Bar

2010年10月03日

メルローの実

赤ワイン用に栽培されたメルローの実をいただきながら、メルローの赤ワインを。

メルロー







































今年は猛暑だったため、果実味がしっかり!
とても甘いです。
小粒のくせに、なかなかやるなぁ。

そして、なんといっても皮が美味しい。
種があって、ちょっと食べにくいですが、そんなことはどうでもよいと思えるのは、この取り合わせのシチュエーションが楽しいから。

ワイン用のぶどうをいただけるなんて、滅多にない機会を、ありがとうございました。

ellediary at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月14日

ハンガクデー

お気に入りのお店の、ドリンク半額イベントへ。
それにしても、ありえないくらい太っ腹な企画に、こちらが心配してしまいます。

>たくさん飲んでいってくださいね!
というお言葉を素直に聞き入れ、
それはそれは、たくさんいただいてまいりました  _ノ乙(、ン、)_

favorite

























居心地よくて楽しいので、いつもついつい長居してしまうのですが、この日も例によって入り浸り・・・
眠たくなったらお会計、じゃなく、今度はもっとスマートにきりあげよう。

ellediary at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年05月11日

BEERにハマる

最近お気に入りのお店にて。
ヒューガルデンから始まり、濃いぃぃbeerへ、そして最後はモルトへ、というのがマイブーム。
ハチミツのような甘い香りに騙されてぐびぐび飲んでしまったビールは、アルコール13%。

beer







































結局のところ、何にハマろうが、行き着くところはいつもと変わらない陽気な酔っ払いなわけですが。
今日も楽しく、しょーもない。

と思ったけれど、blogのタイトルを今のものに変えた頃と比べると、「しょーもなさ」は、変わったものだなぁ、と思った。

ellediary at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月16日

グランド・ハイアット東京、フル活用中

今年に入り、「all you can drink dinner」という、飲み助にはとても魅力的なイベントが開催されています。

2







































「FRENCH KITCHEN」では、ウインターキャセロール・ディナーと称し、5種類から1品選べるキャセロール料理と、スパークリングワインがフリードリンクでいただける限定ディナーを6,500円にてご提供。
こちらのプランは残念ながら3月14日で終了してしまいましたが、グランド・ハイアットのバー「MADURO」では3月31日まで、アスパイアナイトが開催されています!
フードとフリードリンク、さらに生演奏のカバーチャージ(通常2,100円デス)までコミで、女性4,800円、男性5,800円 で楽しめてしまうプランです。

しかもですよ。
フードは、アペタイザーに6 tapas box(スモークサーモンのマリネ、イベリコベジョータ生ハム、小海老のアヒージョ、スモールベジタブルスティック、ホタテとベーコンのソテー、エスカルゴコロッケ)、
1







































メインに牛肉の赤ワイン煮込み、それに、マデュロディップやメートル・ドテル・バターなどが詰まったbread boxが付き、
3







































ドリンクは、
赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、カクテル20種類、ノンアルコールドリンク10種類、ウィスキー・スピリッツ10種類から、好きなものを好きなだけいただけてしまうのです〜。

4







































私のお気に入りは、アップル・マティーニとマンゴー・モヒート♪
あーまたいただきたいわー。

5

























私は両店舗とも、飲み助女性の会で利用。
2時間制ですので、talkはかなり凝縮気味。
二次会の検討ももちろん必要でしょうか。

ご興味おありの方は、31日までgoです。
もしかしたら、まだ空きがあるかもよ?!

ellediary at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月05日

Bar elle、開店。

1月1日から2日まで、某所にて期間限定OPEN。

カクテル








































人気メニューは、コスモポリタンでした。

コスモポリタン








































ここのバーテンは、基本自分が好きでよく飲んでいたお酒しか出しませんので、他にも女性に優しいロングカクテルのお勉強が必要のようです。
次はいつ開店しようかなー。

ellediary at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年08月13日

「バー 亜米利加橋」@恵比寿

絶品ハイボールを求め、「バー 亜米利加橋」へ。

恵比寿はアメリカ橋のたもとにあるこの建物を見たことある人は多いはず。
飲食店が集結したこの建物の1階左手に、バー亜米利加橋はあります。

1







































こちらのお店も、ハイボールタワーを使った究極ハイボールがいただけるお店です。
写真左手に角瓶に囲まれたハイボールタワーがあるの、わかるでしょうか??
1
























ここは、FREE STYLEという言葉がとても似合うバー。
あいている好きな席に着き、カウンター付近にいるスタッフに呼びかけてドリンクなりフードなりをオーダー。
観察するに、キャッシュ・オン・デリバリーが基本のようですが、あとでまとめて支払ってもOK。

席に案内され、メニューを渡してもらい、オーダーをとりに来てもらい・・・
などということを待っていては、お店の雰囲気に置いてけぼりを食らいます 笑

最初ちょっと気後れしていた私も、はじけるようなシュワシュワな角ハイボールと、店内に流れていたビーチボーイズにご機嫌になり、このお店の雰囲気をすぐに楽しむようになりました!

2







































バー恵比寿橋は、ハイボールのメニューが豊富。

>ザ・角・ハイボール
>メープル・ハイボール
>ウメ・ハイボール
>フジヤマ・ハイボール(抹茶を使ったもの)
>ユズ・ハイボール
>フレッシュミント・ハイボール

3







































ザ・角ハイを散々楽しんだ私に、次にマスターが勧めてくれたのは、ユズハイボール。
アレンジを加えたハイボールの中では断然オススメだというユズハイ、私もイチオシです♪
特製ユズシロップをただミックスしただけではなく、フレッシュのジンジャーがガッッツリ入っているのがたまらないのです!!
一口含んだ瞬間に、想像していた味がいい意味で裏切られたような衝撃が走り、かなりパンチが効いてます。

↓上層に、ジンジャーがたっぷり浮遊してるの、わかるでしょう?
4







































メープルなんかも良いけれど、「角」の良さが消えてしまうからちょっともったいない、というようなお話とか、マスターのハイボール談も聞けて、なかなか面白い時間を過ごせました。
そんなマスターのオススメは、やはりシンプルにザ・角ハイなのだそうです。

バー亜米利加橋のフードは、地下1階にあるタイ料理レストランから運ばれてくるので、簡単なおつまみはもちろん、本格的なタイ料理も楽しむことが出来ます。
店内には、それとは別にドミノ・ピザのメニューも置いてありましたが、ピザのデリバリーも可なのかしら??だとしたら、自由すぎるわー!

なお、ドリンク類が500円から楽しめる嬉しいハッピーアワーの設定は、18時から22時まで。
しかも、気前良すぎなこんなクーポンもあります。

ひとりでふらりと仕事の疲れを癒しに来るもよし、
待ち合わせの場として使うもよし、
この日は仕事の打ち合わせをされている方の姿もちらほらと・・

楽しみ方、使い方は自分次第の自由でカジュアルな雰囲気に、外国人の方々もたくさん集まってくる酒場のようです。この日の日本人率は、かなーーーり低かった。

ユズハイ目掛けてまた行こうっと♪←本当にお気に入り。


【お店情報】
恵比寿 バー 亜米利加橋
東京都渋谷区恵比寿南1丁目23-8  1F
03-3794-7597

東京 おいしい居酒屋 酒場 特集 首都圏版 サントリーグルメガイド
東京 おいしい居酒屋 酒場 特集


<すごいハイボールが飲めるMAP>

ellediary at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月19日

隠れ家

美味しいモルトが飲みたくなったらココにいく。
1







































この渋い感じが、いいのよね〜〜
2










































そして、美味しいラムが飲みたくなったら、コッチにいく、ことに今後なるのかもしれない。
13







































その存在に気付いていながら、足を踏み入れずにずいぶん時間が経ってしまっていたバー。

バミューダやプエルトリコから取り寄せた珍しいラムや、マニアックなものなど、多数あるらしい。

香りは甘く華やかな感じで、でも、アルコール度数が低かったりして飲みやすいものじゃないものがいい!、という良くわからない私のリクエストに応じて出していただいたもののなかで、コレ、とても好みでした。

夜も更け行く時間になるにつれ、混むは混むは・・・
このお店、意外に人気があったのねぇ?

オーナーの方も、気さくで良さげな感じでした。


どちらのお店も、モルト・ラム入門者に、法外な商品を出すことなく、価格帯も入門用で、ありがたい。

これだから、目黒暮らしはやめられない。←PART 3

ellediary at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月05日

美味しいモルトをいただけますか?

看板もない、メニューもない、
あるのはモルトを中心とした美味しいお酒だけ。
そして、培われたマスターの知識。

マンションの一室のようなドアを引くと、そこにはDeepな世界が待っていました。

>何に致しましょう?
との問いに、迷わず
>美味しいモルトをいただけますか
とお答えし、頼りない知識と記憶をたぐり寄せ、自分の好きなタイプと嫌いなタイプをお伝えする。
もちろん、モルト初級者ということも。

そして、出していただいたのが、右の一本。
樽、バニラが感じられ、華やかなタイプのもので、とても好みでした。

2







































>これを基準に、世界を広げていくとしたら、次に何をオススメされますか?

との私のリクエストで出されたのが、左の一本。
先ほどのものより、樽を強く感じられるモルト。

メニューはマスターの中にあるんですね。
お会計が来るまで、ちょっとドキドキでしたが、そのあたりも考えてきちんと初級者向けのものを選んでくださっているようです。ほっ。

1







































ちなみに、一見だと本当に迷います。
HPなどではビル名も紹介されているのに、なにせビル自体にビル名が表示されていないんですもの!

それにしても、やはり、自分が目黒から引っ越すことは、当分なさそうです。


ellediary at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月22日

この時期になると・・・

こんな感じで、一人ぼーっとする時間が増える。

teq







































こんな感じで、読書をする時間も増える。

こんな感じで、人と深い話をする時間も増える。

この夜は、限りなくグレーな気持ちで、なんだかなーというモヤった気分の二人、溜め息交じりの夜を過ごしました。

@酣。

トリュフ







































テキーラや、トリュフを漬け込んだコニャックなどをいただきながら。

秋ですね。

ellediary at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月15日

久々に、新規開拓

目黒に新しく出来たbarへ。
プレゼント企画で当選し、ボトルのスパークリングがプレゼントされたので、訪問してきました。
そのスパークリングで、フレッシュな桃を使ったベリーニを作っていただく。
桃の果肉がたっぷり感じられるベリーニで、とても美味。

べりーに







































こちらのバーは、女性一人でも気軽に立ち寄れるお店というのをコンセプトにしているらしく、照明は明るめで、あたたかみある雰囲気。
実際、お店のオーナーさんがホームパーティーがお好きらしく、お家に遊びに行く感覚でふらっと寄ってもらえたら嬉しい、ということで始められたのだとか。
いいなー、私も、そういうお店、昔から開くの、夢だったのよね。資金ないけれど。

豚







































女性一人でも〜、と謳っている割には、カウンターのスツールが、カップルシートっぽい配置なのは何故だろう 笑

フローズンバゲ







































忙しい日になると、オーナーさんもカウンターに入ってお客さばきをするそうですが、常駐スタッフは、基本バーテンさんが一人(イケメンとの噂がちらほら)。
それほど小さなお店なのです。


ちなみにこちらのバーテンさん、仕事が終わった後にデイブレによく行かれるそうで、デイブレのバーテンさんとも既に顔なじみとか。

もし、お店でお会いしても、きっと私は気付かないだろう。

モルト







































だって、
私の苦手なこと→人の顔や名前を覚えること
だから。
って、そんなんじゃ、私、お店なんて開けないですね〜

ellediary at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)