サンフランシスコ的食紀行私の好きなもの。

2011年05月30日

The Ritz Carlton 「Azure 45」

マルマルモリモリみんな食べるよー!

13







































母の還暦祝いを、リッツのシーフードフレンチダイニング・Azure45にて。
仲良くさせていただいているシェフが、今、ここで料理長をされているので、この機会に是非にと、ディナーをセッティングしました。

3

























母を喜ばせるべく事前に綿密にシェフと打合せをし、というか、散々なワガママを受け入れていただき、当日はわたしたちの想像をはるかに超えて大変良くしていただき感謝してもしつくせないほどの夜でした。

2




































わたしのWeddingのときには、シェフにお料理を振舞っていただくお約束をしておりますので、どうぞご期待のうえご予定おきください。ただし、予定日は、somedayです。


5






































九州産ホワイトとグリーンアスパラガス、金沢産桜マスのミキュイ、温かいトリュフドレッシング
6






































パンは海藻などが練り込まれたバターと共に
4






































ロブスターのコンソメ、フォアグラのグリル ラビオリ仕立て、トリュフクリーム
7






































金沢産のどくろのポワレ、モリーユのリゾットとそのソース
8






































桜のグラニテ
10






































能登牛のフィレ肉のロースト 新ジャガイモのグラタン、季節の野菜 3種ワインのソース
12

























14

























15







































そういえば、いつか誰かに言われたことがあります。
家族が仲良すぎると、婚期が遅れるんだよ、と。

16







































若い頃も普通に仲良かったわたしのファミリーですが、年を重ねる毎に、ただ仲が良いだけでなく、お互いに対する様々な感情や想いが色濃くプラスされてきているので、どんどん仲良くなっているのですが、ということはそのあまり信じたくない法則が本当だとすると、わたしたちはどうなってしまうのでしょうね。

17







































最高のお料理、最高のもてなし、最高の景色と、そして家族との最高のひと時は、今となっては儚い夢だったかのよう。

18







































還暦なのに、いまだに箱入りを地で行くわたしの母は、ときにはわたしの友だちだと間違われることもあり(さすがに先輩・後輩の友人関係ですが。。)、本人はきゃっきゃと喜んでおります。

1

























いつまでも若々しいママでいてください゚・*:.。. .。.:*・゜

ellediary at 22:39│Comments(0)TrackBack(0) French | 港区

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サンフランシスコ的食紀行私の好きなもの。