2008年09月

2008年09月29日

秋のトレンド色、レザーボックスアレンジメント

急に寒くなってきましたね。
みなさま、風邪などひかれていませんか?

過ぎ去る夏を想うと少し寂しさ感じる一方で、私にとっては嬉しい気候になりました。

夏の間、お休みしていた、フラワーアレンジメントのレッスンが、ようやく再開です。

1







































お教室によっては、夏季はプリザのクラスに変えるところもあるのですが、生花が好きな私としては、花モチがよろしくない期間は、どうしても少しお花と距離をおくことになってしまうんですよね。

この日は、レザーボックスを花器として利用し、色とりどりのお花を溢れんばかりにアレンジしていくデザインのものを作成しました。

黒蝶ダリア、シンビジウム、大輪のバラ、ドラセナをポイントに配し、
小輪のバラやケイトウ、トルコききょうで穴を埋め、秋らしく実物を飾ります。
この日、用いた実物は、コンパクタというもの。
今にも小鳥がつっつきにやってきそうな、ぷっくり小粒なかわいらしい実です。
最後に、アイビーと利休草をあしらい表情を付けて、完成。

4







































この大輪のバラは、「チェリーブランデー」という素敵な名前がついているのですが、花びらのグラデーションが本当に美しく、優しさ溢れる雰囲気をもっており、見ているだけで惚れ惚れし惹きこまれてしまう、そんなバラです。

5







































自分だけで愛でているのが本当にもったいなくて、誰かにも見て欲しくてたまらないのですが、いかんせん、それが一人暮らしの残念なところ。。

6







































お家の中にお花が来たときは、その子たちの元気なうちは、毎日抱きかかえて暮らしたい気分になる私。
愛でて、撫でて、また愛でて・・・
このときばかりは職持ちである自分が、ちょっと残念に思ってしまいます。

3







































お花は、計り知れないヒーリングパワーの持ち主。
これからまた来年の夏まで、たくさんのお花と触れ合えると思うと、楽しみで仕方ありません゚・*:.。. .。.:*・゜

ellediary at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お稽古 | 日記

2008年09月26日

これだから、目黒暮らしはやめられない。

本当にこのビルであってるの?
という不安を抱きながら、奥へ奥へ進んでいった先にあるお店、和創作料理の居酒屋さん。
bldg







































知る人ぞ知るこのお店、お客様は、皆様常連さんばかりのご様子でした。
開店からしばらくすれば、カウンター8席程度の小さなお店は、馴染客で埋め尽くされ、
>今日はあまりお腹は空いてないから、0.6人前でお願い!あとはまかせた!
とか、
>今日はワイン、持って来てないんだよね
とか、
>大将、ほら、これ、お土産持ってきたよ
などといった会話がちらほらと。

店内の壁には、「9/●バーベキューパーティー開催!」なんていうような張り紙もあり、お店とお客との親密具合がわかります。

折りしもお店は開店2周年。
メニューは6,000円の2周年記念特別コースのみ。
それは、お食事メニューを見せていただこうと思っていたところ、自動的にお料理がちょこちょこ出てきて、おかしいなと思い、初めて知ったわけで・・

大将&隣の席のご常連さんに言わせると、この特別コースはかなりお得らしい。
けれど、リーマンの一件によりFXで大損した友人を連れていた私は、今日はどちらかというと安旨な気分だったため、いくらお得でも、コース6,000円はちょっと痛いんだよなぁ・・・
予約を入れた際にその旨教えていただければ・・・良かったのになぁ・・・
と思ったのですが、まぁ、ここまで来たら、しょうがない。

っていうか!!!!!!

しょうがないどころじゃなく、大満足でした(´∇`)ファァーイ

供されるお料理は、「創作」の名のとおり、「和」の枠にとらわれることなく生み出され、味は確かなものばかり。
乙女な私も(?!)ついつい鼻息が荒くなっちゃいました。

玉ねぎ、ジャコ、粒山椒のサラダ。
beer







































お造り。
お刺身







































〆サバ、甘鯛、あと一種類、白身のお魚、なんだったかなぁ。
サッと炙ったその白身が、味が濃くてめちゃめちゃ美味だったのよね。
お刺身2







































フォアグラ、茄子、鴨肉。
フォアグラ







































甘ピリカラなお味付け。
フォアグラ2







































お酒は日本酒、焼酎、ワイン、シャンパン、果実酒、酎ハイと、いろいろあります。
カウンター







































今日は日本酒デーと決めていた私。

吟醸の「花」という日本酒から始まり、合計3杯ほどいただいたのですが、どれも量がたっぷりで、大サービス級!
(ウコン、久々に飲んでおいて良かった。)

日本酒は、希望があれば、利き酒のコースにもしてくれるそうです。
日本酒







































海老芋と蟹肉のすりながし。
エビイモ







































トマトのグラニテ。
「超トマト!」な、その味にビックリ。
トマト







































お口直しが出てきたので、もう終盤?と思いきや、私たちの気持ちを察した大将、
>まだまだこれからどんどん出ますよ〜
と、楽しそう。
お客側がお食事を楽しむのはもちろんですが、誰よりこの空間を楽しんでいるのは、もしかしたら大将なのかもしれません。
もしかして、それって天職ってやつですか?
いいなぁ。

和牛は、七味おろしでさっぱりと。
牛







































うわーん、すごく美味しいよー
牛2







































ワカメと鮑の蒸し煮。
わっさわさのワカメを・・・
わかめ







































掘ってみると・・・
デター!
アワビ







































鯛めしのおにぎり。
食べ切れなかったら、お持ち帰りもさせてくれるらしい。
たいめし







































デザートのヨーグルト・シャーベットには、桃の果肉のスープがかけられていました。
シャーベット







































いやー、食べた食べた。飲んだ飲んだ。
コース6,000円に、生、日本酒3杯いただいて、8,000円ほど。
どれもこれもハズレがなく、満足。

お料理が美味しいのはもちろんなのですが、何よりこの空間、とっても楽しい。
大将だけでなく、いらしているお客様もみなさんフレンドリーで、いつのまにやらお友だち、みたいなノリなのです。

普段のお料理は、アラカルトはもちろん、パスタまである。
というのも、大将は、フレンチもご経験されたお方。
その手から作り出されるお料理は、ただ美味しいだけではなく、新たな発見も盛りだくさん。
さらに特筆すべきは、お料理のオーダー方法でしょうか?
メニューから選ぶのも、もちろん楽しい。
けれど、その日のお腹の空き具合・予算を伝え、大将におまかせしてみるのがいいらしい。
お客個人個人の食の好みなどを考慮したうえで、その日最高のコースを仕立ててくれるようです。

久々に良いお店に巡り会えました。住み着きたい。
やるなー目黒。
侮れず。
これだから、やっぱり当分目黒暮らしはやめられそうにありません!

ellediary at 10:00|PermalinkComments(4)TrackBack(1) Japanese | 目黒区

2008年09月24日

ヌガ@ヌガ

以前、ヌガを訪問した際に、食べ損ねたヌガを食べてきました。

ヌガ







































私の姉が
>ここのヌガは今まで出会ったヌガの中で一番だ
と言うのを聞いて、そりゃまた大袈裟な、と思いもしましたが、確かに美味しい♪

私はそれほどヌガを食べ歩いてきたわけではないけれど、ナッツがぼこぼこに入っていて、私がとても気に入るヌガであったことには間違いなく!

そしてもう一種類オーダーしたのは、パリブレ。

パリブレ







































ちょっと!!さっきのヌガもそうですが、すごく大胆なカットなんですけど。
食べ応え充分すぎー、などと騒ぎつつ、お皿から消えるのはあっという間だったりして。

パリブレズーム







































うーむ、こうも満足の品が続くと、この日売切御免であった「栗とバナナのタルト(本日のタルト)」も、絶対美味しいに違いない。
なにせ「本日の」タルトなので、次に行ったときにはもう無いのかもしれないですが、是非とも食べてみたい。。

cafe







































それにしても、土日祝日のノンストップ営業は使い勝手良すぎです。
最近銀座に続々と出来ているブランド系カフェやレストランにそそられない私としては、こういったお店がもっと出来ると嬉しいんだけどな〜

まぁ・・・、実際それほど銀座には出かけ・・ないですが・・・・



ellediary at 23:52|PermalinkComments(2)TrackBack(1) French | 中央区

2008年09月23日

お彼岸

今年のお彼岸は、とっても気持のよいお天気でしたね。
今日は、祖母と一緒に、父方の祖父らが眠るお墓へ出かけました。
ちょっと変わってるかもですが、私、そっとかけられた水で潤された墓石を眺めるのが好きなのです。
墓石が、というか、ご先祖様が、とっても気持よさそうですよね。

おはな







































先日は母方の父の納骨式でしたから、このところお墓づいている私です 笑
母方の父のお墓は、季節になればバラが咲き誇り、中央にはパティオのようなものまであって、なんだか西洋の墓地みたいで素敵゚・*:.。. .。.:*・゜

そうそう、最近はお墓も自由なスタイルのものがどんどん増えてますよね。
斬新なものの一つに、ブルートパーズのようなブルーフローライトのような石が大胆にあしらわれた墓石なんかもありまして、ついつい撮影したくなってしまいました 笑
たまには、お墓ツアーも、面白いかも?

お墓参りの帰りは、祖母を連れて実家近くで評判のインドカレー屋さんへ。

カレー







































80を超えた祖母がインドカレーを食べられるかと、ちょっと心配もしましたが、祖母は「三途の川を渡る前に、インドに来ちゃったわ〜」などと、楽しそうに食事をしており、そんな冗談を言う姿がなんだかカワユイ。
また一緒にお墓参り、行きましょうね。

ellediary at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2008年09月22日

この時期になると・・・

こんな感じで、一人ぼーっとする時間が増える。

teq







































こんな感じで、読書をする時間も増える。

こんな感じで、人と深い話をする時間も増える。

この夜は、限りなくグレーな気持ちで、なんだかなーというモヤった気分の二人、溜め息交じりの夜を過ごしました。

@酣。

トリュフ







































テキーラや、トリュフを漬け込んだコニャックなどをいただきながら。

秋ですね。

ellediary at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Bar | 目黒区

2008年09月19日

爬虫類・かめ目・スッポン科・スッポン属

私のすっぽん初体験記。

kame







































男性にとっては、最強の精力剤。
女性にとっては、最強の美容食。
前者のほうが、すっぽんを謳う時には有名句かな?

雑炊ズーム







































ただ、見た目のグロティッシュ具合とその高価な価格があいまって、一般庶民には遠い存在であることは間違いなく。
私も例に漏れず、すっぽんとは無縁の生活を送っていたのですが、すっぽんぽんディナーのお誘いが来たので、恐る恐る挑んで参りました!

ナマ







































すっぽんは、栄養価は高いのに、蛋白質や脂質が少なく低カロリー。
一般食品からは摂取しにくい、人体で不足しがちな栄養素がバランス良く総合的に含まれているという嬉しい食品なんですよね。

精力剤、美容食であることはもちろんのこと、成人病予防、抗癌作用、ボケ防止、花粉症予防などなど、ほかにも嬉しい効能がたくさんあるようです。

私が惹かれたのは、やっぱり、美肌効果♪
コラーゲンから得られる潤いだけでなく、メラニンを防ぎ、シミ、ソバカス、肌荒れにも効果を発揮し、また、悪玉コレステロールを除去し、血液をサラサラの状態にしてくれる(かなり即効性があるらしい!)ので、どうやら私、翌日は体の中も外も、つるんつるんのピッカピカになれるらしい?!

舞い上がった私はさっそくデートの予定を入れてみ・・・・・・

なにはともあれ、このすっぽん、すごく凶暴なヤツと思いきや、実は臆病虫さんらしいことを知って驚きました。
臆病ゆえに、防御のため喰らいつくらしいですよ。。
で、むりやり引き離そうとすると、余計怯えて激しく喰らいつくらしい。意外な真実だわ。
そういえば、人間でも、臆病な人とかプライド高い人で、自分が傷つくことを極端に恐れてしまい、周囲に攻撃的に出ちゃう人って、いるよな〜なんて思いながら、すっぽんがserveされるのを待つ私。

来た来た!

ハモのゼリー寄せ、梅肉ソース。
鱧







































カサゴ(…確か)の白味噌仕立て。
白味噌







































あれれ?普通の割烹料理屋さんのような出だしじゃなぁい?
なんて、油断していると・・・

き!!きました!!( ;∀;) キ・・・
すっぽんの卵酒!
シソ焼酎で漬けてあります。
半熟卵とゆで卵の、ちょうど中間くらいの固さの黄身、という感じ。
噛むとほんのり苦味があります。
たまご







































すっぽんの活血。
りんごジュースで割ってあるので、血液特有の生臭さはありませんでした。
飲んだ瞬間は、リンゴジュースの味しかしないのですが、後味にかすかにふわっと鉄分の風味が残ります。
ブラッディマリ







































すっぽんのお刺身。
左側、ピンク色のが湯引きしたお肉。
右側、黄色いのが内臓をくるんでいる脂身。
で、この小さい小さいピンク色の物体、これが心臓。

すっぽんの寿命はだいたい100年くらいというのに、こんなに小さいの!?
この小さなピンク色の塊には、いったいどれだけのパワーが秘められているのでしょうね。。
ある情報によれば、すっぽんの心臓は、それだけを体から取り出しても、30分は単体で動ける、なんていう話もあるほど。すごすぎです・・・
恐るべしすっぽんパワー。

お刺身







































すっぽんのお肉の味は、淡白。
ちょっとキメが荒い、鶏のタタキといった感じでしょうか?
意外と瑞々しい。
わさび醤油でいただくのですが、これが意外とイケるのです。

脂身は、脂臭さもなく、動物性のそれと比較すると、さっぱりめ。
こちらは、もみじおろしポン酢でいただきます。

そして、お皿の右奥は肝臓。
お花に隠れておりますが、わかるかしら。
これは、あん肝っぽい感じ?
あん肝のほうがまろやかで濃厚ではありました。

その隣、お皿の左奥は、腸。
やわらかいミミガー?笑

とりあえず、慣れ親しんだ珍味にたとえ、味わう私たち。
だって、やっぱりちょっとまだビクビクするんですもの。
ちなみに、唐井筒のスッポンは、3〜4年ものの島原産だそうです。
100年も生きるというのに、3〜4年でこの子は・・・( ;∀;)
でも、その分、私、綺麗になってあげるからねー!!

すっぽんのから揚げ。
から揚げ







































そしてそして、きたーー!「丸鍋」、きたー!
まる鍋







































すっぽんの甲羅のフチの「えんぺら」と呼ぶらしいエンガワみたな部分がまさにコラーゲンの塊。
今まで、鶏なんかのコラーゲン鍋は食べてきましたが、比にならないほどのぷるっぷる加減、極上です。
食べ進めるほどに、唇がねっとりぺたぺたとしてくるのがその証拠。
泥臭さも、爬虫類臭さもなく、濃厚なお出汁でとても美味。
私のお箸は、この日一番の活動っぷりです。
まる鍋具







































きゃー、爪が!!!
これ、手よ、手!!!!
なんてこともありますが、それもそのはず、すっぽんは、あますところなく全ていただけちゃうのです。
まる鍋ズーム







































お肉をいただいたあとは、すっぽんエキスがたっぷり出たあとの出汁で、茄子、しめじ、ゴボウ、ネギなどを茹でます。
野菜







































そして最後には、お待ちかねの雑炊!!
このお雑炊が美味しいのなんのって。
雑炊鍋







































出汁が美味しすぎるので、雑炊用の出汁スープを残しておくのにかなり苦労しました。
雑炊







































すっぽんまるまる一匹を完食した達成感をかみ締めつつ、食後の一息を。
このやり遂げた感は、なにかしらね 笑
梨







































とても満腹なのに、不快な胃もたれなどは全く無く!
すっぽんが、ヘルシーで健康食と言われるのもよくわかる気がします。
いいえ、きっと明日になったら、お肌の調子もぷるんぷるんで、日々の疲れも吹っ飛んでいて、それをさらに実感するに違いない♪

すっぽん







































「すっぽん食べて、鼻血、止まらなくなっても、知らないよ」なんて言われたりもしたけれど、一滴も出なかったし 笑

すっぽんは、中華や和食だけでなく、フレンチやイタリアンでも取り入れられている食材。あの叶姉妹は週一ペースで食しているとかいないとか。
庶民はお財布加減もありますので、まるまる一匹とまではいけなくとも、もちょっと身近に感じても、いいのかも!?

すっぽんは、素材の質や料理人の腕によって、結構差が出てしまうものらしいので、私のすっぽん初体験が、こちらのお店でよかったです。

っていうか、首、長っ!!!
くびー








































【お店情報】
唐井筒
東京都中央区銀座7-6-19
ソワレド銀座弥生ビルB1
03-3571-0755
http://www.santomi-group.co.jp/

ellediary at 02:21|PermalinkComments(6)TrackBack(0) Japanese | 中央区

2008年09月16日

OYAJIの聖地へ@「浜貞」

オヤジの聖地、神田の「浜貞」へ。
ウワサに聞くところによれば、女子だけで入店しようとすると、オカミさんに注意されるとかしないとか?!
神田で頑張るオヤジさまの味方的お店っていうことなのでしょうか。

しかしながら、今日は二人のぱぱが守ってくれるので、胸を張っての入店です♪

ハッカイサン







































激コミです!
小さい4人掛けのテーブルからは人がはみ出ています!!
でも、ちょっとでも足が通路に出ていたり、カバンが通行のジャマになっていようものなら、すぐに怒られます(`・д・´)
予約時間に、人が一人でも遅れていようものなら、すぐ来るのか(`・д・´)と何度も聞かれます!!!

お店の壁一面に張り出されている短冊のメニューの数々。
何を頼もうか、目移りしちゃってわけがわからなくなって迷っていると、「どうするの?(`・д・´)」とせかされます!!!!

わーん、なんだか怖いよぅ。

はまさだ
























いぃえ、怖くても、来る価値ありなのです、このお店。
噂通り、お魚がすごく美味なのです。

こんなに美味しくて、こんなにお安くて、いいのかしらーー!?

私たちは19時半の入店だったのですが、マグロの中落ちなどの人気商品はすでに品切れのものがちらほらと・・・
さすがです!!営業時間が不明なのですが、きっと19時半なんて、スタートダッシュに負けた感じなのでしょう。

無言でおしぼりとともに出されたコチラ。
これ、つきだしなのです。海老フライ一匹♪
エビ







































〆サバ。
〆サバ







































オコゼのお造り。
カサゴ







































ポテサラ。
なんか、こういうのがオヤジ居酒屋という感じ♪
ぽてさら







































アジの活造り。
これもこのお店の名物。
アジ







































骨と頭だけになったアジさんが、まだ元気にお皿の上で踊っています。
身をお箸で掴む度に、ピクピク!!
いえ、ピクピクなんてかわいいものではなかった・・
ビッタン!!ビッタン!!
みたいな・・

そうして身をすべて美味しく堪能させていただいたあとは、お待ちかねのお骨様。
ほね







































胃袋に、お野菜を摂取する余裕があるのなら、お魚を入れなさい!という感じなのですが、まぁこれくらいあても良いかな。
ねっとりホクホクのお芋。
おいも







































金目の煮付け。
煮魚







































イカまる。
欲を言えば、ワタもほしかった。
いかまる







































秋刀魚。
今年の秋刀魚祭@目黒も、灼熱の中の行列に耐えられず、尻尾をまいて逃げてきた私には、より一層極上に感じられました。
サンマ







































目黒に住んで、5回も逃した秋刀魚祭り・・来年こそは・・・
サンマズーム







































谷中生姜。
谷中生姜







































ハモ天。
ハモ天







































最後には、しじみ汁を。
これ、確か250円〜300円くらいだった気がします。
なのに、ものすごく濃厚な出汁。
しじみ







































臆病者の私は、お店の接客に慣れるまで、ちょっとビクビクでしたが、ここはまた行きたい。
また、ぱぱsに連れて行ってもらおうっと。
OYAJIが集まるお店に敬意を表します 笑


【お店情報】
浜貞
東京都千代田区内神田3-21-8 神田駅北口合同ビル
03-3254-3396

ellediary at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Japanese | 千代田区

2008年09月12日

中秋の名月

中秋の名月を愛でるため、飾ってみました。
今年は14日だそうですが、待ち切れずにちょっと先取り。
夏場の生はどうしても弱いため、生のものに触れるのは久々だった気がします。

秋の花







































やっぱり、生花はよいです。
見ても、触れても、香りでも、癒されます。
秋の花2







































さ〜、またフラワーアレンジメント、復活だわ♪

ellediary at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2008年09月11日

「VINORIO」@銀座

久々に、VINORIO。
実はOPENしたての頃に行ったきりだったお店。
今日訪れたのは何年ぶりになるのかしら?
気に入ったはずのお店なのに、立地が行動範囲外なのが惜しい限り。

お店は、こじんまりした造りながら狭さを感じない空間、そしてシンプルカジュアルでありながら、どこか大人な印象のインテリアは、居心地の良いものがあります。

泡







































本日は無事にミソ入りを果たした友人のお誕生会でした。
今日の主賓さんはお誕生週間真っ只中。
彼女の胃袋は、かなりハードスケジュールのご様子なため、本日はアラカルトで、ちょこちょことお料理を楽しむことに。
最近体重増な私にとっても、ちょうど良かったかも?!


すずきのカルパッチョ、ラビコットソースと小さなサラダ。
カル







































むっちりした身の歯ごたえが良い感じ。
カル2







































白いんげん豆とリー・ド・ヴォーのソテー、ヴィンコットソース。
いんげん







































VINORIOの嬉しいところは、グラスワインの種類。
白、赤、それぞれ5種類ほどあるので、比較的幅広く楽しむことが出来ます。

白







































また、VINORIOで提供されるワインはすべてイタリアのものに絞られているとのこと。

白2







































「イタリアワインって、すんごく奥深いのよ、本当に!!」と豪語する私、先日とあるシェフたちに混じって、イタリアワインのブラインドテイスティング会なるものに参加したばかりなので、今、私の中でイタリアワインがとってもとっても熱いんです ホッホッ!!(o`Θ´)o

赤







































小海老とまこも茸のニョッキ。
ニョッキ







































ピリカラなトマトソースにワインも進みます。
ニョッキ2







































ポルチーニのパスタ。
手打ち麺にもポルチーニが練りこまれており、さらにポルチーニのクレマソースで和えてあるという、ポルチーニづくしの一品。
ぽる







































メインには、仔羊背肉のロースト、セミドライトマトとバジリコのソース。
羊







































何気に私の周りには羊が苦手な方が多いため、羊を堪能できたのは久々だった気がします。
赤2







































私の中では、一、二位を争うくらい、好きなお肉なんですよね〜、らむちゃん♪
久々にいただくと、美味しさも感動もひとしお。
羊2







































デザートには、栗のコンポートとピスタチオアイスのクレープ仕立てを。
くり







































栗がちょっと固くて、栗自体の味わいも薄い感じが残念。
くり2







































exコムスメの私たちは、もはや飲んだくれることも無くなり、ちょっとはオトナになってきた模様(たぶん)。

次は、盛り味噌の会@矢場とん!?
うーん、濃すぎる〜


【お店情報】
VINORIO (ヴィノリオ)
東京都中央区銀座6丁目12-14 松岡銀緑館6F
03-3569-2138
http://www.imp-inc.co.jp/vinorio/index.html

ellediary at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Italian | 中央区

2008年09月10日

ブログって ○⌒ ヽ(゚Д゚) (゚Д゚)ノ⌒×

ブログをやっていて良かったこと。
それは、人間関係が広がったこと。
この日、お会いしたのは、以前meotのパーティーで同じテーブルに着席した方で、まぁ普通ならそれっきりだったのでしょうが、その方は、なんと以前から私のブログを覗きに来てくださっていた方だということが判明!
私がupしたその日の記事に、彼女がコメントを寄せてくださり発覚したものでした。
聞けば同じ目黒住民。
話は盛り上がり、ご近所でお食事に出かけることになりました。
場所は「アイズバー」。

赤







































そんなこんなで知り合いになったばかりなのに、アイズバーでの時間も、気付けば深夜2時過ぎ!
お互い終電を気にしなくてよい身とはいえ、7時間もおしゃべりしちゃうなんて!
EMIさ〜ん、楽しかったですネ★
そしてたくさん飲みましたね〜笑
私、次は水産にゆきたいデス。

他にも、ブログ上でしか存じ上げなかった方と偶然(いや、必然?)に出会い、その後も交流させていただいている方が幾人かおります。

ブログは一方向とも言いますが、意外とそうでもなかったりして?

一方、ブログをやめようかな、と思うこともたまーにあります。
理由の一つは、既知の友人と疎遠になることもあるから。
ブログを読んでくれることはとても嬉しいことだけれど、それだけで現状の私を把握されてしまうのは寂しいし、ブログ上だけで安否を確認されてしまうのも、やっぱり悲しいものがある。
だって、私は「あなた」の近況は、わからないわけだし、ブログの私なんて必ずしも100%の私じゃないのよね。

うーん、ブログはやっぱり、一方向・・・?

あと、個人的なメリットは、言葉の練習になることとか。
私と直にお話したことがある方は、なんとなーくおわかりだと思うのですが、私って、相手に伝えたいことを、論理的に言葉を繋いでうまく表現できない人なんですよね。なので、ブログは、自分の考えをまとめ、主観ではなく客観視点でも理解していただけるような表現方法を身につけるためのレッスンの場にもなっていたり(なってるのかなぁ・・・・)。

そんなことをぼんやり考えてみました。

なんだかんだ言って、まだやめるわけではないのですが 笑

何はともあれ、「アイズバー」、相変わらず居心地良く、美味しかった。
この日いただいたのは、秋刀魚を使った本日のサラダ、5種類の茄子とホタテの網焼き、そして海老味噌とハーブのリゾット。

なすほたて







































あ、アイズバーでご利用されているタンジェリンオリーブオイル、オススメです。

ellediary at 00:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記