2007年10月

2007年10月30日

「Ristorante Tanicha」にて、艶ムスメの会

この日はにゃん姉さんとのお食事会でした。
以前から、イタリアンの好みが似ているわね、と話していたにゃん姉さんのオススメで訪れたのは、西麻布の「Ristorante Tanicha」。
茶谷シェフのお店なので、「タニーチャ」というわけです。
昔、茶谷さんという友人を連れてこのお店を訪れたことを思い出します(笑)
tanicha

































艶女にゃん姉さんと、どう転んでもコムスメなelleとのお食事会を、勝手に「艶ムスメ」の会と命名させていただきました!

サントリーのワイナリーツアーにブロガーとして参加させていただいたとき、初対面を済ませていたのですが、改めて、となると少々緊張したりして。

人見知りな私がそんな小さな心配をするまでもなく、とても楽しいDINNERを一緒に過ごしてまいりました!

蝦夷鹿全体

































タニーチャのお料理は、北イタリアのピエモンテ料理をベースにし、シェフ独自のアレンジを加えたもの。

お店の雰囲気は、おさえられた照明の間にキャンドルの灯がゆらめくオトナな空間で、とても居心地がいいです。年齢層も30代以降の人が多く、落ち着いた感じがマル。
店内

































さぁさぁ、にゃん姉さんオススメのイタリアンを思う存分ともに味わいつくそうではないか!!

ということで、今宵私たちがオーダーしたのは、5,250円のプリフィックスコース。
前菜、本日の小皿パスタ、パスタ、メイン料理、デザート、コーヒー/紅茶で構成されるコースです。
小皿パスタがついているところがなんだかオトク感ありでした★


こちらはアミューズに出されたパンプキンのシュー。
シューの皮にパンプキンムースが詰められています。
シュー

































そしてさっそく頼んだワインは、「LA TOSA Vignamorello '03」(ビニャモレッロ)。
お酒に強くないという姉さんが、それでも好んで嗜んでいるという品種のワインをいただくことに。
果実味がしっかりしていて、美味しい!!
ワイン

































ゆっくりいただくのに相応しいワインでしたね!
断然お酒に強い私がほとんどいただいてしまい、、ありがとうございました!
ラベル


































さてさて、艶ムスメの宴、開始です〜
続きを読む

ellediary at 19:30|PermalinkComments(6)TrackBack(1) Italian | 港区

2007年10月24日

「COTOO」の最新コレクション゚・*:.。. .。.:*・゜

CONRAD TOKYOにて開催された「COTOO」の最新コレクションのイベントに出かけてまいりました。

春夏コレクションのファッションショー終了後は、バラの花びらが散りばめられた空間で、シャンパンやピンチョススタイルのオードブルが振る舞われました。
なんだか、久々に優雅な気分。

cotooお花

































ばっちりオシャレしていらしている方々を見ていると、あ〜私ももっと頑張らなくては、、と思わされます。

メイクも、ファンデやチークはしないですし、髪型も適当にサササっと仕上げてしまうアタクシ。
どうやったらあんなに綺麗に作りこめるのだろうか、と、ついついショーよりも他のお客さまを目で追ってしまったりして。

cotooコレクション

































たまにこういうイベントに参加すると、良い刺激になります。

ellediary at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2007年10月23日

札幌グルメ紀行、行きそびれたお店。備忘録です。

<FRENCH>

*LE BAERENTHAL (ル・バエレンタル)
http://www.hiramatsu.co.jp/restaurants/baerenthal/

*コート・ドール
http://www.restaurant-cotedor.com/

*Le Gentilhomme (ル・ジャンティオム)
http://www.le-gentilhomme.com/

*Le Midi (ル・ミディ)
http://www.walkerplus.com/hokkaido/gourmet/DETAIL/V-HOKKA-4RTAF226/

*La Tortue (ラ・トルテュ)
http://www.sapporo-town.com/mypage/sp066125


悔し紛れに、定休日のバエレンタルを外から覗いてみました。
バエレンタル


































<ITALIAN>

*Ristorante TERZINA (リストランテ・テルツィーナ)
http://www.terzina.com/
http://r.gnavi.co.jp/h098700/

*SABOT (サボ)
http://rp.gnavi.co.jp/sb/3013870/


<バー>

*Premier
http://blog.livedoor.jp/watanabevolvo/

*BLANC / SHIRO / Le Clos
http://www.gallus.jp/


<和、ほか>

*鮨の魚政
http://www.welcome.city.sapporo.jp/food/fish3/04_11uomasa.html

*回転寿司トリトン
http://www.kita1.co.jp/toriton/

*酒庵 五醍
http://r.gnavi.co.jp/h197500/


また来よう゚・*:.。. .。.:*・゜
円山公園にて




ellediary at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

札幌ラーメンの激戦区、琴似の「山桜桃」にて

ココは札幌ラーメンの激戦区、琴似。

気温12度の中、体を温めに訪れたのは、「山桜桃」。
「山桜桃」と書いて、「ゆすら」と読みます。
知らなかったのですが、人気店のようですね。琴似が本店で、すすきのとかにも支店があるようで。
会社のお昼休み時間帯に入ると、すぐにお店は満席になりました。

私がオーダーしたのは味噌ラーメン。
札幌にきたら、やっぱり味噌でしょう(私基準)!
ミソラーメン

































中太ちぢれ麺に、とろとろ煮込み系チャーシュー、スープのベースはとんこつ。
具はそれほど多くなくシンプルなスタイル。

ほどよく濃厚で後味のしつこくないスープでした。
めん

































そしてとろとろに煮込まれたブロックチャーシュー。
スライスより塊の方が好みな私には嬉しいポイントです♪
んまい!

札幌グルメの最後をかざった食処でした★

【お店情報】
山桜桃(ゆすら) 琴似店本店
札幌市西区琴似1条7丁目3-26
011-615-1688
http://www.yusura.net/

ellediary at 12:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Other Restaurant | その他地区

2007年10月22日

あなたは「果実倶楽部818」派?それとも「野菜倶楽部 庄司」派??

軽くご飯を食べに、「果実倶楽部818」へ。
フレッシュフルーツをふんだんに使ったカクテルが飲みたくてチェックしていたお店でした。
水を一滴も使わず、果汁とアルコールだけで作るカクテルが自慢らしい。

こちらは、札幌市琴似にある3代続く老舗の青果店「庄司商店」が母体となるお店。どうりで新鮮なお野菜とフルーツがふんだんに使えるわけね?
姉妹店には「club de l'egumes 庄司(野菜倶楽部 庄司)」があり、こちらには札幌在住の親戚もよく訪れているのだとか。

お店の入口には、こんな感じで360度フルーツのディスプレイがあり、甘〜い香りに迎えられます。
エントランス

































まずは、季節の丸ごとフルーツシャンパンカクテルを。
凍らせたグレープがゴロゴロと入っています。
丸ごとフルーツ

































店内も広々していてイー感じ。
店内

























シャンデリアは、GOSSETで作られていてユニークです!
シャンデリア

























2杯目は柿を使ったカクテル。
柿でショートカクテルをお願いしたところ、お出し下さったのがこんなカクテルでした。
ひとつは、ウォッカを使ったカクテル。
そしてもうひとつはチェリーリキュールを使ったカクテル。
柿が甘いのか、ジュース感覚でぐびぐび飲めました!
柿カクテル

































2軒目に、「BLANC」を考えていた私たちは、こちらでのお食事は軽めに。

カプレーぜ。
糖度の高いトマトを作る千歳田園倶楽部と契約しており、トマト料理はご自慢のようです。
カプレーゼ

































そして秋刀魚のサラダ。
玉キャベツやブロッコリー、牛蒡なども盛り込まれておりhealthyです。
秋刀魚サラダ

































そしてそして、フルーツの盛り合わせ。
こちらもクーポンでGETです!!
賞味期限間近なので出しました的フルーツではなく、どれもこれも美味しくてビックリ!
メロン、パイナップル、キウイ、リンゴ、洋ナシ etc.
ちょっとちょっとぉ〜、北海道、気前よすぎじゃなぁい?!
フルーツ盛り合わせ

























コレ、見て!!
ちっちゃなキウイ、すごくかわいくないですか?
minikiwi

































それでね、それでね、このお店のウリの一つが、帰り際にいただくお土産なのです。
一人一人に、「こんなにいただいちゃっていいの??」と思わせるほどのフルーツのお土産を持たせてくださるのです。
この日は洋ナシ6個パックとバナナでした。
パイナップルが丸ごと一ついただけちゃうときもあるようですから、ビックリよね。

ささ、ハシゴよハシゴ♪
次は「BLANC」へいざ♪

…定休日でした。。


【お店情報】
果実倶楽部818
札幌市中央区南3条西2丁目7-2 KT3条ビル2F
011-281-8185
http://www.sapporolife.com/food/dining/818/index.html

*姉妹店
club de l'egumes 庄司(野菜倶楽部 庄司)
http://www.sapporolife.com/food/dining/clubdel/index.html

ellediary at 22:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Other Restaurant | その他地区

旭山動物園にも行ってきました!!

見て!見て!!
こんなに間近で、こわいネコ科たちが見られるの!!
さすが、旭山動物園〜

とらがぶ

































というのはウソで、ここは円山動物園。
ランチをとった「レストラン モリエール」の近くにあったので、暇つぶしに寄ってみました。
小さくて、ガラガラで、なんだか物悲しい雰囲気漂う動物園……
だと思ったのですが、私たちが入園したちょうどその時間に、トラやライオン、豹たちの餌の時間だというので駆けつけてみると…一気にテンション急上昇ε≡Ξ⊂ ´⌒つ´∀`)つ

ガラスを隔てて1メートルもない距離で、生肉にかぶりつくネコ科の動物たちを観察できてしまうのです〜
っていうか、この赤ちゃん、よくこんな間近で怖くないですね。。
私なんて、子供のころは、遊園地にいる気ぐるみでさえ怖くてわんわん泣いていたというのに…
とらと赤ちゃんの頭

































同じ目線にしゃがんで観察しているときに、
彼らと目が合う怖さと言ったらそれはもう!!!⊂⌒~⊃。Д。)⊃失神。
とらじろ

































フラッシュ禁止の空間で、ガンガンにフラッシュをたいてシャッターを切る子供に挑発されたライオンが、ガラスに体当たり突進してきたときとかは、ホント死ぬかと思いました。。
っていうか、母親、子供に注意しましょうよ・・・。


うわーん。
生肉から血が滴ってグロいよー。
ライオン

































全体的に動物との距離が近いこちらの動物園。
乗車タダだったので、こんな観覧車にも乗ってみたりして。
きっどらんど

































興奮ついでに、風太くんにも化けてみたりして。Ψ(`∀´)Ψケケケ。
elleふーた
































餌付けシーンを間近に見られただけでも入園料を払った価値アリでした♪

ellediary at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

「レストラン・モリエール」にて、優雅な秋の昼下がりを。

雲の切れ間から久々にのぞいた青空につられ、ランチに出かけてみました。
お店は、「レストラン・モリエール」。
グルメ従姉妹のMusちゃんも、ご家族で常連とのことですので、期待できます。

牛ズーム

































本当は、ひらまつ系の「ル・バエレンタル」に訪問したかったのですが、残念なことにこの日は定休日。。中庭に差し込む気持ち良い日差しを感じながらランチがしたかったのですが、その楽しみは次回にとっておこうと言い聞かせ…

さてモリエール。
私たちは当日OPEN30分前にお電話で予約したのですが、お店に着くと、店内はもう満席状態。私たちの後に飛び込みでいらした人たちは幾人か断れていらっしゃる方もおり、私たちはまさに滑り込みセーフだったみたい♪

店内

























ランチは2,400円(くらい)、3,600円、6,400円、いずれもフィックスのコースが用意されておりました。
たぶん、今回の札幌滞在中の奮発したお食事は、このときが最初で最後かなと思っていたので、私は6,400円のコースをお願いすることに。

北海道の幸がたくさん盛り込まれ、彩りも鮮やかで美しいお料理の数々、非常に美味しゅうございました。


続きを読む

ellediary at 12:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0) French | その他地区

2007年10月21日

突撃!親戚ゴハン!

この日は祖父母の家(もっとも祖父は病院ですが…)、伯父伯母の家を渡り歩きです。
お昼には、お寿司をとってその他もろもろ祖母の手料理に、ビールや日本酒を楽しみました。
お寿司

































札幌の祖父母の家を訪れたのは7年ぶりくらい。
とても、とても懐かしい。
もっと、もっと、訪れていればよかったな。

幼いころ、よく遊んでいた公園も、とても小さく見えたり。
公園

























この子はどらちゃんと言います。
身長1メートルほどの、私の親友。
dora

































何を話したいわけではないし、何を一緒にしたいというわけではないのだけれど、札幌の祖母の隣にいると、小さいころから何故か心が落ち着き勇気づけられてきました。
そんな祖母は80近くになりますが、5センチヒールをはいて颯爽と街を歩くスーパーおばあちゃま。そんな祖母はまだまだ海外旅行がしたいと言う。
>日本は楽でいいなぁ〜
なんて言うあたくしより、全然若いのよね。。
小島よしおの話題にさえついてきてくれたときにはビックリしました(笑)
知識が幅広く、好奇心旺盛で、博学。
見習わなくては…。

その後は、祖父母の家のほぼ隣に建つ伯父伯母の家へオジャマ。
夜は夜で、クリコから始まり、ワインで楽しいひと時を。
ヨーロッパの調度品で飾られたゴージャスな空間、相変わらず健在でした。
M家

































次に来るのは、いつかしら。


ellediary at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

2007年10月20日

「オイスター&ワインバー ランス」

グルメ従姉妹3人娘の、グルメ行脚 in 札幌。
札幌の滞在日数が限られていたため、数少ないお店紹介となります。

>美味しい牡蠣を食べに行きませんこと?
と、札幌在住の従姉妹Musちゃんが予約してくれたのは、「オイスター&ワインバー ランス」。

ホタテズーム

































牡蠣だけでなく、北海道の食材を使った豊富なメニューが魅力的なレストランでした。
東京にいると、「●●産〜」というメニュー書きの●●に当てはまるのは、日本各地世界各国の地名が多く入り、世界中から選りすぐられた食材がお皿を飾るわけですが、こちらのお店の●●には、北海道内の地名が入り、お皿の中には北海道で生まれ育った食材たちがぎゅっと詰まっているのです。

ニセコ産、留萌産、滝川産、中札内産、根室産、白糠産・・・
ちょっと感動。


さてさて、オイスターバーですから、まずは牡蠣から♪

厚岸産 カキえもん。
カキえもん

































生以外にも、厚岸産の牡蠣を、生はもちろん、ワイン蒸し、瞬間燻製、岩海苔バター焼き、フライにムニエル、そしてリゾットまで、さまざまな料理法で楽しませて下さいます。


続きを読む

ellediary at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Wine Bar | その他地区

一足お先に、紅葉を満喫♪

今年の東京の紅葉シーズンは、年末らしいですね。
ありえんっっっ!!!


































私は一足お先に紅葉を楽しんでまいりました♪
まだ紅葉し始めですが。



































札幌にて。



































癌で入院した祖父を見舞うための旅行でした。
ベッドで横になる祖父を見ながら、この祖父がいて私の母が生まれ、その母と父とが出会って私が生まれたのだな、としみじみ思いました。
遠く離れており何をしてあげられるわけでもなく、何年かぶりにこんな状況で元気な顔を見せることくらいしかできない私が他に出来ることの一つと言えば、祖父の命をきちんと継承していくことなのかな。


























私はいただいた命を大切に生きていこうと思いました。そして出来るなら、子孫を残し、命を繋いでいきたい。出来る限り多くの家族親族に自分の子を抱いてもらうことが出来たら幸せだなと。

ellediary at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記