2006年11月02日

武装錬金 5話「守るべき人のために」感想4

二人同時の攻撃をもすら防ぐ鷲尾。このまま戦っていても、勝利が望めないと知るや、カズキの武装錬金を利用して、態勢を立て直すべく一旦、離脱。それにしても、目くらましの割に、壮絶な自然破壊っぷりでありますな(笑)

離脱に成功した二人は、ちょっと一息。今は、まだまだ錬金の戦士として、未熟ですが、それ以前にやっぱりカズキは男の子!幾ら斗貴子さんが優れた戦士といっても、今はホムンクルスに蝕まれた身。

それに痛みを堪えてる姿を見ていますし、心配で堪らないのでしょう。斗貴子さんに対して実力差を敢えて無視して、無理をしないよう、ハッキリと一言☆

それをスナオに受け入れた斗貴子さんも、思わぬカズキの毅然とした物言いに、頼もしさを感じると同時にちょっぴり胸きゅんだったに違いありませんぞ☆

              ランキング
カズキだ、ここに女カズキがいる・・・


しかし、流石は百戦錬磨の戦士。先程の苦戦を強いられた戦いの中にあっても、冷静な分析を怠らないとは・・・やりますな☆

そして作戦も定まり、あちらが見つけたか、こちらが誘ったか、再び干戈を交えし時来る!

作戦通りに、勢い良く雄叫びを上げつつ、鷲尾へと、一直線に飛矢の如き勢いで突撃。

そして斗貴子さんも、間髪入れず、一撃を与える為、カズキの武装錬金が発する、輝きに突貫!その最中、カズキが発する光に包まれながら、それに『太陽』を感じます。それにしてもこの光は、まるでカズキの心を具現化したようにも見えるでありますな。

しかし鷲尾とて、伊達に最高傑作と呼ばれているワケではありません。カズキの突撃が発する風の中に、僅かな違和感を感知し、二人の作戦を察知!

猛烈な勢いで鷲尾に迫りながらも、作戦を読まれた事を悟ったカズキは、斗貴子さんに警告を発し、足を止めようとしますが、ここは騎虎の勢いでゆくべし、と斗貴子さんは『止まるな!カズキ!!』と言うや否や、カズキの肩に手を掛け、上空から急襲『臓物をブチ撒けろ!!』と気合を込めた乾坤一擲の攻撃で見事、鉄壁の鷲尾の守りを破り、額を刺し貫きますが、斗貴子さんも爪で胸部を裂かれ、大ダメージ。

しかし尚も斗貴子の戦意は衰えず、残る闘志の全てをカズキへの号令に込め『今だ、貫け!!』と、攻撃を受けた斗貴子に意識を奪われ、動きを止めたカズキの背中を蹴り飛ばす叱咤で、カズキの停滞した闘志を呼び覚まし、さらに鷲尾にもう一閃。威力抜群の一撃は、鷲尾の左腕を丸ごと粉々に粉砕!

手の内を読まれ、斗貴子の咄嗟の機転で切り替えて、見事、鷲尾は倒れたものの、斗貴子さんがあれほどの無茶をしたのは、もうすでに侵食がかなり進行し、戦う力と時が僅かにしか残ってなかった所為。

しかし、その決死の攻撃にも関わらず、鷲尾を斃すには及ばず、かなりの損傷を追いながらも、鷲尾の目の光はまだ確かな輝きを保ち、蝶野への災いの芽を完全に摘み取るべく、斗貴子さんの尽きぬ執念をその命ごと消し去る決意を固めます。

斗貴子さんも動かぬ身体に、力を再び入れようとしますが、カズキがそれを制し『斗貴子さんは休んでて、ここから先は、オレ一人で戦うから!こいつを倒して、パピヨンを捕えて、21番目の本体を壊して、解毒剤を手に入れる!』と、斗貴子さんを守る為、自身が壁となり、鷲尾を阻む覚悟。

その不退転の意思は、鷲尾の爪に貫かれても、斗貴子がどれほど命令しようともはや揺らぐ事など、ありえません。

圧倒的な実力差に苦戦を強いられるカズキ。しかし敵手たる鷲尾ももはや、カズキを後回しにしてよい相手とは見ておらず『力強い息吹を感じる』と認めるに至ります。

苦戦するカズキを見ては、斗貴子さんも堪らず、自分も戦おうとしますが、カズキは、再びそれを鋭く制し、その意思の鋭さは、さしもの斗貴子さんもハッとし、残された武器に伸ばしかけた手をビクリと震わせ、留めてしまう程。

今までにも増して、強い裂帛の意思を持って立ち向かってくるカズキに、『あの女子はそれほど重要か?』と問う鷲尾。

それに対し『斗貴子さんは、オレの命の恩人、一度死んだオレに新しい命をくれたんだ。今その人の命がかかっているんだ、負けて堪るか!!』というカズキの答えを聞くと鷲尾は『自分と同じか』と言い、かつてホムンクルスとなる前は、大鷲で、ある日、いつものように悠々と空を飛んでいたら突然撃ち落され、あわや死に掛けたところを蝶野に救って貰ったと語ります。

それにしてもあんなに、イイ顔で『喜べ、蘇らせてやる』とか言われて恩義に感じるとは奇特なヤツでありますな(笑)なんか大鷲時代を語ってる時も、ヘンにナルっぽいし、一番マトモに見えても、やはり蝶野の部下という事でありましょうか☆

野生に生きていた鷲尾にとって、蝶野の生への渇求は至極当然の事。そしてカズキにも、これ以上邪魔をしないなら、見逃してやると言いますが、カズキの答えは『でも、俺が逃げれば、代わりに死に捕まる人がいる。退いてたまるか!負けてたまるか!斗貴子さんを死なせてたまるか!』というより強く堅い決意!

その決意の何よりの現れは、槍にくまなく巻かれた飾り布。槍に直接巻きつける事により、突進力と破壊力を遥かに高める事が出来る代わりに、自身にもどれほどのダメージがくるかわかりません。まさに決死、二無しの、最後の一撃。

『お前の言う通り、死ぬのは恐い。オレは一度死んだから解るし、蝶野も死に直面してるから解ると思う、だけどオレも蝶野も人間なんだ!だから、死んでもやっちゃいけない事と、死んでもやらなきゃいけない事があるんだ!』鷲尾が野生の論理で蝶野を認めるのならば、カズキは人間として否定!

エネルギー全開の一撃に込められた死んでも貫き通す意志は、鷲尾の鉄壁の防御を貫く閃光となり、この難敵を今度こそ粉砕!!鷲尾は塵となり風に舞いながらも、蝶野の事を最期まで案じる鷲尾。カズキの言葉に安堵し、宙に溶け天に還ってゆきます。

安らぎの中、逝った鷲尾に手を合わせるカズキを見やり、その驚くべき錬金の戦士としての成長と自らに迫った死を感じ覚悟を決める斗貴子さん。

斗貴子さんは、先を急ごうとするカズキを止め、武装錬金の力でボロボロになった体を治癒し休息をしてから下山をする事に。

蝶野の居場所も実家しかないと言い、自分はここに残って、後は全てカズキに任せると言う斗貴子さん。しかしそれを聞いて、カズキは大混乱!斗貴子さんの身体を激しく揺すって、お互いのボロボロぼでーに、なにやらハメツの音を響かせます(笑)

もうホムンクルスに蝕まれた身体は、下半身が麻痺し自力で下山は不可能。二人で降りては到底間に合わない、故に『明朝、キミの姿が見えなくなった後、わたしは自分で自身の始末をつける』という斗貴子さんに、再びカズキ大混乱!さらに激しく斗貴子さんの身体を揺らせば、当然再び響くハメツの音☆

斗貴子さんの自殺を止めようと、仲間に助けを求めてはどうかというカズキ。しかし、錬金の戦士は誰も彼も出払っていて、余剰の人員は無し。・・・・まぁ死傷率高いだろうし、補充もカンタンではなさそうだし、万年人手不足なんでありましょうなぁ・・・。

しかし斗貴子さんが何よりも気に掛けているのは、カズキを巻き込み、彼から当然享受出来たはずの平和な日常を奪ってしまったこと。

彼女は、全てが終わった後、程なくして現れるであろう次の戦士に、全てを伝えて、カズキ自身には、全てを忘れて、平和な世界に生きろと言います。『妹や友達と楽しく過ごす方がキミには似合っている』と・・・。

しかしカズキは男の子!こんな言葉を聞いて、ハイそうですかと言えないステキ馬鹿!『判った、帰るよ、一緒に』と言うや否や、道はオレの通った後に出来るんだぜ!とスラロームの申し子、『Tomba la Bomba』こと、アルベルト・トンバもビックリなイキオイで山を駆け下ってゆきます☆

さっきまでのしおらしい態度はどこえやら、カズキの背中で斗貴子さんはもう、バカだの降ろせだのと大騒ぎ☆まぁ当然オール却下でありますがな!

何が何でも!と頑張り、疲れを知らぬかのように、力強く駆けるカズキの背に揺られるうちに、『見た目より、ずっと大きな肩・・・』と斗貴子さんも、カズキの思わぬ逞しさに思わず心が乙女色!☆

一方、昨日から一向に帰る気配のないカズキを心配する友人ズ。しかし六枡の声色変化は、スゴイでありますな(笑)そして奇行にターボと言うことは、元々オカシイと思ってるってことでありますな・・・まぁ仕方ないでありますがな☆

そんなところに斗貴子さんを背負って、運転手はボクだ♪車掌もボクだ♪と超特急カズキ号銀成学園の量前に到着☆

思わぬ期間の姿に一堂揃って『『ラブラブでボロボロ!?』』と大合唱。兄が戻る前の憂い顔はどこへやら『まさか、昨日の突風で飛ばされたの〜!?』、どこかにトンでるのは、まひろのアタマではないかと言いたくなる様な、ボケっぷり☆

しかもここまで、どんな人目の中も全ておんぶという、恥ずかしさで死にそうな目に遭った挙句、ギックリ腰にされてしまった斗貴子さんは、もはや精も魂も尽きた様子でただ赤面するばかり♪

着くや否や再び出掛けようというカズキを止めようとする、まひろにカッコ良く斗貴子さんを託す、兄の熱意を受け『まかせて!何を隠そうわたしは看護の達人よ!!!』と気合充分176%!

このハイテンション異次元兄妹漫才は、今の身も心も死にそうな斗貴子さんには、キツすぎ『カズキだ、ここに女カズキがいる・・・』と顔面蒼白でゲッソリ☆

しかし、一昼夜心配していた友として、このままカズキを行かせるわけには行きません『お前、オレ達に隠し事してねぇか!?何かヤバイ事に巻き込まれてねぇか!?』とカズキに迫る岡倉。

言葉を発した岡倉だけでなく、六舛も大浜も心は同じ。こうも心配し思ってくれる友人にカズキは『でもっ!今夜で全部解決する!大丈夫!!』と力強く応えます。

そんなカズキの無敵な力強い笑顔を見、揺るがぬ意思を感じれば、『じゃあとっとと解決して来い!』と勇気百倍のエール!持つべき物は友でありますな。

そして斗貴子さんもあらん限りのアドヴァイスをし、そして錬金の戦士にとっては、命とも言うべき、自らの核鉄をカズキに託します。

そして最後に与えるのは、心の底からの願い『カズキ、やっぱりキミには戦いより、妹や友達と一緒に居る方が似合ってる。だから、わたしのためだけなどではなく、キミ自身のためにも絶対にここに帰って来い!!』

見送る皆に斗貴子さんに、自身の武装錬金が発するよりもっともっと力強い笑顔で答え残る最後の敵・蝶野攻爵に向かいカズキは真っ直ぐに走ってゆきます。

そして、次回も力一杯ぶち撒けることとする!☆

               ランキング
この記事をユカイと思った方は、ぽちっとお願いします。

emanon7 at 07:21│Comments(0)TrackBack(40)アニメ ふ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 武装錬金 第5話「守るべき人のために」  [ ミナモノカガミ ]   2006年11月02日 12:34
ついにホムンクルスの創造主・蝶野を追いつめたカズキ達。 彼の目的は人間型ホムンクルスになることだった。 しかし目の前にホムンクルス・鷲尾が立ち塞がる。 互いに守るべきものがある、勝負の行方は・・・感想参ります。
2. 武装錬金/第5話「守るべき人のために」/OPのパピヨン  [ 版権もの@風木偽書 ]   2006年11月02日 17:03
武装錬金/第5話「守るべき人のために」/OPのパピヨン 内容…山中での戦闘の末、カズキと斗貴子は鷲尾に深手を負わせることに成功する。 …が、その一方でホムンクルス本体が斗貴子の体をどんどん蝕んでいた。タイムリミットは迫っている。 そして、蝶野に命を救わ...
3. 武装錬金 5話  [ 時空階段 ]   2006年11月02日 17:14
激強トリ人間野郎の前に苦戦を強いられる… っつうことでひとまず態勢を整える事に〜 {{{トキコさんの作戦曰くカズキが囮となり、その背後からトキコさんが奇襲を仕掛けるというのである〜w}}} ふむふむそりゃ名案だ、という事でいざ決行〜 '''が… あ...
4. 武装錬金 第5話  [ パズライズ日記 ]   2006年11月02日 17:25
今回は鷲尾を倒して2人で帰ってくる話でした。 とにかく熱い展開、しかもカズキが格好よすぎます。 まひろのカズキ並みのボケっぷりを筆頭にギャグも楽しいですし、ここまで凄く面白いです。 前回のラストから続いて鷲尾と戦闘。 カズキの力で一時体勢を立て直してま....
5. 武装錬金 5話『守るべき人のために』  [ Girlish Flower ]   2006年11月02日 17:26
鷲尾によって山中に連れてこられたカズキと斗貴子さん。戦いの中、 鷲尾が戦う理由もカズキと同じく、命の恩人である大切な人を守り たいからだという事が判明します。元々は普通の大鷲だった鷲尾が 銃で撃たれて死んでしま??
6. 武装錬金 第5話「守るべき人のために」  [ おもちやさん ]   2006年11月02日 17:36
先週は放送時間変更で見れなかったわけですがなかなか熱い展開だったようで。 今週は鷲尾との戦いからスタート。 鷲尾の飛行音がかっけぇ。 この音のおかげで迫力が倍になってるような気がするよ(笑) 斗貴子さ
7. 武装錬金 主の為に!  [ ビヨビヨ日記帳 ]   2006年11月02日 17:37
テレビ版の武装錬金を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)熱くて凄く良いお話でした。xxxカズキも鷲尾さんもお互いの命を助け...
8. 武装錬金 第05話 守るべき人のために  [ なななな駄文 ]   2006年11月02日 17:38
鷲尾さん、良い最期でした。 守るべき人はカズキにとって斗貴子さんや妹やその他の学生で、鷲尾さんには蝶野。 そんな守るべき人のために皆戦わなきゃならない訳ですね。 カズキは一日中斗貴子さんを背負っていた訳ですけど、当たっていますよね?もちろん。 よく寮....
9. 武装錬金 第5話「守るべき人のために」  [ MAGI☆の日記 ]   2006年11月02日 17:38
武装錬金の第5話を見ました。第5話 守るべき人のためにカズキと斗貴子は鷲尾に同時攻撃するも、受け止められてしまう。体勢を立て直そうとするカズキと斗貴子を逃がそうとしない鷲尾。「ジュースティングフラッシャー!!」カズキと斗貴子は一旦引くことに成功する。「地力...
10. 武装錬金 第5話  [ 廃人的開国ブログ ]   2006年11月02日 17:59
いつまでもォォォ!!いつまでもォォォ!!!
11. 武装錬金・第5話  [ たこの感想文 ]   2006年11月02日 18:04
「守るべき人のために」 カズキと斗貴子の前に立ちふさがる鷲尾。「出来の違う」彼も
12. 武装錬金 第5話「守るべき人のために」  [ 韋駄天の気ままなサイト ]   2006年11月02日 18:31
二人がかりなのに退却ですか 鷲尾やはり強いな。 でも鷲尾さん・・・風、風、ってあなたは風のクレオですか(笑 以下感想(キャプ付)
13. 武装錬金 #5 「守るべき人のために」  [ マンガに恋する女の ゆるゆるライフ ]   2006年11月02日 18:59
「ヒロインの女の子、鼻に線(?)があるんだよね〜」 私がそう言うと・・・ 「せん?」 ・・・どうも「鼻に栓(鼻栓)」だと思ったようで 斗貴子の鼻の穴を食い入るように見ていたのは私のダンナです(汗;)  
14. 武装錬金#05息吹が風になった  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2006年11月02日 19:04
今度は「つがい」と言われました。鷲尾の野生の本能から見ても斗貴子さんとカズキは馬鹿ップル認定なのですね(o ̄∇ ̄)oつがい・・動物の雄と雌の一組み。または、夫婦(大辞林)第5話 「守るべき人のために」鷲尾の絶対的な羽根の防御を崩す為に、高速連携攻撃を仕...
15. 武装錬金 第5話感想  [ 少年カルコグラフィー ]   2006年11月02日 19:07
「下半身が動かないんだ……」 第5話 「守るべき人のために」 2006年11月1日放送
16. 武装錬金 5話 を語る  [ 流星、夜を切り裂いて ??FLY HIGH?? ]   2006年11月02日 19:49
今までで一番面白かったです。 和月先生のファンで、原作のファンでよかったー、と思いました(笑) すんごい描き方。ここだけ全体から見ると浮いた作画だったような。パースの付け方がいいですね。 たぶん勢いだそうとしてこうなったんでしょうね。しなやかな感じ...
17. 武装錬金 第05話 「守るべき人のために」  [ angel notes. ]   2006年11月02日 19:58
何ですかこのどうしようもなく王道な展開は。 カズキの言動一つ一つがテンプレ通りというか何というかw 見ているこっちが恥ずかしくなる熱さがある作品です。 技名が妙にダサイところには目を瞑ろう。 まあ突っ込み 
18. 武装錬金 ここまでは蝶王道展開!!  [ SLOTH DIARY  ]   2006年11月02日 20:35
なんて熱い展開なんだ!!台詞がつくとこんなにも少年漫画の王道っぷりが目立ってくるとは、原作読んでたときには思いもよりませんでした。 戦闘描写は多少いまいちな感じがするんですけど、この熱い王道展開は大好きです。斗貴子さんのために頑張るカズキがすごい格好良...
19. 武装錬金 第5話「守るべき人のために」  [ 恋華(れんか) ]   2006年11月02日 20:39
武装錬金 第5話「守るべき人のために」少年漫画らしい展開ですね。
20. 武装錬金 #5 「守るべき人のために」 感想  [ 日々の徒然言 ]   2006年11月02日 20:45
先週は、録画を失敗した被害者の方が結構いたみたいですね。 まあ、そのうちの1人なんですが… 本当に、リアルタイムで見てて良かったです。 今週は、録画に失敗しませんでした! 何もなかったんで、普通の事なんですが… 今週は、鷲尾との戦いの続きです...
21. 【武装】守るべき人のために【錬金】  [ ABSアニメ放送局-Anime Broadcasting System- ]   2006年11月02日 21:57
先週見れなかったけど、原作を知っているというプライオリティーがある管理人です。
22. 武装錬金 第05話  [ King Of ヘタレ日記 ]   2006年11月02日 22:44
■武装錬金■
23. 武装錬金 第5話「守るべき人のために」  [ SERA@らくblog ]   2006年11月02日 22:55
第5話 「守るべき人のために」  君自身のためにも、絶対ここに帰ってこい! カズキはやる時はやります!鷲尾との対決編です。 ホムンクルス鷲尾に苦戦のカズキと斗貴子。鷲尾の防御を破るため、カズキを囮に斗貴子が攻撃。??
24. 武装錬金 05話 「守るべき人のために」  [ 猫耳と少女とメイド服。 ]   2006年11月02日 22:58
武装錬金 5 (5) 思ったよりも結構長い時間をかけVS蝶野戦を消化。バトルでの見所は、何と言っても福山潤演じるカズキ。戦う度に強くなるカズキの戦闘スタイルにはとにかく“真っ直ぐ”で余計な疑問を抱かせない、ある意味ベーシックかつ正直に“燃え”ることが出来る主人公....
25. 武装錬金 第五話  [ 暇潰し日記 ]   2006年11月02日 23:11
特攻アタック超大好き、カズキに斗貴子さん仲良く血まみれな今日この頃。 武装錬金5話の感想です。 なんていうか戦闘が、胸をグサリ→カズキ突撃→勝利のパターン化してきましたが、戦闘が本格的に面白くなってくるのは今後の蝶展開後なのでしばしの我慢。 マンネリ....
26. 武装錬金「守るべき人のために」感想  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2006年11月02日 23:58
5 【10秒で分かる、今日の『ぶそうれんきん』】 敵わない→逃げる 作戦会議→特攻 バレる→超特攻 ジリ貪→新技 撃破→諦め 熱血→おんぶ 羞恥プレイ→死にたい 兄の依頼→妹ナース 激励→夕陽にゴー ういうい、んでは「武装錬金」を見ての感想なんかをわしわし....
27. 武装錬金 第5話  [ アンカー教授のたわごと ]   2006年11月03日 00:19
 武装錬金も5話そろそろファースト・エピソードもクライマックスか?
28. 武装練金 5話 「守るべき人のために」  [ 星屑の記憶R 〜アニメとゲームを語るブログ〜 ]   2006年11月03日 00:33
鷲型ホムンクルスとの決着がつきました。 思いの強さが思わぬ機転を生んで何とか倒したカズキと斗紀子。しかし斗紀子はホムンクルスかが進んでついに下半身が動かない状況となってしまう。 そしてカズキは斗紀子をまひろ??
29. (アニメ感想) 武装錬金 第5話 「守るべき人のために」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年11月03日 00:43
武装錬金 1 (1) 「知っているぞ!」・・・始まった、カズキ&斗貴子VS鷲尾の戦い!鉄壁の防御を誇る鷲尾に、カズキと斗貴子は苦戦。二人は、一旦引き態勢を整えます。カズキが囮となって鷲尾の防御を誘い、体勢を崩したところに斗貴子が一撃を加えるという連続攻撃を鷲....
30. 武装錬金 第5話 「守るべき人のために」  [ 根無草の徒然草 ]   2006年11月03日 01:04
死んでもやらなきゃいけないコトがあるんだ!! by武藤カズキ
31. 武装練金を観る  [ うにゃ丼亭 ]   2006年11月03日 07:10
「人が動けない事を良い事に!! 勝手なマネをするなッ!!」 斗貴子さんを!! 勝手にッ!! オンブッ!!(興奮) 下半身が麻痺してッ!! 動けないッ!! 斗貴子さんをッッ!!(大興奮) ……もちろん、斗貴子さんが助かる為に必要な行為である、とは理解...
32. 感想:武装錬金 第4話&5話  [ ダメオタRの斜壊人日記 ]   2006年11月03日 12:37
互いに譲れぬ男達の、言葉と力のぶつけ合いが、少年を戦士に変える。 例え無理でも、例え無茶でも、諦めない心がある限り、少年の足は、決して止まることはない。 ------------------------------------- ブロ??
33. 武装錬金 第5話「守るべき人のために」  [ Hiroy's Blog ]   2006年11月03日 12:59
鷲尾との決着。 回を増すごとにカズキがかっこよくなってる気がしますヽ(゚∀゚ )ノ
34. 武装錬金 第5話「守るべき人のために」  [ bkw floor ]   2006年11月03日 14:44
なんてイイ男。
35. 武装錬金 第5話〜ラブラブでボロボロ!?〜  [ 高機動ブログ ]   2006年11月03日 15:01
武装錬金 第5話『守るべき人のために』の感想いきまーす。 「わかった!まかせて!何を隠そうわたしは看護の達人よっ!!」 さすが女カズキ…ズレまくり(笑) まひろはシリアスとは対極をなす存在だよな。でもこういうキダ,'wiki_!
36. 武装錬金 5話  [ 日々の煩悩 ]   2006年11月03日 23:08
5話「守るべき人のために」 対鷲尾戦!! ですがなかなか手ごわいので立て直し。 と、斗貴子さん「右肩が少々…」と言って手で押さえてます。 もしかしてそこまできてるの?本体… わき腹に手を当ててるけど… 囮作戦でいきますが見破られます。 それに気付いた斗貴子さ....
37. 守るべき人のために  [ tune the rainbow ]   2006年11月04日 23:03
「死んでもやっちゃいけないことと、死んでもやらなきゃいけない事があるんだ」
38. 武装錬金 5話「守るべき人のために」  [ 天青石 ??Celestine?? ]   2006年11月06日 04:39
鷲型ホムンクルスに苦戦を強いられる二人。 斗貴子に寄生したものはもう脊髄まで来ている。 鷲型ホムンクルスはかつて主に命を救われていた。 それゆえ主を守るために戦う。 カズキと立場は似てるが守るべき 対象の人の質が全く違う。 パピヨン
39. 武装錬金 第05話 「守るべき人のために」  [ 瞳にアル世界 ]   2006年11月06日 09:39
相変わらず熱いなぁ!
40. 武装錬金  [ まるとんとんの部屋 ]   2006年11月06日 16:06
「守るべき人のために」  いつかきっと誰にでも「守るべき人」が現れる・・・、 それがいつの日になるかは不明ではあるが・・・、 「かずきくん」にはそう云う相手ができました! この時期から命の恩人と云うだけで???? 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔