2005年06月

2005年06月29日

アクエリオン13話感想

 前回、んぅっと現れて、アポロを思う様、ビビらせた頭翅、やっぱり喜んでる!?自分への拒否の感情というムチを悦びに変換か・・・・・・高レベルのマゾです☆
 そのままアクエリオンを・・・・・・というより、アポロを抱いて空へと翔け上がってゆきます。
 続きを読む

2005年06月25日

ガンダムSEED DESTINY 36話雑感

 前回、初お披露目となった新型2機を前に、得意満面にその凄さを語る議長。彼はMSマニアなのか、くれよんシンちゃんにも解り易く、説明してくれます。しかもなんか胡散臭いセールスマンのように、オススメしてきます。議長のヨイショとディスティニーのチョーすごい性能(寝返り)を聞いて、5歳児のように無邪気に喜ぶシン、なんかとっても幸せそうで、ステラのことを忘れたのかと思えるほどです☆
 
  
続きを読む

2005年06月24日

ハチミツとクローバー10話感想

 真冬に水上バスに挑戦!という、まるで罰ゲームのようなイベントに「広い場所」が見たくなったからということで、行くいつものメンバー(修ちゃん先生除く)は、当然のことながら、ムチャクチャ寒がってます(爆)「ばーちゃんが、いなかから、相撲観に出てきた時、コレ乗って面白かったっていってたからさぁ・・・・・・でもゴメンッあれ春だった」こういう、なんか妙にマニアックで妙なトコロで無計画なのが、真山らしくていいです♪
  続きを読む

2005年06月23日

エマ12話感想

 朝焼けの霧深く立ち込める、ロンドンの街を名残惜しそうに眺めるエマを、手紙を読んだアルが、訪ねてきます。
 ウィリアムにエマの過去を話したのは余計なことだったのかもしれない、怖気づかせてしまったかもしれないと、後悔を除かせるアル。しかし、あのエマの過去は彼女を求め欲するのなら、どうしても知っておかねばならないことだったと思います。本当はエマの口から、語った方が良かったのかもしれませんが、彼女はそうと承知はしていてもやはり言い難かったこともあったでしょうし、これから判れようという時でもあったので、すでに彼女本人から言うのは、時期を逸していたとも言えます。
 そんなアルに、エマは穏かに微笑み「自惚れと言われるかもしれませんが、わたしには、そうは思えないんです」と言い切ります、あっという間に息切れして根性のない姿を晒したウィリアムに今尚寄せる信頼・・・・・・本物です。例え結ばれることがなくとも、彼女のウィリアムへの想いは消え去ることはないのかもしれません。

続きを読む

2005年06月22日

アクエリオン12話感想

 水底に沈むナゾの遺跡に遺された、琥珀に護られた一枚の羽。しかも一万二千年前というありえない短期間で、形成されたものです。インド人もビックリ、ジェロームもビックリの一品です☆
 リーナが『創世の書』を読み上げるとジェロームも納得、ジェロームは、ソフィアよりもリーナの方が大好きのようです(爆)見た目通りの歳ではないとはいえ、キケン思想の持ち主という疑いが急浮上!♪
 おGENさんもこの羽を前にして珍しく、純粋に真面目っぽい発言「一万二千年のその想い、しかと受け止めねばならん!」今回でやっと話が進みそうです。長かったなぁ(笑)続きを読む

2005年06月18日

ガンダムSEED DESTINY 35話雑感

 前回、見事に破壊されたフリーダム,アスランはそれを見て、身も世もない慌てふためきようです。キラと大天使のことはしきりに言いますが、カガリのことは一言も言わないあたり相当、混乱しているようです。・・・・・・そういうことにしときます(笑)
 散々テロ活動をしてきて自分自身でその行動を否定し、非難した大天使組の行動を擁護するような発言までして、一応は大殊勲のシンの嫌味もあってさらに取り乱します。
 キラはシンを殺そうとしてなかった!とか言ってますが、思いっきりコクピットをぶった斬りにいったから、シンは分離回避したんじゃないでしょうか?殺る気満々でしたよ!?(笑)
 続きを読む

2005年06月16日

エマ 11話感想

 前回、自分とウィリアムを隔てる身分の壁の前に、逃げるように去り、アルのもとを訪ねたエマ。
 やはり彼にも別れを告げ、故郷へ帰ると告げます。そんなエマに彼はケリーの最期の願いを伝えます、エマとウィリアムが結ばれることを願っていたと、何よりもエマに幸せになって欲しいと。
 そしてアルはケリーから、エマのことを頼まれたにも、関わらず自分の力ではままならぬ歯痒さからか、ポツリと漏らします「ケリーが生きてりゃあなぁ・・・・・・」
 『ケリーが生きていれば』これはアルのみならず、エマ、ウィリアムそしておそらく大半の視聴者が思っていることでしょう。しかし彼女は、命の火を残さず燃やし、神の御許に召され、安らかな眠りへとついたのです。その眠りを妨げることは何人たりとも罷りなりません。
 彼女の眠りをさらに穏かなものにせんとするのは、生前の彼女に受を恩け、後に残された者の務めであろうと思います、兎に角エマには自分の幸せを第一に考えて生きて欲しい、わたしはそう思います。
 続きを読む

2005年06月15日

アクエリオン 11話感想

 最初の合体以来、昏睡状態のグレン・・・・・麗華は目覚めない、戦友をガラス越しに見舞いますが、急激に心拍が低下38にまで落ちてしまいます。これも麗華の不幸のせいなのか・・・・・・ウッカリ見舞いにも行けません(爆)
続きを読む

2005年06月14日

しおんの王 レビュー

e9e028f9.jpg 主人公の安岡紫音は11歳の女の子。7年前に何者かに両親を目の前で惨殺されショックで言葉を失います。惨劇と化した部屋に残されたのは、なぜかただ一人生き残った幼い紫音と、整然と並べられた盤面でした─。
 その後、紫音は隣家の安岡夫妻に引き取られ、プロ棋士の養父・安岡信二のもと、将棋の道へと進んでゆきます。まるで運命に導かれるように、まるでこれしか生きる道がないかのように。
 そして7年後、斉藤歩、二階堂沙織、紫音─三人は、引かれ合う様に出会いそれぞれの目的を胸に秘め、盤面に己の全てをぶつけ勝負をし、競い合い高めあっていきます。そして将棋にそれぞれが求め見るものは─
 続きを読む

2005年06月11日

ガンダムSEED DESTINY 34話雑感

 それにしてもつくづくカンタンに出来てる世界です。議長がゲリラ放送でぶっちゃけただけで、民衆もプラント議会の面々も、『議長バンザイ!!』(爆)議長が電波ジャックに使用したとわたしが、勝手に決めた巨大電波放射器(33話の雑感参照)には洗脳の機能でもあるんでしょうか?(笑)議長は、この演説の成果にご満悦のご様子。

 

 続きを読む