UOKIN

2010年06月07日

ウオキン祭

ビストロ・シンに対する感覚とイコールな感じで好きなお店、ビストロ・ウオキン
ウオキン・グループの店舗はどこも超人気で、その躍進はいまだ衰え知らずですよね
ホッ!ホッ!(o`Θ´)o

入店するや店内の熱気に圧倒され、自分たちのテンションもmaxになるあの感覚は、LIVE開始直前の高揚感と近いものがあります。
例えば私だったら、去年行った福山のコンサートや、むかぁーーーしファンだったエグザイルのコンサート直前の興奮っていうのかしら。
大袈裟?

ラム







































時間に制限があるせいか、メニューを選ぶのにも、妙にアワアワしちゃうのも、いつものこと。
あれも美味しそう、いやこれも美味しそう、全部美味しそう!どうしよう!!わーん決まらない、あわわわわ・・・!みたいな。
まぁ、そのノリを楽しんでいるというのも事実ではありますが、とにかく、あのお祭り感が楽しくって♪
ノリノリで楽しく食事をしたいときには、もってこいのお店かと思います。

きっかり2.5時間制で、容赦なく追い出されてしまう様は相変わらず気持いいほどですが、せめて3時間制だと、嬉しいのですけれどね。

今宵も残りのワインを一気に飲み干し、いい感じの千鳥足で吸い込まれたのは、the新橋!という感じの老舗大衆居酒屋、「大露路」。
名物ハム・フライを、相席したご常連さん(AKB48の大ファンらしい 笑)に、ご馳走になりました。

4







































新橋って、本当にいろんなスタイルのお店があり、なんだかアミューズメント・パークみたいですね。

ellediary at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月13日

憧れの、パテ・ド・カンパーニュ@ビストロUOKIN

満員御礼とは、このグループのための言葉?と思われるほど、毎夜大人気の魚金グループ。

今日はその中でも、かなり人気度高い、ビストロUOKINへ。
ここのパテ・ド・カンパーニュが、前からどうしても食べてみたかったんですよねー。

2







































19時に予約を入れ、ほぼオンタイムでお店に到着。
お店の外に溢れ出ている人たちは、スタンディングのお客さま。
すでにヒートアップしている酔い処に、自然と私のテンションもがあがります。
10







































三陸産殻付き生牡蠣のジュレ。
相変わらず、一個一個が、大きい。
1







































今日は最初から、ボトルで。
アフリカのワインを。
5







































待望の、パテ・ド・カンパーニュ。
この厚さに魅せられます!!
3







































枝豆のバター醤油ソテーと、サバの瞬間燻製。
7







































STAUB料理。
魚介のパエリアです。
これ、1000円以下ですよ。
STAUB料理がウリの「HOUSE」@西麻布より、私はコッチ派!
8







































そういえば、退店リミットまであとわずかだったというのに、追加でボトル、注文した?かも。。
きっと、このあたりから、私のスイッチは入ってしまったのだと思われ。。

4







































秋刀魚の香草焼き。
9







































ビストロ・ウオキンはきっちり2時間制なので、ここでover。

で、このあと、例によって、なつかし屋へ。
めちゃめちゃお若いオーナーの目の付けどころに感服しつつ、みぽりんの可愛さにキュンときて、吉川の長い脚に見惚れながら・・・・・・
以後、記憶喪失。

久々にとってもとっても飲んでしまったのですが、飲みすぎって、ほんとイイコトはありませんねー

ellediary at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年07月28日

「イタリアンバル UOKIN」ε≡≡ヘ ( ´∀`)ノ「なつかしや」

不況時代にかかわらず、じゃんじゃん姉妹店をOPENさせていくUOKINグループ。
いつも満席で、店外にまで人が溢れている様子には、ほんと、驚かされます。
大本命のビストロUOKINはかなり予約困難で、1ヶ月くらい前に電話したのに、
予想していたとおり満席 Σ(゚Д゚)
ということで、イタリアンバル UOKINへ。

3







































二番手のような表現をしてしまいましたが、バルもかなりの人気店なんですよー。

2







































コスパも高く、ワイガヤを気にしない方なら、きっと満足いくことでしょう。
殻付き牡蠣のジュレなんて、5ピースで500円ちょっと。
普通なら1ピースの値段でしょう?!
大丈夫なの?!

1







































バルで腹ごしらえした後は、今日のメイン、「なつかしや」へGO!!
リンクの雰囲気から想像を巡らせてみてください。
スゴイお店です。
お店のコンセプト自体がスゴイ。来ているお客さんのノリもスゴイ。
安部礼司同じく、若さと渋さの間で揺れるナイス30'sのアナタなら、大興奮のこと間違いなし!

ellediary at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)