おまとめローン審査甘い?!通りやすいポイントを伝授!

口コミ評判、オススメの審査おまとめローン通りやすい会社なんてあるの?審査基準もあるのかを分析。オリックス銀行・東京スター銀行・住信SBIネット銀行といったおまとめローン審査が甘い感じでも通らない方でも大丈夫なようにうまくまとめていくコツを伝承します!マイナス金利で優勢環境に!

    orix-card

    おまとめローン 審査が緩いとか甘いし通りやすいとかそれともそういうものが存在しないのか気になるところですが、もしこの会社が通らないローンの審査がほとんどだったりするとなおさらガッカリです。

    おまとめローン審査対策のまとめを見る

    どこの会社の審査がとおったとか、ここの審査は厳しいとか、
    おまとめローン審査に通らないとか、ここの会社の審査基準がゆるいとか

    色々な情報・口コミが飛び交いますが、口コミのサクラだったりと信憑性はなんともいえません。


    ただ、はっきりと言える事は
    オリックス銀行のようにホームページ上におまとめ・借りかえOKとはっきり記載していると、しっかりと申込を受け付けているという事がわかるので信頼性があります。

    そう考えますと

    オリックス銀行の申込をまだしていない人はオススメといえます。

    結果的にどんな方が審査に受かっているかといいうと、やはり実際に行動にうつしている方が多く。
    口コミや評判などの情報を加味してチャレンジをしています。

    調べるにしたとしても、まずは申し込みをしてからではないと、先へは行けません。

    どこにしようかと迷っているとせっかくの機会を損失してしまうのです。

    申し込みをしたからといって、各社はそれぞれ獲得ノルマもあるでしょうから、嫌がる態度は示さないでいます。

    ただ同日に3社までの申し込みにしましょう、それ以上はNGです。
    ※信用情報機関によってあなたに対して融資ストップというシグナルが発生します。

    各金融会社には、各々の当てはまる枠(合格ライン)というものがありますので

    自分の持っている枠がそれにあてはまるかが重要です。

    ただ各社ともそれなりの基準はあります。
    よくある融資基準ラインですと年収200万あたりがスタートだと思います。

    あとは返済を遅れたことがないか?これが一番の重要ポイントです。
    うそもいけません。 年齢・職業・年収・借り入れなどのうそはいけません。

    各社はおまとめローンを求めているユーザーを獲得したいというのは、ひしひしと伝わっていますが
    結果的には、うその記載をすることが拒否される理由が多く、滞納もイメージが悪いです。

    クレジットの利用もそうですし、携帯・スマホの支払いでも、滞納していると審査に影響があります。

    ギリギリのラインが2ヶ月で3ヶ月間滞納したことがある方は、審査に通らない確率がかなり高いので別の方法を選んだ方がいいかもしれません。

    家賃も2ヶ月も支払っていないと、管理会社がこの人は支払う能力がないと判断しますので
    きちんとした管理会社は早急に対応します。

    支払い能力があるのか?金融会社は特に重要視します。
    年収1000万の人でも、支払いの滞納が多いと審査が通らないで落ちます。

    5社から借りていて一度も遅れずに返済されている方と1社で借りていて返済を遅れたり、滞納している方ですと前者の方の方が通る確率が高いのです。


    審査に通らないのではと気になるよりは、自分自身が支払いに対して、滞納や遅延せずに払えている状態であるかを確認する方がいいと思います。

    おまとめローン審査に通りたいと考えているのであれば
    おまとめローン審査対策を読んでみるとよいでしょう。



    最近の検索傾向ですと「おまとめローン銀行借りたい」があり土日のメリットや、一本化に対しての会社紹介がなされています。やはりひとつにすることによっていかに返済日も統一され、金利も低くなるのが魅力となっています。マイナス金利によって貸出を増やしたいのも最近のトレンドかもしれません


    sbi
    少し前まではあまり、知名度がなかった住信SBIネット銀行でしたが、他行への振込み手数料が月3回まで無料だったり、ゆうちょ銀行などで利用するときも手数料がとられなかったりなどの、細かなサービス展開が、消費者の心を掴み、あっというまに口座開設をする人が増えた住信SBIネット銀行。

    まだ口座をお持ちでなければ、なにかと役に立ちます。

    店舗を持たない、ネット銀行ということもあり、コストを意識した低金利を売りにしている銀行で、1000万以内での融資、おまとめを検討しているかたであれば、金利 年1.9%-7.99%という他社比較より、ダントツに低い金利での紹介がありますので、おまとめローンとしても検討される価値はあります。

    これだけの金利を提示されていると審査の方はと気になるかもしれませんが、実のところ年収による制限を出していませんので、安心して申し込める状態になっています。 住信SBIネット銀行

    借金を作ってしまった経緯は色々あります

    ローン審査に失敗して再申し込み可能までの3ヶ月間
    ローン審査に成功して増枠申し込み出来るまでの6ヶ月間
    おまとめローン一本化が成功して返済するまでの期間

    あなたは何をしていますか?
    返済意思の弱い方は失敗します。
    借りた金は自分の金という考えの方も失敗します。

    例えば
    A社から50万融資されたから、B社に40万返して10万は自分の遊ぶ金に使おうなんて方は
    必ず失敗します。むしろ逆に負債抱えて状況悪化します。

    うまく行きかけている時期こそが、けっこう危ないんです。
    必ず返済をする意志があれば、今している仕事以外で収入を得なければいけない。

    自分の年収300万で90%以上の借金280万円だとしたら
    自力返済可能パーセントの60%にするとしても年収を450万にしなければいけない。
    残り150万は今の仕事でベースアップを図るのは難しい。

    ゆえに
    それ以外で収入を得なければいけない。
    週3の割合でバイトして3万の収入で150万は可能になる。
    もしくは転職で年収500万の仕事をみつけるというのもある。
    はたまた一攫千金を狙って一気に大金!可能性は少ないが無くはない。


    返済するには
    ”おまとめローン”に”プラスアルファ”の気持ちが必要なのである。

    収入を増やすということはそれだけ自分に投資をしなければいけない。

    借りたお金の一部で投資するのもひとつの方法です。

    資金使途が自由であれば、借りられるのがけっこうありますので、例えばアコムもそうですし

    アコムではおまとめローンとしての商品としても勧めているのも確かです。

    ある意味色んな要素を含んでいるというのも資金使途が自由というのが強みといえるかもしれません。

    最近はアコムも金利が低くなってきていますので、ある意味魅力的な商品となっているかと思います。

    ただすでにアコムで借りられている方が多いというのは、貸付残高をみてもわかるのでちょっと一度借りている方にとっては断られるパターンかもしれませんが、現段階で借りられている方はもしかすると、おまとめローンとして利用したいんだということを相談してみると、限度額を増額してくれて、おまとめローンとして組み替えてくれるかもしれませんので、借りている方にはメリットがもしかすると発生するかもしれませんので、是非相談してみる価値はありそうです。









    mizuhobankメガバンクの1行でもあるのがみずほ銀行カードローン

    限度額も1000万という基準にしており、大口融資にも使えて、あえておまとめローンにも対応した形になっています。

    金利も4.0%~14.0%と他行とひけをとらない低金利で、住信SBIと比べると見劣りしますが、みずほ銀行で住宅ローンを利用していた場合は、さらに金利下げになるので、みずほをよく利用している方であれば、有効に使えるローンといえます。すでに口座をお持ちであれば最短即日も可能ですので即日借りたいという方にとってはポテンシャルが高いです。

    審査が緩くて通りやすいのかとか即日借りたいといったことを考えますと、昔から取引のある銀行だったりすると、審査はすでに終了しているような状態といっても過言ではないので、新規で他の銀行に行くよりは、比較的通りやすいのです。

    よってみずほ銀行もそうですが、過去にリフォームローンや自動車ローン、住宅ローンを利用しているのであれば、過去に審査をしているわけですので、自分の情報は知っている事になりますので、新規で他のところで審査されるよりも有効といえます。

    おまとめローンとしても有効
    みずほ銀行カードローン

    本当にお金がないという時は、どう考えるかと思うとやはり、お金を借りて凌ぐしかありません。
    しかし、おまとめローンの審査に通らないとなると、一度、作戦を練るといいますか
    見直す必要が出てきます。

    まとめるとなると、現状での支払い方法をひとつにして、金利を現状から少しでも安く借りたいというもの

    通常ローンを組んでいるということは、その金融会社が自分を評価しているということになるので

    借り換えなどを検討する時は、割とスムーズに融資の方向へ進む。

    おまとめローンとなると、実際の自分の収入なども考慮され、この人は本当に返済できるチカラがあるのだろうか

    という部分まで見られてしまうんです。

    審査に通らないというのを一度経験していると、何がよくなかったのかおさらいしてみましょう。
    結果的に考えることは、自分の収入だったり勤めている会社がよくなかったとか・・・過去に返済を遅らせたことがあるとか・・

    1社の借り換えならスムーズですが、複数あると難航すると考えた方がいいでしょう。
    借り入れの申告はウソをつかないで、真面目に申告をした方がいいです。

    急いで、なんとかおまとめをしたいと思うかもしれませんが、ここはじっくりと待つしかありません

    1週間ぐらいは返事待ちの状態でいることを考えておいた方がよいです。

    よって逆算をすると、支払い日の多い週の前々週あたりには申しこみをしておいた方がベストです。

    おまとめローン審査が通りやすいという情報に流されず、申込の際には嘘の情報を記載しないことが審査のうえでの鉄則です。






    借金全てをひとつにしたい場合は、急いでいるなんてことはないですが

    どうしても1万円どうしても5万円があれば、と考えるときはありますよ

    そんなときはやはり、即日キャッシングでしょうか。

    最近ではすぐに審査結果を提示してくれるのもあって、

    たいていの場合午前中に申込をすると午後には借りれるというローンがある。

    前日の夜中に申し込んでしまえば余裕で次の日に1万円を借りることもできる。
    大変便利なシステムである。

    友達でさえ急にお金貸してと言っても、貸してはくれないし、どちらかというと信用がなくなる
    おまとめするのに急ぎで1万貸してほしいといわれても貸す人はいるのだろうか?

    とにかくおまとめローンを即日借りたいのであれば、ひとまず即日に対応しているところに申し込みのが一番てっとり早い。アコムは即日にも対応しているので、申し込み後審査に通ってから、おまとめを検討していると告げた方がいいと思います。

    とにかく申し込みの際には、利用限度額を一番下に下げることが鉄則です。最初から一番高い限度額にあげては審査にも通りにくい形を作ってしまうので、一番設定の低い金額にして、審査が通ってからおまとめローンとして利用したいので限度額を上げていきたいという旨を伝える方が効率的です。

    tokyostarbank
    新聞の一面に台湾の銀行大手・中国信託商業銀行に買収される動きがある東京スター銀行ですが、かつても何度か買収されている銀行でもあります。現時点では買収されています。

    買収されるということは、結局良い方向なのか悪い方向なのかと、利用されている消費者にとっては考えるところですが、買収されるということは、買いたい方がいるということなので、良い方向に動くと考える方がいいのかもしれません、逆に勤めている方にとっては、あまり良い話ではないのかもしれません。

    外国の銀行が邦銀を買収するかたちですので、何らかの経営改善をされると考えますので、経費を削減されるということも否めません。東京スター銀行のメイン商品ともいえるおまとめローンやあらたに開発されたのりかえローンも、もしかしたら見直される可能性も出てきます。

    もともとファンド系に買収されていたので、利益追求型であったかもしれませんが、おまとめローンのような多重債務におけるリスクを考えての商品ですが、さらに審査の対象のハードルを高くする方向転換を行なう可能性も出てきますので、東京スター銀行でおまとめローンを検討されている方は、頭の中にいれておいた方がよいでしょう。

    東京スター銀行おまとめローンの評判

    選ぶ段階においてどの商品がよいのか考えてしまうかもしれませんが

    選ぶ目安としては色々な方法がありますが

    好みで選んではいけません

    知名度 これはある程度必要です。知名度があるということは健全でもあります。

    積極的な姿勢が見える会社 これは重要です。

    では積極的にみえる会社というのはどういうものでしょうか?

    それはきちんと自社ホームページなどでアピールしているところです。


    おまとめ・借り換えに対応し、さらに新しく誕生したローンでもあるので顧客獲得の意味でも魅力のあるローンといえます。

    誰もが知っているスタープレイヤーを起用して、一層のイメージアッププラス・信頼感を前面に押し出している銀行でもあり、有名人から得られるユーザーのイメージは計り知れないものがあります。

    それだけに一層の力をいれた、ブランド展開をしている銀行ではないでしょうか。

    おまとめローンを選ぶ際には

    急いで選ぶよりは、3社ぐらいに絞ってから

    自分にあった会社をひとつ選ぶ方がいい。

    今は低金利な時代といっていいほど金利が低い。

    まずは借りたい額の金利を見比べてみてもいい。

    オリックス信託銀行からオリックス銀行へと名称をかえ

    信託銀行時代ではおまとめ専用ローンのバンクプレミアがありましたが、
    その培ったノウハウを受け継いだとさえいえる、カードローンが誕生しました。

    金利も申し分なしのパフォーマンスです。

    オリックス銀行を考えるというのもありです。

    しかも10月1日から希望融資額が300万以下であれば、所得証明書が不要という条件になりましたので

    300万以内での融資を希望している方には、よりスムーズな展開に進めるかたちになりました。

    おまとめの分野では先駆的でもあったバンクプレミアからの継承ですので期待できる商品です。

    オリックス銀行

    もともとはイーバンク銀行でしたが、楽天銀行に変わりました。

    ネット銀行なので、コンビニなどでお金を引き出したりしています。

    手数料がとられるので、そこのところがちょっと残念だったりします。

    おまとめローンとしての役割もあり、魅力てきな部分もあります。

    ただ保証会社が楽天カード株式会社ですので、以前に楽天カードのクレジットカードを作成しようと思って、申し込んでみたけどダメだったという方には、少々厳しいかもしれません。

    ただ金利がとても魅力的な商品でもありますので、申し込んでみてもいいかもしれません。こういったローン商品の評判はそれぞれ特徴がありますが、基本的には自分自身の属性が一番核心ともいえるところですので、あくまでも評判には左右されないで、考えてみる方がいいかもしれません。

    おまとめローンの申込はいつがいいでしょうか?

    カードローンの会社にもやはり暇があるので暇な時間帯です。

    会社で暇だと、申し込みがあると熱心にやってくれますよね

    それと同じです。

    ローン会社が暇な時間帯は、色々とシュミレーションをしてくれて

    どうすれば借り換え・おまとめをできるかどうかを調べてくれます。

    よって午前中は割りと前日の残りの作業などの仕事がありますので、一日のうちで比較的暇な時間帯12時〜17時の間に、おまとめローンを申込みする必要があります。

    1ヶ月単位でみた場合は、1日〜10日、25日〜月末は比較的お申込みが多く忙しいので、11日〜24日に申込するののもいい方法です

    しかし月末はどの企業でも数字目標がありますので、月によっては審査通過率が高いときもありますので、月末も狙い時です。

    総評として
    おまとめローンは、11日〜24日の12時〜17時に申込するのがベストです。月末も時によっては狙い時でオススメですが

    ずばり、今のご時世からすると金融各社は月初め・月末といった期間に関係なく申し込みがあるとうれしいはずです。

    CMで認知度が高い東京スター銀行は評判どおり店舗数も少なく融資も不可が多いのが現状です。



    審査に不安がある場合は

    モビット

    アコム

    プロミスの3社がもっとも良い条件になります。

    ホームページ上で自動審査で融資が可能か先にチェックをしてくれます。


    この3社で自分の融資されるかどうかが判断されます。


    この3社で融資されないとなりますと、それ以下の中堅クラスの
    会社になりますが、なかなか厳しいようです。



    記入のミスと嘘の記入はやめましょう


    特に借り入れ件数などは必ずバレますのでダメです。

    記入内容に間違いがあったり、嘘を記入していては

    ダメです

    消費者金融会社の確認で必ずバレてしまうので
    評価が悪くなります。

    嘘を書くのは絶対に辞めましょう。

     

    テレビのCMでも頻繁に放映されるようになり

    おまとめローンも認識されるようになりましたが
    必ず審査基準というものがあります。

    おまとめローン
    のサイトに記載しているように年収や返済を怠っているかなどが

    審査の基準、融資判断になっているようです。

    とりわけ モビット・アコムは会社員のみならず
    自営業・パート・派遣も融資の対象としているところがポイントです。

    審査基準も柔軟にしているというのもわかります。


    口コミ評価も高いので審査が不安な方、自分の属性に自信がない方は
    アコムをオススメいたします

    おまとめローンに特化したローンです。

    おまとめローンは融資額が大きいため、会社側も慎重に審査をする傾向にございます。

    平均的な総額は300万円以内の方が多いのが特徴です。

    人気の秘密はトータルバランスが優れており、300万以内で金利が低いという点

    と審査なども柔軟で迅速に対応してくれるのが特徴です

    全てにおいて金融業界の中でもトップクラスに入ります。

    資本が豊富ですのでお金の融資も問題ありません

    アルバイトや自営業の方もお申込いただけます。

    審査の最終結果が出る前に電話がきます。
    その際に、おまとめで一本化したいことを伝え、相談に乗ってもらいましょう。
    確率が高くなります。

    ※ 当日融資には、14:50までの振込手続完了が必要です。




    生きるというのはお金を使うということです。
    本当に必要な物、無くても困らない不要なものなどを選別して
    お金の使い方を見直しをしなければいけません。


    おまとめローンに申し込むにはコツがあります。

    まず審査が甘いという認識はまず持たないことが肝心です。


    あなたの年収は400万円以上でしょうか?

    それとも400万円以内でしょうか?

    まずココからが申し込みをする会社が変わってきます。


    また借り入れの総額が300万円以上でしょうか?

    それとも300万円以内でしょうか?


    融資率の高い申し込み法

    CMで東京スター銀行のおまとめローンが流されるようになってから

    ローンをまとめるということが認知されるようになりました。

    オリックス信託銀行は
    ご融資限度額100万円〜500万円

    金利10.0%〜14.5%

    BANKアシストは、複数の無担保ローンを一本にまとめてくれる、お借換専用ローン。

    返済管理をまとめることで簡易的になります

    毎月の返済額を軽減させることが可能になります。

    自営業の方は申し訳ございません、審査不可になります。


    CMの影響力もあって、申し込む方が多くなっている 東京スター銀行
    CMの効果は絶大なようです。

    それでは実際の審査通過率などの
    東京スター銀行の 口コミまとめを見てみましょう 詳細はこちら

    限度額300万円・金利9.8%〜18.0%・10秒で審査結果表示,
    新金利9.8%〜18.0%でパワーアップ!全国68,000台の提携ATMで出金・返済も可能。自営・パート・アルバイトもOK。
    信用情報センターにTERAネットを利用しているため、借入件数の融通がきく、銀行系の中でも「おまとめローン成功率」が抜群に良いと評判


    詳しくは

    おまとめローン
    細分化してフローチャート形式で説明しているので
    仕組みが、大変わかりやすくなっている。

    日本消費者金融協会の登録業者を名乗って
    悪徳金融詐欺業者がダイレクトメールで送る傾向があります。

    加盟しているJCFA会員リスト企業一覧

    あ行    
    (有)相原産業
    アコム(株)
    (株)アスモ
    アルタ(株)
    (株)イコー
    岩手商工(株)
    エイシン産業(株)
    (株)エイト
    SBIイコールクレジット(株)
    (株)エル・アンド・エム・ワールド
    ONGサービス(株)
    奥田商事(株)
    オリエンタル

    か行    
    かざかファイナンス(株)

    さ行
    (株)サミット
    サンクス(株)
    三洋信販(株)
    CFJ(株)
    シンキ(株)
    信用商事(株)
    (株)ステーションファイナンス
    センチュリーファイナンス(株)
    (株)セントラル


    た行
    (有)大黒屋
    (株)拓成
    (株)武富士
    (株)タマヤ


    な行
    日本債券(株)
    ネットカード(株)


    は行
    平野商事(株)
    フクホー(株)
    富士クレジット(株)
    フタバ(株)
    プロミス(株)


    ま行
    (株)マルカワ
    丸和商事(株)


    や行  
    螢罐縫丱鵐ス
    ユニワード(株)


    ら行
    楽天クレジット(株)





    最近は少なくなりましたが

    必ずリストで確認しましょう!

    もしくは
    念のために日本消費者金融協会
    に連絡し、最新情報を確認するのがベストです!

    アクスキャッシング

    http://ask.it-loan.net/
    ↑URL移転したようです。表示されません

    所在地:
    〒102-0072 
    東京都千代田区飯田橋2-5
    電話番号:
    03-5951-9876
    貸金業登録番号:
    関東財務局長(8)001842号
    都金協会員NO.1124号
    外各道府県貸金業協会会員
    都金協承認 NO.09621

    メルマガ広告を打っています。ご注意を。

    このページのトップヘ