魔法少女リリカルなのはA‘S

2005年11月30日

魔法少女リリカルなのはA‘S  9話「クリスマス・イブ」5

 カモフラージュも兼ねて、出張中のシグナムさん・・・・・・残るページはあと僅か。はやての孤独は、いくらすずか達が良い友でも、ほんの慰めにしかなりません。彼女が欲して、やまないのは家族であり、それはシグナム達を於いて他に居ないのです。

 高町家もフェイトとアルフを迎えて、お食事会、デカイ肉を思う様、頬張りうあむま!な、アルフがらぶりーきゅーと!☆

 喫茶みとこんどりあは、クリスマスは掻き入れ時!正月の御節と餅はまさにこの日の稼ぎに掛かっているので、なのはとて馬車馬のように、働かされます(笑)

 すっかり仲良しになった、はやての為に突撃ぷれぜんと大作戦を計画する、すすか達。

 クロノくんも、仮面に何やら、思い当たることもあり、この間のシステムダウンの件もあって、グレアムを疑っているようですが、まだこれは、胸に湧いた根拠のない疑念にすぎず、仲良しのエイミィにも内緒です。薄々、仮面がパパかもと思っているのでしょう。父がなぜあのように正体を隠し動いているのか、知りたいと思うのは当然のこと。

 

 続きを読む

2005年11月27日

魔法少女リリカルなのはA‘s サウンドステージ01感想 投稿者:高原ユウ 4

 こちらの涼木様とご縁がありまして、このたびレビューをひとつ送らせて頂くことになった高原ユウと申します。普段は気が向いたときに雑記を書いたり二次創作に手をつけたりと、とりとめもなく活動をしております。サイトも運営しておりまして、おかげさまで順調に開店休業中です。よろしければこちらにも足をお運びくださいませ。

        「魔法少女、あったまる!」

 無印はもちろん、原作ゲームの「とらいあんぐるハート」シリーズ(以下とらハ)の頃からのお約束、サウンドステージのvol,1です。
つまりはドラマCDなのですが、古くからのファンは「サウンドステージ」という響きを聞くと「ああ、とらハだなあ」と感慨深くなってしまいます。

 「なのは」のライターである都築真紀氏は、実はアニメの脚本よりもCDドラマの脚本を書いた経験の方が長い人で、「とらハ」関連だけでも10本以上書かれています(一番長いキャリアは大人向けゲームの原作なのですけど)。
一作ごとに熟達してくる印象がありますが、今回も期待を裏切らない良い出来でありました。

さて内容ですが、なのはたち仲良し四人組とエイミィと美由希(なのは姉です)、はやてとヴォルケンリッターが(ほぼ)皆一緒にお風呂に入ります。

 お風呂に入ります。<二回言うな

 無印の温泉話以来の肌色でいっぱいなお話ですが、今回、淫獣は管理局に出張中なので一安心です。
っていうか男性キャラはザフィーラがちらりと出てくるだけだったりするのですが。
恭也とかクロノが好きな私はどうすれば良いのでしょう。
ちくしょう都築さん、何を考えているんですか、ぐっじょぶ!!!

 続きを読む

2005年11月23日

魔法少女リリカルなのはA‘S  8話「悲しい決意、勇気の選択なの」4

 フェイトは、なのはの時より手酷くやられたようですが、無事なようで何より、ヴォルケンリッター達の誓いを知らない、リンディらからすれば、気が気でなかったことでしょう。今まで、なのはや魔術師の被害もあり、前例があるとはいえ、やはり心配は心配。

 クラッキングを受けて、管制システムがダウンしてしまいしかも、防壁や警報を素通り。これは予め仕掛けられていたか、内部の手引きか、いずれにしろ内部犯行の線が濃厚。

 グレアム&リーゼずあたり、仮面とつるんでる可能性びっぐばん。あの人は、確実に何か隠していますな。フェイトの事にしても、案外あっちから名乗り出たのかもしれません。
 しかし、グレアムとクロノパパからは、邪悪な波動は感じないのも確か。なんで時空管理局に黙ってコッソリやってるのかは解りませんが、なにかこう強い使命感というか、責任の意識を感じます。

 ヴォルケンリッターも仮面に関しては、今のところ実害はないものの、目的も意思も解らない上に、デタラメに強力ときては警戒せざるなく、三姉妹+わんこ会議!

 闇の書の完成に戸惑いを見せる、ヴィータ。しかし、その時、はやての身に異変が!完成が近付くにつれ、闇の書の侵食が激しくなってきているようです。

 忙しいだろうに、『娘』の身に何かあれば、傍にいてくれて、かなり羨ましいお母さんぶりのリンディさん。フェイトも今はまだ、甘え下手だけど、ちょっとずつ家族になっていっているようで、なんだか嬉しいです☆続きを読む

2005年11月16日

魔法少女リリカルなのはA‘S  7話「壊れた過去と現在となの」4

 親日家のリンディさん、部屋の装いも微妙な日本風☆すっかり皆に愛されてる、フェイト。レティ提督も是非会ってみたいと熱望!☆

 リンディさんは、今は正式に家族でなくとも、もう『娘』として愛している、フェイトには、あまり仕事の手伝いなどはさせたくないようですが、優秀な人材は貴重ということもあり、今後この懊悩はさらに深くなってゆきそうです。

 彼女としては、今までが今までだっただけに、フェイトにはなるだけ、子どもらしい平穏で友達と楽しく過ごす生活を与えてやりたいに違いありません。

 なのは達と、種類の多さに困惑しつつも楽しげに、カタログを見て携帯選び♪なのは、アリサ・すずかは三人三様にあれやこれやと、言ってきますが、実感のないフェイトは困惑するばかり(笑)
 
 フェイト自身に特にこう、というのがないのならスタンダードな型にして、暫くはそれを使って、慣れてきて要求が出てきた時に、改めて選べばいいんじゃないかと思います☆

 まぁ、わたしも携帯なぞ持っていないので、何がいいのかサッパリですがな!☆

 フェイトが選んだバルディッシュカラーの携帯をプレゼントし、友達の所へ楽しげに駆けてゆく姿を見て、リンディさんも嬉しげ!早く『お母さん』と呼んで貰えるようになったらいいですな!☆

続きを読む

2005年11月09日

魔法少女リリカルなのはA‘S  6話「それは、小さな願いなの(後編)」5

 引き続き、闇の書並びにヴォルケンリッターの説明を受ける、なのは&フェイト+淫獣☆『母』プレシアに実娘・アリシアの代替物として生み出されたという、なんとも言えない過去を持つ、フェイトは『人間でも使い魔でもない』というところに敏感に反応しますが、クロノ&リンディさんはそれを即座に論破!☆

 『フェイトさんは、生まれ方が、少し違っていただけで、ちゃんと命を受けて生み出された人間でしょ?』と、三週間程前に、前作DVDを全巻一挙購入したわたしもはーともほっとになるようななんとも、嬉しいことを要ってくれます。例えそうでなかったとしても、リンディさんとクロノは家族として、フェイトを迎えたでしょうし、愛してくれるでしょうが☆

 そしてエイミィも、ないすふぉろー!本当にこの人は、よく気が回る細やかさんですな!☆弟分のクロノの妹になるなら、彼女にとっても『妹』でしょうから、情の入りようもさらに165倍のはず☆

 闇の書が自らの手足とする為に、生み出した『ツールプログラム』とでも言うべき存在の、ヴォルケンリッター。今までの彼女らは文字通り、プログラムで会話は出来ても感情のないAIに過ぎないもの。それについては、すでに二度に渡って拳と拳で語り合い僅かながら言葉を交わした、なのは&フェイトは反論。それがゆえに、クロノも『主の為』という何でもない言葉に引っ掛かりを感じているのでしょう。
 ともあれ今は何を置いても情報収集ということで、そういうことは一応専門家のユーノと調べ物☆続きを読む

2005年11月02日

魔法少女リリカルなのはA‘S  5話「それは、小さな願いなの(前編)」

 一緒のお買い物の、はやてとシャマル。はやて、すごく楽しそう、そんな中ふと漏らした『そやけど、最近、みんな、あんまりお家におらんようになってしもたね』その言葉に思わずはっとなる、シャマル、闇の書完成を急ぐあまり、はやてに寂しい思いをさせていることに、思い至り彼女も慙愧の念に耐えないに違いありません。

 それは全然、構わないと『わたしは、元々、とひとりやったしな』と言う、はやて。それなら尚更に、一人は堪えるであろうに、文句一つ言いません。いい娘なんですけど、我侭言うたほうがええ時もあるんよ、はやて、と言いたくなります。

 こんな子どもの時分から、こんなに一杯一杯我慢して、消化しきれるわけがありません。繰り返し書いてますが、内面に堪り込んだ、そういった想いが闇の書を呼んだのかもしれません。

 でもシャマルも、ちゃんと気付いてくれてます。あの切なげな表情で訴えるシャマルの言葉をはやてはどんな風に受け取ったんでしょうか。

 話し合いを求める、なのは&フェイトですが『和平の使者なら、槍はもたない』と返され、いきなり交渉決裂。
 小学生だけに故事成語の類いに馴染みがまだ薄いのか、アイコンタクトで「この子の言ってることわかる?フェイトちゃん」「さぁ?わたしにもよく・・・・・・・」みたいな感じに目と目で語り合ってる、二人がなんか可愛い☆

 ヴィータの言うように、どっちでも構わないので、ザフィーラのツッコミは、ちょっと無粋ですな☆そんなことやってるとシグナムさんも見参☆
続きを読む

2005年10月26日

魔法少女リリカルなのはA‘S  4話「新たなる力、起動なの!」感想改訂版5

 AM6:30 八神家 はやて部屋

 「の」が抜けてるので一瞬、相撲部屋かと思ってしまいました(笑)はやては、なかなか早起きさんですな☆ヴィータは熟睡、シグナムはザフィーラと今後の話でもしててそのまま、撃沈したのかソファに座って腕組みながら寝てます☆ザフィーラは、シグナムの足元で撃沈。ワン公はこういう時、便利ですな。毛皮!毛皮!☆

 AM6:35 海鳴市寝台林道

 なのはは、いつもの早朝訓練ですが、魔力はまだ戻らず、レイジングハートもいないので、ちょっぴり寂しげな風景☆

 AM6:41 海鳴市市街地 ビル屋上

 フェイトも何やら、鉄の棒で素振り中。バルディッシュが居ない間は武器戦闘訓練に重点を置いている模様☆

 はやては一人で、朝食の準備。以前のように自分一人だけでなく、ヴォルケンリッターの四人の食事も作るのがなんだか楽しそうです☆

 続きを読む

2005年10月19日

魔法少女リリカルなのはA‘S  3話「再会、そしてお引越しなの!」感想

 前作DVDをコッソリとおーるげっとして全巻試聴し、ますます燃え滾る思いで、なのはのお楽しみ度が6.8倍くらいにあっぷ!☆ということで、今週も魔法少女リリカルなのはA‘Sのレビュー始めます☆

 12月2日 PM8:45 時空管理局本局

 ベッドに横たわる、なのは。ユーノの治療などの甲斐もあってか、怪我自体も大したことはなく、闇の書に奪われた魔力も、暫くすれば回復するとのことでまずは一安心☆

 一連の魔道師襲撃事件の関連も確実視され、事の流れから、担当はリンディー達になりそうで、休暇をフル活用して、クロノをいぢり倒すワクワク計画でもあったのか、エイミィはちょっぴり残念そう☆

 フェイトの怪我も軽く物で住んだようで、クロノも一安心☆フェイトのなんとも、はにかんだような表情が、らぶりーきゅーと☆
 
 石田先生といい、この作品の医師はいい人揃い!お医者さんは気を利かせて、クロノとお話に出て、フェイトとなのはを二人きりに☆

 再会がスゴイ戦闘だったもので、どうしたらいいかちょっと、戸惑うなのはとフェイト。助けに行ったのに、カ軽く済んだとはいえ、間に合わず親友に怪我をさせ、今もベッドに横たわる、なのはの痛々しい姿に思わず涙ぐむフェイトに、まだふらつく体で、フェイトに歩み寄り『助けてくれて、ありがとう。フェイトちゃん。それから、また会えて嬉しいよ』と素直な気持ちを伝えます。ええ子ですな!☆
 
 フェイトに一番、嬉しい気持ちをくれる、なのはのこの一言に、フェイトも再会の喜びをなのはに伝えます。やっと、再会を喜びを分かち合うことが出来た、なのはとフェイトは暫しの抱擁☆続きを読む

2005年10月12日

魔法少女リリカルなのはA‘S  2話感想

 仲良く電話してる、すずかとアリサ。彼女達もフェイトとの再会を心待ちにしているようで、仲良くことは目出度き哉☆
 しかし一足早く、再会を果たした、なのはとフェイトは、ちょっぴり大変な事に。ヴォルケンリッターの方でも、時空管理局の存在は承知のようで、話し合いとか交渉の余地は全く無く、戦闘開始!☆

 なのはの治療をしつつ、自分達の経緯や、なのはの現状について聞く、痴漢フェレット(似)『でももう大丈夫、フェイトもいるし、アルフもいるから』とちゃっかり自分を戦力外にしています(爆)

 フェイトとヴィータはいきなりまったなしの全開バトル!フェイトは高機動タイプらしく、機動性でヴィータの攻撃を引き付け、その隙にアルフが直下から奇襲!痴漢フェレット(似)と違ってなかなかの戦闘力らしくヴィータの防御障壁を撃砕しますが、ヴィータの反撃により落下、しかしアルフが作った隙を逃さず、フェイトがヴィータの動きを封じに掛かり、戦線復帰のアルフとともにヴィータを追い詰めます。

 さしものヴィータも、強敵二人を相手に、魔力を奪い取るという制約もあり、苦戦を強いられます。対して時空管理局でも、なのはらをサポートはしてますが、術式の解析に手間取り、侭なりません。

 

 続きを読む

2005年10月05日

魔法少女リリカルなのはA‘S  1話感想

 6月3日 PM9:05 海鳴市 中丘町

 誰もいない闇に包まれた家で、車椅子を動かし留守電メッセージを聞く、はやて。石田医師からの『明日ははやてちゃんのお誕生日よね?明日の検査の後、お食事でもどうかなぁと思って、お電話しました』というメッセージをただ無表情で聞きます。
 石田先生はきっと優しくて、はやてのことを心から思ってくれる人なんでしょう。僅かにはやてが零した微笑から、彼女も石田医師を慕っているという感じはします。しかし、その優しさも、空っぽの家を暖めてはくれず、はやての、果てしない寂しさを癒しきれてはいないようです・・・・・・。病気が原因であまり友達もいないのかも。

 まるでこの家の中に満ちる闇は彼女の孤独に蝕まれた心のようにも見えます。はやてが読書をし、丁度0時を時計の針が示した時、彼女の孤独に閉ざされた闇に応えるかのように鎖で封印されていた、『闇の書』が復活!なんか表紙に、筋が浮いてて生ものっぽいですな(笑)しかもなんか喋ってるし(爆)

 12月1日 AM6:35 海鳴市 桜台

 つい最近までフツーの小3だったというなのはは、今日も早朝から魔法の特訓☆今度はペンダントが喋ってますぞ!☆魔法グッズは割とみんな喋るのでしょうか?(笑)最後にちょっぴり失敗しますが、なのはの能力はなかなかのもののようです。前作を経て素質を結構開花しているみたいですな☆

 『レイジングハート』なる、なにやら勇ましい名前のペンダントと、なのはの、さり気無い会話の中にも前作を経ての絆、信頼関係が窺われていい感じです。

 続きを読む