2011年08月08日

まーしゃくん@代々木体育館

ましゃライブ、東京代々木体育館の最終日に、行きました。
素敵すぎ!
いい男すぎ!!
カッコよすぎ!!!
かわいすぎ!!!!
わたしに向かって挑発をキメたましゃに、わたし、昇天。
こんなに胸が苦しくなるほどときめいたのは、何年ぶりかしら
アホちゃうかーと思われるでしょうが、本人、いたって真剣です。

we are Bross2011

























3ヵ月後にまた埼玉で会おうねーキャーン

ellediary at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2011年07月27日

Hello, babys.

このところ、立て続けに、友人知人のbabyに会わせていただく機会があった。
わたしは子供が好きなので、とってもほしいなーと思うのです。

急げわたし。
最低限必要な予備知識以上に、いろいろ見聞きしすぎる、もとい耳年増になる前に、ササっと産んでしまって、まっさらな心と頭で子供と対面した方が、よさそうだなーと感じるわけで。
いざというときには相談に乗ってくれそうな頼りになる先輩パパ・ママも、両親に加え周囲にほどよく出来たことだし ニヤリ

box






































さて、ママにもたまには安らぎを、と思い、こちらとsweetsを手土産にお持ちしました。
喜んでいただけたけれど、やっぱりゆっくり愛でる時間は、まだまだお持ちになれないかしら?
ママ、ファイトです!!

ellediary at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2011年07月25日

デジアナ放送

知らなかった「デジアナ放送」。
ケーブルテレビに加入していると、2015年3月末まで特別措置で、アナログテレビでも映るらしい (゚ロ゚;)

まだまだ頑張ってくれているわたしのブラウン管テレビくん、最後の最後に砂嵐を映し出すそのときまでしっかりと見届けてあげてお別れしようと思っていたのに、なんですと!

最後の時を一緒に過ごしてー、25日の夜に地デジ対応のテレビの配送頼んでー、回収業者さんに運ばれていく最後にはビッグハグでお別れをと思っていたのに、なんだか子を見捨てた親のような気分で、とってもとっても悲しい。。

うちには今夜、福山がやってきた、いえレグザがやってきたのですが、画面がえぐれてみえるわー

福山といえば、近々ライブ@代々木体育館に行きますきゃきゃー

ellediary at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2011年07月24日

「Atelier d'I」@白金

気に入りました。アトリエ・ド・アイ。

グラスワインやカラフェの豊富さも、たまらない。
細かな説明書きがされたワインリストは、ルルのそれに通じるところがあります。同系ですものね。

i

























このお店、男性のお客様がとても似合うなーと思います。
実際、男性のお一人様や、おじさま方のグループなどが目立ちました。
木の使い方、鏡の使い方、照明具合がとてもカッコよく、
友人は、「軽井沢にありそうなお店」と言ってましたが、確かにそんな感じかも。(といっても私はそんなに軽井沢は知りませんが 笑)

i4







































この日は全て、本日の黒板メニューから選択し、トリュフと温泉卵の野菜、オマールのビスク、時鮭の紙包み焼き、シャンパンソルベや、いちじくのクレープシュゼットをいただきました。
んー至福。

トルチュに続き、たまの新規開拓も悪くない。

ellediary at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Wine Bar | 港区

2011年07月20日

「Wine Bar Restaurant PETIT PARIS」@神楽坂

秋に控えた南仏旅行の打ち合わせを、「Wine Bar Restaurant PETIT PARIS」にて。

春にはカリフォルニアのナパに行きましたが、今度はマルセイユ地方のカシで作られるワインを求めて、プロヴァンスとコートダジュールへ行ってきます。
カシのワインは、ブイヤベースとあわせるとそれはもう格別で、殆ど現地で消費されてしまうため、あまり出回らないのだとか。

shiori







































パリではアパルトマンに泊まりながら花のカルチャーに触れ、
プロヴァンスやコートダジュールでは憧れのChambre d'hoteに泊まりながら、チャーターした車で南仏の小さな村々を点々とする旅。
今からとても楽しみです。

カモタル







































さてこのプチパリ、めちゃめちゃわたしの気に入るところとなりました。
今宵は、鴨のタルタルとフライドポテトの盛り合わせや、自家製テリーヌ、フランス風カルボナーラに、ロゼワインなどをオーダー。
お料理は、コスパがよくこの日オーダーしたものはどれも美味。
スタッフの方もフレンドリーで、あーこういうの好きーと思っていたら、オーナーやシェフはグローバル出身というから、どうりでわたし、好きなわけだ。

カルボナラ

























店内は、フランス語や英語での会話がBGMとなり、もう既にフランスに来てしまった気分〜

今後、旅の打ち合わせ会場は、ここで決まりです!


ellediary at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)French | その他地区

2011年07月13日

「ラ・トルチュ」@広尾

Tateru Yoshinoのビストロ。
広尾の穴場にポッとできたお店です。
せっかくなので「ステラマリス風」と名の付くものをことごとくお願いしました。
わたしのことは、どうぞミーハーと思ってください 笑

amuse

























この日は四人での訪問、かつ、一皿のボリュームもかなりしっかりとあるらしいので、いろいろ頼んでシェアが気分でした。

鴨脂であげたpotato







































鴨の脂で揚げたフライドポテト、蟹肉とアボカドのトマトファルシ、パテアンクルート、サーモンミキュイ、テットドコション、それに各自デザートを頼んで、満腹。

パテアンクルートとファルシ

























アラカルトオーダーでも、アミューズと、食後の小菓子がついてきます。

bread

























パン代として200円かかるものの、サービス料は取っておられません。
店員さん、忙しくなると、なかなか呼びかけに気付いてくれなくなるのですが、サ料を取ってないので、まぁ・・・いっか。という気分になります。

salmon

























あと、ワイン。驚きの2千円台からありました。
リストには2千円〜9千円台のものが記載されていますが、メニューに掲載されていないものもあります。
グラスやカラフェも数種類用意があるのは、嬉しいポイントでした。

デットドコション

























今日のお料理で感動したのは、パテアンクルート。
上品でいて肉感的、こんなパテは食べたことがない!

フォンダンショコラとピスタチオアイス

























それにしても、このメンバーはいつも楽しくて、お会いすると前向きな気分になる。そして最高に居心地がよい。時を隔てて仲良くなれたことを、心から嬉しく思います。

小菓子マドレーヌ

























また行こう。

ellediary at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)French | 渋谷区

2011年07月12日

髪を切りまして。

ボブにしてみました。
今まで十何年も、ロングで巻いたりしていたので、結構ビックリされます。
二度見もされます。覗き込まれたりもしました 笑

どうしたの!と驚かれますが、答えは、
>要らなくなったから
というしかない、この薄れた髪への執着心は、自分でも不思議なほどなのです。

oneway







































わたしは、今までの自分のヘアスタイルに、ひときわ強く自分のアイデンティティというものを感じていたのですが、なんだか急にそれがよそ者な気がし、そうしたら、あっという間に不要なものになってしまいまして。

髪を短くしたら、長い髪で覆い隠して誤魔化していた諸々が全てあらわになってしまったので、これからはもう少しシャキっとした人間に生まれ変われそうです。

髪型@かなりお気に入りー

ellediary at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2011年07月11日

地デジ。

うちの立方体がまだ余命を全うしようと頑張ってくれているのに、DVDの番組表がデータ取得不能になりました。
そんなところから、あなろぐをじわじわ攻めてくるなんて、ちで鹿、ひどいわー。。

ellediary at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2011年07月02日

私の好きなもの。

ego






















オーセンティックなバー。

自然。とりわけ海。

イヴピアッチェ。

シャンパン。

夕暮れ時、ピンクから紫に染まった空の色。

唐揚。主に竜田揚げ。

福山雅治全般。

日曜のたそがれ時の、あ、安部礼司。

しゃべくりセブン。

そして、若大将。
今宵この時間、わたしはスミちゃんですヽ(゚∀゚)ノ

若大将







































続きを読む

ellediary at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2011年05月30日

The Ritz Carlton 「Azure 45」

マルマルモリモリみんな食べるよー!

13







































母の還暦祝いを、リッツのシーフードフレンチダイニング・Azure45にて。
仲良くさせていただいているシェフが、今、ここで料理長をされているので、この機会に是非にと、ディナーをセッティングしました。

3

























母を喜ばせるべく事前に綿密にシェフと打合せをし、というか、散々なワガママを受け入れていただき、当日はわたしたちの想像をはるかに超えて大変良くしていただき感謝してもしつくせないほどの夜でした。

2




































わたしのWeddingのときには、シェフにお料理を振舞っていただくお約束をしておりますので、どうぞご期待のうえご予定おきください。ただし、予定日は、somedayです。


5






































九州産ホワイトとグリーンアスパラガス、金沢産桜マスのミキュイ、温かいトリュフドレッシング
6






































パンは海藻などが練り込まれたバターと共に
4






































ロブスターのコンソメ、フォアグラのグリル ラビオリ仕立て、トリュフクリーム
7






































金沢産のどくろのポワレ、モリーユのリゾットとそのソース
8






































桜のグラニテ
10






































能登牛のフィレ肉のロースト 新ジャガイモのグラタン、季節の野菜 3種ワインのソース
12

























14

























15







































そういえば、いつか誰かに言われたことがあります。
家族が仲良すぎると、婚期が遅れるんだよ、と。

16







































若い頃も普通に仲良かったわたしのファミリーですが、年を重ねる毎に、ただ仲が良いだけでなく、お互いに対する様々な感情や想いが色濃くプラスされてきているので、どんどん仲良くなっているのですが、ということはそのあまり信じたくない法則が本当だとすると、わたしたちはどうなってしまうのでしょうね。

17







































最高のお料理、最高のもてなし、最高の景色と、そして家族との最高のひと時は、今となっては儚い夢だったかのよう。

18







































還暦なのに、いまだに箱入りを地で行くわたしの母は、ときにはわたしの友だちだと間違われることもあり(さすがに先輩・後輩の友人関係ですが。。)、本人はきゃっきゃと喜んでおります。

1

























いつまでも若々しいママでいてください゚・*:.。. .。.:*・゜

ellediary at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)French | 港区