1月2日の閉店間際の家電量販店の福袋で、SONYのα7を購入し、撮る気満々の気持ちとは裏腹に、翌日の夜からお腹を下してしまい、4日からの仕事始めも4,5,6日と寝付いてしまい、取説を読みながら家から見える富士山ばかり撮る日々でありました。
しかし、成人の日の3連休(1月7日~9日)ごろになると外にも出れるようになり、8日の日は雨模様の天気ではありましたが、百草園へ行くことにしました。病明けで百草園まで歩いて1時間30分かかりながらも、新しいカメラのお披露目で ワクワクしておりました。

1月8日 PM2:30すぎ、京王百草園 到着

百草園の園内に入りとともに、雪にはならないものの 冷たい雨が降って来ました。
elleは、百草園で水仙や蝋梅,あれば梅を撮りたいと思ってここへやってきましたが、rikiはあまり関心なく 雨がよけられる場所へと早々に移ってしまいました。

入館料窓口を入ってすぐ 沢山の水仙が出迎えてくれました。

DSC00097

この段階では、キャノンの望遠レンズを取り付けるためのアダプターは購入しておらず、標準レンズで撮った写真のみです。望遠でボカすために、キャノンのx7iと望遠レンズも持ってきており、ここの水仙のところでは何枚か撮りましたが、どうも良い写真が撮れませんでした。

一方 α7はと言えば、数日寝込んでいる間に取説で、絞り優先モードで撮る時の絞り値の変更の仕方や、露出補正の仕方などは理解しておりましたが、いかんせん 悩んだのが、ピント合わせ。
種類が何種類もあり、x7iのように9点を移動するどころではありませんでした。この段階では、どうピントを合わせるのかわかりませんでした。しかし、ファインダーから覗いて今どこにピントが合ってるかがわかるとそこへ被写体を持っていくという方法で撮っておりました。

百草園の見どころ 松連庵と梅。蕾はまだまだ固いですね。

DSC00144

今年は、梅まつりの時期に百草園に行けず とっても残念。2月は早咲きの桜を追い求めていたし。

蝋梅もまた これっ という写真が撮れず。

しかし、まだ100枚も撮ってないところで、今は慣らしということで。

DSC00130

段々と、雨が強くなってきて rikiも百草園の関心があまりなかったこともあり、1時間あまりで 百草園を離れることにしました。

京王百草園から京王線の百草園駅まで歩いて移動し、雨も強くなってきましたので、電車で雨を避けて 新宿まで向かうことにしました。

ピント合わせのパターンが3種類あるなかで、3種類とも左右上下に動かす方法は同じでしたので、それを電車で新宿へ向かう間に習得し、新宿駅に着いて rikiがJR新宿駅で写真を撮りたいということで、混雑の中央総武線各駅停車の下り電車のホームへ。

沢山の人でごった返しているなか 邪魔にならないよう、ホームの先端部へ。
普通に、止まっている中央総武線の車両を撮っている写真もあるなかで、出発して、早いスピートで中野方面へ向かう車両を描いてみました。しかし、ピントがあっている場所が手前の柵に合って、まだまだです。
でも、このライン 好きなんです。

DSC00168

続いて、中央線快速のホームに移り、雨に濡れるホームを撮ってみました。
この写真で気に入っているのは、遠くに見える車両の光、それから雨に濡れるホームに写りこむビルのライトの影。ISO感度を3200まで上げてて 画質がいい。三脚なしで全然いける。
DSC00175

中央線快速電車が入ってきた中、ホームにたたきつける雨、もっと雨を描きたいな~。

DSC00188