2009年09月

2009年09月21日

バックパッカーelleさん

これから、アフリカに出かけてまいります。
荷物は、これ一個。

bag







































無事に帰って来られたら、今後とも、このブログをよろしくお願いいたしますー

ellediary at 13:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行 

2009年09月20日

「Antica Trattoria Nostalgica」@中目黒

友人のBIRTHDAY DINNERを兼ね、お食事会を。
場所は、「Antica Trattoria Nostalgica」。
「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」のシェフが新しく始められたお店です。
1







































フォリオリーナって、1日一組限定で、お値段も結構いい額してましたよね。
予約のお電話をかけてもなかなかつながらないという噂のお店。

でも、小林シェフのお料理は一度食べてみたい!!と思っていたので、少々カジュアルになって新しいお店で始められたと聞き、これは行かねばと思っておりました。

お食事のメニューは、コース一本。
苦手なものだけ聞き入れて下さいます。

冷前菜がいくつか運ばれてきたあとは、
2







































パスタに続きます。
この日のパスタは、フレッシュの松の実を使ったジェノベーゼ。
今日のイチオシは断然これ!
3







































メインには、鶉が出されました。
4







































ノスタルジーカのメニューは、毎日変わるようで、●曜日は鶏、×曜日は魚、△曜日は羊、などというふうに変わっていきますので、いつ行っても楽しめるようです。

5







































私、羊が食べたいので、次に予約する時は土曜日にしよう!!

6







































コスパが高い、ノスタルジーカ。
まだまだ使い方が未知な部分がありますが、今後少しずつ解明してゆこうと思います♪

ellediary at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Italian | 目黒区

2009年09月19日

「日本料理 那珂川」@Hotel Epinard NASU

ホテル・エピナールでディナーにお伺いしたレストラン、「日本料理 那珂川」。

1


続きを読む

ellediary at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Japanese | その他地区

2009年09月18日

「ラ・ヴェルデュール」@Hotel Epinard NASU

ホテル・エピナールでランチにお伺いしたレストラン、「ラ・ヴェルデュール」。

no title


お店全体で360度のパノラマ・ビューがウリのフレンチです。

都心では、高層タワーに行かなけれが「景色を見渡す」なんてこと、できないけれど、ほんの13階でこんなにワイドな眺望が楽しめてしまうとは、いかに都会には視界を遮るものが多いかということを改めて感じさせられます。

1


続きを読む

ellediary at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) French | その他地区

2009年09月17日

Hotel Epinard NASU 〜雄大な自然と絶品料理を満喫

なんとなーく応募してみたモニターキャンペーンの企画にあたり、Hotel Epinard NASUに宿泊体験してまいりました。

1







































なぜ応募してみたかというと、レストランが美味しそうだったんですよね〜。

続きを読む

ellediary at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 

2009年09月13日

憧れの、パテ・ド・カンパーニュ@ビストロUOKIN

満員御礼とは、このグループのための言葉?と思われるほど、毎夜大人気の魚金グループ。

今日はその中でも、かなり人気度高い、ビストロUOKINへ。
ここのパテ・ド・カンパーニュが、前からどうしても食べてみたかったんですよねー。

2







































19時に予約を入れ、ほぼオンタイムでお店に到着。
お店の外に溢れ出ている人たちは、スタンディングのお客さま。
すでにヒートアップしている酔い処に、自然と私のテンションもがあがります。
10







































三陸産殻付き生牡蠣のジュレ。
相変わらず、一個一個が、大きい。
1







































今日は最初から、ボトルで。
アフリカのワインを。
5







































待望の、パテ・ド・カンパーニュ。
この厚さに魅せられます!!
3







































枝豆のバター醤油ソテーと、サバの瞬間燻製。
7







































STAUB料理。
魚介のパエリアです。
これ、1000円以下ですよ。
STAUB料理がウリの「HOUSE」@西麻布より、私はコッチ派!
8







































そういえば、退店リミットまであとわずかだったというのに、追加でボトル、注文した?かも。。
きっと、このあたりから、私のスイッチは入ってしまったのだと思われ。。

4







































秋刀魚の香草焼き。
9







































ビストロ・ウオキンはきっちり2時間制なので、ここでover。

で、このあと、例によって、なつかし屋へ。
めちゃめちゃお若いオーナーの目の付けどころに感服しつつ、みぽりんの可愛さにキュンときて、吉川の長い脚に見惚れながら・・・・・・
以後、記憶喪失。

久々にとってもとっても飲んでしまったのですが、飲みすぎって、ほんとイイコトはありませんねー

ellediary at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) French | 港区

2009年09月09日

気が付けば・・・

なんやかんやと用があり、週末実家に足を運ぶことが多くなっています。
先週末は、お彼岸の予定を繰り上げて、お墓参りをしてきました。

急に予定を変更したため、お供え物も急遽買い走ることに。
お花、フルーツにプラスα的なものを考えあぐね、実家近くのケーキ屋さんに駆け込みました。

2







































幼い頃しょっちゅうお世話になっていた実家のマンション裏にひっそりとあるケーキ屋さん。
外観も昔と変わらずそのままで、お店の扉を開け、一歩中に入ると、懐かしい空気に包まれました。

ドイツで修行されたマダムがひとりで作り、ひとりで販売に立つ、チーズケーキがご専門のケーキ屋さん。
小さい頃からの私のお気に入りは、ブルーベリー・チーズケーキとクバルクでした。
秋になると期間限定で販売されるアップルパイも美味しかったなぁ。
とにかく、KonditoreiとかPatisserieとか、そのような冠で表現されるようなものではなく、やっぱり「ケーキ屋さん」という表現が、私にはしっくりくる。

1







































ケーキのラインナップも、変わらぬことが当たり前かのように、そのまんま。
時代に即したヒット商品を新しく生み出すことも凄いけれど、流されることなく昔のままであり続けるってことも、凄いことだ。

ちなみにお値段もたぶんそのまんま。いや、少しは値上げされたのだろうか?
だとしても、今の時代に、しっかり手作りされたケーキが1個260円とか280円とか、それくらいで買えてしまうなんて、嬉しい驚きです。

3







































幼少期〜青春期を共に過ごしたといっても過言ではないこのケーキ屋さんは、今年の11月で丸30年になるのですって。
30年間も変わらず、この地にそのままの姿で在り続けているその重みを感慨深く思うとともに、ハタと気付いた。
あれ!?私とほぼ同い年!!
私にも、それなりの重みというものが、ついてきているのだろうか・・・・
体重以外で 笑

ellediary at 09:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記