エロビス氏の気ままにfunride

おもしろきこともなき世をおもしろく

近江の旅

IMG_0353

9月16日(日)曇り

先日、京都・滋賀に旅行に行ってきました。
ずっと雨の旅で残念でしたが、まぁまぁ楽しめました。

滋賀県。旧国名の近江国ですが、この前の北アルプスの時といい何度も行ったことはあるのですが、いつもスルーしてばかりで、ここをメインに旅をした事はありませんでした。
今回も大津市で宿泊したもののツアーだったので行きたいとこに行けませんでした。

義仲寺
 木曽義仲と松尾芭蕉の墓がある。

瀬田の唐橋 瀬田を制する者は天下を制する

坂本城跡
 明智光秀と運命を共にした名城

近江八幡市 古い町並みが残る

安土城跡
 言うに及ばず

彦根城  国宝


などなど。


歴史関係一色です(笑)


一緒に行く家族は苦痛かも知れません(^_^;)
そういえば、再来年の大河ドラマは明智光秀ですね。大津市周辺は光秀ゆかりの地ですので、大繁盛間違いなしです(^^)


今回の本能寺の変はどんな風に描かれるでしょうか?
今までの大河ドラマで描かれた本能寺の変では間違いなくNO1だと思う「秀吉」です。
渡信長かっこよしw
 

筑紫郡の消滅

最近、本業のネタは殆どありません。お察しください。


9月11日(火)晴れ

表題の件、いよいよ筑紫郡の消滅まで残り1ヶ月を切りました。平成の終わりを待たずして筑紫郡は消滅する訳です。そう、


那珂川市の誕生です(



元々、江戸時代に筑紫郡などは存在せず、御笠郡と那珂郡が明治になって統合され筑紫郡が誕生した訳です。その筑紫郡も120年を経て消滅する事になりました。
さて、町が市に昇格すると何が変わるんでしょうか?エロビス市は筑紫野市在住ですので何ら影響はないのですが、竹馬の友であるおくつよ君やtottoさんが那珂川在住なので気になる所です。
調べてみました。


1 市になれば地方分権における権限移譲の受け皿となれ、住民のニーズに答えやすくなる

2 町村会ではなく、より存在感のある市長会の一員となれる

3 「市」というイメージアップで企業や若者を呼び込みやすくなる

4 
市になれば福祉事務所が必置になり、町の時代には県が実施してくれていたものが、
  市になると自身でやらなくてはならない


5 市になっても税金は変わらない

6 三市町境界山が三市境界山に昇格する



ふ~ん、


良かったね( ´,_ゝ`)


エロビス氏に直接関わるのは6番くらいかなぁw
町から市に昇格しても、なんとも変化に乏しい気がしますが、政令指定都市に昇格すれば話は別です。
県から大幅に権限が委譲されます。ここまで来たら、もう政令指定都市を目指すしかないっしょ!
とりあえず次は人口50万人だなw


政令指定都市那珂川市。かっこいい響きじゃ(笑)
決してバカにしていません(●´ω`●)

経済的許容範囲

落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。


9月10日(月)曇り

北アルプス遠征から1ヶ月。残念ながら帰福して未だ一度も登山をしてません。まぁ、こんな時もあるでしょう。
さて、体調は未だ悪いものの次のターゲット「・三郡縦走」まであまり時間がありません。今エロビス氏が山登りの前準備として特に欲しているブツが二つあります。


シューズとレインウェアです。


シューズに関してはマインドベンダーが限界ヨロシクなので更新しなければなりません。
次に買うシューズは決まっているのですが、売っている店が遠方で行く暇がなく困っています。最悪、安っぽいランニングシューズでも買って代用しようかと思ってます。大丈夫、


あのHD氏はずっと怪しいランニングシューズで縦走してましたし(笑)



それよりもレインウェアです。先日の北アルプスで、さすがにポンチョはマズいと猛省しきり。なんだか大きなてるてる坊主にみたいだし、何よりも


走れません!( ´,_ゝ`)


そんな訳で、昨日小戸マリノアアウトレットにある庶民の味方モンベルに物色に行ったのですが、アウトレット商品のクセに普通に二万円近くもして、手も足も出ませんでした。高いと申しますか、

高杉晋作です(爆)

201008152204397ba


レインウェアなんて小洒落たネーミングだが、要は合羽だろ?
合羽に二万円なんてあり得ないぜ ※あくまで個人的な意見です

その優れた防水効果のお陰で山岳遭難に遭わずに済むかもと思えば安い買い物でしょ?なんてご指摘もあるかもですが、そういう問題ではない。
世の中のアイテムには相応の経済的許容範囲が存在するのだ。


例えば、グリップ力抜群で耐久性もありかつ軽量、フィット感も申し分なしという非の打ち所が無いトレランシューズがあるとしよう。誰もが欲しがるこのトレランシューズだが、ただ一つだけ弱点がある。価格が10万円もするのだ。

だれが買うだろう・・・
シューズに10万円なんて馬鹿げてる。たとえ宝くじが当選しても買わないだろう!!!


いや、宝くじが当たれば買ってもいいかも・・・(^_^;)


そういう訳で合羽に2万円なんてあり得ないのです。
高性能レインウェアに至っては4万円もするらしい。



常軌を逸しています(笑)
※あくまで個人的な意見です



エロビス氏は経済的許容範囲に関しては超敏感なのであります。ケチなのではない。
庶民の分際で、
nsx-r-3

NSXを購入してしまった人生の汚点を拭えないからだ(涙)


と言う訳で、登山のレインウェアなんて買えません。
だが大丈夫。そんな高級品などなくとも庶民の味方はいるものです。


ヒントはワークマンw

最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

エロビス

  • ライブドアブログ