Thai, Malaysia, Vietnum

2009年08月14日

「basement亜米利加橋」@恵比寿

先日紹介した「恵比寿バー亜米利加橋」の地下1階にある、タイ料理レストラン

2








































バーのオーナーのタイ料理好きが高じて、地下に開いてしまったというアジアン・ダイニングです。

なかなかセンスある内装でオリエンタルなリゾート風。
ダイニングフロアはもちろん、店舗全体を見下ろす場所に位置するロフト席はとても落ち着けます。

3








































アレンジが加わりちょっとオシャレなメニューもあるタイ料理は、味つけがしっかりしたものが多く、お酒が進むものばかりでした♪
メニューはすべて写真入りなところも嬉しいポイントです。

ハイボールは、メニューには載っておりませんが、頼めば1階のバーに設置されたハイボールタワーから注いだものを持ってきて下さいますので、ぜひぜひオーダーを!
タイ料理にぴったりです。

8








































タイstyleのシーザーサラダ。
パクチーをきかせパルメザンをたっぷりかけたというシーザーサラダは、個人的にはもっとパクチーが入っていたら嬉しいかも。
4








































サーモンサラダ。
サラダと名がつくものの、カラッと揚げたサーモンに、チリやハーブをきかせたおソースをかけたお料理。
美味しい。でも、これ、サラダじゃないし 笑
5








































プーポッパン。
おなじみ、ソフトシェルクラブのカレー炒め。
タイ料理の中でも、私のお気に入りの一品。
6








































クリームパスタ・トムヤムクン。
これは、このお店の代表的人気料理。
あま〜い中に、ちゃんとトムヤムクンの風味がして、お腹一杯でもついつい進んでしまう、クセになるパスタでした。
7









































長らくまったりしてしまうのは、五感に優しい照明加減と、心地よい風が吹いてきそうな気持ちにさせてくれるリゾート風のインテリアゆえでしょうか?


寒い季節になったら、国際薬膳師と、タイのホテルから招聘したシェフが作る薬膳タイスキ鍋など、試してみるのもいいかもしれません。
あ、鍋にもハイボール、絶対合うと思う!


【お店情報】
masement 亜米利加橋
東京都渋谷区恵比寿南1丁目23-8  B1
03-3794-7597

東京 おいしい居酒屋 酒場 特集 首都圏版 サントリーグルメガイド
東京 おいしい居酒屋 酒場 特集


<すごいハイボールが飲めるMAP>

ellediary at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月01日

「カフィアライム」@原宿

原宿は、ラフォーレの貴和か、メキシカンのフォンダに行く以外、まったく足を運ばない街だったのですが、今日は美味しいタイ料理を求めて久々に降り立ってみました。

カフィアライムだけでなく、1階の「チャオ・バンブー」や、隣の「餃子楼」が三位一体となって、この一角だけ妙な盛り上がり!

4







































サーモグラフィでとったら、路地裏のココだけ、めちゃめちゃ赤い感じ。

5







































カフィアライム、なかなかよいお店でした。
さっそく
タイ料理が行きたくなったときはココに行けリスト
に追加です。


さてさて、タイ料理に触発された私、さっそく実家でも作ってきました。
母は料理上手で、和洋中なんでもござれなのですが、タイ料理とかになると、なかなか母の手で作られることはなく、でも、普段馴染みのない国の美味しいお料理にも触れてもらいたいな〜と思い、実家 de cooking。

1







































4人分を大皿盛りで作ったので、フライドエッグも2つ乗せ♪
おかげでライスが見えません。。

2







































家族みんな、とりわけ母に、とても気に入ってもらえたようで、私としても大満足。
さーて、次はどこの国のお料理を作ろうかな〜

ellediary at 14:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年08月19日

「アユンテラス」@渋谷

暑くなると体が求めるものは、なぜかアジアなスパイスだったりします。
ということで、「アユンテラス」へ。
入口







































インドネシア料理の人気店です。
この日も、世はお盆休みだというのにかなりの賑わいっぷりでした。
シンハ







































サテの盛り合わせ。
鶏、牛、羊の3種。
サテ







































ガドガドサラダ。
温野菜のピーナッツソースサラダ。
ガド







































インドネシア風オムレツ。
たまご







































鶏肉のココナッツクリーム煮。
往々にして高カロリーのものが好きな私はもちろんこれも大好物♪
チキンクリーム







































ミーゴレン。
これ、イマイチ。
あまり好みでないと、ピントも合わないようです。
やきそば







































デザートには、バナナココナッツケーキを。
ばななここ







































混んでいるせいか、店員さんは、
(n‘∀‘)ηオーーーーイ  ワーヾ(゚ω゚)ノ゛ヾ(゚ω゚)ノ゛ワーヽ(`Д´)ノウアー
という具合に、思いっきりアピールしないとなかなか気付いてくれません。
ま、そんなところもひっくるめて、「アユンテラス」な気もしますが 笑

かお







































そうそう、インドネシア料理は、こちらも気になっているところだったりします。
タク代710円サービスだなんて、太っ腹♪ 駅遠店ならではの嬉しいサービスですよね。

さらに、デリバリーサービス(3,000円〜)もやっているというから、今度ホームパーティーのときにでも活用してみようかしら。

アユンテラス







































心なしかやる気のない記事も、暑さのせいとお許しください。。

かえる







































などと書きながら、cabeのデリバリーサービスについて検索していたら、こんなサービスを見つけてしまった。
甚六やサントまで Σ(゚Д゚)

さらに、私にとっては驚きのコネタがこのページには隠されていたのですが、それをバラすと私の正体もバレる恐れありなので、ごにょごにょ・・・


【お店情報】
アユンテラス
東京都渋谷区桜丘町20-12 Le Quaritier桜丘 1F
03-5458-9099
http://www.ayungteras.com/
http://r.gnavi.co.jp/g090900/

ellediary at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月04日

レディースデイ三昧の日の食事処、「kitchen」@西麻布

ずっと観たかった映画、「秘密結社鷹の爪 THE MOVIE 私を愛した黒烏龍茶」を観に行ってきました。あっ間違えた、「最高の人生の見つけ方」を観に行きました。

私の涙腺は予想通りの反応。
メイク直し道具完備で出かけ、本当に良かった。

この映画、去年の夏にARK HILLSで開催されていたショートフィルムフェスティバルで観てとても心に残った映画にストーリーがよく似ているんだけど、あれを原作にして作られた作品なのかしら?

何はともあれ、響く映画でした。
健康なうちに、やりたいことを思いっきりやっておこう。
生きている間に、自分が愛する者をもっと愛し、大切にして生きていこう。
純粋にそう思えた映画でした。

棺桶リストの中の一つの、「世界一の美女にキスをする」って、あれは相当きますよー。私的には、かなりヤバかったです。

「世界一の美女にキスをする」ことを終え、彼がリストの文字に線を引いて消した瞬間、私の周囲は大洪水。。
キスした側の気持ちも、キスされた側の気持ちも、それをそばで見つめる人の気持ちも、ぜーんぶひっくるめて、かなりヤバかったなぁ。


そして、私は、二人の祖父を癌で亡くしておりますが、父方の祖父が亡くなったときは、まだぜんぜん若くて、「死」というものに、ちゃんと一緒に向き合ってあげられなかったなぁ、と、とってもごめんなさいの気持ちでいっぱいにもなりました。
あ〜ぁ〜、もう一度会いたいなー。。

って思っていると、きっと今日夢で見るんです、祖父のこと。
私、心で強く感じたこととか心配してることとか、不思議とよく夢で見るんですよね。

その後食事に出かけたのは、西麻布の「kitchen」。
毎日盛況予約困難なベトナム料理のお店です。

21:30くらいに、お席があいたとの連絡をうけ、お伺いしてまいりました。
カフェっぽい雰囲気で明るめの店内。女性客が多いようです。

壁にイラストが描いてあったり、メニューは扇子の形をしていたり、コースターは蓮の形だったりと、いたるところでちょっとしたオシャレ感を感じさせてくれるのは女性のオーナーシェフならではのお店。
コースター







































ベトナムビールで、流した涙の分だけ水分補給を。
beer







































そして、生春巻き。
皮がもっちりしていて美味しかった。
生春巻き







































タレは、各テーブルに用意された4種の調味料をお好みで。
調味料







































ベトナムの卵焼き。
ナッツが入っていて面白い。初めて食べる感じです。
これ、すごく美味。
ままご







































豚の蒸し物。
香味野菜と一緒に蒸し豚をレタスで巻いていただきます。
蒸し豚







































あーなんかいいですね!こういうお食事♪
雨のじとっとした日には、こういうさっぱりしたものがしっくりくる。

〆にはこれまた絶賛する人が多い名物まぜまぜご飯を。
パクチーとナッツが効いており、カレー風味でこれまた美味。
まぜごはん







































お店のcloseが23:00のため、ラストオーダーがとても早いのが難点ですが、ここはまたゆっくり来たいわ!


そうそう、kitchenのお席が空くのを待っている間に、時間を潰させていただいたのが、同じビルの1階に入っているバー。
なんだかとても面白いオーナーさんのお店でした。
聞けば、西麻布の「Ciao Bella」やら、東大内にレストランをもたれている方だとか。
>水曜日はレディースデーなんですよ。でも次来た時はわかりませんけど 笑
といって、グラスワインを500円でお出し下さったりして。
奥のスペースではお仲間同士でBirthday Partyをされていたようで、そのケーキのおすそ分けをくださったりと、なんだか心地よくフレンドリーで、短かったけれど良い時間を過ごせました。

cake







































またkitchenのお席が空くのを待たなければならないときは寄らせてもらおうっと、レディースデーの水曜日に!(次に行ったときはレディースデーはなくなっているかもですが!笑)



【お店情報】
kitchen (キッチン)
東京都港区西麻布4-4-12
ニュー西麻布ビル2階
03-3409-5039

ellediary at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年09月14日

「JIM THOMPSON'S Table Thailand」 @銀座

9月にお誕生日を迎える友人のお祝いに、銀座マロニエゲート内にできた「JIM THOMPSON'S Table Thailand」 に行ってきました。
今日のゲストは超ジム・トンプソン好きちゃんなのです★
トンプソン

































ショッピングビルに入っているレストランって、なんとなくイメージ的に期待できないでいる私ですが、最近立て続けにOPENしている所って、特に力を入れて頑張ってますよね。マロニエゲートは他にブラッセリー・ポール・ボキューズやミラヴィル・インパクトなどが入っています。
本当は、ジム・トンプソンはこじんまりした一軒家レストランとしてOPENしてくれていたら嬉しかったなぁ。

ジム・トンプソンのお料理は、どうだっ現地タイ!!という新宿や新大久保でいただくものとはちょっと違い、盛り付けも綺麗に施され味付けもお上品。「タイの上流階級向け」だそうです。レストランとしての華やかさも保ちつつ仕上げてあるあたりが、やはり洗練されたブランドイメージ通り

タイ料理は好きだけれど、辛いものは苦手だという友人の口にもちょうど合い、良かった良かった♪

飲兵衛な友人たちよ、お誕生日おめでとう!
フローズンマンゴーピニャコラーダで乾杯です。
まんごぴな

































わー、タイに行きたくなってきた。続きを読む

ellediary at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年06月06日

AWAYな「メコン」でディープな夜を!@池袋

今日は、健康診断でした。
ビリーをやりつつ、朝の2分間体操をやりつつ、ホットヨガもやりつついた私。
周囲の人からは、最近なんかちょっとしまってきた感じだね、って言われるようになり、期待していたのですが・・・・・・・

昨年から500グラム増えているのはどうして!??!

きっと・・・贅肉が筋肉に変わった・・・・という・・・こと・・・ヨネ・・・・・・。

そうよ、数字より見た目が大事よ!!・・・・・大事・・・・・・ヨネ・・・・??

そんな結果にめげずに、本日は、かなーりアウェーで夜ご飯♪
友人オススメのタイ料理屋さん「タイレストラン メコン」に遠征してきました。
しかし、池袋って、最後に足を踏み入れたのはいつだったかしら。
私のイメージは、もぅ池袋ウエストゲートパークの世界です。
今思い出してみたら、あのドラマ、すごいキャスティングよね。
イケメン勢ぞろい。キングとか、超懐かしいんですけど!!!

なんてお話をしながらお店に到着♪

像






















今日もおつかれさまでした。
タイのビール、クロスターを初めて味わいましたが、シンハより好きでした!
シンハとか































続きを読む

ellediary at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月16日

「CANDY STREET」@目黒

人気メニュー






























お疲れ気味の今日この頃、小池徹平似のイケメンくんが働くCANDY STREET@目黒で癒してもらおうと半年ぶりの訪問。
しかしなんということでしょう!!!イケメンくんが、いない!!たまたまお休みだったのか、辞めてしまったのか、よくわからないまま、結局癒されぬ夜を過ごしました。うぅ・・・私が行かない間にどこに行ってしまったの??そもそも彼が働いていた「夜の部」の営業も止めてしまったっぽい?!
豆チップ




























それはさておき、CANDY STREETとは、スリランカカレーのお店。
カレーのバリエは、スープカリーが主体です。カレーと揚げナンorライスのセットが、昼夜ともに¥800〜¥1,200くらいでいただけてしまうお得なセットメニューが人気のお店。さらにカレーのメニューによっては、とろみ系か、さらさらのスープ系かがチョイス出来るスタイルです。


これ↓がコチラのお店のスープカリー。今日はチキンのスープカリーにしました。
ドンブリで出された量を見て、最初はビックリすることでしょうけれど、何せスープなので、あっという間に流し込めてしまうのです。
スープカリー





















スプーンで掘ってみると、野菜もたっぷり入っていて意外と具沢山。チキンは骨付きですが、柔らかく煮込んであるのですぐにほぐせてしまうので食べにくくはありません。
具





























私はこの揚げナンが大好きなんですよー。油が染み込んだ小麦の旨みと香ばしさが美味しいの!揚げてあるけれど、このときばかりはカロリーなんて気にしない気にしない♪
揚げナン





























小池君(仮名)の勤務については更なるリサーチが必要ですが、たとえ彼がいなくとも、スパイスが効いた本場のお味を楽しみたい方は是非ご訪問下さい!

ちなみに入口はこんな感じ。臆せず入ってみてね!
candy入口





























【お店情報】
CANDY STREET (キャンディー・ストリート)
目黒区目黒1-5-18
中銀目黒タワービルB1
03-3779-2228


ellediary at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月14日

「百人町屋台村」@新宿新大久保

人生初大久保体験!
知人のおにーさん(あやしい人ではありません。)に連れられて、友人と二人で新大久保デビューしてまいりました。行った先は、その昔彼がよく通ったという、「百人町屋台村」
屋台村外観



























アジアの各国料理屋台が、一軒の中に凝縮されているというお店。
昔はもっと小汚くて、怪しい感じだったと言いますが、何年か前に改装されたようで、女性同士でも入りやすいお店になっていました(兄貴談)。
店内



























メニューに、メキシカンやインドが載っているのにはなんだかちょっと違和感を感じましたが、ココ一軒でアジアグルメツアーを一夜のうちに成し遂げられてしまう感じ。
中国新聞
中国置物














メニューは分厚く、選ぶのに一苦労でしたが、一つずつ写真が付いているのでとても親切です。ASIANグルメツアー in SHIN-OKUBOで堪能してきたお料理たちは、こちら↓。

・グリーンカレー(タイ)
・トムヤムクン(タイ)
・エビのココナッツソース炒め(タイ)
・豚スペアリブの黒酢炒め(台湾)
・蒸し餃子(ベトナム)


なんだかタイに傾倒している感はありますが(だって、タイ料理好きなんですもの〜)、3ヶ国は巡りました。

とりあえず、チンタオやバーバーバーで乾杯!
チンタオとか。
























続きを読む

ellediary at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月19日

「BANGKOK」@六本木

友人Mの顔を見ると、どうしても無性にタイ料理が食べたくなるワタシ。別に彼女がタイ人っぽい顔をしているとかそういう意味ではないのですが、私がタイ料理KINGと呼ぶ彼女と行ってきたお店は、BANGKOK@六本木。お馴染みザガットで常に上位をキープしている有名店です。
六本木の路地裏の、とある雑居ビル2階にこのお店はあります。お外にある看板はこんなに小さくさりげないものなので、お見逃し無く!
バンコク看板




























少々狭い店内はコジャレた感じでもないのに連日満席の人気店ですので、訪問される際は必ず予約を!

お決まりのシンハビールで乾杯しながらメニュー選びの始まりです。グラスもシンハでかわいい!
シンハ





























こちらのお店はメニューの全てにお料理のお写真がついているので、味の想像がつきやすくありがたいです。
メニュー



















今日はタイ料理初心者のコも一緒だったので、少なめかつあまり辛くないお料理のオーダーとなりました。

・海老とふくろ茸の炒め物
・トム・カー・ガイ
・春雨の炒め物
・グリーン・カレー続きを読む

ellediary at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月15日

「Nam Sao」@赤坂

梅雨のジメジメした気分を吹き飛ばそう、ということで本日訪れたお店は、タイ・ベトナム料理店、「Nam Sao」@赤坂。
店名のナムサオとは、ベトナム語で「5つ星」という意味なんだって。さらにシェフは、阿佐ヶ谷の本格タイ料理店「ピッキーヌ」で修行され、その後現地へ飛び、某有名ホテルのレストランにてベトナム料理を習得された方というので、これはかなり期待できそうです。

予約ナシでお店に向かったので、もし満席だったら隣の叙々苑で食事しようか、なんて話しながら入店。あら、なかなかこぎれいじゃないですか?もっと現地っぽい雰囲気が漂う店内を想像していたのですが、モダンなインテリアでした。靴を脱いであがるので、知人のお宅に招かれた気分です。

店内はこんな感じ。

NamSao店内


























そうそう、こちらのお店、お料理の写真撮影が禁止と言われてしまったので、残念ながらそちらは載せておりません。。

タイのビールShinghaと、ベトナムのビール333(バーバーバー)をそれぞれオーダーし、選んだ今晩のメニューはこちら↓。続きを読む

ellediary at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)