2007年07月

2007年07月31日

アイドルマスターXENOGLOSSIA 18話「夜」感想

アイドルマスター XENOGLOSSIA (2)

前回で完全に迷いを断ち切った雪歩が大暴れ!・・・悪い意味で。もう、人質に取られた亜美を思う春香と伊織の気持ちを利用して騙すのなんて平気のへの字でありますよ。

朔にスパイだとバレてるのに、のこのこやってくる雪歩の大胆さもスゴイですが、正体を掴んでおいて、なんら手を打っていない朔の無能っぷりにはもはや笑うしかありませんな。

にほんブログ村 アニメブログへ全面戦争

続きを読む

怪物王女 16話 「継承王女」 感想

怪物王女 vol. 1 9巻収納デジパック付き 【初回生産限定】

レズでしかも人妻好きという、今まで見た事も無いような、コアなシュミの持ち主・アロン(鮫族)登場!そして時間の都合でワンパン退場☆

話は相変わらずぐっだぐだも良い所ですが、笑いどころは最近は満載なので、わたし的にはOK。もう出てこないと思ってたんですが、ポセイどん達も出てきて、なんか楽しい回でした。

なんか横断幕まで用意して歓迎してくれる魚人どもが愛らしくてなりません☆

もう巨大魚人のドMっぷりとキモさ、そして魚人建築の名古屋っぷりには笑うしかありませんな(笑)

『出してるギョ〜、えいっえいっ♥』はリザじゃなくてもキレますな☆

確か名古屋の遊覧船で、あんなようなモノを見た事があるんですが、さすが名古屋だな、としか言い様の無いスゴさでありましたよ。

鳥羽湾にも竜宮城やらいせじという、はいセンスなヤツがありますし、志摩では、それをウ泡回るミキ真珠の船に驚かされますが、名古屋のヤツは、それをさらに上回るスゴさを感じたでありますよ・・・。

そして魚人建築は姫のお気に召さなかったようで、物凄い目つきと怒りのオーラの前に、ポセイどんもビビりまくり☆

シュールな海産デザインな家具に、ヘンな置物(ポセイどん作)湿度80%の部屋と来ては仕方ありませんがな!

それにしても、ヒロにサンドバッグいじょうにの練習相手になれとは、りザも酷な事いいますな☆そしてサンドバッグには、砂は入っていないヒミツ。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2007年07月30日

天元突破グレンラガン 18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」感想

天元突破グレンラガン 3

政治とか色々、地べたから鎖に繋がれてるみたいで、一、二部のようには、なかなか突き抜け切らないグレンラガンですが、テンポの良さは相変わらず。

妙に引っ張らないで、アンチスパイラルの攻めて来た理由とかを、生体コンピュータとして蘇生されたロージェノムと、シモンの前に姿を現した黒ニアの口からこの世界の謎をさっさと語らせて、ロシウだけでなく、シモン達、そして市民までもが知ってしまったのはないす。

ロシウ一人がヒミツを握って暗躍するような展開は、スッキリしないし、三部でカラーを変えるにしてもらしくないような気もします。何より整理がつくので話もテンポ良くやれますしな!

にほんブログ村 アニメブログへ戦いの果てに・・・

続きを読む

コードギアス─反逆のルルーシュ─ 24話「崩落のステージ」&25話「ゼロ」感想

コードギアス 反逆のルルーシュ volume08

『世界の王になる男だ!』とか吹いても、ルルーシュはどこまで行っても、ルルーシュ・・・ということでありましょうか。優勢に戦局を推移させていた戦いを放り出して、ナナリー救出に神根島へ!

にほんブログ村 アニメブログへ黒き魔王と白き魔女の運命は未だ定まらず

続きを読む

2007年07月29日

地球へ・・・ 17話「永遠と陽炎」感想

地球へ・・・Vol.8 【完全生産限定版】

ブルー未来を見て、永久の眠りに就く。ナスカ編は中盤、ややダレ気味だったので、不安感も大きかったのですが、思ってたよりは綺麗に纏ってて、感動・・・というよりは、一安心と言った所。これは原作ファンである弊害でありますな(笑)

ブルーからジョミーへ、長としての教え、意志を伝えるのに、ブルーが言葉よりも、行動で示した事、そしてナスカの子ども達を上手く使ったな、という印象。

にほんブログ村 アニメブログへ青き炎、燃え尽きるとも、種火となり受け継がれる・・・

続きを読む

精霊の守り人 17話「水車燃ゆ」感想

精霊の守り人 2〈初回限定版〉

トーヤは頑張った!行く先を隠すために、地図を燃やすのは当然として、水車を燃やして戻ってくるかもしれない、バルサに急を報せる機転はカナリのものでありますよ・・・。

自分がマークされて、チャグムとバルサの事を悔やんでいましたが、幾らなんでも相手が悪すぎるので、それは仕方の無い事でありますよ。

バルサも言っていましたが、感謝し詫びる事はあっても、恨む筋はない。この勇気には、一生の恩を捧げても惜しくはありません。文字通り命を賭け、これ以上なく尽くしてくれたトーヤの勇気に感動しました。

シュガは、バルサに恩賞だの言っていましたが、それならば、居所が判った時点で堂々と迎えにいけば良いだけの事。狩人らにあのような真似をさせる必要がありません。

彼女の今までチャグムを守り通した功を認めるのならば、それ相応の礼を以て報いるべきであり、居場所を探るまでは仕方ないとして、それ以降の行動は余りに礼を欠くといわざる得ません。

バルサもシュガを信用せずに、チャグムの『死の運命』についても、これからの行く先についても一切喋らず、代わりにちょいとお見舞いして遁走。

バルサとて、このまま宮に任せても大丈夫だと思えば、身を引いたでしょうが、彼女の立場からすれば、あらゆる意味で信用ができませんので、当然の事でありますな。

シュガは誠実でありますし、好きですが、政略が絡むとなると、わたしだって、はいそうですかと信じはしませんからな!

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2007年07月28日

バッカーノ! 1話「副社長は自身が主役である可能性について語らない」(新)

バッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chains (電撃文庫 な 9-22)

ムシウタほど、酷くもないけど、ちょっと入り込み難い印象。副社長とキャロルの、理解からわざと遠ざけるような、会話は気にならないのですが、Bパートの導入的な部分で、時間軸がバラバラに展開されて、でどのシーンが最も古い出来事なのかも判り辛いし、視点も頻繁に切り替わるので、理解しようとするだけで、ちょっと疲れる。

導入部なんだけども、キャラが多い上に、紹介の仕方もオサレ方面に偏り過ぎてる上、『これ』というポイントを提示してないので、覚え難いんじゃないでしょうか。さらにそこに組織の関係が絡んでくるので、ちょっと纏めるのに苦労する。

取り合えず、不死者が中心らしいので、誰がいつどのように、不死者になるのかそこら辺が出てくれば、整理されてくるでしょうか。

全員出てきてから、俯瞰して見るのか、誰かを中心にして追うのか、見方を決めようと思います。

多分、誰を追いかければ安心というのは、無いと思うので俯瞰して見ることになりそう。特定の主人公が存在しない群像劇という印象を植え付ける事だけは成功してると思う。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2007年07月27日

Darker than BLACK -黒の契約者- 17話「掃きだめでラブソングを歌う・・・(前編)」感想

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Vol.2

今回は初期に戻ったような、フツーの任務な話。しかし!今回、黒にホレるのは女子ではなく、兄貴分の一橋に憧れるチンピラの健児。

バカゆえにお調子物で、バカゆえに身の程を弁えず、バカゆえに『カッコ良さ』にばかり憧れて、バカゆえに純粋で気のいい、どこにでもいそうで、居ない純粋培養の良くも悪くもバカ一色の健児。

一度懐けば、つい昨晩会ったばかりの黒にもしっぽふりふりヘイ!ってなもんですよ。『李さん、李さん』とべったりで、これでは基本的に優しい黒が放っておけるわけはありませんな!

にほんブログ村 アニメブログへ人形の瞳は何も映さない

続きを読む

2007年07月26日

大江戸ロケット 17話「黎明の殺し節」」感想

ロケット再点火!清吉を庇う為に、あんな危険を冒したのに、ソラをすぐ信じなかった時はどうしてくれようと思いましたが、今度こそ正真正銘のロケットを作る目的を見出し、ソラ救出を決意!

勿論、長屋の皆も協力体制!

それもこれも、銀次郎のお陰なんでありますよな・・・。悪役を演じてまで、清吉を奮起させたのは、きっとソラの為。ソラが清吉を好きだから、清吉に助けに生かせる為にやったことなんでありましょうな・・・。

そうでなかったら、あんなことしてないで、さっさと自分が行動してるはず。好きな女の事を一番に考える・・・本当にイイオトコでありますよ。

2話3話と続いたら辛かったですが、テンポ良く進めてくれたお陰で次回がワクワクでありますよ!

しかしこんな回でもやっぱりギャグを入れるのが、大江戸ロケット☆水野は、出番は少ないものの、出る度にいい味出してくれますなぁ(笑)

ソラの笑顔が見れるとは思ってなかったので、水野ぐっじょぶ!と言いたいでありますよ。黒衣衆は長屋住人相手で、本気が出せなかったと思うのですけど、対する住人は、おぬいちゃんとか、『必殺シリーズ』の暗殺ワザをさり気に繰り出したりと、容赦なし(爆)

牢破りに成功しても、重罪で追捕の手がさらに厳しくなるのは必至ですし、それをどう乗り越えるのか。

吹っ切って行動起した清吉の男っぷりに期待したいでありますな☆

ソラを取り戻して、また一から月を目指してGO!GO!GO!失った物を全部獲り返せ、清吉☆

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2007年07月25日

アイドルマスターの動画を見てみた☆

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 04 菊地真

原作ゲームの名残が欠片も無い、というのはちょっと聞いたりしただけで判ってたのですが、折角XENOGLOSSIAを見ているのだから、元がどんなものか少し見てみようとここ一週間、毎日5個ずつくらいアイドルマスターの動画を見てるんですが、一通り見てみて思ったのは、みんな、歌が上手い!

とくに亜美・真美の下田麻美さんとあずさのたかはし智秋さんの歌の上手さには、失礼ながらビックリしましたぞ☆

真の平田宏美さんも上手い。この三人が歌唱力ではトップ3でしょうか。

他の皆さんも、それぞれ得手不得手があるものの、基本的にかなりレベルが高くて驚きました。

そしてもう一つ驚いたのは、表情の多さと振り付けの多彩さ、そして動きの良さ!可愛い衣装も凄く多くて、これは沢山の人がハマるのも頷けるなと納得でありますよ。

さらに驚いたのは、そんなファン・・・というよりプロデューサーとここは呼ぶべきでしょうか、そのプロデューサーの方々の愛情の深さゆえか、映像として非常にレベルの高い動画が多いということ。

ゲームの多彩な素材を生かして、さらに編集・合成・エフェクト入れたりまでして、凄い事になってて、驚きっぱなしでありますよ。

原曲に合せて作ってる動画も多いのですが、合せ方がどれも秀逸で、歌ってる声が別の人でもピッタリ合うものが多くて凄いでありますよ。

まだまだ40くらいと爪の垢ほどの数しかチェックしてませんが、アタリが目白押し!見てて飽きませんし、色々見たくなってしまうのでその日によって数を制限しないとずっと見続けてしまいそうになります(笑)

そんな中でお気に入りのやつを二つ程紹介!今は、真を中心に見てるので二つとも真です☆





たまにはこんな記事も良かろうと思いつつ、これからもちょくちょく見ていってユカイアイマス動画を発見したいところ!☆

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。