2010年08月

2010年08月09日

馬肉が美味しすぎる件

今まで嫌いでしょーがなかったのに。

uma








































だって、生まれて初めて食べた馬肉が、めちゃめちゃ不味かったから。

そういえば、栗も大嫌いだった。
だって、幼少期に友人宅で口にした栗を食べて、気持ち悪くなったから。あれは、今思えば、腐ってたのでは。。

馬と栗を食べてこなかった何年間、損していたなぁ。
この先、次はどんな損食材に出会うか、ちょっと楽しみ。

ellediary at 23:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0) French 

2010年08月08日

感動の連続 Cirque du Soleil「ZED」&Disney World

no title
























  神秘的で幻想的
    力強くてアクロバティック

そんな対照的な要素が融合し、美しくもダイナミックな世界を描いているのが、シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」。
そこは、タロットの世界をベースに描かれたキャラクターが繰り広げる、不思議な旅物語。
1







































  大人も子供も思いっきりはしゃぎ、
    精神年齢すら同じになってしまうかもしれないおとぎの国
小さい頃なら、誰もがそこの住人になりたいと夢見たでしょう、ディズニーワールド。
1







































そんな夢物語を一度の楽しめる、「ZED+パークプラン」チケットを利用し、週末をenjoyしてきました。livedoorのキャンペーンに当選したのです♪

この「ZED+パークプラン」、かなーりお得で、ZEDのチケットに500円もしくは1000円をプラスすれば、ZED鑑賞後、隣にあるディズニーパークに入園できてしまうんです。
パークは、ディズニーランドとディズニーシー、どちらか好きな方に入れますので、そのときの気分で選んでヨシ。
ただし、このプランは、ZEDでの座席が「ステージサイド席」に指定されるという縛りがつくわけですが、それさえ気にしないのであれば、ぜひオススメです。
実際、正面から見たいシーンもあったのは事実ですが、ステージサイドからの角度も、かなり面白かったです。
まぁ、舞台が客席と近く、どの座席からも楽しめるような構成にはなっているので、実際座席の縛りへの不満はありませんでした。

ちなみに、「ZED+パークプラン」として最初にチケットを購入しなければならない点にも注意!
ZEDを見終わったあとで、「余裕があるしディズニーに寄って行こうか!」と思い立っても、その時はもう遅いので、お気をつけあれ。

7
























私はお昼の会を鑑賞し、15時からディズニーシーに行ったのですが、かなり楽しめました。実際、このプランはとても人気のようで、9月末頃までの期間限定だったのに、2011年1月3日まで期間が延長されたとか。
一度の舞浜訪問で、こんなに充実した一日が過ごせるとはねー★

このチケットの詳しいことは、HPをご参照ください。


さてシルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」、タロットのキャラクター設定であるとか、異なる二つの世界「天」と「地」の融合であるとか、いろいろとストーリー性があるようですが、その前知識がなかったとしても、地球儀を模した迫力あるセットの中で繰り広げられるアクロバットを見ているだけで、私は十分。
鑑賞後にパンフレットでそのストーリーを読んでも、いまいち自分にはピンと来なかったので・・・

3
























目で楽しみ、心で感じる。
それだけでも十分ではないでしょうか。
それが叶うことの裏付けとしては、小さなお子様も、たくさん楽しんでいるコがいましたから。

5







































私はとりわけ、天の世界のアクロバットに魅了されました。
水晶でも転がしているような澄んだ歌声とmusic、そして、天から舞い降りてくるアクトの曲線美にべた惚れでした。
ZEDは単なるサーカスではなく、ARTですね。

4







































そんなZEDには、さまざまな国からアクトが結集しているわけですが・・・
9







































私のお気に入りは、やっぱりソロ・ティシュー
息がとまるほど美しかった。
2







































で、やっぱり拍手を送りたいのは、バトン
唯一の日本アクトとなれば、同じJapaneseとして、鼻が高い!
調べてみたところ、何気に生まれ年が同じでした・・・
11







































パンフレットを見ながら、アクトの一人一人に焦点をあてるのも、面白いかも。
あ、イケメン発見!とか 笑
メイク取ると、意外とイケメンが多かったのです。
6







































ZED+パークチケットを購入した人は、このあとZEDの余韻醒めやらぬ中劇場をあとにし、もう一つの夢の国、ディズニーへ♪


さてディズニー。
私、何気にシー未体験者でしたので、今回はシーへ。大人の特権でお酒も飲めるし。
入園してまず、この猛暑ですら、人で溢れているシーにビックリ。
夏休みってこともあるでしょうけれど、親御さんは大変ですね。。。お疲れ様です。

1







































ディズニー自体が●●年ぶりの私としては、正直どうなのよ?という気持ちでしたが、実際に入園してしまうと、スキップし始めたくなるほどウキウキするのは、さすがディズニーの持てる力。

6
























ただ、大人になると純粋に夢を見られないのか、協賛会社の表示に妙に目が行ってしまったり、パーク内の美化の徹底ぶりに感心したり、遊びに来ている某国富裕層の子供たちの傍若無人っぷりにイラっとしたり(親、しっかり注意しましょーよ)、まぁ幼いころだったら目も向けなかったようなシーンがやたらと気になってしまうわけで。

3
























そんな中、一人の素敵男子を見つけました。
そこは行列の絶えないタワー・オブ・ザ・テラー。
誰かが置いていったのでしょう、ペットボトルが施設の中にポイ捨てされていました。
それをまさに見つけてイラっときた瞬間、私の前に並んでいた男の子(@彼女とデート中)が、自分のものではないにもかかわらず、彼女と会話を楽しみ続けながら、自然にササっとペットボトルを回収していきました。
別に、彼女の前だからいいところを見せようとしたわけでもないっぽいし、その自然な行為に、私の心は一気にさらわれてゆきました。

5
























そのワンシーンを見れただけで、猛暑の中、激コミのディズニーに来た甲斐があったってものです!

7







































あれ?なんだか夢からはずれ、随分現実的な話になったでしょうか?

4
























それはそれでいいとして、期間内に、今回連れて行ってあげられなかった母でも連れて、もう一度ZED+パークチケットプランで訪れてみようかなー

10

ellediary at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2010年08月06日

「笹や」@目黒

焼き肉、ラーメン激戦区の目黒ですが、何気に実は、焼き鳥屋さんも結構あるんです。

open当初から、笹やはずっと気にはなっておりまして。

在宅中に突然焼き鳥が食べたくなったとき、「んー、今日は笹やまで行ってみようか」と家を出ることもしばしばなのですが、笹やまでの道中に鳥芳の前を通過するもので、どうしてもお店までたどり着けなかったこと数度。

1







































今回は、きちんと予約を取り、友人との会食で利用しました。

あら〜
笹やもなかなかイイではないか!
鳥串の種類が結構あって楽しめます。

2







































今後、私の中では、目黒で焼き鳥となったら、鳥しき、笹や、鳥芳の三つ巴となることでしょう。

ellediary at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Japanese | 目黒区

2010年08月05日

前進中。

このたび、自分の夢に一歩近づくことが出来ました。
なので、こんなタイトル。
具体的に何かというのは、ちょっとシークレットなのですが、夢に向かって邁進するため、新たなスタートとしてまた気合いを入れて頑張ろうかと!

2







































今回の出来事は、ここ数ヶ月実行していた内省の賜物だと胸を張って言える自分がいるのが、また清々しかったりします。
考えては書き出して、またそれに繰り返し目を通しては改訂して、そんな作業を何度も繰り返し、スリム化させた自分の思考は、以前に比べると、だいぶシンプルでクリアなものになってきたのではないかしら。


1







































そんなことをしているときに、偶然私のアンテナに引っ掛かってきたビビッとくるモノ。出会った時、それは私の心をわし掴みにし、全身が痺れたような、そんな感覚を覚えました。
たぶん、そういうのって、運命の異性と出会った、とか、そういうときに用いるような表現なんだと思いますが、悲しいかな(?)、今回はそういうお話ではありません。
出会った対象は、夢に続く一本の道。
ま、その道も、とてつもなくうねっているかもしれないし、踏み込んでみたら獣道かもしれないし、それでも今はその道を進んで行きたいと選択してみました。

これは絶対に逃したくない!!と切望し、願い叶って手に入れることができた喜びは、ひとしお。

喜ぶ他方で、「体型」のスリム化も強く切望しているのですが、なかなか上手くいかないものですな 笑

ellediary at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記