できることをできるだけプロジェクト・カーニバル

<できることをできるだけプロジェクト・カーニバル>個人としてできることを!縁がある世界の孤児院への楽器寄贈&指導、国境なき楽団への協力、 東北地方太平洋沖地震への支援。「音楽」「アート」を通して<できることをできるだけ>長期にわたってお手伝いできることを行っていくプロジェクト。 活動の拠点は東京都立川市。 アーティスティックスタジオlalala。http://blog.livedoor.jp/lalala55next/                   

<できることをできるだけプロジェクト>
クラリネット奏者:橋爪恵一 アフリカ・ザンビアへのカシシ子どもの家へのリコーダー&鍵盤楽器寄贈&指導など行う。東北震災時の宮城県吹奏楽連盟の楽器BANKへの支援。国境なき楽団への支援。日本基督教団/ 祈りから光りへ ~日本復興に向けて歩き出そうチャリティコンサート参加から始動した「できることをできるだけプロジェクト」のコンサート活動。

橋爪恵一クラリネットリサイタル第4弾、第5弾
是非聴いてやってください。皆様のご来場お待ちしています。
10月12日(金)午後7時:開演 長野県伊那市いなっせホール
http://www.inacity.jp/…/kominkan_senter/sho…/access/map.html
10月19日(金)午後7時:開演 東京代々木上原ムジカーザ
http://www.musicasa.co.jp/information/

リサイタル手紙2018--

橋爪恵一リサイタル1

ちくちくワークショップ伊那2018青い地球




ちくちくチラシONLY

橋爪恵一クラリネットリサイタルのご案内
4月15日 長野県伊那市伊那文化会館小ホール
4月16日 東京国分寺いずみホール(JR西国分寺駅前徒歩0分)
両日とも 午後3時開演にて橋爪恵一の生まれ故郷長野県伊那市、
現在住んでいる東京多摩のホールにおきまして、
橋爪恵一クラリネットリサイタルを予定しています。bd3bd63e
リサイタル 




























今回は長いお付き合いの気鋭の作曲家3人に
クラリネットのための新しい曲をお願いしました。
・吉川和夫「旋回」
・萩 京子「月読みの歌・星読みの歌」
・寺島陸也「クラリネットとピアノのためのラプソディー」 
3人は「緋国民楽派」として 精力的に新しい曲を発表し続けています。
東日本大震災における支援活動でも、楽器支援から被災着物活用の
できることをできるだけプロジェクトへの協力をいただきました。
e9fbcc48-s-1











 
















万障繰り合わせてお友達をお誘いの上お出かけくださいますと幸いです。 
チラシ郵送ご希望の方は住所お知らせ下さい。お送り致します。
http://blog.livedoor.jp/lalala55next

2006年より立川の3本の大きなプラタナスの木を
守った話しを受け継ぎ、2011年東北震災以降は
被災地の記憶を伝えることも併せて開催して来た
通称MATは、今年2月で12年目50回を数えます。
3本のプラタナスへの讃歌として、3本の木管楽器
クラリネット、オーボエ、ファゴットの木管三重奏
「トリオ ダンシュ」を基本にアーティストの作品の
展示紹介と共に開催して来ました。
16386893_10211175761779324_1464045973344012759_n 

2月8日(水)午後7時開演
立川市民会館 たましんRISURUホールにて
50回目の記念コンサートを開催致します。
一般3000円、学生2000円
MAT50-AMAT50-B 

<プレゼント付>
当日は4人のメインアーティストが描いた
プラタナスと木管三重奏のポストカード
さらにアーティストの作品や出演の演奏者の
CDが当たる抽選会も予定しています。
どうぞお誘い合わせの上お出かけくださいますよう
お願い申し上げます。
9c86d0cf 

↑このページのトップヘ