TOP > 初心者 > かぎ針の基本

かぎ針の基本

かぎ針の基本はまずは針の持ち方と糸のかけ方が基礎となります。初心者の方は毛糸が太い方がわかりやすくいいかもしれません。かぎ針編みには長編み、細編み、レース編み、ゴム編みなどいろいろな編み方があります。しかし、基本をマスターしてしまえばあとはかぎ針を使ってモチーフやシュシュはもちろん編めますし、クローバーや帽子やコサージュ、マフラー、花、花モチーフ、ストール、バッグ、コースター、ボレロ、ニット帽、ベスト、おくるみ、ヘアゴム、ケース、手袋、ショールも作れます。最近ではかぎ針あみの教室や通販、ブログも増えてますので初心者の人や編み記号がよくわからない人、本を見ても編み図がわからないという人にもお勧めです。通販では毛糸とセットで売られていたり、キット販売もあるようで、まずは基本・基礎の作り方をマスターしたい人にもいいですよ。かぎ針の編み目を工夫して自分だけのマフラーやお花、小物を作って編物の達人になってみよう!!