できることをできるだけプロジェクト・カーニバル

<できることをできるだけプロジェクト・カーニバル>個人としてできることを! 縁がある世界の孤児院への楽器寄贈&指導、国境なき楽団への協力、 東北地方太平洋沖地震への支援。「音楽」「アート」を通して<できることをできるだけ> 長期にわたってお手伝いできることを行っていくプロジェクト。 活動の拠点は東京都立川市。                     カーニバルHP http://www1.whi.m-net.ne.jp/carnival/                  ギャラリー「カメレオン」Blog http://blog.livedoor.jp/cafechameleon/  

MAT 49 MAT JAZZ 10

コンサートありがとうございました。MAT49

MAT 49 MAT JAZZ 10

MAT49-A森の灯りMAT49-4-5

星の王子さまに出会う旅 講演会&コンサート

ミュージック&アート in TAMA vol.47

11月5日 土曜日    午後2時〜 フランス文学者の柳沢淑枝さんの講演会
           午後6時〜   星の王子様の音楽物語のコンサート
11月6日 日曜日  午後3時〜 星の王子様の音楽物語のコンサート

出演=語り:新井純、クラリネット:橋爪恵一、ピアノ:吉村安見子) 。  

アーティスティックスタジオ LaLaLa

会費 一般¥3500 学生¥2000(お茶とケーキ付)

*リピーター¥500引き/先着順30名

 星の王子さま1星の王子さま5−6-再




お問い合わせ・お申し込み 
できることをできるだけプロジェクト 
Tel.090-2564-3198 fax.042-522-6135 
2carnival@gmail.ne.jp
星の王子さま27再



 立川の歴史を見守り続けた大きな3本のプラタナスの木(スズカケ3兄妹)が、都市開発のために切られようとした時、地元アーティストが中心となって子ども達も一緒に「切らないで」と訴えて皆で守った話を受け継ぎ、伝えていこうと始まったミュージック&アートin TAMA<MAT>。2011年の東北震災以後は、震災の記憶を伝えることも含めながら開催しています。音楽監督はクラリネット奏者橋爪恵一、美術監督は銅板造形作家赤川BONZE政由。この震災の記憶を伝えるためにオープンした立川市柴崎町のアーティスティックスタジオLaLaLaは画家で詩人の成田ヒロシのデザイン。第46回目のゲストアーティストはヴァイオリン佐藤公哉とアコーディオン権頭真由のユニット「3日満月」。東北支援で皆さんに作っていただいた津波で被災した着物を入れて作る5×5NEXTの布は2000枚に達し、この布を石巻の文化ホールの緞帳にすべくできることをできるだけプロジェクトは動いています。今回のMAT ARTは、一昨年癌のために急逝した写真家 景山正夫氏の「星の王子さまに出会う旅」。是非聴きに観にいらしてください。どうぞお楽しみに!

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ