2007年11月

2007年11月30日

フレーゴリ解禁日

この日はフレーゴリから発令されていた出禁令が、ようやく解かれた日でした。
というのはウソで、前回の訪問のときの自分の失態があまりに恥ずかしくて、しばらくお店に行けなかっただけなのですが。。
そろそろ顔も忘れられている頃かなぁ、との勝手な判断の元、久々に足を踏み入れてきたフレーゴリは、やっぱりよいお店でした。

フリッジ超ズーム

































相変わらずの盛況ぶりで、手狭な店内は、フレーゴリという舞台を楽しむ人たちでひしめき合っています。

そういえば、先日発売されたザガットでも、お料理28点と、相変わらず高得点をgetしていましたよね〜。
続きを読む

ellediary at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Italian | 渋谷区

2007年11月29日

強烈にして鮮烈なお店、「??」@目黒

とってもガッハガハガハ(・∀・)ガッハガハガハな夜でした。

お料理にガッハガハガハ(・∀・)ガッハガハガハ!!!
シェフにもガッハガハガハ(・∀・)ガッハガハガハ!!!!
姉さんとのおしゃべりにも、(・∀・)ゲヘラヘラ!!!!

ほろほろ正面

































この日、衝撃的なお店との出会いがありました。
なんといっても、シェフのキャラ、最高です。
こんな料理人には、いままで出会ったことございません。
すっっっっかりファンになりました。
ちょっと文章ではなんとも言い表せないので、これから始まるお料理劇場のお写真を見て、興味ひかれた方は、体験してきて下さいませ。

看板

































このお店は、シェフのお人柄だけでなく、お料理もかなーりすごいです。
>すごい
というのは、私の好みのツボを非常に衝いているという点で バシッo(*・∀・)つ☆)゚∀゚)グァ。
悶絶しすぎて気がおかしくなるかと思いました。

メニュー

































お店は、1階にお花屋さんが入っているマンションの一室にあります。
道路に面したところに、↓こんな看板がありますが、なにせお花にまみれているため、それがレストランの看板なのか、お花屋さんの看板なのか、わからずに通り過ぎてしまう恐れアリ。
看板外

































ガラス張りのお店の扉を開けると、さっそくふわ〜〜〜んと鼻を突くいい匂いが!!!!
店内は、あたたかみある具合に照明が落とされ、木のぬくもりが感じられるインテリアで、それに南仏風のカトラリーがよりやさしさを演出していました。
BGMには海外のラジオ番組が流され、クリスマスソング盛り沢山で、なんだかとっても和める雰囲気。
店内入口から

































そんな中、奥の席に目をやると、8名くらいのおじさまたちが、早くも佳境に入っているご様子で、とても賑やかで楽しげです。
私、おじさまがたが、こういうお店でワイン片手にわいわい楽しそうにしている姿って、とても好きなんですよね〜。
シャンデリア

































まぁ、お店の魅力についていろいろ語りたいところはございますが、
>チン☆⌒ 凵\(\・∀・) お料理まだぁ?
というリクエストが入りましたので、さっそくお料理劇場に移らせていただくことにいたします♪
続きを読む

ellediary at 19:30|PermalinkComments(8)TrackBack(0) Other Restaurant | 目黒区

2007年11月28日

「楊記 私房菜」@元麻布

>香港生まれの香港育ちである楊 少華の本格的な香港広東料理が楽しめます

という謳い文句に惹かれ、お出かけしてまいりました。
場所はブルギニオンの斜め向かいのビルの奥まったところに入り口があります。
テラス席を飾る電飾イルミネーションと、今は懐かしのポスカで書かれたような小さな看板が若干気になりましたが、とりあえず入店。

前菜ズーム

































店内は、以前はイタリアンやフレンチなどの店舗に使われていたのかしら?
と感じさせる造りで、シンプル・オシャレな落ち着いた雰囲気です。

そんなインテリアにつられ、まずはシャンパンで乾杯することに。
記憶があいまいですが、ゴッセかティタンジェだったかな?
シャンパン

































メニューは、初訪問であれば5,000円のコースがオススメ、とのことですので、素直にそれに従うことにいたしました。
5,000円のもので、大体ウリのメニューは網羅されているらしい。

続きを読む

ellediary at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Chinese | 港区

2007年11月27日

絶品マフィン、「A.R.I」@表参道

表参道に行ったら絶対に寄ろうと前々からマークしていたお店、「A.R.I」。

初めてこちらのお店のマフィンたちをお写真で見た時から、いかにもアメリカ〜ンなマフィンに、私の心はごっそり奪われてしまったのです。

通常のマフィンに比べるとお値段はややお高めですが、こぶし大のマフィンを一度味わえば、そのお値段ですら許せてしまう自分がおりました。

店名の「A.R.I」とは、このお菓子を作っていらっしゃる方のお名前がアリさんというからなんですね。なるほどー。
ウェブのプロフィールを拝見しますと、New Yorkにお菓子留学されていらっしゃったようで、商品のラインナップにもうなずけます。

迷いに迷って、この日私が購入したのは、ドライトマトとモッツァレラチーズのマフィン、オリーブのビスケット、そしてココナッツレモンクッキーです。

まふぃんたち

































ドライトマトとモッツァレラチーズのマフィンは、少し温めると、中のチーズがこんな具合に、とろ〜〜〜んと。

ステキすぎます!!

まふぃんわる

































マフィンは、この日は他に、サーモン、ブルーチーズ、あめ色玉ねぎ、そしてツナを使ったものなどがありました。
もちろんスウィーツマフィンもございまして、バニラビーンズやピーカンキャラメルみたいなものなど、心躍る商品ばかりがカウンターに鎮座していらっしゃいますから、なかなか決めかねて困ります。
私の後に行列を作らせてしまう自信があるほどですもの〜( θ_Jθ)コマッタモンダ

American Sweetsも結構好きな私としては、かなりハマりそうで危険な予感。
実は表参道は行動範囲外なのですが、次に行くときが待ち遠しくてたまりません♪

あ、ちなみに、American Sweetsと言いましても、こちらのお店のマフィンは、決して、ただ甘いだけの大味なお菓子ではございませんので、粉物菓子がお好きな方は是非試してみてね★


【お店情報】
A.R.I
東京都港区南青山5-9-21 2F
03-5774-8847
http://www.ari.gs/

ellediary at 13:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Sweets | 港区

2007年11月26日

酒田屋デビュー、いかがだったかな?

この日は、Ayちゃんの酒田屋デビューの日。
前から
>酒田屋の巨大手羽が食べたい!!!!
とずっと訴えてきたAyちゃんでしたが、ようやくデビューを果たせました゚・*:.。.
.。.:*・゜

AYちゃんと手羽

































便乗デビューを果たしたナマガキ君にも、酒田屋を気に入ってもらえたようで、
余は満足なり。

おとーし

































今日の酒田屋は、しがないおやじ度が低くちょっと残念だったけれど、外国人ご
一行様のご来店という珍しいシーンに遭遇でき、それはそれで面白かった。
酒田屋、グローバルに活躍ですな。

ごろいか


































松茸の天ぷらとか、ごろいかの肝焼きとか。

そして自由気ままにゆる〜く過ごせるこの空気、なんとも言えず、いいんだな〜

ellediary at 20:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Japanese | 目黒区

2007年11月25日

和菓子とモルトのマリアージュ

みなさま、和菓子とモルトでマリアージュが体験できるの、ご存知でした?
私は…知りませんでした!

去る11月25日、銀座のTHE GRAND BARで開催された「和菓子とモルトのマリアージュ講座」に出かけてまいりました。

モルトと和菓子

































講座は、和菓子について、モルトについて、そして和菓子とモルトのマリアージュを学ぶ3部構成です。

会場に入ると、あたりはほのかなモルトの何とも言えないイイ〜香りで充満しており、早くも幸せ気分いっぱいの私。

出席者を見渡せば、意外と若者が多いのにもビックリ。
ウィスキーって、おじさま方の好物ではなかったのですね?
(と言いつつ、私も飲んでいる一人ですが…)

続きを読む

ellediary at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2007年11月24日

一足お先に、Christmas Party゚・*:.。. .。.:*・゜

今日はお世話になっているフラワーアレンジメントスクールのクリスマスパーティーでした。
まだ11月ですが、一足お先にパーティーシーズン突入です。

ツリー

































会場は、先生はもちろんのこと、生徒さんたちのステキな作品で飾られ、良い刺激を受けました。

見て見て!

テーブルコーデ先生

































こちら、先生の作品なのですが、この配色と言い、使用されているカトラリーなどのデザインといい、とっても私好み。
カトラリー

































作品だけでなく、参列した方々に目を移せば、美しく着飾った美女たちが勢揃いで目を見張るばかり。
目の保養になりました。

バラ

































しかし、ドレスを着て、ばっちりメイクをし、ヘアアレンジも楽しみながら出かけるのはとても好きなことではありますが、煌びやかな社交場はあまり得意としない私・・・

テーブルコーデ生徒

































私は、マダムにもなれませんし、なんたらネーゼにもなれません(笑)
私、やっぱりコムスメキャラが一番ほっとするわ〜。
と、帰宅後、小腹が空いた私は肉まんをほおばるのでした。

ellediary at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

2007年11月23日

バスケ部、来年復活、なるか?

今日は今年最後のバスケ部の練習。
ボールが当たると痛いから冬の間は練習したくないの、という怠惰な会長・部長の勝手な意向により、本日が今年最後の練習日。
来春きちんと冬眠から目覚めることを祈りつつ、今日は対外試合デス!

ナイッシュー!な瞬間!!(私じゃないけれど。)

バスケ

































そして、今日、私、…口、切りました。
口内、血がダラダラで痛かった〜。

そのあとのビールや塩っ辛い焼き鳥が、傷口に滲みて、涙が出るほど痛いったら('A`)

でも、乙女の口内をよくも!!なんて思うより、こういう怪我をなんとなく懐かしく思い、想い出に浸ってしまった私はもしかしたら変態かもしれません。。

ellediary at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2007年11月22日

夫婦でロンフウフォン♪

じゃーん、ここはどこでしょう?
シャンデリア

































今日は11月22日、いい夫婦の日ですね!
ということで、本日は、お互い異性同士だったら絶対いい夫婦になったのにね〜、とよく話している友人Rちゃんとともに、ロンフウフォンへ。
ロンフー

































以前の訪問で黒酢豚にすっかり惚れ込んだ者同士で、またまた訪問です。
Rちゃんとは本当に、「どっちかが男だったら良かったのにね〜」なんて昔よく話していたお友だち。

お魚ズーム

































でしたが…、ねぇねぇRちゃん、これってやっぱりアタクシが失恋ってことよね??!
ああ、さみしいなぁ。。

失恋に冷え切った心には、お燗の紹興酒が染み入りますわ〜。
紹興酒

































傷心娘は今日も食べに走ります。。続きを読む

ellediary at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Chinese | 港区

2007年11月21日

Happy Birthday Ayちゃん゚・*:.。. .。.:*・゜@BISTRO MARCASSIN

AyちゃんのBirthday Partyの会場にチョイスしたのは、銀座の「マルカッサン」。
良く飲み良く食べ良くしゃべるAyちゃんを囲むのにもってこいのビストロでした。
マルカッサン看板

































店名の「マルカッサン」とは「うり坊」という意味だそうで、「まっすぐ一筋に走ってゆきたい」との想いを込めてつけた店名だそうです。

シェフとマダムの2人で営まれているこちらのお店は、席数14ほどのこじんまりしたレストランで、細長なお店の奥にカウンター席も設けられています。
インテリアはシンプルでカフェっぽく、気張らずに楽しめる空間となっています。

そんなお店で供されるお料理は、とことんこだわって集めた食材を使った男性的なビストロ料理。中でもシェフが得意とするのはお肉料理だそうです。

とりゅたまズーム

































ホームページを拝見すれば、食材へのこだわりは一目瞭然。
根室直送の牡蠣、白糠産仔羊、南伊豆の猪、鹿児島の鴨、茨城のホロホロ鶏、根室産のエゾ仔鹿、北海のアサリ、矢部養鶏場の卵・・・・・・
中には生産者の名前までしっかり表示されたものもあり、そのこだわりと選び抜かれた食材への自信が感じられますから、自然と期待も膨らみます。

Ayちゃん、お誕生日、おめでとう!
2●才も、Ayちゃんにとって楽しい年になりますように!!
乾杯はもちろんシャンパンで♪

そのシャンパンとあわせたのは、根室直送の生牡蠣。
シャンパンと牡蠣、最高の組み合わせだわ〜
牡蠣

































続きを読む

ellediary at 22:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) French | 中央区