2007年12月

2007年12月24日

機動戦士ガンダム00 12話「教義の果てに」感想

機動戦士ガンダム00 2

アザディスタン、クルジス、ユニオンの関係は現代社会を下敷きにしていると思われる所為か、アブナイネタがてんこ盛りの00の中でもびっぐばんなヤツでありますよ。

にほんブログ村 アニメブログへ毅然となさい、マリナ・イスマイール!

続きを読む

2007年12月21日

灼眼のシャナ供12話「清秋祭始まる」感想

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

フィレスは今回も最後にワンシーンのみの登場。しかも超空気読んでない登場で、青春の思い出に土足で乱入!

その空気読めなさで、文化祭だけでなく、仇の情報が聞けるとワクワクしてるヴィルヘルミナと一世一代の告白をぶちかまそうとしたシャナの必死の特攻すらもフイにする恐るべき策略。

ヨーハンと二人で居た時は、周りにお構いなく、いちゃいちゃべたべたちゅーちゅーしまくっていたに違いありません。

それにしてもヴィルヘルミナさんは、相棒のティアマトーとだけ相談して、マージョリーに言うと決めて良いのかと、悠二やシャナはまぁ、冷静な判断が出来ないにしろ、当事者である彼らの意志を確かめるべきですし、アラストールの考えを聞きたいところ。

相変わらずうーるに見えて、慌てん坊さんというか、視野がきゅきゅ〜〜っと絞られすぎでありますよ。ビビアン・リー。

しかし、吉田は敗北宣言してシャナを油断させておきながら、影でコッソリと抜け駆けを謀るとは、なかなかの策士・・・!(カッ)

吉田のああいう、マージョリーなぞ目ではない酩酊状態な恥ずかしいセリフ回しが、あまり好きになれない理由の一つでありますな。わたし的敵認定済。

女子にあそこまで言わせて、受け入れるにしろ拒否するのしろ、はっきりと自分の意志を伝えない悠二はもはや撲殺決定。フィレスに解体されれば良いのであります。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2007年12月16日

機動戦士ガンダム00 11話「アレルヤ」感想

機動戦士ガンダム00 2

スメラギさんは、どういう経緯でCBに参加し、何を思ってその目的の実現に努力しているのか解りませんが、指揮官をやるよりも、やはり、学校の先生とかフツウに結婚してお母さんになったりとかの方が向いてそうでありますよ。

周囲に対して、あんな風に優しく接する人に、果たして、もしもの時に『死ね』と命令できるのでありましょうか。指揮官はそれをせねばなりません。

にほんブログ村 アニメブログへつい先ほど、グリニッジ標準時で20歳になったんです

続きを読む

2007年12月15日

灼眼のシャナ供11話「約束の二人」感想

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

やっとPC復活。フリーソフトの開発者の皆様方には心からお礼を言いたい気分で一杯でありますよ。それにしても、おのれゲイツめ・・・☆

そして、復活へのの戦いに疲れ果てた後見たシャナですが、相変わらず話が進んでませんな・・・(笑)

まぁ最後にようやく、ウワサのC.C.三世・フィレスが出てきたので、次回からはちょっと進みそうなやかん。

ヨーハンはなんかもうすっかり死んだ事にされてますが、そんなアッサリ決め付けてもいいのかと言いたいところ。戒禁についても推測の域を出ないのに、妙に自信満々なヴィルヘルミナさんはどうかと思いますな!

近衛さん本格始動は一体何時なのか、吉田事実上の敗北宣言で、その存在がびっぐなものになりそうなやかん。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2007年12月09日

機動戦士ガンダム00 10話「ガンダム鹵獲作戦」感想

機動戦士ガンダム00 (1)

緊張感溢れる前回から、緊張感のカケラもない今回のアバンへの繋ぎは、何を意図したものなのか☆
スペインの荒牛・ハレヴィ母娘が角を光らせ、粉塵舞わせる闘牛場に突然放り込まれた、ヘッポコまたどーる沙慈はこのまま、男の意地を見せる事無く、尻を突付かれて逃げ去るしかないのか!

ここでさらに絹江も居たら、ハレヴィ母娘を向うに回して、凄まじいバトルを繰り広げそうで楽しそうですが、沙慈がガクブルしてるだけではイマイチでありますな☆

にほんブログ村 アニメブログへそう、ナドレを使ってしまったのね。ティエリア・・・

続きを読む

2007年12月07日

灼眼のシャナ供10話「帰ってきた男」感想

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

やっと出てきた悠二のパパ上・貫太郎。息子も、ある意味並の人間を超越したの神経の持ち主ですが、子が子なら親も親と言うべきか、パパ上も相当なモノ・・・☆

しかし千草さんが、選んだ人なので、悠二よりは遙かにマシなのでありましょう。異国の花々などには目もくれず、故国で待つ妻を只管に愛しているに違いありません。

とりあえず悠二のように、ウッカリ半殺しにしたくなるほど、殴りたくはなりませんな。

息子のGFだからという理由だけで、わざわざ護衛するほどのふぇみにすとでありますからな。無節操に優しさを振りまいて、無自覚にモテモテでもおかしくはありません。

やんぐ千草さんも、そこら辺でさぞかしイライラしたのではないでしょうか。しかしアレですな、シャナが認めるほどの巧みに尾行をするとは、一体如何なるアヤシゲな職業だというのか。

帰国早々、待ち焦がれた旦那様がお縄にならなくて、千草さん的にもほっと胸をなでおろしたに違いありませんぞ!☆

そんなパパ上の声は、藤原啓治さん。一時大原さんとの共演が多かったのですが(ハチクロ、ノエイン等)、最近はそんなに無かったので久々!ということになるでしょうか。

しかし今回はベルペオルが出てませんでしたし、同じ回に出るということはないかも知れないのが、残念なところ。


そんな一見平和な中で、徐々に悠二の日常は、確実に終りを迎えているやかん!

三代目C.C.さんこと、悠二の中の人の恋人(零時迷子・ヨーハン)のフィレスがついに登場しそうでありますよ。それにしてもヴィルヘルミナは、紅世の王に恋したり、友達だったりとフレイムへイズの割には、あちらの方々と関係が深いでありますな(笑)

まぁフレイムへイズという存在自体、紅世の王の依代ですし、あちらの方々にも色々いるので、さほどフシギではないのかもしれません。

しかし初代のC.C.さんから二代目のアンバーと緑の髪で琥珀色の瞳の美少女が三人続くと次の番組でも四人目を期待したくなるでありますよ。


そしてナゾの転校生・近衛さんの手に光るブレスレットは、ヘカテーさんも付けてるモノ!あの執事はシュドナイなやかん。

悠二の中の人、銀の方はバルマスケにとっても超重要なようでありますな。ヨーハンもトーチですから、銀の光を出さない事は確定。ということは悠二の中身は、もっと別の者も居るということですし。

ということはへカテーさん達、トリニティの主か、それに関る事と考えて間違いは無いはず。

マージョリーも物凄い大物を復讐の相手にしてしまってるようでありますな。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

機動戦士ガンダム00 マリナ皇女殿下のお言葉 9

マリナ5-2



この記事は機動戦士ガンダム00第9話を元にした(?)番外編です。

にほんブログ村 アニメブログへ太陽光発電は未来の光

続きを読む

2007年12月01日

機動戦士ガンダム00 9話「大国の威信」感想改訂版5

機動戦士ガンダム00 (1)


ロシアの荒熊・セルゲイ・スミルノフの知略が、プトレマイオスとガンダム達を絡め取る!

今回は前回のアレっぷりを一気に取り戻すオモシロさ!やっと見たかったものが見れた気分☆

静止衛星軌道上にプトレマイオスが居たのは、エクシアとデュナメス収容の為でしょう。中佐達が結構近くに居たのは、また人革連のエレベータを使用したからだと推察されます。

にほんブログ村 アニメブログへ生き残る!全員、生き残るの・・!


続きを読む