エロビス氏の気ままにfunride

おもしろきこともなき世をおもしろく

エンジェル降臨?

DSC04532

4月23日(日)晴れ

今日は澄み渡る青空でした。こんな日は山登りに限ります(笑)
最近、牛頸縦走に回帰しているエロビス氏です。

AM6時30分に出撃。天拝山に登る前に武蔵寺に寄り道をばと・・・
DSC04522

九州最古の寺として知られる武蔵寺に寿命1,000年とも言われる藤棚があるので確認しました。
DSC04523


・・・。


微妙~(^_^;)


まだ早すぎるみたいです。
ちなみに今まで見てきた藤棚で最も素晴らしいかったのは八女黒木町にある藤棚。あれは凄かった(笑)
DSC00515

さて天拝山に登り始める訳ですが、100m程前方をランナーが走りながら登ってる。
ロックオンすると追いかけずにはいられないエロビス氏ですから(笑)、走りながら追いかける訳です。
ただし、途中で見失ってしまいました。足が不調じゃなければ!と言い訳してみるw

天拝山撃破
DSC04524

天拝山から縦走していると前方に如何にもトレイルランナーと思えし御仁を見つけ再びロックオン(笑)
裏天拝山の急階段で捕捉したのですが道を譲られ「どうぞ」と言われる。
どこまで行くのか聞いてみると午前中一杯で九千部山ピストンとの事。
午前中で天拝~九千部ピストンは無理ではないが正直厳しい。


民間人として、それは厳しいですぜ旦那!


と牛頸縦走に誘ってみる。相変わらず図々しいエロビス氏ではあります(笑)
牛頸山は初めてなので一緒したいと言うOさんと久しぶりのペア縦走。あっ、久しぶりでもないか(^_^;)

今日もマッタリ歩きの予定だったのだが、トレランしてるOさんを先導するのだから、こちらも走らないといけない。
エロビス氏よりも少し年長のOさんはメタボ対策で数年前から始めたランの練習でトレランしているらしい。HDさんと一緒だ。
DSC04525

今年、霧島EXトレイルに参戦予定のOさん。これはそこそこ強度のかかる練習が必要だ。
と思いながら先導してエロビス氏は酷い違和感を感じていました。


・・・?


なんか違う、この感じ・・・


あれ程苦しんでいたランの不調、2年も悩み続けていたハズのランの不調だったのに何故か今日は軽快に走れてる気がする。新緑の中に続く縦走路を気持ちよく走れてる自分に違和感を感じながらもエロビス氏は確かに感じたのでした。


気持ちいいかも(*´Д`*)ハァハァ
DSC04526

別に特段何も変わっていないハズなのに。
もしかしたら、この軽快な走りはOさんの存在によるものではなかろうか?そう、


OH! MY ANGEL?


この人、もしかしたらエンジェルじゃなかろうか?男だけど(^_^;)

黒金山撃破

DSC04527


しかし、この好調な走りがエンジェル降臨のお陰とするならば、この走りは今日限定ということになる orz
その後も雑談を交わしながら縦走路を流していきました。
DSC04529

三市町山を撃破して、またしてもOさんの出自をあれこれ聞くエロビス氏。
あまり人の出自をあれこれ聞かない方が良い。会ったばかりで不快に思う人もいるだろうw

とはいえ、Oさんが小郡市在住と聞きましたから、同じ小郡市在住のりゅーちゃん知ってます?と聞いてみた。
UTMS-Wの覇者だから地元では有名人かと思いきや全然知らないとの仰せ。


・・・そうですか、知りませんか(゚∀゚)アヒャヒャ


知らない方がいい(爆)



世の中、知らない方がいいこともたくさんあるw

三市町山から牛頸山はそこそこのアップダウンはあるが、ランのみで進みました。

牛頸山撃破

DSC04530

眺望が全く効かない牛頸縦走路で唯一開放的な牛頸山頂の眺めにいたく感動してくれました。
お誘いして良かったです(笑)

ここからの夜景が見たいとの仰せだったので、今度は夜戦で来ようということになりました。
男二人で眺める夜景には若干の抵抗感もありますが、


エンジェルの願いは叶える必要があります!(^^)/



復路は下り基調なので気持ちよくトレランを楽しむ二人。
いや~いい縦走路ですね~と喜んでくれるOさんを見ながらエロビス氏は呟きます。


こちらの世界までもう少しw

DSC04533


Oさん、今日はお付き合い頂き有り難うございました。
久しぶりのペア縦走楽しかったです(笑)


また天拝山にお越しの際は声かけて下さいね(^^)
DSC04531

好機!春風作戦

DSC02260

私的には本家のUTMFよりキツいと思うんですよね。
ー UTMKについて WUGA氏 -

スタートした時から私の中でDNFへのカウントダウンが始まってます。
ー UTMKについて ふむむ氏 -

私は九重が嫌いになりそうです。
ー UTMKについて エヴァ氏 -

誰ですかね?あんな馬鹿げたルート考えたの?
ー UTMKについて りゅーちゃん -

マヨネーズパン10個で勝負だ!
ー UTMKについて ホイチ氏 -

悪いのは天候であってルートではない
ー UTMKについて エロビス氏 -

なんて表現したらいいんでしょう?何も言えなくて夏・・・って感じでしょうか?
ー UTMKについて フランク氏 -



よろしい・・・


総力戦に備えよ(笑)


4月17日(月)雨

今年もGWが近づいてきました。GWと言えば萩往還!ツール・ド・国東!
・・・違う、GWといえばUTMKの季節ですよ(^.^)
日中が長く、草の丈も控えめ、気候も温暖な5月こそ勝負の季節です。

今回、足の不調で周りに迷惑をかけたくない趣旨からソロでの挑戦を決意しました。
ソロでの挑戦で一つ問題があります。今までスタートは地蔵原駐車場、ゴールは牧ノ戸峠としていましたが、車が一台しかないので自走でスタート地点まで戻らなくてはなりません。牧ノ戸峠から地蔵原駐車場までは舗装道路を伝うと10㎞もの長丁場で、ヘロヘロのエロビス氏ではとてもゴールできそうもありません。
そこで別ルートを編み出し、ゴールを地蔵原駐車場とします。

これまで攻略すべき山は全山29座だったのですが、この変更に伴い晴れて30座になりました。
この新ルートをUTMKもしくはUTMK30と呼ぶことにします

背振縦走のように一方向へ進む縦走と違って、四王寺山(笑)や祖母傾、そして九重のようにグルグル回る縦走コースならばゴール地点はスタート地点とすべきです。もっとも、どんな立派な計画を立てても完走ならずんば、ただの絵に描いた餅だったりする orz
ちなみに、


難易度は更に上がる事になりました (;^ω^)


今回はこれまで経験の反省も込めて、特に胃痛対策を強く意識した縦走を試みます。
縦走の破綻は足よりも胃から先にやってくる・・・

・ なるべく追い込まない。ペースは遅め
・ ドライマウス対策として常に飴を舐め続ける
・ ヘパリーゼとガスター10に全てを託す(笑)
・ 食事はこまめに
・ 必要以上に水を飲まない



UTMK30ルート

※山の難易度をランク付けしてます
(S:極悪 A:無慈悲 B:手強い C:普通 D:うん、まぁ・・・)


スタート : 地蔵原駐車場

1 : 涌蓋山(A)

2 : 女岳(D)

3 : みそこぶし山(C)

4 : 一目山(C)

九重スキー場

5 : 猟師山(B)

6 : 合頭山(C)

牧ノ戸峠

7 : 黒岩山(C)

8 : 上泉水山(C)

9 : 下泉水山(D)

長者原

10 : 指山(B)

11 : 三俣山(嫌い) (A)

坊ガツル

12 : 平治岳(B)

奥ゼリ

風穴

13 : 天狗岩(C)

14 : 高塚山(A)

15 : 前岳(メインデッシュ) (S

16 : 北大船山(C)

17 : 大船山(ホントに辛い区間) (A)

18 : 立中山(B)

19 : 白口岳(もう少し) (A)

20 : 鳴子山(B)

21 : 稲星山(C)

22 : 中岳(最高峰) (B)

23 : 天狗ヶ城(C)

24 : 久住山(主峰) (B)

25 : 星生山(近くて遠い山) (C) ※ 未登頂

26 : 扇ヶ鼻(C) ※ 未登頂

27 : 岩井川岳(B) ※ 未登頂

28 : 沓掛山(C)

牧ノ戸峠

29 : 大崩の辻(B)

30 : おむすび山(かわいい) (D) ※ 未登頂

ゴール : 地蔵原駐車場



※ 入山規制の硫黄山・肥前ヶ城は除く



エロビス氏の感覚では、先日開催された真・三郡縦走の5倍はキツいUTMK30。
正直、かなり厳しいです(-_-)

四王寺ヤレン

DSC04516

PCを更新し、サクサク感の半端なさに感動しています(T_T)


4月15日(土)曇り時々雨

今日は仕事で、明日は地元の寄り合いと何かと忙しい日々を過ごしております。
そこで、昨日は九爆のさっちーと久しぶりに四王寺ヤレンをしました。

さっちーも足の故障で最近悶々としているとの由で、平和な縦走となりました(笑)
PM8時30分に焼米ヶ原駐車場に集合。四王寺山を時計回りに一周します。縦走を始めてすぐでした。こんな時分なのに向こう側から一つの光が近づいてくる。
さては我々のような変態さんトレイルランナーかと思いきや、スーツ姿の中年男性がハンドライト片手に歩いてきた。

挨拶もせずすれ違ったのですが、その違和感からふと振り返ると我々の後を追いかけてくる!('д` ;)
蜘蛛の子を散らすように逃げた事は言うまでもありません。
なんだったんだ?自殺願望者か?と驚く二人。


まさかここ四王寺山で、犬鳴峠を凌ぐ恐怖体験をしようとは夢にも思いませんでした。。。


さて、気を取り直して縦走を続けます。
DSC04515

夜の四王寺山は、あちこち仏像等があるのもあって、決して気持ち良いものではない。むしろ気持ち悪いくらいなのだが、連れがいると全然快適だったりする。やっぱヤレンは二人以上でするに限るなぁとしみじみ。
まして相方が女性ともなれば、もう


(*´Д`*)ハァハァ


である(^_^;)

毘沙門堂
DSC04517

大城山頂脇にある毘沙門堂。
丑三つ時に来ると、お堂の中に火が点った蝋燭が1本あるそうだ。都市伝説だろうが本当だろうか?


大城山撃破

DSC04518

お互い足が故障中なので、トレランなんかできないし、登坂中すら余りのマッタリ登りで息が上がるどころか寒いくらい(^^;)

漆黒の縦走路で語られるのは、専ら近況報告や愚痴りあいと何の建設的な話でもない(笑)
崇高なトレーニングと見せかけた、

ただの傷の舐め合い(笑)


大原山撃破
DSC04519

まぁ、楽しいので別に良いのだけどw

大原山を過ぎて縦走一周も終わりという所で、月が上がってきたので写真に収めようと見晴らしの良い高台に登ると若いカップルがいて、もろにライトの光を当ててしまいました。ごめんなさい(^_^;)

写真を収めてその場を立ち去る。
さっきは邪魔したよね~と、さっちーに笑いながら話す(笑)


若いって良いなぁ。君たち、愛を語るより口づけをかわそう!(*´Д`*)


さっちー、昨日は有り難うございました。
練習会というよりはハプニングの連続でしたが、また遊んでください(^^)/
DSC04521
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ