2018年07月26日

無粋ですが・・・

宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)
木下 昌輝
文藝春秋
2017-04-07



「宇喜多の捨て嫁」という本、おすすめです。
主人公は戦国大名、宇喜多直家。
物乞いをしていた少年がやがて裏切りと暗殺でのしあがり、
主君も追放して備前・備中・美作57万石の大名になった男。

例えば豊臣秀吉の爽やかな出世物語とは違い、
やり方が陰湿で陰険。
歴史小説家の海音寺潮五郎氏をして「小悪党」と言わしめた、
控えめに言っても他人に好かれない人物です。

でも。
じゃあなぜ、そんな人物が主人公でいられるかと言うと。
本来は素直で気弱だった少年が必死に生き、彼をとりまく
過酷な環境と事情があり、それに対抗して
あがいてあがいて、一所懸命生きているうちにそうなったと。
読み進むうち、直家の苦しさ、健気さが感じられるのです。

戦国時代の現実と残酷さが感じられる一冊。
一人でも多くの皆様におすすめします。続きを読む

emerald_london at 00:09|PermalinkComments(0) おすすめの本 

2018年05月25日

おかしくない?

なんかさ、気になるよ。
何がって、「地」って言葉。
いえ。正確にはその読み方。

「大地」って言葉を思い浮かべてみて。
その読み方は何?
「だいち」だよね。
「地」の読み方は「ち」だよね。

じゃあ、「地面」の読み方は?
「じめん」だよね。
「ぢめん」じゃないよね。

ね。おかしいよね。
同じ漢字なのに、TPO に合わせて読み仮名のルールが変わるんだね。

誰も疑問に思わないのかな

emerald_london at 00:17|PermalinkComments(0) 気になる単語 

2018年05月09日

魅惑の天井

https://youtu.be/U7_CadgRocw

天井が高い家の素晴らしさをアピールしたCM。
お父さんは実は、天井が低い家が好きなのに家族のためにそれを隠していて。
でも実は、それは妻にもバレていて。

そんなお父さんの思い出に出てくる秘密基地は決まって天井が低くて魅力的で。

何かね。

このCM を見るたび、天井が低い家の素晴らしさが伝わってくるよ製作者の思惑と裏腹に(笑)

ダメじゃん

emerald_london at 23:47|PermalinkComments(0) 気になるCM 

2018年05月08日

愛のおしえ

IMG_1586
自分の子供という存在と暮らしながら思うこと。
子供は愛が何かを知ってるってこと。

子供ってね。
無条件で親を愛していて。
言葉でも行動でもそれを表して。
こんなできの悪い親で悪いとか。
こっちがそう思ってても関係なくて。

すごいよね。
大人よりよっぽど、愛が何かを知ってる。
ほんとうにすごあね。

emerald_london at 23:03|PermalinkComments(0) つれづれに思うこと 

2018年05月06日

今、そこにある危機

広瀬すずが巨大化した女子高生を演じている、SoftBankのCM 。
もし万が一、あんな状況になったら、広瀬すずは何を食べたらいいのかな?
普通の食事で足りるわけないよね。

今、そこにある危機。
飢え死にする危機。
困ったことだねぇ。

emerald_london at 00:19|PermalinkComments(0) 気になるCM 

2018年05月04日

美白効果。

IMG_3480

遅ればせながら。
修理の終わった姫路城に初めて行ってみて。

やっぱ。すごいね。このビジュアル。
インスタ映えするね。

お城に対して言うことじゃないけど
美白効果って、偉大だね。

emerald_london at 01:18|PermalinkComments(0) つれづれに思うこと 

2018年05月02日

捨てられるのかな?

「女を捨ててる」って言葉があって。
ファッションやメイクにこだわらなかったり、言動がガサツだったり。
多分そういう、女性らしくない(と世間で言われる)女性のこと。

でも。じゃあ。
「男を捨ててる」って言葉はあるの?
思い付く限りないよね。

身なりや髪形を清潔にして。
丁寧な言葉を使って。
そうしても全然、男を捨ててないね。

不思議だね😃

emerald_london at 23:25|PermalinkComments(0) 気になる単語 

2013年12月08日

聞き間違い。



この↑CMって、「冬道のプロが選んだ」って言ってるんだけど
「不意打ちのプロが選んだ」に聞こえるんだよね。

なんかさ。
見通しの悪い曲がり角で、棒を構えて敵を待っているような、
そういうベタな「不意打ち」の「プロ」のイメージが沸くの。

おかしいねぇ

emerald_london at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 気になるCM 

2013年11月07日

愛しのグミ。

グミ売り(アルル)













ヨーロッパに行くと、道端にグミ売りの屋台があったりして。
オイラはグミが好きだから、ついつい買いすぎて
食べきれなくなったりするんだけど。

日本にもあったらいいなぁ。グミ売りの屋台。

あ。
湿気の多い日本だから、すぐベタベタにくっついちゃうか。
ダメじゃん

emerald_london at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) つれづれに思うこと 

2012年08月16日

視点の違い

源氏物語 あさきゆめみし 完全版 The Tale of Genji-【電子ブック版】
源氏物語 あさきゆめみし 完全版 The Tale of Genji-【電子ブック版】


昔、アメリカで大学生をしていたときの話。
「人種人類学」という講座を受けていて、アフリカ系の教授が
学生たちに「源氏物語」を紹介してくれたんだけど。


「皆さん、世界で初めて書かれた小説の作者が有色人種だったことは特筆すべきことです」

って説明をして、彼は更に得意げな顔で続けたよ。

「しかも作者は、女性でした」


オイラは何だか、目からウロコがボロボロ落ちたような気がしたよ。
今までそういう視点で「源氏物語」を見たことがなかったから。

たぶん、紫式部自身は全然そんなことを考えずにアレを書いたんだろうけど
そう説明されると、つくづくすごいことだと思うよ

emerald_london at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) つれづれに思うこと