2009年12月

2009年12月31日

食欲あるなら大丈夫!

そんな意味らしい、カウンターフレンチのお店を、2009年最後の外食場所にチョイスしました。

冬トリュフのポレンタ







































食欲?

宮城県産牡蠣の濃厚なリゾット







































ありすぎて困ってますよ 笑。

リゾットの中にも沢山の牡蠣が入ってるんです!







































ということは、私は大丈夫!まだまだ頑張れる!!

サワラのカリカリ焼き、じゃがいものフォンデュ







































このお店、久々に自分にヒット。
今後も使わせていただきたいお店に、List on.

梅肉豚肩ロースとビーツキオッジアの塩包み焼き







































メニューのお名前は、写真にカーソルを合わせると出てきますので、見てみてね。

めっちゃめちゃ柔らかく、甘い脂のノリがたまらない!







































2010年も、食欲に負けないくらい、やる気満々で頑張る年にしましょう・*:.。. .。.:*・゜

みなさま、良いお年を!


ellediary at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) French | 港区

2009年12月24日

「カタネベーカリー」@代々木上原

クリスマスディナーにベラベッカが欲しくて、代々木上原まで足を伸ばしました
ベラベッカは、洋酒につけたドライフルーツやナッツ、スパイスを贅沢に使ったアルザスの伝統的お菓子。
パンというよりは、粉はつなぎ程度でドライフルーツなどをそのままぎゅっと固めたもの、といったほうがわかりやすいかな。
本場フランスでは、クリスマスを中心に食される、とても贅沢なお菓子です。
3







































日本では、シュトーレンはかなり浸透してますが、ベラベッカはまだ珍しいですよねー

カタネベーカリーは、他のハードパンもどれも美味しそうで、でもそれだけではなくJapaneseな菓子パンも売られていて、ご近所にあったら毎日でも行きたいくらいのブーランジェリー。
店内に入ったときに包まれる香ばしいあのかおりも、極上でした。

ベラベッカのほかには、海藻を練りこんだパンと、カレンツとナッツのパンを。
1







































LOVE断面。
ナッツやカレンツがゴロゴロです〜
2







































Sweetsとしては、キャラメルマカダミアのデニッシュに、
4







































ピーカンナッツのタルトなどを買ってみたり。
5







































今年はクリスマスケーキはskipし、ディナーの後は、クリスマス市で仕入れたeau de vieと、ベラベッカなどカタネで購入したものたちと、モンドールなどのチーズ、そして相変わらず賑やかなオシャベリを、キャンドルの灯とともに楽しみました。
こんな締めくくりも、イイよねー゚・*:.。. .。.:*・゜

ellediary at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Sweets | 渋谷区

2009年12月23日

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル in TOKYO

1

























モミの木のクリスマスツリー発祥の地、ストラスブール。
フランス最古の、そして最大級のクリスマスマーケットが開かれる地、ストラスブール。

2








































400年以上の歴史あるクリスマス市が、初のフランス国外開催@東京、とあっては、覗いてみたいですよねー。

3


























ということで、マーケット小屋をぶらぶらしつつ、コンサートに行ってきました。
クリスマスビールをいただきながら聞くオケに、心はまったりクリスマス気分。

4








































さて、マーケットですが、出店数はそれほど多くはなく、しかしながら現地から職人さんを招いてのマーケットですので、すごい人の出でした。
人気のタルトフランベや、eau de vie、パンなどはすぐに売り切れてしまうほどだとか。

私はストラスブールのパン職人とルビアンのコラボパンの一つ、ナラマとクグロフをゲットし、とてもご満悦だったのですが、
ん?んんん??
貴腐ワインのブランデーを発見してしまい、吸い寄せられるようにその小屋へ。
半額以下となったそのボトル、手に取らないはずもなく・・・
その隣を見てみれば、eau de vieがまだたくさん陳列中。
ヒイラギの実で作られたeau de vieなんて珍しいものを見たら、これも手に取らないはずもなく・・・

7








































想定外のお買い物をしてしまいました。

すべてのeau de vieを試飲させていただきながら、ショップの店員さんとおしゃべりしていると、私、よいサクラになったみたいです。
今までだーれもいなかった小屋の前には、こんなにわらわらとお客様が!

もっといろいろお話を聞きたかったのですが、押し出されてしまいました

5








































へんなゆるきゃらも応援に来てました。

6


























来年はさらにパワーアップしてクリスマス市が戻ってくることに期待します♪

ellediary at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月22日

MERRY SALSA PARTY゚・*:.。. .。.:*・゜

友人に誘われ、SALSAパーティーへでかけました。
昔取った杵柄とはよく言ったものだと思う。
4-5年も踊ってなかったのに、体はなんとなく覚えているものです。

男女ペアで踊るダンスは、基本のステップを知っていることが前提ではあるけれど、相手の気持ち、状態、動きなどを感じ取って、きちんとフォローが出来ないと、綺麗には踊れない。
特に、男性のうまいリードが無いと、女性は美しく舞うことができない。

サルサは、特定のペアがいない限り、知らない人と踊ることになるのだけれど、いろんな人と組んでみると、
あーこの人は俺様的リードだな、とか
この人は、きちんと周りが見えているな、とか、
この人は、こちらのレベルがわかっていて、それにあわせてくれているな、とか、
下手な私でも(だからこそ?)、いろんなことが良くわかる。

何が言いたいのかというと、若い世代からもっとダンスが浸透すれば、みんなコミュニケーション上手になるのではないかしら?なんてこと。
まー、日本の文化に浸透させるには、かなり難しいとは思いますが・・・

そしてやっぱり私は、男性にはスマートにリードされたい派だということを実感。
自分を上手く扱ってくれて、綺麗に舞わせてもらうと、自分がそのとき持ち得る最大限の魅力を引き出してもらえた気がして、とても幸せな気持ちになれます。

1







































そうそう、ゲームでなんと1等賞をいただいてしまいました!!
サルサの個人レッスンチケットもgetしたので、短期特訓、うけてきまーす♪

ellediary at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2009年12月21日

この季節は

絶対モンドール♪
これを食べなきゃ冬じゃない、というほど好きなチーズなのですが、ホールで買うには大きさもお値段も、ちょっとハードルが高いのよね。
でも、フェルミエで、カット売りのモンドールを見つけました!

このダムの決壊状態は、もう眺めているだけで(´ρ`)なのです。

4







































カット売りだと、モンドールだけじゃなくて、いろんな種類のチーズと組み合わせて少量ずつ楽しめるから、良いですよね。

ellediary at 20:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

2009年12月20日

本物のトリュフチョコレート

一般的にいうトリュフチョコレートではございません。

これは、イタリアのトリュフ専門会社「ウルバーニ社」製、本物のイタリア産トリュフを練りこんだトリュフチョコレート♪
白と黒、両方を買ってみました。
こりゃ美味だわ!!

3







































食べる順番は、黒→白、がオススメ。
白の方が、トリュフの甘美な芳香が断然ですので。
トリュフと共に練りこまれたヘーゼルナッツのアクセントもgoodでした。

コーヒーやお紅茶に合わせるのも良いですが、大人の特権として、これは是非シャンパンと合わせてみたい。

パーティーのおもたせに、もってこいです。

ellediary at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Sweets 

2009年12月18日

「Edition Koji Shimomura」@六本木

あのーぅ、お料理のお写真、撮影しても大丈夫でしょうか?

フラッシュにお気を遣っていただければ、大丈夫です。

ということは、私には、イコール写真不可、ということになる。
だって、私のカメラは、フラッシュはたかない(たけない 笑)けれど、カシャッ!とおしゃべりするんですもの。

それが芸術的であったり、美味しそうであったり、実際に美味しかったりすると、どうしても美的なものを収めたい衝動に駆られてしまうのですが、マナーを考えるとやっぱり微妙なんですよね、レストランでのお写真って。
一応、最低限のマナーは守っているつもりですが、従前より自粛気味に過ごした今年は、レストランのみならず、blogのup自体が減ってしまった。。
あー音が鳴らないカメラ携帯が欲しいわ。
だったらデジカメを買えばよいじゃない、と言われそうですが、それなら一眼レフが欲しかったりするし、、ぶつくさ…

Kojiのお料理は、一つ一つが華やかで、目にも楽しく、女性が喜びそうなお皿の数々でした。
ブータンノワール、美味しかったです!
仕事の合間でしたので、ワインとともに、ではなく、お水とともにいただいたのが悲しかったですが。。

ellediary at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) French | 港区

2009年12月17日

RUTH'S CHRIS STEAK HOUSE

コンサート帰りの家族と合流し、父のお気に入りのRUTH'S CHRIS STEAK HOUSEへ。
以前ブロガーレポーターとして、お店にご招待されて以来の訪問です。

話を聞くに、その際の同行者として連れて行った父親が、いたくお気に召されたようで、ちょいちょい活用しているらしい。
私の書いた記事がどれほど効果を発揮したかは謎ですが、少なくとも1名の顧客は、作ることが出来たみたいです。よかったわ。

2







































よく考えてみると、家族みんなが思い思いにお洒落してお出かけしたのは久しぶりのこと。
最近は、私が、すぐにぐーたらできるような格好で実家に帰ることが、多かったものね。
両親としては、夜遅い時間までっていうのは、もう体力的にちょっとキツいみたい。
でもそう考えると、健康に出歩けるうちにたくさん一緒に楽しいことをしたいから、こういう外出も、たまーにでいいから、まだまだ続けていきたいなぁ、と、しみじみ思うのでした。

アメリカンデザートが大好きなelle姉妹の、感動オーダー↓

3






































4







































ただ甘いだけじゃんっていう感想は多々耳にしますが、美味しいものは、ちゃんと美味しいのよ〜゚・*:.。. .。.:*・゜

6

ellediary at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) American | 港区

2009年12月16日

麹町カフェ、よいです。

元同僚のご懐妊を祝し、何年かぶりに同期の仲良組で、同窓会を開きました。
当時は9人で仲の良かった私たちですが、ひとりまたひとりと新天地へ旅立ち、新入当初からずっと残っているのは、私と、もう一人の子だけ。
さて、どちらが最後になるかしらね?なんて話も、たまにしつつ、どちらも居なくなるのはもう少し先になりそうな予感。
でも、もし私が最後まで残ったとしたら、最終出勤日には、みんなに迎えに来て欲しいなーなんて、淡い夢を持ってます。

皆がまだ在職していた当時は、何気に遅く訪れた青春だったんじゃないかしらと思えるほど、お腹を抱えて笑えるような下らなくも楽しい出来事がたくさんあり、今でも鮮明に思い出すことが出来るって、なんだかとても幸せ。
あの頃は、ほんと、強烈な日々の連続でした。

この日は友人宅のマンションでスカイラウンジをお借りし、アットホームなパーティーを。
年の瀬の忙しい時期なので、みんなが負担にならないようにと、お料理はデリバリーを頼むことに。

1







































で、利用したサービスが、「麹町カフェ」のケータリングサービスでした。
食べたいものと予算をお伝えし、お作りいただいたのが、これらのお食事。

ズワイガニのクリームコロッケと、
ほうれん草とマッシュルームのキッシュ
4







































キノコのブリュスケッタ、野菜とチェダーチーズのピタロールに、
サーモンとサワークリームのミニパンケーキ
2







































生ハムとトマトのサンドイッチと、
有機野菜の自家製ピクルス
5







































有機野菜のオーブン焼き・アンチョビソース
6







































魚介のパエリヤと、
ハーブ豚のローストバルサミコのソース
3







































これらのお料理に、自家製焼き立てパンの盛り合わせがつき、
デザートには、焼き菓子盛り合わせ
7







































さて、これだけ用意していただき、一体おいくらだと思いますか?
一人3,000円なんですよー。
スゴすぎる。

お電話の対応も、ケータリングにいらして下さったスタッフの対応も、とっても親身で丁寧で、感心しました。
私もあの界隈に住んでいたらもっと活用するのですが、いかんせん目黒・・・残念です。

9人もの大所帯が一堂に会する機会はなかなか無く、今日も残念ながら2名の欠員があったものの、久々に懐かしい顔ぶれが集まり、なんだかとても居心地のよい懐かしい空気にほっと和みました。

9
























今後も、それぞれの人生の節目のたびに機会を設けて、こんな感じで会っていけたらいいなー。

ellediary at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Cafe | 千代田区

2009年12月09日

天空のCHRISTMAS゚・*:.。. .。.:*・゜

ロクヒル・天空のクリスマス2009は、ニコライ・バーグマン氏が手がけたクリスマスツリー。
BOXを積み上げてツリーに見立てるって、新しい。

5







































一つ一つがクリスマスプレゼントの箱みたいで、かわいらしかったです。

これ↓東京タワーとのツーショットっていうのが、お気に入りポイント。

3







































きゃー、ハートのリース♪

4







































夏にもシティ・ビューには昇りましたが、やはり冬の方が空気が澄んでいて遠くまでネオンが美しく見えます。

1







































この日は強風だったこともあり、空気中の汚れが一層されていたのもラッキーでした。

2

























夜景はこれからが旬の時期ですね★

ellediary at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記