アニメ か

2008年12月28日

(終)かんなぎ 13話「仁、デレる」感想

かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

仁とナギの二人の生活再スタート☆

前回は偶然でしたが、今度は二人が自分達の意思で、共に敷居を跨いでのりすたーと!

この作品は、指の動き一つ、家財道具一つに至るまで、本当に一つ一つが丁寧で、周囲も絡めて、二人の関係を積み上げて来ただけに、ここに至って、感慨もひとしお。

話としては、地味ですが、平々坦々というわけでなく、仁とナギの感情の波で、話に抑揚を付け、二人にとっての『大事件』という重みのズッシリ感があって、良かったでありますよ。

その重みがズンドコ伝わってくるだけに、いつでも何処でも頼れる幼馴染のつぐみの叱咤激励で仁が目を覚ましてから、解決に向かって一気に走る爽快感は、自転車を漕ぎ矢のようなイキオイで、ナギの元へ走る、仁の心に翼が生えたような晴れやかさと一体感を感じれるほど!

仁ばかりでなく、みているわたしのはーともナギまで一直線!でありますよ。


つぐみは、本当に仁の為を想って、自分の損得無しで動いてくれる強くて優しい子でありますな・・・。

最初は、仁に拒絶されて、仁のネガティブな感情に引き摺られてしまいましたけども、時を置けば、再浮上して、仁の張る拒絶の壁なぞ、なんのその!

本当は、なんとも思ってないわけじゃないと思いますが、決めたら、後戻りしないで、自分が傷付いても、仁の為に、仁の内部に吹き荒ぶ嵐を潜り抜け、仁の『本当の気持ち』に辿り着いて、それを高々と掲げて、付き付けて、仁の心の嵐を取り去った、つぐみはまさしく、仁の為だけの勇者。

その後も、ガッチリ24時間安心のサポートで、目覚めた、仁のイキオイの羅針盤となって、なびげーと!

まさしく、つぐみ様々。つぐみが居なかったら、仁はナギを取り戻せなかったでありますよ。二人で、高級菓子を持って、お礼するべき☆

カツヤクしたのに、ちっとも報われませんが、そこもまたつぐみの魅力・・・。しかし幸せになって欲しいなと思います。


メインどころが、誰一人欠ける事無く、声のみではあっても、みんなちゃんと出てきて誰も仲間はずれにされてないのも、良かったでありますよ。つぐみは勿論、みんながいて、仁とナギが居る。

こういう繋がりの温かさが、かんなぎの魅力だと思います。

原作は、作者の武梨さんが病気で休載中と聞いてますが、シッカリと身体を治して欲しいなと思います。

つぐみ大激走!で、纏まりとしてはもう一つでしたが、これもアニメスタッフの、第二期をやる!という強い気持ちと、療養中の武梨さんに対するエールだと捉えたいでありますな。

どれくらい先になるか判りませんが、二年、三年後になっても、見てもらえる作品だとわたしは思います。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2008年12月21日

かんなぎ 12話「ほんとうに エフェメラル」感想

かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

ああやって、誰にも話さず、自分一人で抱えちゃうのは、仁の性格もあると思うんですけど、やっぱり、ナギが家族のような存在で、他人に立ち入って欲しくない問題だから、なんでしょうね。

ナギのような不安定極まりない、存在にとっては、それこそ、存在そのものを揺るがす、大問題なのですが、仁からすれば、ほんの些細なキッカケから起こった喧嘩が原因なだけに、仁の懊悩の深さが画面がら、ずんずん伝わってきて、視聴者のはーともれいにーぶるー。

しかし、仁は優しい子でありますよ。ナギの事について調べてるのだって、自分が知りたいというのも、大きいですが、ナギの為、というのが一番大きいのだと思います。

仁にとってのナギの正体の前提は『神様』で、ざんげちゃんにも、まずそれを前提に切り出して、確認しました。それはつまり、『お前は本当に神様だったよ』と言ってやりたいからでしょうし、仁としてもそうであって欲しいからでしょう。

手掛かりが少ないというのもありますが、仁の行動は、ナギが神様である証拠を捜して八方あたってるんですよね。

ナギが神様であって欲しいのは、これからも一緒に居たいから、という気持ちが強い事の現れでもあるでしょう。

反面、低級霊等であった場合、一緒に居るのが、難しいという風に思ってるということでもありますが、何より、ナギが辛い思いをします。その事が一番、仁にとっては大きい。

仁の気持ちとしては、ナギという存在が大切で、一緒に居て欲しい一心だと思います。奥深いところでは、一緒に居てくれれば、正体なんて二の次でしょうが、仁が望んでいるのは、明るく笑うナギとの生活で、だからナギを泣かせたくない。ナギが悲しい顔をしてるのは、見たくない。だから彼女には神様であって欲しいのでしょう。

気になったんですが、ざんげちゃんは、ナギと違って穢れを集めてるようですが。本当に何も知らないなら、集めたりするでしょうか?

何も知らないで、単に土地にとって良くないモノという認識なら、ナギのように消して回るはずです。なのに、その『良くないモノ』を集めて保管している。これには何か、目的があるとみるべきでありましょう。

穢れが何であるか、まず間違いなくざんげちゃんは知っていると見ましたよ。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2008年12月14日

かんなぎ 11話「でも、あやふや」感想

かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

ただ、時に流されるまま、楽しい日々を過ごしてきた、仁とナギ。しかし、その楽しい時間で育まれた、関係と、『知らない』というナギが抱える問題の根本が、露わとなり崩壊─。

仁としたら、まぁ知っておきたい事ですし、親しくなったばかりに、デリケートな部分にあけすけにずけずけと踏み込んで、性急に問い詰めて傷付けるのも、常にいっぱいいっぱいな男子高校生的に仕方ないですし、ナギの記憶喪失も本人の所為ではありません。

周囲に人は居るんですが、基本的に二人の間に立つ人間が居ない、関係で誰もその『仕方ない』部分が生んだ、穴を埋める、例えば親というような、間に立って冷静になれる大人の存在が、なかったことが不幸でありましょうか。

にほんブログ村 アニメブログへでも、見つかるといいな。どうやったら見付かるんだろう?
続きを読む

2008年12月07日

かんなぎ 10話「カラオケ戦士マイク貴子」感想

かんなぎ 2 【完全生産限定版】 [DVD]
かんなぎ 2 【完全生産限定版】 [DVD]

マイクを持った時、貴子は無敵の戦士となるッツ・・・!

つぐみの愛らしさが今回もすぱーく!前回から何やら、つぐみVSざんげちゃん(白亜)の構図が出来上がってますが、一生懸命なつぐみが、うるとらきゅーとでありますよ☆

ざんげちゃんの策略に一歩及ばず、大鉄と仁の友情に敗れ、仁のニブチンさに苦杯を飲む、つぐみの姿にトキメキが止まりませんな!(カッ)

一喜一憂する表情の愛らしさは、まさに至高。

にほんブログ村 アニメブログへあ、じゃあわたしとデュエットにしようよ。ね、そうしよ、そうしよ!
続きを読む

2008年11月30日

かんなぎ 9話「恥ずかしい学園コメディ」感想

かんなぎ 2 【完全生産限定版】 [DVD]
かんなぎ 2 【完全生産限定版】 [DVD]

仁の恥ずかしいヒミツDXコンプリートアルバム☆

本人の目の前で、アルバム&はずかしエピソード大公開とは・・・☆

幼馴染に繰り出せない超必殺技を次々と炸裂させる、まさに恐るべしとしか言いようの無い、究極精神攻撃。

それにしても、つぐみは可愛いでありますな。仁にとってはタマラないでしょうが、仁との思い出をとても楽しそうに語る笑顔がまぶし過ぎて、まさにニヤニヤ動画でありましたよ☆

逆ドッキリはぷにんぐでドキドキしたり、ざんげちゃんの恋人立候補宣言に、どんより暗い雲の下を憂い顔で、しょんぼり歩いたり、ナギとざんげちゃんを交えて、わいわいやったりと、つぐみを中心にした第9話☆

そして、未知の世界に魅了され、こんなのダメですよ、といいつつ、もう一冊!

つぐみ、それ以上は、いけない、いけませんよ!

にほんブログ村 アニメブログへ仁は仁だよ。だから、安心して、笑ったり、泣いたりしていいんだよ
続きを読む

2008年11月23日

かんなぎ 8話「迷走嵐が丘」感想

かんなぎ  1(完全生産限定版)
かんなぎ 1(完全生産限定版)

大鉄の魂が嵐の中を駆け抜ける!

大鉄・・・なんという、イイ奴!仁の事を心底心配してるんでありますな☆それにしても、ヤツの妄想は吹き荒ぶ嵐よりも激しく、キラめく太陽よりほっとでありますな(笑)

仁が、なんであんなに、大鉄に憧れてるのかが判ったような気がしますよ。芸術の才能、隆々たるびっぐぼでーさらに、掛け値ナシの良いヤツと来ては、ある意味非の打ち所が無いと言う物☆

目付きが悪くて、体格が大きいので、ぱっと見威圧的で、不器用な性格なので、年頃女子人気は無いかもしれませんが、年上や年下に相当好かれたり、可愛がられそうでありますよ。

あんなお兄ちゃんとか弟が居たら、ちょっといいかもしれませんな!そしてくしゃみがきゅーと☆

にほんブログ村 アニメブログへ謝らなくていいの。あの木っ端をどうしようが、貴方の自由。むしろ善くしてくれたわ。人の紡ぐ因果に感謝を
続きを読む

2008年11月16日

かんなぎ 7話「キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後編)」感想

かんなぎ  1(完全生産限定版)
かんなぎ 1(完全生産限定版)

声は聞こえど、姿は見えず。ナギの天の岩戸篭り☆

ふむぅ。これは仁がいけませんな!なんという邪悪。知らなかったでは、済まされぬ過ちッ・・・!

楽しみにしていて、いざ見ようと思ったら、何やら猫が戯れる映像が映っていたら、ナギとて真っ白な灰になるというもの・・・☆

しかしアレですよ。ナギの補給物資を奪う手並みの鮮やかさと素早さは、なかなかのモノ・・・。さばいばー!

地味な話でしたが、押入れの引き手が手垢になってる生活感など細かいコダワリがスゴかったです。

にほんブログ村 アニメブログへいっつあ、そぉにぃ
続きを読む

2008年11月09日

かんなぎ 6話「ナギたんのドキドキクレイジー」感想

かんなぎ  1(完全生産限定版)
かんなぎ 1(完全生産限定版)


なんという、スーパーつぐみイジメタイム・・・!

仁の突然のお誘いに胸をトキメかせて、短い時間で目一杯オシャレして待ってたら、来たのはナギ

友達に頼まれて入ったバイト先に、仁が突然現れドギマギしてたら、同じ所でバイトしてたナギに仁の視線は釘付け。挙句にあの告白に等しい青春大絶叫。

まさに踏んだり蹴ったり。つぐみの乙女心は、仁のニブチンさにより、永久でんぷしーろーるなサンドバック状態でありますよ・・・。なんという人生の試練。

にほんブログ村 アニメブログへお前の格好があまりにも可愛くて、やらしくて、直視出来ないから寄るなって言ってるんだよ!気付けバカーーーーーー!!!!
続きを読む

2008年11月02日

かんなぎ 5話「発現!しょくたくまじんを愛せよ」感想

かんなぎ  1(完全生産限定版)
かんなぎ 1(完全生産限定版)

ナギ、ざんげちゃん、つぐみ三つ巴の仁争奪戦争勃発!

ざんげちゃんの思わぬ殴り込みと猛烈アタックに、仁はタジタジの流されまくり。ナギとつぐみの目の前でざんげちゃんのないすばでーで鼻の下伸ばしまくりでありますよ。

にほんブログ村 アニメブログへ妾は別に料理が出来ないわけではないぞ!単にめんどくさいからしないだけじゃ!
続きを読む

2008年10月26日

かんなぎ 4話「シスターーズ」感想

かんなぎ  1(完全生産限定版)
かんなぎ 1(完全生産限定版)

小悪魔っ娘ざんげちゃん、強襲!☆

前回、気になる事の一つとして、ざんげちゃんが何を依代にして顕現したか・・・というのを挙げましたが、今回でアッサリ判明。

ざんげちゃんは、白亜という女の子の身体に宿っているようです。白亜はどうやら、仁の事を知っていて、好意を寄せているようなので、ざんげちゃんだけでも、びっぐとらぶるなやかんだと言うのに、さらに中の人まで、巨大な爆弾になりそうな、歩く火薬庫状態☆

主導権はざんげちゃんにあるようで、白亜はどうも気が弱い娘のようですが、一体どういう成り行きで身体を貸す事になったのか。どうもざんげちゃんに押されっぱなし乗っ取られっぱなしの白亜の様子を見てると『わたしらしい、わたしになりたい・・・。そう思った事はありませんか?』という、ざんげちゃんの言葉が引っ掛かります。

にほんブログ村 アニメブログへ懺悔一回100円です♥
続きを読む