2011年01月

2011年01月28日

火サス。

宿泊した御宿の望洋楼から程近いところに、有名な観光スポット、東尋坊があります。

21

























東尋坊は、悲しいかな自●の名所としても、有名。
この断崖に、この波ですもの、そうよね・・・

22

























しかも、コンビニのごとく24時間OPENだし。
柵とか、何も無いし、いつでも飛び込み放題。

23







































ほらほら、↓あんなところまで、人、行けちゃうし。

25

























岩場に打ち上げられた片方だけの靴が妙に、リアル。
でも、ここで命を投げるって、この崖そんなに高さは無いけれど、大丈夫なのかなぁ。「ドリャーおじさん」がいたくらいだし。。痛い思いをするだけだったり、しないのかなぁ。

と思っていると、なんとこの東尋坊に建てられているタワーは、恋愛のパワースポットでもあるのだとか・・・

24

























最近のパワースポットにあやかってか、ネガティブなイメージを払拭するためか、はたまた本当にご利益があるのかは謎ですが、東尋坊タワーに置かれている観音様や布袋様を二人で撫でるとイイコトがある、というお話。

自殺の名所と、恋愛成就のパワースポットは、並立するのかしら???

ellediary at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 

2011年01月26日

贅沢。

荒れ狂う日本海を間近に眺めながら、露天。

7

























岩に打ち砕かれる猛々しい波に恐怖すら覚えながら、露天。

9

























時折、突然吹雪いてくる矢のような雪を顔面に浴びながら、露天。

地酒を飲みながら、露天。

明けても暮れても、望洋楼のプライベート露天で過ごす贅沢!

6







































そして、タラバ、セイコ、毛蟹三昧。

3







































皇室にも献上されるという三国・越前蟹を、茹で・焼き・刺し・釜飯で、一生分いただいてきました!

2







































内子もミソも、思い残すことなくたっぷりと。

1







































三国・越前港で揚げられたことを示すタグのほかに、望洋楼の料理長が確かな目利きで選別してきた蟹であることを示す「望洋楼」のタグもしっかりついています。

4








































あー贅沢だ。

5








































こんな贅沢、いいのかな。いや、私たちもそれなりに結構年は重ねているし、いいよね。

8

























と思いきや、ご宿泊されていた方々は、揃いも揃って、私の両親よりご年配の方々ばかり。

12







































やっぱりこの贅沢は、まだ少し早かったかしらー

ellediary at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行