重なスペースの登場
d


開かなかった貝(←スーツケース)が、
パカーンと大全開!
爽快感たっぷり
bb (1)


バタバタしていてせいか、
K様の入居時のお写真を撮り忘れていた様です。
ホンマは毎度、取り忘れ3度に1度(( ´,_ゝ`)プッ)

でも、予定通りに入居し2度目の留学生とバンクーバー生活を
満喫している様子でございます。

ご予約ありがとうございました

各個室に専用のバスルームが付いている
珍しく貴重な物件(シェアハウス)のひとつです。
c


1日1善−ポチッと応援クリック宜しくねっ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 英語ブログ 語学留学 /></a><br /><a href=にほんブログ村







ようやくインスタはじめました
フォローお待ちしております
あたしとスタッフ、ヨチヨチ歩き二人三脚のインスタ @eliving.ca
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

週末ちょっとだけ天候が崩れたけど、
またブルースカイのお目見えですね。
話しは春に遡りますが、
4月下旬に日本へ帰国したA姫様。
A-san (4)


仲介物件のひとつBikeway House。
約9ヵ月住んだお部屋とカナダにお別れ。
A-san (5)


約束した時間通りにお掃除を済ませ荷物をまとめ。
申し分ないのない理想的な退去でございました
お陰様でデポジットの返金と鍵の引き取りも
スムーズです。
うちの物件のデポジット返金率はほぼ100%

バンクーバー住宅街でタクシー拾いは不可能です。
604.681.1111、電話して向かえに来てもらいましょう。
A-san (1)


当たり前の事ができずに大家さん(私にも)
迷惑にかける人がたまーにいらっしゃいます。

約束した退去の時間なのに準備できてない。
掃除した様子がない←お別れ会に時間を費やするから。。。
ギョッ!姫、トイレが黄ばんだままではないですか?
キッチンや冷蔵庫とかに食材をおきっぱなし。
大量のゴミをいっぺんに出すからゴミ箱が山盛り
等など。
こういう事がない様に退去時アドバイスしております。
A-san (2)


ブツブツ言ってる間に、
Oh, no...A姫様を乗せたタクシーが出発。
立つ鳥跡を濁さずのことわざぴったりの
お別れでした。
カナダとのお別れが寂しそうでしたが、今はで、
自分の夢に向け頑張っている様子です。
いつかまた再会できると嬉しいです
A-san (3)


1日1善−ポチッと応援クリック宜しくねっ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 英語ブログ 語学留学 /></a><br /></div>
    </div>
</div>
<!-- /記事本文 -->

<!-- 記事フッター、カテゴリ、コメント、ソーシャルボタン -->
<footer class=
mixiチェック




スタッフ協力のもと、ようやくインスタはじめました
お気軽にフォローして下さい
あたしとスタッフ、ヨチヨチ歩き二人三脚のインスタ @eliving.ca
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お天気もいいし、花火などのイベントが多々ある
楽しいサマータイム。
が、このヒートウエーブ。
連日、熱帯夜が辛いです。
遊ぶ時は、暑さを避けて、
あえて早朝と夕方にお出かけしてます。
room (6)

IMG_5830

room (7)


仲介物件のご近所さん、
お花さん達元気そう。
room (4)

room (5)


物件のチェックインアシストが終了後、
他2名が住む2階を訪ねてみました。
いつも、お部屋のドアが開いている開放的なYさん。
綺麗に使って頂いてます。
room (3)

撮影もオッケーでラッキー
レント$580ドル
キッチンとバスルーム(トイレ洗面シンク)はシェアです。
お部屋はプライバシーを保てるカーテンではなく
ちゃーんとドアそして付きです。
room (1)


1日1善−ポチッと応援クリック宜しくねっ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 英語ブログ 語学留学 /></a><br /></div>
    </div>
</div>
<!-- /記事本文 -->

<!-- 記事フッター、カテゴリ、コメント、ソーシャルボタン -->
<footer class=
mixiチェック



お知らせです!
スタッフ協力の元、ようやくインスタグラムはじめました。
お気軽にフォロー&応援してもらえると嬉しいです
あたしとスタッフ、ヨチヨチ歩き二人三脚のインスタ @eliving.ca
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワーキングホリデービザでバンクーバー滞在中のMさん。
残念な事に、
渡航前にお部屋が取れずひとまずは、自力で探したという
他の物件(シェアハウス)で暮らしていました。
が、
7、8人多人数シェアハウスだった為か、
生活音とインターネットの繋がりが悪く、
数ヶ月後に2度目のお問い合わせ。
お引越しする理由を聞くのは私の仕事。
果たしてうちの物件で解決できるか?←これ、重要。
ここだけの話しですが、、、
彼女が以前に住んでいた物件は、
途中退出者の多い物軒のひとつです。
何度、あそこにお迎えに行ったか
IMG_2064


そこで仲介したのは1人暮らしより節約できて、
限りなく少人数(他1名)+女性オンリーの物件です。
キッチンとは共有スペース。
1

2


M姫の個室。
鍵付きでロックできます。
ドアを開けると、
プライバシーを保てる空間です。
IMG_2069


でも、それほど広くなく
コンパクトなお部屋です
IMG_2066


スーツケースの他に、
自炊に必要なキッチングッズや調味料などで、
お荷物一杯ヾ(=^▽^=)ノ
IMG_2065


この仲介物件にて、
終盤のワーホリを消化する予定です
1日1善−ポチッと応援クリック宜しくねっ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 英語ブログ 語学留学 /></a><br /><br>
<br>
</div>
    </div>
</div>
<!-- /記事本文 -->

<!-- 記事フッター、カテゴリ、コメント、ソーシャルボタン -->
<footer class=
mixiチェック



毎月下旬〜初旬は、貸し部屋(シェアハウス)入居時期で、
バタバタしておりましたが、
追い打ちをかけるように、
新しくオープンする仲介物件の準備が重なり、
さらにドタバタバタンキュー。
年を取ると味覚も老化するらしいですが、
それ以前に
体力(仕事)の限界を感じる事もあります。
それでも、
日本からアタスの事を信じて、
自力ワーホリ・留学生の皆さんが到着すると、
ウルトラウーマンの様にパワーが湧き出てきます。
お客様(貸し部屋ガールズ)が私のビタミン剤。
2


新しい物件を請け負うかどうか心・身ともに
悩んだ時期がありました。
自分の心と↓格闘中




仕事していると色んな感情との闘いです。
4


物件だけガンガン増やす気持ちはこれっぽちもない。
というか・・・、
自分の足で見つけても、
怪しい、汚い、高い物件の方が断然多いですから。。
そういう所、欲しいとも思いません。
それと、比べるとですよー、、、、
3


親切な大家も含め、
棚から牡丹餅的な新規物件
IMG_2386


心身共に悩んでいましたが、
やると決めたら、
2部屋ともすぐに入居者が決まりました
5


1日1善−ポチッと応援クリック宜しくねっ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 英語ブログ 語学留学 /></a><br /><a href=にほんブログ村



↑このページのトップヘ