December 28, 2006

英プレミア・リバプール買収目指す投資ファンド、7年後にクラブ売却計画か=英紙

【ライブドア・ニュース 28日 東京】 − AP通信によると、イングランド・プレミアリーグの強豪、リバプール買収を目指している中東ドバイの政府系投資ファンド、ドバイ・インターナショナル・キャピタル(DIC)が、買収から7年後にクラブを売却する可能性があることが27日、分かった。

  これは、英紙デーリー・テレグラフが同日付で報じたもので、同紙が入手した非公表の文書によると、DICは、チェルシーなどとは違い、単独でオーナーになる意思はなく、リバプール買収を単に投資案件と見ている模様だ。

  また、DICは、4億5000万ポンド(約1050億円)とも言われる買収資金をまかなうため、最大3億ポンド(約700億円)を金融機関などから借り入れる計画だとしている。

  テレグラフ紙によると、DICが取得を目指している90%のリバプール株式のうち、30%は外部の投資家に売却される見通し。バンク・オブ・アイルランドとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、バンク・オブ・アメリカの3行に融資の意思確認があった模様だ。

  同紙によると、総額2億4000万ポンド(約560億円)を要するとみられる現在の本拠地アンフィールドに代わる新スタジアムが買収交渉のカギを握るようだ。リバプールは、今年9月に6万人超収容の新スタジアムの建設の許可を当局から得たが、建設費用の捻出が問題になっていた。

  プレミアリーグでは、すでにチェルシーとマンチェスター・ユナイテッド、ポーツマス、アストンビラ、フルハム、ウエストハムの計6クラブが外資保有となっている。【了】

■関連記事
英プレミアリーグの強豪リバプール、ドバイの政府系投資ファンドと身売り交渉=買収総額は1000億円か(12月5日)

ライブドア・ニュース 岩城伸也記者
(参照:http://blog.livedoor.jp/emasutani/)

Copyright 2006 livedoor. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed. AP contributed to this report.


emasutani at 10:33│Comments(0)TrackBack(0)翻訳ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔