雑記

2010年05月24日

サッカー日本代表完敗

予想以下の弱さと酷い内容ではありますが、もはや失望すら感じませんな。敗因は百を数えても足りませんよ。何せ並のレベルの連携すら出来てない。

全くチームとして機能してないんですからな。

わたしが、南アフリカ大会に期待するのは、万事恙無く平穏に終了し、各国の選手達や旅行者が無事に帰国する事だけです。

日本代表は、いつかはこの世に生を得るであろう、わたしの子どもが成人する時くらいには、またアジアで勝てるくらいにはなって欲しいですね。

前々回の大会以来、8年間もの時間を無駄にしてきたのですから、これくらいで済めば安い方でしょうけど。

協会もプロ経験者が中心になるようにならないと、駄目でしょうね。アマしか経験が無い人間ばかりだとどうにも温さが抜けきらないようです。

せめて、犬飼会長が再選されて、代表のユニフォームが『赤色』にならない事を願うしかないでありますな。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2010年03月20日

2010年 春期新番組 1

さくら さくら♪
やよいの空は
見わたす限り
かすみか雲か

ということでスッカリ新番組情報も出揃ったので来期作品の期待度&感想取り扱いリストですよ!

◎:書くかもしれませんな! ○:多分、見るだけですね!
△:一応見てみますかな! ×:スルー!!!

という目安になってます。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。
続きを読む

2010年03月03日

更新のお休みについて

ちょっと出掛けるので今週の更新はお休み致します。

2010年01月21日

青森山田の柴崎岳選手 鹿島と仮契約!

青森山田・柴崎、鹿島と前倒しプロ仮契約朝から何やらびっぐにゅーす・・・ッツ!!

先の選手権大会でも大活躍し、将来を嘱望される「プラチナ世代」の代表格である、柴崎選手がなんと早くも卒業後の進路決定でありますよ。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。
続きを読む

2009年12月24日

2010年 冬期新番組

今日はたのっしい〜くりすますぅ〜〜〜〜〜〜〜〜いぇいっ♪

ということでスッカリ新番組も出揃ったので来期作品の期待度&感想取り扱いリストですよ!

◎:書くかもしれませんな! ○:多分、見るだけですね!
△:一応見てみますかな! ×:スルー!!!

という目安になってます。 

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。
続きを読む

2009年09月03日

久々に更新してみる

皆様どうもご無沙汰しております。

暫く更新してませんでしたが、微妙に近況と秋の更新方針について書きたいと思います。

秋の新番組をチェックはしてるんですが、黒の契約者の二期くらいでしょうか・・・。秋から再開するにしても、黒の契約者とあと何か一つくらいになると思います。

なんというか、そもそも見たいと思うのが、あまりないという不作の大社ドラフト候補☆

ところで最近知り合いに勧められて「東方Project」という同人STGのさらに二次創作作品である「東方サッカー猛蹴伝」をちょっとやってみたのですが、とても面白くてちょっと知り合いとリーグ戦でもやろうか!という程度の気に入りっぷり☆

原作は一緒に注文した「紅魔郷」しかやってませんが、それでも十二分に楽しめる素晴らしさ。

今のところ、お気に入りはパチュリーと、チルノでありましょうか。



チルノといえば、この動画を見て「東方サッカー」の「(大学は)あなたにとって鼻血が出るほど関係ないところよ」というレティのセリフがふと頭をよぎって感慨深いものがありました。

「ああ・・・さすがチルノね・・・本当に良かった・・・頭の良いチルノなんてチルノじゃないもの。あなたはずっとそのままでいて・・・」とかヒドイ事言われてるんですが、この動画を見るとそれすら、ひどく哀愁とノスタルジーを掻き立てられます。

どっちも二次ですし「チルノのすうがく教室」に到っては東方のBGMに歌詞を付けた二次創作ソングのさらに替え歌なんですが、何やら自然と結び付いてチルノがそれまでよりもっと可愛く思えてきたという方程式。

どちらも素晴らしい作品だからこそでありましょう。

わたしのチームのキャプテンは当然チルノ。主人公にはバカが多いですしな!チーム名は「フィラデルフィア・フリーズ - Wikipedia・フリーズFC」にしようかと思っています。

略称も決めなければならないのですが、どうにも縮め難いチーム名ですので、仕方ないのでFFとすることにしますかな!

因みに「東方サッカー」の元になったという、テクモの「キャプテン翼」シリーズは、実物を見たこともありません。

原作は中学生編までは読みました。こちらで好きなキャラクタと言ったら、森崎でしょうか。

ヘンな必殺技を持っていないせいか、低く見られがちな森崎ですが、少なくとも中学生編では、南葛の守護神として獅子奮迅のカツヤクをしているといえるのではないでしょうか。

確かにライヴァル達の必殺シュートなどの引き立て役でもあるんですが、ここぞという時は必ずセーブしますし、何よりチームがどんな劣勢に立とうが、挫けることもなく、

相手の選手がこれでもかと群がってくる怒涛のチームプレイに晒されようが、ボールがパンクするくらい強烈なシュートを浴びせられようが、恐れる事無く果敢に立ち向かう鋼の精神は、賞賛に値するといえましょう。

「負けていない」という実績が、中学の森崎の成長を何より如実に証明しているのではないでしょうか。精神的なタフさは作中でも癸韻世隼廚辰討い泙垢茵

そんなワケで、秋の新作とともに一応復活予定ですが、作品数は少ないよ!ということになりそうですが、アップを開始したいところ☆

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2009年05月17日

更新休止のお知らせ

暫く修行の旅に出るので更新を休止します。

更新再開は7月以降の予定は未定。夏季新作が始まる頃には、再開できるようになるかもしれません。

遅ければ秋くらいまでズレ込む可能性もあるので、今の所はあくまで予定ですがな!

ところで、最近AT-Xに加入したので、レビュー出来る作品の幅も広がる・・・かもしれません。とはいえ、AT-Xおんりーや最速は、基本的にわたしが完全スルーするような、作品が多いので微妙なところではありますが(笑)

基本新し目の作品が多いですけど、ゼロテスターとか聞いたことも無い太古の作品も始まるようなので、これからのラインナップに期待したいところ。

テッカマンブレードが今放送してるのでちょっと見てるんですが、元祖テッカマンも見たことないので、放送して欲しいところ。それにしてもブレードの作画の不安定さは凄まじいもの・・・!

有名でも沢山見てない古いアニメがあるので、ぼちぼちと放送して欲しいところ!

最近のヤツですとアレですよ、「キスダム」とか「true tears」を最初からもう一回見てみたいでありますな!

こちらも新規に入ったファミリー劇場には、太古の大河ドラマを期待したいところ。時代劇専門チャンネルは、ここら辺は「伊達政宗」「風と雲と虹と」以来イマイチでありますしな・・・。

見れるチャンネルが増えるとあんまり見なくても、ちょっとわくわくしますよ!(カッ)

2009年04月23日

武梨えりさんHPにて経過報告!

TVアニメ かんなぎ 公式ビジュアルファンブック
TVアニメ かんなぎ 公式ビジュアルファンブック
クチコミを見る

病気療養にて『かんなぎ』を休載されていた原作者の武梨えりさんが、この度、ご自身のHPにて経過を報告され、現在は退院をし、ご自宅で静養に努められており、再開の時期についてこそ、明言はされてませんが、強い意欲を示しておられ、コメントからは、回復の方向に向っている事が伺われますし、ほっと一安心というところ。

わたしは、アニメが原作の三巻までの内容という事だったので、二期制作祈願の意味でも、購入を三巻までに留めていますが、原作もカナリのユカイで、最後までちゃんと読めることを願ってやまないだけに、この度の経過報告は、物凄く嬉しいです。

ともかくも今はご無理をなされずに、一日も早く健康なお身体に戻っていただければ、と思います。

そして、どれくらい先のことかは判りませんが、再開の日までゆっくりと待つことに致したいと思います。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。

2009年04月22日

今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?4

クール終了後のおなじみ、『ゲームやアニメについてぼそぼそ語る人』のピッコロさんの企画『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?』にお誘い頂いたので書かせてもらおうかと思います。

しかしちょっぴり時間が経ってしまってるのが申し訳ないところ。

色々忙しいというのも、あるのですが、今期も一本、また一本と段々見なくなって、今回も本数は相当な少なさ。

前期から始まったアニメで最後まで見たのは『続 夏目友人帳』だけですよ。2クール作品では『とらドラ!』『機動戦士ガンダム00 2nd Season』がありますが、これらを含めても三本、少ないですが早速GO。

にほんブログ村 アニメブログへ一押し300m分のヤル気が充填されますので、ぽちっとお願いします。
続きを読む