エロビス氏の気ままにfunride

おもしろきこともなき世をおもしろく

コソ練の日々

しばらくブログを放置プレイしているうちに、アクセス数も激減してきました。
うん。コソ練ネタを書くには


よい頃合いだぜ( ´,_ゝ`)



6月24日(月)晴れ

エロビス氏。実は書きたくて書きたくて仕方がないネタをもう2年ほど暖めています。
だが今の状態ではまだ書けないので、早く書けるように2週間程前、超久しぶりに春日公園でランをしてきました。まともに走るのは約1年ぶりになります。

走り始めてすぐに右足に違和感を感じ始める。右足全体がガクガクしていて不安定なのだ。
騙し騙し半周ほど走り、もう止めようかと思っていると


ご無沙汰で~す!(^^)/


と、いきなり声をかけられる。またoh!さんか?(笑)と振り向くと、向上委員会員のリンダでした。
どうも~と一緒に少し走ると、今度はエヴァ氏が現れた。コマンド。

久しぶりの再会と3人で一緒に走り出したのですが、足の違和感が酷くてとても同じペースで走れないし、キツくて矯正しているフォームを意識している間もない。今のエロビス氏が二人にはどんな風に見えているだろう。きっと、
D6R82H8UIAEW4mF


のように見えているに違いない。


保護者の同伴が必要です!(爆)
意味f・・・


先に行ってて!と離れて早々に戦線離脱したのはここだけの話だw
それから二度と春日公園内で走る事はありませんでした。そう、


気づかれないように、外周を走ってる(笑)


職場から春日公園外周して戻ると8㎞くらい。今のエロビス氏にはお似合いだw
相変わらず違和感は禁じ得ないがブログを更新したと言う事は、少しマシになってきたのかも。
回復率36%

ちなみにこの前の土曜日は、これまた久しぶりにご近所の牛頸HD縦走をしてきました。
HD縦走とは、往路はトレイルを、復路は舗装道路を自走で帰宅するHD氏が提唱する高負荷練であります。牛頸HDは20㎞少しの距離になる。


ルートは天拝歴史公園~天拝山~鳥尾山~兎越え~大佐野山~黒金山~三市町山・・・


いつもの分岐でふと立ち止まる。牛頸山は目前だ。
DSC05788

このまま牛頸山までの往還が丁度いいくらいの距離感なのだが、知ってしまったのだから仕方がない。
世の中、知らないほうが幸せな事も多々あるものだ。
行くか行くまいか躊躇していると天の声が聞こえてきた。


ここで引き返すのは例えて言うならば、宝満登山において百段ガンギ手前で「いや時間がないから」とか「山頂までの補給用意してないから」と言い訳して下山しているのに等しい。


岳人として人として、それで委員会?(怒)


天の声には逆らえない、行くしかない。

三市町山~射撃場横~福岡中央霊園横~春日CC横~特撮撮影現場~観音山~自宅。

例の分岐から先はやはりアップダウンの連続だしルートは何カ所も別れていて分りにくい。
ここ初めてきて、いきなりすんなり進めるヤツとかいるんやろうか・・・などと思いながら何とか下山。もう下界は暑くて仕方がないので一瞬バスで帰ろうかと思ったのだけど、そんな暴挙に出たら天の声の主からキン肉バスターを喰らっても文句は言えないぞ(>_<)

仕方なく、相変わらずの違和感と戦いながら自宅まで走ったり歩いたりでした。


いろいろと思うことはある。

だが、こんな良い練習コースが至近距離にある事は幸せな事だと思いたい。





まだ少しかかりそうだ orz

癒やしの九重

DSC06044

神々しい最高峰・中岳


令和元年6月9日(日)曇り

ご無沙汰してます、エロビスです。令和最初の記事になります。
体調が万全になるまではブログを更新するまいと固く誓ってましたが、今日はたくさん目の保養ができたので更新します。

1年ぶりに九重に行ってきました。
昨年のUTMKで九重との死闘も終わったので、今日はリハビリがてらマッタリ登山してきました。お題は二つ。
一つは足のリハビリ。まぁ、原因不明なので猛烈に試行錯誤してます orz
二つは胃の管理です。以前、低血圧のエロビス氏には鉄分が不足ぎみでムカつきを発症していると仮説しました。その回答を試します。
DSC06091

ベム鉄!もっとベム鉄を!!


鉄分不足で連呼するエロビス氏に私は優しく諭したのでした。

注意書きにも書いてるが、鉄分の過剰摂取は肝機能に障害をもたらす。
それに、ベムじゃないヘムだ。ベムは、

妖怪人間じゃないか(>_<)
img_0_m

皆様、ご心配かけて申し訳ありません。エロビス氏はまだ諦めていません!
anzai




6月9日午前3時過ぎに長者原駐車場に到着。だが今日は既にこの時分で満車状態(牧ノ戸峠駐車場も満車だった)。一台分だけ空いていてセーフでした。
車内で少し仮眠して午前4時すぎに出撃しました。
DSC06029

九重の夜明け前は、この季節でも相当寒い。
軽装のエロビス氏はウインドブレーカーを羽織って黙々と登ります。ここからはいつも指山経由三俣山を目指すのですが、今日は諏蛾守越から中岳を目指します。
DSC06031

オレは逃げてるんじゃない、もうUTMKは終わったじゃないか・・・

なんだか複雑な気持ちで三俣山を横目に眺めながら諏蛾守越に到着。このあたりもミヤマキリシマがちらほらと。
DSC06033

北千里は少しトレランしてみました。まだ試行錯誤中ではあるが・・・(-_-)
DSC06034

北千里から尾根に至る。
DSC06035

好天と言ってたくせに、山々はガスで覆われ風も強くて滅法寒い(;´Д`)
まぁ、すぐに晴れてきたんだけどね(^_^;)
DSC06043

久住山撃破
DSC06037

車が多かった割には、久住山周辺に登山者は皆無だ。まだ時間が早いのもあるだろうけど、これは例の山の渋滞が心配だ・・・

久住山に小休憩するも風が冷たくて仕方がない。逃げるように次の獲物・天狗に向かいます。
DSC06039

少し下って何気に扇が鼻に目をやると、あちらも結構なピンク具合です(笑)
DSC06041

天狗に向かう縦走路。
エロビス氏が高山植物の花に癒されるのは年に1回、この日だけだw
DSC06042

天狗ヶ城撃破
DSC06047

中岳撃破
DSC06048

九州本土最高地点からの眺め(笑)
DSC06049

中岳のミヤマキリシマと白口岳(笑)
DSC06051

稲星山撃破
DSC06053

前々から思ってたのだけど、稲星山山頂はいつも強風が吹いている。
ここは砂地にも関わらず草木がないのは、この風のせいかも知れないな。

稲星山から次の白口岳に向かうのですが、途中、遠くにカメラマンらしき人が見える。
中岳側とは反対斜面。まだ行った事ない場所だったので恐る恐る行ってみたんですよ(笑)

雲海と大船・鳴子山
DSC06057

するとどうでしょう、今日一の華麗な景色が広がっているじゃありませんか(*´Д`*)
DSC06060
DSC06061

ただの禿山だと思っていたのに・・・稲星山、恐るべし
DSC06062
DSC06063

何度でも言う。

花ネタはこれが今年最初で最後だ!



三俣山も、あら綺麗だわ(笑)
DSC06067

白口岳撃破
DSC06068
DSC06069

今まで登り一辺倒だった白口岳の登山道を初めて下りました。
鉾峠
DSC06070

立中山撃破
DSC06071

立中山を撃破して、一度だけ通過したことのある大船山へのルートを辿ります。登山者皆無で道も何となく分かりにくく難儀しました。
途中で登山者が多いメインルートに合流.登山者30人抜きの華麗なヒルクライムを披露するエロビス氏でした。足の調子が悪いのに、この前の乙金山如きで満足していたエロビス氏なのに・・・彼は上機嫌です。


まぁ、なんだ・・・


よかったね( ´,_ゝ`)


段原
DSC06073

なんだか作業員たちが建物らしきモノを造っている、山小屋だろうか?

大船山撃破
DSC06074

大勢の登山者たちで写真を撮る間もない。
大船山はいつ来ても人気だなぁ。

北大船山撃破
DSC06075
DSC06076
DSC06078

大船山の尾根をしばらく進み下山、本命の平治岳登山口の大戸越に至ります。

大戸越
DSC06079

・・・?

なんだか思いのほか、花が確認できない。本命である平治岳なのに。
他の登山者の話を盗み聞きするに、もう散ってしまってるらしい。そう、すでに満開の時期を逸したのだ。

意気消沈するご一行様だが、エロビス氏はそれほどでもない。
花はなくとも、ここには山ガールという名の「」が随所に確認できる。


華のほうが好きかも(*´Д`*)ハァハァ


どこまでもブレないエロビス氏ではあります。
花は散っても山頂に至りたいのが登山者の悲しい性です。この時期恒例の平治詣が始まります。まぁ、これが全然進まんのよね~(^_^;)
DSC06080

下界を見渡せば、平治祭りも絶賛開催中です!w
DSC06081

下界では確認できなかったが、上のほうまで登ればキレイじゃないか(´∀`)
DSC06082
DSC06087
DSC06084

平治岳撃破

DSC06085

UTMKでは至って地味な平治岳だが、この季節の主役は君だ(笑)
平治岳を下山して雨ヶ池越ルートで長者原に戻りました。このルートも初めて通ったけど、今まで想像していた距離感の3倍は長く感じた。こんなに長いんだね(;´Д`)
DSC06088

こんなに長いんだったら本ルートの三俣山経由のほうが良かったのでは?とも一瞬思ったけど、滅多な事は言うもんじゃない。今回、かの山をスルーして確信した。


三俣山と黒岳は別格


とねorz
この二つの山が無かったせいか、ベム鉄のお陰か、胃は至って快調だったのです(笑)
長い雨ヶ池越ルートを進み長者原に到着しました。
DSC06089

数日前に降雨があったのか、道中、酷いぬかるみ状態の登山道の連続で、シューズは泥だらけでした。
長者原でキレイに洗って、さぁ温泉!と勇んでいると、後ろから「あなたが噂のエロい人ですか?」と唐突に呼びかけられる。
DSC06090

誰?と思って訪ねると、りゅーちゃんと友人、oh!と申しますとの由。
りゅーちゃんの友人にロクな奴はいない。これはエロビス氏の揺るぎない信念です(笑)

なんで自分が分かったんだろうと思って尋ねたんですよ!彼曰く


エロいオーラを全身に纏っていましたから!



だと。さては平治岳の華の妄想を引きずっていたのか!?Σ(゚д゚;)と慌てふためくエロビス氏でしたが、冗談でした。私が来ていたUTMSシャツを見て確信したそうです(笑)

彼はりゅーちゃんの友達ではありますが、いい方でした。ロクな奴でしたw
oh!さん。今日は声をかけてくださって有難うございました。私が復帰したら是非遊んでくださいね!(^^)!


それにしても、誰に見られてるか分からんなぁ。自重せねば(;´・ω・)

乙金山

IMG_0437

まどかパークより乙金山


4月21日(日)晴れ

今日、家族サービスの合間に少し時間が取れましたので、前々から気になってた乙金山を落としてきました。
乙金山は四王寺山の横にあり福岡市近郊からよく目立つ低山なのですが、まだ行く機会がありませんでした。以前からだいたいルートは確認していましたので、登山口がある大野城御陵という墓地まで車で向かいましたが、登山よりも、この大野城御陵に至る舗装路の激坂ぶりに感銘を受けました。こんな近くにこんな激坂があったなんて・・・(T_T)
IMG_0425

自転車現役の頃なら是非とも攻略すべき坂ですが、今となっては是非に及ばず。
大野城御陵の駐車場に駐車させてもらい、まだ続く舗装道路を歩いて登ります。
IMG_0426

しばらく登ると舗装路の終点脇に登山道を確認。
IMG_0427
IMG_0428

登山道は極めて明瞭でテープも随所に貼ってあり、まず迷わないです。
IMG_0429

登山道はほぼ直登でそこそこ勾配もキツめですが、まぁ低山ですし可愛いもんです(^_^;)
とあるピーク
IMG_0430

道が左右に分岐している。
いつも肝心な箇所に道標がない。大丈夫慣れてるから・・・

木々の間から見える山の稜線から何となく左側が正解のように思えたので進んでみたら正解だった。


乙金山撃破
IMG_0432

天拝山とほぼ同程度の標高の乙金山(乙金山のほうが5m高い(^_^;))
空港にも近く眺望が利けば良い眺めだろうが深い木々で何も見えない(-_-)

山頂へは少なくとも3つのルートが確認できたので、今回とは別のルートもあるんだろう。
まぁ、


あまり興味はない(笑)


さすがに乙金山に登っても悶々とした気持ちは晴れないエロビス氏ではありました。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

エロビス

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ