アメリカ外食業界「チップは面倒くさいから廃止しよう」→大失敗
http://oryouri.2chblog.jp/archives/9834617.html

2014年前後からニューヨークやサンフランシスコなどの高級レストランでは、アメリカで長く根付いていた「チップ制」を廃止する動きが始まっていました。
その背景には様々な理由があります。

※ ※ ※ ※ ※

ところが、多くの店はこの「チップ制廃止」の結果を失敗と判断して、静かに従来のチップ制に戻りました。そこには2通りの原因がありました。

1つは、従来のチップ分を固定給に上乗せして、例えばNYの高級店などでは時給25ドル(2600円程度)までアップしたのだそうですが、公明正大に固定給にしてしまうと、連邦(国)の所得税源泉徴収がされ、州の所得税源泉徴収に、さらには社会保険料も引かねばならなくなった結果、従業員からは「手取りが減った」という不満が出たのだそうです。

レストラン業界、特にホールの現場というのはキャリアの谷間で生活のために働く人などが多く、「公明正大に納税義務を果たす」よりも「毎回の手取り額」が大事という働き方をする人が多いこともあり、結果的に「チップ制廃止店」では人材が集まらないということも起きました。
money_tip_restaurant
https://www.newsweekjapan.jp/reizei/2018/05/post-998.php

こちらもおすすめ

続きを読む
アメリカ外食業界「チップは面倒くさいから廃止しよう」→大失敗
http://oryouri.2chblog.jp/archives/9834617.html



soku
トップに戻る