2007年06月

2007年06月30日

精霊の守り人 13話「人でなく、虎でなく」感想

精霊の守り人 2〈初回限定版〉

人は何事かに執着しすぎると、獣になると言う。中国では古くから人が虎に変ずる話が伝わっており『太平広記』『古今説海』『唐人説薈』(今、日本語で読めるもので入手可能なのは、『唐人説薈』のみ。『唐代伝奇』として出版されています)などにそれを見る事が出来ます。

にほんブログ村 アニメブログへ獣は心の内に生じ身を奪う

続きを読む

sola 13話「ソラ」感想(終)

sola colorII(初回限定版)

蒼乃の物語は、二人によって終り、二人によって始る・・・。

二人が居なくなった後、自分が人間として生きていく意味。二人の想いを理解するまで、一年間、彼女はどれほど苦しんだのでしょうか・・・。

にほんブログ村 アニメブログへスベテガツナガルソラ

続きを読む

怪物王女  12話「消耗王女」感想

怪物王女 4 (4)

シャーウッド&フランシスカはいつもの事として、今回はコッソリと令裡のヒロ大好きっぷりが随所に出ていましたな!

街で見かければ、嬉しそうに声を掛けようとして、ミイラどもにボコられてる姿を見ては『ヒロ・・・』と心配そうにする姿に、何時の間にか、どんどんとヒロにのめり込む令裡の心が垣間見えましたぞ!

にほんブログ村 アニメブログへ今回のふふんは、『SIREN』

続きを読む

2007年06月29日

Darker than BLACK -黒の契約者- 13話「銀色の夜、心は水面に揺れることなく・・・(前編)」

【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1

お待ちかねの銀メインのエピソード、折り返し地点で満を持して登場!EDにもバッチリまっちしてますぞ!

セリフが一言も無い事も珍しくなく、三週連続で出番が無かったり、EDと予告が働き場所と言われ、その予告ですら奪われる事があり本当にヒロインなのですか!と問い詰めたくなる程、不遇だった銀・・・。

しかし、これからは違う!このメインエピソードを皮切りに大活躍してくれるはず!

取り合えず今回はメインと言う事で今までの分全部足したよりも多いセリフ量に、黒に心配されたり、身を挺して助けられたりとヒロインとしてもバッチリでありますぞ!

にほんブログ村 アニメブログへ月よ、汝は我の心を映す鏡

続きを読む

大江戸ロケット 13話「あんたらこいつらどう思う」感想

大江戸ロケット

赤井の巧みな立ち回りもあって、他の黒衣衆から疑いの目を向けられる銀次郎。銀次郎の苦労性っぷりがすぱーく!

行き倒れ、癪の連発に疑いもせずに、介抱する長屋の住人達の人の良さには感動でありますよ!

天鳳に一目惚れして、『今はこれが精一杯』とルパンネタで堂々と潜入(?)しか腕の男らしさがある意味光ってましたぞ!

それにしても眼は占い師の仕事道具を抱えたまま脚と互角のスピードで走りながらヒソヒソ話とは、なんたる目立ちたがり屋☆

銀次郎は、ロケットの事を打ち明け、本当に隠したいソラの事はバラさぜになんとか潜り抜けますが、黒衣衆の奴らもナイスガイ揃い!

『彼らの生甲斐なら、それを奪う事は出来ない』

自分達も黒衣衆という役目があってこそ、生甲斐を得られているだけに、それぞれ異能の者として、辛い思いをしてやっと生甲斐を得たという身の上だけに『生甲斐』の大切さを知っているんでありますな・・・。

しかし、眼はまだ何か隠してると睨んでいる様子ですし、何よりも青い獣を通じて、白い獣─ソラ─の存在やロケットの事がバレて大ピンチ!

折り返し地点節目を迎えて、それぞれ別々に動いてた部分が、一点に向けていよいよ物語が収束して来て、今後の展開が非常に楽しみであります。

天才・駿平と異才・源蔵により、ジャイロの開発も間近でロケットも基本形がいよいよ完成に近づいてきましたが、危機も間近に迫りつつあり、緊張感が高まってきましたぞ!

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2007年06月28日

キスダム -ENGAGE planet- 13話「明暗ーアイシュウー」感想

キスダム コックピットアーマー Tシャツ Lグレー : サイズ M

由乃&七生いよいよ登場!てっきり、死にたがりの樹が先に出てくるものとばかり思ってましたが、これはちょっと予想外。

竜宮城とやらへ向ったサラディン号を無かった事の様に完全スルーする辺りは、さすがキスダムですが、七生が由乃を略奪したような感じになってるのは、多分沢山の人が予想してた通りでありましょうか☆

にほんブログ村 アニメブログへヴァルダ、『失格』大連発☆

続きを読む

2007年06月27日

アイドルマスター XENOGLOSSIA 13話「501号室」 感想改訂版

アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)

真・・・。もう、あずさが許せない気持ちで一杯でありますよ。彼女が真に対して愛情を抱いていないわけではない、むしろ大切に思ってる事はわかります。

しかし、彼女はどういう事情でかはともかく、ああなる事が判ってて、突き放した・・・と言うよりは、突き落とした。

彼女を道具のように利用したと言ってもいいでしょう。守るべき少女の心を取り返しがつかない程に傷付け、しかもそれを利用した。真を裏切ったのです。怒りを感じずにはおれません。

にほんブログ村 アニメブログへ真、哀しみの果て

続きを読む

ウエルベールの物語 13話「血戦の章」感想(終)

ウエルベールの物語 vol.1 (特装版)

ヤマなしイミなしオチなし。最終回だと言うのに、全く盛り上がりませんでしたな。リタとティナなんてほぼ何もしてません。・・・ああ、主人公のガラハド助けたのは良い仕事であいたな。

しかしどこまで薄い話なんでありましょうか。

幾らゲルニアがイカレぽんちな事言っても、大半は前回と言ってる事は変わりませんし『あっそう、だから?』としか思えませんでした。何回も同じ事、繰り返して言わなくても結構です。マザコン。

一応停戦した事を知らずに、今更間抜けヅラをぶら下げて、グリーデンに着いたくらいでありましょうか。なんか抱き合って泣いてましたが、どうでもいいです。

リタ救出の一番手柄はガラハド、ゲルニアを肉を斬らせて骨を断って倒したのも、ガラハド。さすが主人公大活躍でありましたぞ!

それにしてもティーカップを持ったまま、棒立ちで、『待て、リタ姫はわたしと結婚するのだぞ』とか言ってる、ゲルニアの間抜けな姿には笑うしかありませんな☆

しかし一番のツッコミどころは、停戦を聞いて『良かったですな!父上』とかいけしゃあしゃあと抜かしてるアホ兄でありましょうか。宣戦布告しに行ったも同然のアホがどのツラ下げて行ってるんでありましょうね。

コイツの頭の中では、『わたしが大戦艦を破壊したから停戦する気になったのだ』とかそういうことになってるに違いありません。

まぁ停戦の間に力を回復して今度は問答無用で戦争でありましょうか。問題が先延ばしされた上、さらに深刻になっただけで何も解決してない、おめでたい最終回。

スッカリ忘れられてる死神蜂の男ですが、第二部に持ち越しと言う事でありましょう。まぁもう見ないのでどうでもいいですが。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

英國戀物語エマ 第二幕 11話「光陰」感想

英國戀物語エマ 第二幕 1

最終回を前にしてナゾの超展開が炸裂。キャンベル子爵の報復により、ジョーンズ家が風前の灯火になったり、メルダーズ家のタウンハウスが燃えたりと、あと一話しかないのにどうするつもりなのか。ここに来て目まぐるしいというか、忙しない展開にぽかーんでありますよ。

ジョーンズ家の苦難にウィリアムは頑張ってますが、元々こやつの所為ですし、今までが今までなので、ちっとも応援する気になれないどころか、もっと苦しめ・・・☆と思ってしまいますな。

それに苦労はしてますが、社交界の評判が地に堕ちているヤツが250万ポンドも掻き集められるのが疑問でなりませんな。詐欺師扱いされて酷い目に遭いそうなものでありますが。

第二期では、同僚に話しかけられても無視したり、何を言われても、聞かれても『すいません』で、ウィリアムの事も好きなのかどうかも、11話までサッパリだった、陰鬱なエマさん。

正直、よくあんな態度で、皆あんなに良くしてくれるのかナゾですが、ターシャはとってもいい個!『幸せってうつるんだよ』っていい事言うでありますな!

そしてナネットぐっじょぶ!追いかけようとするアホどもを見事、目で制しましたぞ!二人とも良い娘ですからきっと幸せになれるに違いありません☆

色々起こりすぎてカオスな、第二幕。最終回はDVDとかはのーさんきゅーですぞ!

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

ヒロイック・エイジ 12話「破滅の炬火」感想

ヒロイック・エイジ I

全宇宙で最もバカな兄弟のバカぶりは、ノドスの力の恐ろしさの比ではありませんぞ!まさか木星にイオのような大質量を叩き込むとは・・・。

バカ2号自慢のデータベースにはどんな夢物語が記載されてるかのか知りませんが、8.94×10の22乗 kgもの大質量を落したら、どんな大惨事になるのか、計算するまでもありません。

アニキ!良いこと思いついたぜ!→よしやろう!という短慮っぷりは、もはや笑うしかありません。せめてシミュレート計算くらいして被害予想くらい出すべき。まぁ出してたらとてもやる気にはなれないでしょうがな。

にほんブログ村 アニメブログへディアネイラ決意の時

続きを読む