エロビス氏の気ままにfunride

おもしろきこともなき世をおもしろく

T練再び

7月27日(水)晴れ

酷暑の最中、皆さん如何お過ごしですか?
最近、ほぼ毎日ジテツウしているエロビス氏です。
渋滞が関係ないので、車より早く会社に到着できるのはいいのですが、滝のように噴き出す汗に難儀しています。ウチの会社、シャワーがないので大変です(^_^;)

帰りは汚れても構わないので、ちょっと遠回りしたりと。
昨日は、空港周回に博多の森の登坂をミックスした空練プラスをしました。空港に向かう途中、マウンテンバイクが追いかけてきたので、自慢の界王拳で蹴散らしたのはここだけの話だ(笑)


で、今日は久しぶりのT練です。
T練とは、エロ邸近くにあるT坂団地の登坂路を一気に登る高負荷練です。
麓の幹線道路R31からピークにあるTの郷までのルートで、距離1,500m、高低差100m、平均勾配6.5%です。これを3周回以上します・・・って、だいたい3周回で力尽きる訳ですが・・・orz

ただダラダラと登っても意味がないので、3つの掟を課しています。

1 ・ 1回はフルシッティングで登ること(立ち漕ぎ禁止)
2 ・ 1回はフルダンシングで登ること(立ち漕ぎのみ)
3 ・ 界王拳1倍の負荷を終始維持すること


これが滅法きつい・・・ orz
でも、最近のラン練のイライラ感と比べれば、爽快で気持ちがいいのだ(*´Д`*)ハァハァ


もう少し・・・もう少しだ(>_<)


今日の一曲w

理不尽な相続税・固定資産税

7月25日(月)曇り時々雨

今日はちょっと真面目なお話。
ファイナンシャルプランナーであり宅建取引士でもあるエロビス氏ですから(笑)、何かと税法と絡む仕事をしております。
最近、税務相談等で日本国の税法とは、返す返すも理不尽極まりないなぁと思ってます。

税金とは、日本国民3大義務の一つ「納税の義務」に基づいているのですが、要は単なる国への寄付です(笑)
我々は、所得税・消費税をはじめ、何かと税金を納めているのですが、そんな血税が桝添のような政治家の豪遊に費やされている訳です。黙って税金を納め続けている国民も全くおめでたいものだなぁと思います、自分も含めてw

そんな税金の中でも、相続税・固定資産税は全く納得できない税金の二つでしょう。


相続税

相続税とは、亡くなった方の資産を相続した方が国へ治める税金です。例えば、

 3,000万円(基礎控除)+600万円×法定相続人の数

例:法定相続人が妻と子供2人の場合の基礎控除額
3,000万+600万×3人=4,800万円

上記の計算だと、総資産が4,800万円を超えた場合、超えた部分に対して相続税が発生します。
このように見ると控除額が大きいので、相続税の対象者は意外に少ないようです。人口の1割くらいの方々が対象だとか・・・

ただ、現金や預貯金はなくとも、不動産をある程度保有している方は要注意でしょう。
場所によっては、固定資産評価や路線価によって、あっという間に相続税の納税対象者になってしまいます。
しかも、その税額は数千万円~数億円に達する事も珍しくありません。

納税は原則現金ですから、不動産が主な資産の方は払えるハズもなく、結局土地を売却せざるを得ません。
それを軽減する為にマンション等を建設して不動産の評価を下げたり、借金を背負ったりしています。

転売目的で購入した土地ならともかく、先祖伝来の土地でも容赦しません。
福岡市のように評価の高い地域だと、毎年相応の固定資産税を払って行政に貢献しているのに、納税者が亡くなったら、それとこれとは話が別だ!とばかりに理不尽な相続税が課せられる訳です。

資産は3代で食い潰される・・・とは良く言ったもんです。


日本氏ね・・・誰かが言ってましたね(笑)


固定資産税

固定資産税とは、主に建物や土地を所有することによって課せられる税金です。
年に4期払います。お金があれば一気に払うことも可能です(笑)

高いお金を払って購入した土地や建物に対して、何故固定資産税が課せられるのか?
その理由は所有権にあります。所有権とは、その不動産を自分のものにできる権利のように捉えられがちですが、厳密には違います。厳密に言いますと、

国のモノであるその不動産を占有する権利

だということです。
つまり究極には、やはりその土地は、あなたのものではなく国のものなのです。
固定資産税の正体は、その不動産に対する国への賃料・・・と言えるかも知れません。

この所有権の正体が晒されることがあります。それが代執行法にある行政代執行なのです。
所有権を主張していた果樹園主が東日本道路工事に邪魔だという名目で、土地を差し押さえられたのは記憶に新しいところです。
如何に所有権を主張しても無駄です。真の所有者は国なのですから。


あぁ、なんか疲れてきたので、ここらへんで止めます(^_^;)
国はいいですね。税法の名目で何もしなくても大金が舞い込んでくるのですから。何に使ってるか知りませんが・・・。

超久しぶりのゴルフ

DSC04027

7月23日(土)晴れ

超久しぶりにゴルフしてきました。実に10年ぶりです(笑)
以前、営業で付き合いゴルフをしてたのですが、事務職に異動になってから止めてました。
今日は同じ職場の内輪ゴルフコンペとはいえ、空練などに興じてて練習も全くしてないので不安で仕方がありませんw

今日のゴルフは熊本県にある菊水CC。
8時30分に後輩が迎えに来るので準備してたのですが、10年ぶり(笑)に押入れから出したゴルフバックを見たエロビス氏は愕然としました。

・・・。
DSC04026

この朽ち果てた惨状・・・。まるで、


江戸時代の地層から出土した遺跡のようです orz


さすがにこれをゴルフ場に持っていくのは恥ずかしい。人として・・・
ゴルフをこよなく愛している支店長がゴルフバックを幾つか持っておられるとの事でしたので、一つ頂きました。本当に本当に有難うございます m(__)m

さて、お迎えがきて、支店長と後輩二人とエロビス氏の計4人で熊本に向かったのですが、後輩の一人がスマホゲームに興じています。なんでも昨今ブームになってる『ポケモンGO』を昨日ダウンロードして遊んでいる模様。もう3匹ゲットしていましたw

いろんなトコを歩いているとポケモンが現れるらしく、それを捕獲しながら全キャラクターをコンプリートするのが目的らしい。面倒くさそうなのでヤル気はないが、三郡縦走路をポケモンGOしながら縦走してみたい気もする。
レアなポケモンがゲットできそうだ。


南極白熊とか(笑)


菊水CCに到着してスタート間近に迫ってもスマホと睨めっこしている後輩にエロビス氏は言いました。
ポケモンをゲットしに来たわけではないのだが何か?(^_^;)

茹だるような暑さの中、スタートします。
ドライバーの調子が悪く、幾つかのコースで明後日の方向へボールが飛んで難儀するが、ウッドの調子が何故かよく挽回する。

池越えコースとかは大っ嫌い。でも、プレイング4は大好き(笑)
DSC04028

ウッドの調子がいいので、パー3のショートコースでも躊躇なくウッドを使う。
気分はプロゴルファー猿であろう(^^)/


ハーフを回って昼食をとって、14時の厳しい暑さの中、後半戦に突入する。
もう全然ヤル気が起きないのだけど、後輩の手前、格好悪いトコロは見せられない。

支店長のフォーム。80台で回る支店長は別格である。
トレランに例えるならば、別府クラスの猛者だろう(笑)
DSC04029

厳しい暑さの中、何とか頑張って、残り1ホールになった。
何となく調子も良くなってきてドライバーもまぁ、当たるようになってきた。綺麗に真っ直ぐボールが飛ぶと確かに気持ちがいい(笑)

今日は土曜日だったので、幾つもの組が回っていて、ややヘタイ前組の連中がドライバーの圏外に行くまで待つ。日陰に座って前組の連中を眺めながらエロビス氏は呟きます。


・・・こんなに暑い中、玉転がしに興じて、何が楽しいんだろう?


今日はエロビス氏なりに、何か掴みかけそうな感覚もあったのだが、それを反復する気概は全くない。
もうね。ゴルフに関しては向上心が全くない。楽しくないだろ、こんなクソ暑い中にゴルフなどと(笑)

だが、日本人における趣味の割合で言うならば、トレランや自転車よりもゴルフのほうが圧倒的に多数なのかも知れない。多数決国家の大日本帝国である。大勢の方々からは、


こんなクソ暑いのに、山や道路を走って何が楽しいのかね?この異端者ども(^^)/


と思われてるかも知れないな。まぁ、ごもっともなのだけど(^_^;)

今日のスコアは130程でした。
営業で無理やりさせられてた、全盛期の頃でも120だったので、10年してなかったわりには悪くなかった。
自転車もそうだけど、ブランクがあった割には、たいして昔と変わらない。これは伸びしろではなく、もうこの辺りのポジションに落ち着いてしまっているエロビス氏であろう(笑)

御一緒した皆さん、今日はお疲れさまでした。
後輩君。明日は3匹ゲットしな、ノルマだぜ(笑)




PS

実は、今日の一番の楽しみはゴルフじゃなくって、こっちでした。
熊本平山温泉にある、地鶏の三蔵。
DSC04032

ここで扱ってる地鶏のブランド『天草大王』が激しく美味しいとの由。

とりあえず乾杯!お疲れで~す!!(^^)/
DSC04030

地鶏って、なんとなく歯ごたえが固いイメージがあるのですが、ここの地鶏はとても柔らかい肉で、確かに今まで食べた地鶏の中ではNO1の秀逸な味でした(^.^)
DSC04031


是非、ご賞味ください♪
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ