アニメ す

2006年07月03日

涼宮ハルヒの憂鬱 14話「涼宮ハルヒの憂鬱此廖丙能回)感想5


強引にエピソードを入れ替えてまで、『憂鬱』のラストを最後に持ってきただけはある、素晴しい最終回でした。

原作を忠実に再現する事だけに留まらず『アニメで作り直した』とも言える程、アニメ化は難しいと言われていた本作の魅力を、映像化する事によって飛躍的に引き出した、スタッフは本当に凄かったと思います。

特にハルヒは、生まれ変わりましたね、ハルヒがこんなに、魅力的なキャラクタだって知らなかった(笑)長門、古泉、みくるが三者が、キョンに全てを託すシーンも、このシリーズの集大成的な今回に於いて、特に感慨深いものがありました。
             ランキング
涼宮ハルヒの『帰還』
続きを読む

2006年06月26日

涼宮ハルヒの憂鬱 13話「涼宮ハルヒの憂鬱后彜響4


ぐっと溜めて、後はクライマックスに一直線☆今回は、ハルヒがなぜ、『不思議を求めるのか?』とそれに纏わる、全くの天真爛漫に見えた彼女の鬱屈した、『憂鬱』の部分が吐露されるとあって、全体に彼女の全てに対する、イライラした感じが全体から感じられます。

そんなやや重い雰囲気の中で、救いの女神は長門さん☆ハルヒに「眼鏡どうしたの?」と問われて、キョンをじっと見る姿が、めっがっさきゅーと!♪彼女と朝倉が同じマンションなのは、単に朝倉がバックアップだからでありましょう。
             ランキング
憂鬱の『始まり』
続きを読む

2006年06月19日

涼宮ハルヒの憂鬱 12話「ライブアライブ」感想改訂版5


ハルヒも稀に人から感謝されて、たまに、可愛く照れて動揺しちゃうという話。まぁ結果オーライなだけなような気もしますが(笑)初めて感謝されて、湧き上がる感情が理解できないハルヒが可愛い♪

長門さんの超絶技巧ギターとハルヒそんぐの夢のコラボレートが、イカしますな!☆ライブの高揚感は凄かった。チープな照明ですらプラス効果。ハルヒのシャウトが最高!

キョンに事情を話してる内に、珍しく不安がって落ち着きがないなハルヒが、どんどんいつもの調子を取り戻していく姿がべりーぐっど!細やかな演出で、二人の信頼関係の深さが、よく出ていました♪ラストシーンなどはまさに青春真っ盛り!長門さんとのヒロイン対決も白熱!

他にも、一人で歩いてるキョンの背景に、文化祭の喧騒に紛れて、昇降口での揉め事、長門を引っ張ってく、ハルヒが居たり、細部まで気を抜かない丁寧な作りは流石の一言。芸の細かい演出で、キョンの知らない所で何が起きているのか、ちゃんと情報が入ってる。
             ランキング
文化祭は爆発ですぞ!
続きを読む

emanon7 at 05:15|この記事のURLComments(0)

2006年06月12日

涼宮ハルヒの憂鬱 11話「射手座の日」感想


京都アニメーションといえばフルメタ、フルメタといえば、賀東招二!ということで、フルメタの原作者、賀東さんが今回の脚本。そういえば富士見も角川の系列だったっけ。

カマドウマ戦でも、ふもっふ!だの言っていた、古泉が今回は、『Aye, aye, Ma'am.』とテッサの部下になってました(笑)

そしてコンピュータ研究部のゲームは自作らしくレトロなシステムとグラフィック・・・なのが、美麗なCG艦隊の群れが宇宙を多い尽す、スゴイ艦隊戦になってるよ!?・・・見習って欲しい作品が多数あるなと思うほどのハイクオリティ☆
             ランキング
有希さんの日
続きを読む

2006年06月05日

涼宮ハルヒの憂鬱 10話「涼宮ハルヒの憂鬱検彜響5


朝倉涼子VS長門さんの異次元バトル炸裂は原作では割とアッサリ風味だった、この闘いもアニメでは動く動く、スピード感全開、アニメの醍醐味が詰まった迫力満載バトル!ANUBISと同じくらい異次元で燃え燃え!☆カマドウマ戦の、強化っぷりも凄かったけど、このバトルはさらにもう一段上と主張。

朝倉涼子の満面の笑顔も映像になり、大幅ぱわーあっぷ!過激な急進派の満面の笑顔がコワすぎるよ、しゃいにんぐ!『・・・・・・・してない方が可愛いと思うぞ、俺には眼鏡属性ないし』図書館デート以来、キョンが気になる、ゆっきー・長門さんは、これで眼鏡を掛けなくなります。「無い方が可愛い」と言われては、そうするしかない乙女心☆さらに『やっぱり眼鏡は無い方がいいと思うぞ』 とダメ押されては、嬉しさで沈黙するしかありませんな!☆
             ランキング
キョンの為なら命懸け
続きを読む

2006年06月01日

涼宮ハルヒの憂鬱 9話「サムデイ イン ザ レイン」


ウッカリ録り忘れたので予備手段で視聴。たまには、こういう何も起こらない話もいいかなとは思うのですが、兎に角、静かすぎ。さすがに長門さんの読書風景をひたすら、流し続けるのはどうかと思った(笑)SOS団の日常というより、『長門さんのいつも』という感じ。

脚本は原作者の方が書いたようですが、本当にこの人は長門が好きだなと思いました(笑)セリフこそありませんでしたが、明らかに長門さんを中心とした日常描写です。オチだけハルヒで締めるというのも、原作ではよくあるパターン。

カーディガンを長門が眠ったキョンに掛けた意味、彼女の変化が解ると思うのですが、読んでないと・・・・次のシリーズで『消失』をメインに構成するなら、意味のある話ですが、やらないとまるで意味の無い話でありますな。
              ランキング
長門最強伝説
続きを読む

2006年05月22日

涼宮ハルヒの憂鬱 8話「孤島症候群(後編)」」感想4


閉ざされた別荘で殺人事件が起きた!・・・といってもこれは、古泉が用意したサプライズパーティー。キョンに『幾らハルヒでも殺人なんて本当に望むハズがない』と『SOS団員』へのハルヒの信頼感。これはかなり重要ポイントですな☆

しっかりと、ノーヒントで古泉の用意した解答に辿り着くハルヒは、只者じゃないっぷりを見せてくれます。キョンを心配したり、手の繋ぎ直しと魅力のアピールも充分。

古泉の用意した事件の解答部分は、まぁぶっちゃけどうでもいいシロモノですが、逆転裁判で盛り上げてくれるとは思わなかった(笑)古泉とかは、胡散臭いですし出てきてもおかしくないですな☆

キョンの言う事はしっかり聞く長門さんと、キョンのさりげない長門さんへの信頼。つまみ食いでマイペースっぷりと大物っぷりを見せたキョン妹もナイス!みくる?失神して何もしてませんでしたぞ!

『あの島では今でも時折、人影が過ぎるらしい・・・』しっかりオチをつけるハルヒの置き土産も最高(爆)
              ランキング
この記事をユカイと思った方は、ぽちっとお願いします。

2006年05月16日

涼宮ハルヒの憂鬱 7話「ミステリックサイン」感想その2 以降の原作エピソードの各キャラの役割

一見平凡なこのエピソード、しかし原作で以降のメインスタイルとなるカタチが、集約されています。即ち、『ハルヒはその設定的な縛りによって基本的に蚊帳の外』

なにせ、彼女が能力を自覚したり、異変が実際に発生するのを知られるのが、マズイというのは、アニメでも野球や孤島の前編で示されている通りです。

これにより、『ハルヒが事件の原因だけど、事件そのものには関れない』舞台装置の役割が定着していきます。

キョンは、前からですが、読者の代弁者的ポジション、古泉もこれまた出てきた当初からですが、解説役で狂言回し的存在。みくるはハルヒのオモチャでキョンの癒しにしか役に立たないマスコット。

そして長門が、その超越マルチ能力で、事件の解決に大きな役割を担い、それに伴いキョンとの関りも必然的に深くなっていき、彼女自身の変化や成長を促すと共に、メインヒロイン化が一気に加速、というか今やローマの五賢帝時代くらいは磐石ですな☆作中でもっとも意志力の強いキャラクタであり、『選択』することを彼女は厭いません。そんな彼女が唯一、頼るのがキョン。

このエピソードを基点に、各キャラクターの役割は以降の大半のエピソードで、こういったカタチに位置づけられ、基本のスタイルとして、確立していきます。
               ランキング
この記事をユカイと思った方は、ぽちっとお願いします。

涼宮ハルヒの憂鬱 7話「ミステリックサイン」感想改訂版3


ある意味、長門ファンが待ち望んでいた「ミステリックサイン」SOS団公式サイトのカウンタが現在029819なのもコレの伏線、みくるの写真の意味も判明するという、ここまで原作に対する愛を感じさせる制作陣には、脱帽。よくやるなぁと感心するしかないですな☆

ハルヒの、傍若無人もいいとこの、ワガママによりキョンはハルヒがデザインしたナゾでざいんのロゴをHPにアップすることに、それにしてもハルヒは、文武両道・・・というかマルチなのに、機械はフシギなくらいダメですな。わたしも人の事は言えませんが、ハルヒほど酷くはないですぞ☆

              ランキング
カマドウマめ☆
続きを読む

2006年05月08日

涼宮ハルヒの憂鬱 6話「孤島症候群(前編)」感想4


夏だ!海だ!合宿だ!殺人事件だ!合宿まではいいとして殺人事件が来るのが全くハルヒらしいですな。常にアヤしいサワヤカすまいるの古泉の提案とあって、何か仕掛けを感じさせますが、別にミステリじゃないので、そこは、どうでもいいところ。

キョンの妹が参加していたのが、原作との相違点ですが一人増えるだけで随分印象が違います。キョンの妹は、物怖じせず、人懐っこい明るい子なので、みんなでわいわいと賑やかな感じがあってナイス!☆なにせSOS団だけでは、基本的に盛り上がってるのがハルヒだけなんで・・・・(爆)賑やかさが249%増しになる、鶴屋さんもご登場願いたかったところですが、流石に二人は大変でしょうから已む無し☆
              ランキング
長門の「大好き」メガらぶりー☆
続きを読む